晩秋に〜

2017年11月21日 22:13

またまたご無沙汰してしまいました。。。
すっかり晩秋になっておりますね。

今日まで2週間ほどヨーロッパにおりまして
ただいま日本行きの飛行機の乗り継ぎで次のフライトを待っているところ。

今回は久しぶりにKLMを利用、アムステルダム空港のラウンジにてこれを書いています。

この11月はフィンランドの西の街トゥルクとベルリンで秋の深まりを感じてながら過ごしておりました。
20171121220033044.jpeg
(マークとフィンランドの古都トゥルクの市場の中の汽車カフェにて)

北の国らしく一気に寒くなるからか双方ともに街路樹のなんと色鮮やかなこと!鬱金色に橙色、柿色や朱に蘇芳、とさまざまな日本の色の名前を思い出しながら、やっと9月以降いろいろ弾かせていただいたコンサートが消化できて、次に向かう力が湧いてきたように感じます。
201711212205379e0.jpeg
(舅のラルフと)

コンサートは数もそうですが、1つ1つの中身が濃くて、毎回いろんな体験をします。それを分析して、学んで、次に生かすのには、咀嚼が大事なのですね。これは大袈裟に言って人生と同じ。
20171121220039eef.jpeg
(今回はラルフとマークのデュオのコンサートが3日連続であって、それについていったのですが、ちょうどマークの「記念」の誕生日もあって、フィンランドの家族や親類、古い友人もコンサートを聴きにきて実に良いタイミングとなりました。こちらはホテルのご主人、ラルフとは長〜いお付き合い!)

あと、食生活も同じ?こちらは身体がお利口なので、勝手にやってくれますが、考えたら凄いこと。考えなしに何でも口にいれたら身体に負担をかけて大変なことになってしまう。
20171121220541a21.jpeg

加えて、実は最近になって生まれて初めて続けざまに風邪をひき…今更ながら健康って有難いものだなあと、医者いらずを豪語する私も猛省中なのであります。

え、老化?いやいや進化です!

子供のころに憧れたのは周囲のおじいさま、おばあさま方、皆さま素敵な80代でありました。
ああいう心が豊かな80代を目指したいものです。
先は長し!

帰国した今回は九州と新潟でコンサートです。
201711212200390d6.jpeg

ではまた〜
20171121220535588.jpeg

能管とチェロ@ホテルオークラ

2017年10月22日 00:01

お寒うございます〜
梅雨みたいな雨に続いて台風が来るようだし…
カラッとした秋晴れ、戻ってきてちょーだーい!

そのためか実は数日前より「オニの撹乱」となっておりました。
(日曜日に一緒のコンサートを終えて翌日にマークが一足先にベルリンに戻ってしまったのもあるかも?!)

さて、そういう訳でただいま絶賛リカバリー中なのですが
昨日はご縁あって第79回日本血液学会学術集会の会長招宴にてコンサートさせて戴きました。
20171021210106f10.jpeg
第1部は久々に能管の一噌幸弘さんと!
2017102121004394a.jpeg
ソロではそれぞれ古典ということで能管で「獅子」をチェロはバッハの無伴奏組曲第1番から
20171021210040a27.jpeg
DUOではコレッリのラフォリアと一噌さんのオリジナル曲をご一緒に
リコーダーか始まって角笛や能管と絡む即興演奏、楽しく弾かせて戴きました。

来年の3月は久しぶりに一噌さん、ピアノの山田武彦さんとのトリオ「一山水」のコンサートがあります。
心の瞬発力をつけて無茶ぶり即興演奏についていけるよう頑張ろうっと!
20171021210041dd7.jpeg
そうそう国際学会だったので曲を紹介するトークも英語
一噌さんのギャグを訳すのは私にはハードルが高すぎるのでマイクは死守。。。

そういえば昨日はもう治りかけでほとんど咳も出ていなかったのですが
考えると本番中って不思議にクシャミも咳もあまり出ないな、不思議なことです。
20171021210108ae3.jpeg
第2部は海外のお客様へのおもてなしを考えて
黛敏郎氏の「文楽」
そして会長をつとめられた木崎昌弘先生からのリクエストだった「アメージンググレイス」を

こっっこれは『白い巨塔』かっ!
でも田宮二郎さんではなくて唐沢寿明さんのイメージだそうです。ふふふ

でもアメージンググレイスは万国共通にアピールする力があるようで喜んでいただけたようです。
最後の音が消える瞬間に皆さまと共有した「沈黙の時」はコンサートホールと同じ空気でした。
20171021210107d0b.jpeg
日ごろ命に関わるお仕事に携わる先生方がこの曲に託されたメッセージを受けとめられたからかな。

