水谷川優子のチェロ弾き旅烏日記

旅するチェリスト水谷川(みやがわ)優子のブログ

≫ EDIT

霧雨の東京にてクローズドコンサート そして飛びます

5/7に帰国して1カ月とすこし
いろいろな場所でさまざまなコンサートを弾かせていただきました。
そしていま羽田でこれからドイツへ。
しばしベルリンの自宅ですごして参ります。睡眠時間をとって、ホっとして、次のプログラムも練習せねば。もちろん毎日料理もしたいと思います!!その日に受けたインスピレーションを形にする勝手な創作料理ですが、私の一番のストレス解消&喜びなのですo(^▽^)o
それをマークをはじめとして友人たちに食べて貰うのも嬉しい!
さて、こちらは昨日の写真:今回の滞在、締めくくりは東京で家政学院の会でクローズドのコンサートでした。
そとに見えるは霧雨にけむるような市ヶ谷の図

チェロ雄は湿気が大の苦手、だから私もシンクロして梅雨時期は非常に辛いのですが、乾いて居心地の良い建物の中からしっとりとした外の世界を眺めるのはわりと好き、、、誰でもそうかな (笑)

まずは6/2のコンサートからブログがストップしているので(6/3のリサイタルはあまりに濃すぎてすぐに言葉を紡ぐのは不可能でした ( ̄∀ ̄;) )振り返って書きますね。
次回の帰国時も盛りだくさん!新潟、長崎と旅も続きます。たぶんまた新たな出逢いもたくさんありそうな気配。
人生は一回きり!いろいろなことに感謝しながら音を造っていきたいものです。それには健康でいることも大事、ですね。
あ、そろそろ離陸が近づいてきたみたい。ではまたベルリンから~

| Diary コンサート | 14:03 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

木のサロンにて音を紡ぐ

月曜日は世田谷の素敵なサロンにてコンサートさせていただきました。

パートナーはピアノの佐々木京子さん

6月3日をフィーチャリングしたプログラムをお話し挟んでの演奏です。
fc2blog_201805301819194b8.jpg
バッハの無伴奏
パガニーニのロッシーニ変奏曲
そしてシューマンの協奏曲

6月3日はチェロだけなので変則的な形になるわけです。
fc2blog_20180530223551eb4.jpg
終わってからは皆さまとお食事タイム♪

サロンのマダム・K夫人は料理の名人なのでお仲間もグルメな方々がお集まり。
和から洋、中さらに自家製スモークチーズまでお手作りです!

いつも素敵なK夫人を挟んで1枚。

心地良い空間、天井の大きな梁も、壁も、そこにいるだけで気持ちが穏やかになります。
木の響きも包み込むようで、チェロ雄も気持ちよさそうに共鳴していました。


世の中はちょっと湿気が出てきましたね。
来週から東京も梅雨入りだそうな。
リサイタルは今度の日曜日、ぎりぎりセーフ( ̄∀ ̄)
日曜日は快晴みたいだし、よしっ!!

| Diary コンサート | 23:09 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チェロたちの語らい!

昨日は6月3日の「Cello×Cello チェロ、変幻自在!」のリハーサルでした。

まずはタツキさまこと渡邊辰紀さんと「モーゼ変奏曲」のDUO
こちらはカルテットで「バッハのシャコンヌ」
みきちゃんこと海野幹雄さんと鉄人くんこと中西哲人さん、ベテラン勢が加わってます。

こちらは若手精鋭チームの藤原秀章くんと水野優也くんがはいって、シューマンは五人で!

そして大学2年生の吉田啓晃くんと最年少で大学1年生の菅井瑛斗くんというピカピカなチェリストたちが合流して、最後は全員で「ソッリマ:チェロよ、歌え! 」八重奏!!

皆さん、それぞれの世代を代表する素晴らしいチェロ奏者たち、だから大変なプログラム(またしても自分の首を絞める…)ですが、心の奥底からワクワクする時間をすごしております。

実は今回は皆にも無茶振りしてしまって本当に申し訳ないのですが、笑顔で楽しく音を造っていけて本当に有難い!!

やっぱりチェロ弾きって最高!
やっぱりチェロって最高!!
チェロ・アンサンブル最高!!!
だから、プロ・アマ関係なくチェリストは集まるのですよね。

本番まであと少し。
楽しみでワクワクしすぎて、ともすれば逸りそうになる心を「よしよし どうどう」となだめて過ごしております。

まだいろいろ他のリハやコンサートもあるけれど、心を集約して準備しなくっちゃ。

そして今度の日曜日を喜びと感謝をもって迎えたいと思います。

皆さまもお楽しみに!