左はこの大事なプレジデンシャルディナーで弾かせていただくきっかけを作ってくれた同級生の友人の唯子、お医者さまです。
右がお招きくださった会長の木崎先生、穏やかで和かな先生はその昔、唯子の指導教授だったそう。
20171021210037a28.jpeg
実は唯子とは高校の同級生…桐朋学園の音楽科で彼女は作曲科でした。
お父様が祖父・秀麿の指揮のもとで演奏していらしたというご縁もあったし、無類の猫好き同士で仲良くなってよく学校の帰りに遊びに伺ったものです。

それが猛勉強して大学は医大へ!!
ユニークな人物ばかりの学校ですが、さすがにこれには皆びっくり!

そんな唯子、いえ、Dr.塚田は激務でなかなか会えないのですが、漏れ聞く彼女の日常は本当に「待ったなし」

どんな病気でもそうでしょうけれど、血液系の病気も大変に複雑。
日常が生死に関わっていて、自分の仕事に身を捧げて日々をすごしている。
大変さを顔に出さず淡々と懸命に仕事向かう唯子、我が友人ながら眩しく思っています。
20171021210043f09.jpeg
一緒に猫や音楽の話をしているときは高校の頃と何も変わらないのだけどなあ。

素敵な友人、先生方に勇気とエネルギーを戴いて風邪も飛んでいったようです。
ありがとうございました!

神無月に贈るスペシャルなトリオ@名古屋

2017年10月04日 23:58

昨日はピアノの山本貴志さんとヴァイオリンのマーク・ゴトーニ、私でピアノ三重奏のコンサートでした。
その名も「神無月に贈るスペシャルなトリオ」!

スペシャルオリンピックスのために三都市で開かれるチャリティコンサート
まずは愛知の応援ということで名古屋のしらかわホール。

相変わらず素晴らしい響き!
20171004234810f99.jpeg
モーツァルトもチャイコフスキーもそれぞれリハーサルしてきたことを超えて思う存分弾かせていただきました。

神無月、そう10月のことですが
プログラムの真ん中にはチャイコフスキーの「四季」から10月と11月をいれています。
(こちら原曲はピアノ独奏、今回はピアノ三重奏版を弾いています)

この「10月」って日本の10月のイメージと全然違う!
お客さまも-ロシアの神無月(?!)-にはびっくりなさったみたい。
これから来る長ーーい冬を憂いているような曲調なのです。

ロシアの冬、、長くて辛そうですものね。
(でも11月は「トロイカ」の名のとおりの楽しい曲!)

これが後半のチャイコフスキー「偉大なる芸術家の思い出に」へ繋がるようにと
私たちも思いっきり感傷的に弾きました。
エモーショナルだけど、どこか頭の芯は冴えてる、そんなイメージで、、、

メインのトリオの一番最後の音がたなびきながらホールに消えていく瞬間
会場と舞台とが1つに溶けあう静寂があります。

心が音楽に連れて行かれてしまったので
皆がそれぞれ密やかに息をしている、、、

そんな風に感じます。
これが演奏家にとって最も幸せな一瞬です。

素晴らしいオーディエンスにひたすら感謝を捧げます。
スペシャルオリンピックス愛知の皆さま、ありがとうございました。
20171004234812d70.jpeg
さて明日は今回初のオフ日
目覚ましをかけずに眠って、練習して、散歩をしよう。

このトリオは明後日の金曜日に紀尾井ホール
その翌日に京都コンサートホールと続きます。

大切なものをいろいろ分かち合える仲間とのコンサートが一回でなくて本当に嬉しいし
全身全霊で弾くチャイコフスキーが毎回どう変わっていくのかも楽しみ。

頭も心も空っぽにして迎えたいと思います。

avec Maestro R. Pasquier@初ブルゴーニュのコンサート

2017年09月27日 00:43

日曜日はブルゴーニュでコンサートでした。
レジス・パスキエ氏とのアンサンブルです。
20170926230723e97.jpeg
パスキエ氏といえば言わずと知れたフランスを代表する素晴らしいヴァイオリ二スト
でも「巨匠」とお呼びするには若々しすぎる感じ。

ピアノトリオ「ソ・ラ」のヴァイオリン奏者、私の幼馴染の瀬川祥子さんの恩師ということで、ここ数年ソ・ラでもいろいろとお世話になっていたのですが

マークもまた長いご縁があって
今年は氏が審査員長を務めるカサブランカ第1回国際ヴァイオリンコンクールの審査員に招聘していただいたり

さらには去年、祖父・秀麿が作ったオーケストラ・グラフ・コノエになんとパスキエ氏のお父様も参加していらしていたとわかりお互いにビックリ!!
(今年7月にNHKで放送された秀麿のドキュメンタリー番組の「亡命オーケストラ」のことです)

そんなこんなのご縁が入り混じって
今回は皆で先生のファミリーのルーツの1つであるブルゴーニュの小さな村にお招きいただき
20170926230725c44.jpeg
ここの歴史ある素敵な教会で弾かせていただきました。
2017092623072733a.jpeg
プログラムは祥子さんと私の二重奏でヘンデルーハルヴォルセン「パッサカリア」

マークと私で「ふるさと」と祖父・秀麿が作曲した「ちんちん千鳥」の二重奏曲(編曲は私の父)

そしてマークがヴァイオリンからヴィオラに持ち替えてドヴォルザークのテルツェット(三重奏)
201709262307233e8.jpeg
(リハーサル風景)

最後は全員でチャイコフスキーの弦楽四重奏曲第1番を演奏

メロディが美しく有名な2楽章、チェロとオーケストラに編曲されて愛奏されています。(私も6月にチェロ+弦楽四重奏で弾かせていただきました)
201709262307230af.jpeg
4人では初共演のはずなのにリハーサルからずっとなんだか懐かしい気配。。。

パスキエ氏のヴァイオリンの音色は、美しいのにこれ見よがしなところが一切なく自然

音楽の作り方
呼吸
音程の合わせ方も

みんな自然体で一緒に弾かせていただいた感じ
2017092623443656c.jpeg
教会は弦楽器にぴったりの音響で
小さなところだけれど満場のスタンディングオベーション!

もちろん、先生がお弾きになったから!!
でも皆さんの満面の笑顔と暖かい拍手が嬉しかった。

そうしたらカーテンコールでお辞儀しながら先生が横で
「ね、ここのお客はスノッブな人はいないんだよ、でも良いものは良いってわかる人たちだ」
「そして良かったら大きな拍手でこちらに返してくれるんだ」
と叫んで(!)くださいました。

なんて素敵で有難いこと!

(終演後に村の方々から次々に話しかけられ、ウッとなった私。いつかフランス語コンプレックスを克服したいなあ〜)
20170926232917094.jpeg
こちらは前日のパリでのリハーサル風景@楽器屋さん

終わって教会の前でここの名物はチーズ入りクッキーとワイン
ワインは近郊のシャブリ!
2017092623291428d.jpeg
-フランスって豊かだなあ-
この日は何度この言葉を言ったかわかりません。
20170926232920d0c.jpeg
-パリはパリだ、フランスじゃない-
という人たちのことが初めてちょっとわかったかも
20170926232920dee.jpeg

こちらはパリからついてリハ前のランチの図
201709262325179ea.jpeg
先生のセカンドハウスの庭にて
晴天で疲れも一気に吹っ飛ぶ清々しさ
20170926232519df8.jpeg
そしてご飯が美味しければますます元気。
パスキエ夫人のお手製サラダのシンプルで美味しいことよ!

マークと私はこのコンサートの翌晩に日本に発つということで今回はお泊りなし。。。

でも「次回はもっとゆっくりここで練習してコンサートしよう!
そして美味しいワイン🍷を飲もう!!」
と約束してくださったので、すでに今から楽しみにしている我々です。

ちょっとご案内くださった隣の村
2017092623252509c.jpeg
お伽話の中にいるみたい
20170926232522d7a.jpeg
次回はこの町のレストランに行くお約束も、、、

取り敢えず演奏前に気焔をあげようと名物パテなどを買ってみました。

あーあ、地元のチーズ🧀も美味しかったなあ。。。
201709262325210eb.jpeg
猫すらフレンドリーな村
また戻ってきたいところが増えてしまった。
20170926232917b1a.jpeg

ということで実は先ほど日本に戻ってまいりました。
明日(水曜日)からはリハーサル+リハーサル!
よし、ブログも貯めずにいこう😊🌟

アンサンブルの秋 / お城の思い出

2017年09月23日 00:41

すでに秋深しベルリン

この夏のベルリンは雨が多くて、太陽がなかなか顔を出してくれませんでした。
夏物のサンダルは結局しまったままだったと嘆く知人多し。
2017092222343363f.jpeg
(今日のベルリン、秋晴れで清々しい!)

「お日様の不在」が続くと、私でさえ気分が萎れてくるのだから
冬が長くて陽の光を切望する地域の人たちにとっては厳しいだろうなあ。

その分、美しい秋が続くことを祈ります🌞
2017092216275836b.jpeg
(こちらは8月中旬にいた中央ドイツでの写真↑真夏なのにダウンジャケット姿!)

さて慌ただしくベルリンに帰って、なんだか毎日やること 雑用多く
ゆっくり読もうと思った本たちも手つかずのまま

この秋はアンサンブルでのコンサートが続くのでその練習にも追われています。
でも室内楽の曲を1人で練習するのって意外に厳しいのですよね。。。

う〜ん、つまらない。いや、忍耐 忍耐
その分リハーサルが楽しみでもあります。
20170922162757c3a.jpeg
(上に続いて中央ドイツ🇩🇪での写真:Schloss Kirchberg an der Jagst, というお城での室内楽マスタークラスがあったところ)

明日はパリ🇫🇷に飛びます✈️
が、今回は時間の余裕なし😅
せめて空港のメゾン・ド・ショコラには寄ろうっと。


その後の日本🇯🇵ではこんなスケジュールです。

♪9月30日 (土)18:00〜 室内楽への誘い Vol.4 @JTホール
田中あかね(ピアノ)さんのコンサート、ゲストにウィーンからクリストフ・エーレンフェルナー(ヴァイオリン)氏、 ヘルベルト・ミュラー(ヴィオラ)氏を招かれ、私はご一緒にブラームスのピアノ四重奏曲 ト短調を

♪10月1日 (日) 13:30〜 Liebe zur Musik @Salone Fontana(成城学園)
こちらは原 成美(ピアノ)さんのコンサート、同じくクリストフ&ヘルベルトさんとモーツァルトのピアノ四重奏曲 第1番 ト短調を

あかねさんも茂美さんも初 音合わせで楽しみ!
久々にオーストリア(私の留学先、第二の故郷)の演奏家と弾けるのももちろん嬉しい🌟


そしてこの秋🍁のメイン?!

♪ ~神無月に贈るスペシャルなトリオ~
10月3日 (火)19:00〜 @三井住友海上しらかわホール(名古屋市)
10月6日 (金)19:00〜 @紀尾井ホール(東京)
10月7日 (土)14:00〜 @京都コンサートホール・アンサンブル ムラタ(京都市)

久しぶりに山本貴志さんのピアノとマーク(ゴトーニ)のヴァイオリンでトリオ😄
モーツァルト ピアノ三重奏曲 第6番 ハ長調 K.548
チャイコフスキー 四季より(ピアノ三重奏版)「10月 秋の歌」「11月 トロイカ」
チャイコフスキー ピアノ三重奏曲 イ短調 作品50「ある偉大なる芸術家の思い出に」

こちらはスペシャルオリンピックス支援のチャリティーコンサート、やる気いっぱいのプログラムです。


♪10月9日は奈良県吉野の下北山で「朝倉泰子メモリアルコンサート」
ー朝倉ご夫妻にいただいた大切な思い出に感謝をこめてー
朝倉邸で生まれたアルバート・ロト(ピアノ)さん、マークとのトリオ復活🍾
モーツァルト ピアノ三重奏 変ホ長調 K542 やドヴォルザーク ピアノ三重奏 ヘ短調 作品65 などを


♪10月14日(土)11:00〜は同じ奈良県でも市内!
奈良 今昔物語 〜時空超えた幽玄のコラボ〜@奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~

榊原明子(ピアノ・作曲)さんの企画で彼女のオリジナル曲を人間国宝の大槻文蔵氏(観世流シテ方)、久田舜一郎(小鼓)伊藤えり(笙)さんと共演、光栄です!


♪10月15日 (日)15:00〜は鎌倉市の大船教会 with マーク
「難民支援のためのチャリティコンサート」も早いものでもう4度目✨
バッハ 無伴奏チェロ組曲 第6番 ニ長調 BWV1012
バッハ 無伴奏ヴァイオリン ソナタ第1番 ト短調 BWV 1001
ラヴェル ヴァイオリンとチェロのためのソナタ
ここのシンプルで美しい聖堂は音の響きが素晴らしいのです。

体調、気力ともに満ちて1つ1つのコンサートを弾いていきたいと思います。

というわけでコンサートのお申し込みや詳細は→スケジュールをご覧くださいまし。
2017092216275646f.jpeg
懐かしい可愛かったミニお城の城下町 いや、城下村
20170922162759c3b.jpeg
明日は先ずパリでリハーサル (きっと夜中近くまでかかる)

日曜日はブルゴーニュでコンサート
フランス音楽界の巨匠ヴァイオリ二スト、レジス・パスキエ氏とのアンサンブル😍
またブログを書こう、溜めないで書こう!

そうしてパリから日本へ向かい、リハーサルの嵐に突入するという訳です。
20170922162754b60.jpeg
こちらのドイツのマスタークラスの写真、お城の写真、まだまだたくさん、、、
しつこく出していきますね。

では いざパッキングへ