あ、追伸:
先日、「チケットセンターに連絡したら買えませんでした。もう完売ですよね?!」とお声をかけていただきました。
え?!いやいや いやいや!!
まだコンサートイマジンにはチケットがございますので、ぜひ!
コンサートイマジン:03-3235-3777 
http://www.concert.co.jp/concert/detail/1820/

それでは!

| Diary コンサート | 13:02 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シューマンくんと協奏曲@湘南朝日カルチャー

昨日は藤沢の湘南朝日カルチャーにて「新明解チェロ辞典」シリーズのレクチャーコンサートでした。
いままでバッハの組曲をプレリュードから順番に紐解いて(?!)いきましたが、この度は初の協奏曲!!
そうです「協奏曲の夢」シリーズのはじまりです。
いつもの駄洒落?!もこのたびは横文字~
「SCHUMANN シューマン」
〈SCH merz 痛み〉
〈SCH iksal 運命〉
〈SCH önheit 美しさ〉
シューマンくんへの愛を熱く語ったあと
近距離で髪を振り乱してむんむんとコンチェルトを弾いたものですから、皆さまビックリ?!
レクチャーのあとには
『指づかいも見られたし息づかいも聞けて迫力!』
『全曲聴けると思わなかったので嬉しい』
などとお言葉をいただいて大いに気を良くしたチェロ雄、いや私です。
で、アンケートにご遠慮なくリクエストをお書きください。とお願いしたら
さっそくに来ました!
『次回はぜひエルガーを!!』とのお言葉が!!
はい、という訳でやります。
次は秋にエルガーの協奏曲、決定( ̄∀ ̄)!!
またいろんな裏話もしたいと思います。(エルガー、一回よ講義で終わるかしらん?)
どうぞお楽しみに。
20180527122845d0a.jpeg

このたびは強ーい味方、ピアニストの佐々木京子ちゃん(右)が駆けつけてくださいました!
アンサンブルの名手なので本当ーに頼もしい。時おりそこに本物のオーケストラがいるような錯覚がありました。京子ちゃん、ありがとう!
そして左はいつもお世話になっている朝日カルチャーの栗田葉子さん、実に愛らしい方で彼女のお顔を見ると良い感じに身体の力が抜けます。私の中では生きた「ミー」ちゃん、藤沢にもムーミン村があるのだと信じてしまいそう。
という訳で、毎日いろんな方にエネルギーをいただいて(私が吸い取っているのか?!)元気にすごしております。

| Diary コンサート | 12:52 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

聖マリアンナで子どもたちと 「ビリビリ」

実は不調だったのですが、やっと本調子になってきました。

この間いちばん気をつけたのは身体に耳を傾けること。食べるものも、行いも、ちょっとだけ静かにして、耳を澄ます。

そうしてチェロ雄の力を借りて身体と相談してすごした数日間でした。しみじみ音楽は自分の心とカラダのバロメーターのようなものだなあと思います。

そして昨日は聖マリアンナ医大の小児病棟に勤める同級生Kのお誘いで子どもたちのところに演奏に伺ってきました。
こちらの病棟ではKids Artという入院している子どもたちの為に色々なプロジェクトがあるそう。素晴らしいことですね!

左がその責任者でいらっしゃる小児科の勝田先生、右が小学校から同級だったK o(^-^)o
プレイルームにて
驚くほど集中力のある子たちで、最初は話を挟んで演奏中の皆の気配を見ながら、小品を弾いていたのですが、とうとうバッハの無伴奏や文楽まで弾いてしまいました。
(お子さま方のお顔が見えないよう、失礼ながら花をスタンプ🌸させていただいています)
↑手がビリビリの図!!

コンサートのあとにはこうしてお2人ずつ左右からチェロに触れてもらいます。

おっかなびっくり手の平をチェロにくっつけて、いざ鳴り出したら気持ちが良さそう。驚くよりも目を瞑って響きに身を任せる子の姿が可愛くて、、
みんな生の音楽を聴くということは音の波を身体全体で受け止めてるんだって、気がついたかな?

こういう時はチェロ雄が子どもたちをハグしてるみたいに感じます。

それにしても子どもたちは素直で吸収力がある!
満面の笑みに、こちらがエネルギーをいただいてきました。

みんな、ありがとう!!
はやく良くなると良いね!!
また会おうよ by チェロ雄

| Diary コンサート | 14:56 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT