FC2ブログ

水谷川優子のチェロ弾き旅烏日記

旅するチェリスト水谷川(みやがわ)優子のブログ

2/2 チェロの日のコンサート〜never enough Cello!!〜

兵庫県でのお籠りから京都そして東京、群馬へと怒涛の毎日を過ごしております。

ときおり各地でチラホラする雪に脅かされながらも新幹線や特急は全て予定通りで、やれやれ!

さてここで、お籠り前日まで遡って日記(!)を書いておきますね!

2/2はサントリーホールのブルーローズにてギターの鈴木大介さんとDUO

日本チェロ協会主催 第9回「チェロの日」のためのコンサートに出演させていただきました。
201902110941027e8.jpeg

(楽屋で音合わせ〜マネージャーMちゃんのナイスアングル!)

チェロの日とは[チェロに馴染みがある方にもない方にもチェロにまつわる音楽を楽しんで頂くコンサートのほか、チェロ愛好家の方にチェロを持って集まって頂く参加型イベント「チェリストの集い」などを開催、日本チェロ協会が贈るチェロのお祭りです。]

ということで週末土曜日は1日目「チェロと仲良くなるコンサート」

3部に分かれて、3人のチェリストがそれぞれリサイタルを行うというものでした。

第1部はベルリンに留学してらした鈴木皓矢さんでコダーイの無伴奏ソナタ
第3部が岩崎洸先生とピアノの松本和将さんで王道のショパンのソナタ

我々は第2部でファリャの「スペイン民謡組曲」ゴスの「偶然の庭園」そして加藤昌則さん作の「ケルト・スピリッツ」

翌日はチェロと仲良くなるコンサートということで若手2人の演奏に加えて、アマチュア、プロの垣根を超えたチェロアンサンブル、その数なんと60人!こちらのホールを横向きにして使うそう、壮観でしょうね〜

さて大介さんとのデュオはいつもご機嫌!!
201902110941124a7.jpeg

久しぶりのDUO、この日はアンサンブルの進化を感じました。これはお互いの進化と思って良いのかな。初回は必死で弾いていたゴスも楽しめる域になってきました。大介さんとはまた6/15にご一緒する機会があります。いまから物凄く楽しみ!!
20190211094052345.jpeg

そーしーてー自分の演奏のあとは急いで着替えて楽しみにしていた岩崎洸先生のチェロを客席で満喫!!実は高校生の夏に洸先生にお声をかけていただいてアメリカのマスタークラスに伺ったことがあるのです。先生、相変わらずカッコ良い!それに相変わらず、いえ記憶よりさらに素晴らしい音色でした!!!

松本さんも大介さんと仲良し、ということでリハの合間にパチリ。
20190211094132f1e.jpeg

演奏直後に楽屋を訪ねてくださった堤剛先生!
お優しい先生のお変わりないこの笑顔、いつもホッとします。

コンサートの後は懇親会!!
チェロを愛する方々ばかり、なんだか嬉しくなりますね。

そしてそんな右を見ても左を見てもチェロ弾きだらけのなかで大介さんと松本さんは堂々と異彩を放って(?)いました。
20190213103140bf5.jpeg

あーあ、翌日のチェロアンサンブルも聴いてみたかったなあ。
20190213103131853.jpeg

そのアンサンブルの指揮をなさるチェリストの山本祐ノ介さんも駆けつけてさらにチェロ度は濃厚に!
20190211094122540.jpeg

で、、、勇気を振り絞って先生方に写真をお願いしてしまいました。独り占め〜皆さまゴメンナサイ!

先生方、ダンディ…ダンディすぎます。

他にやっぱり桐朋の高校生のときにお世話になった倉田澄子先生がいらしていたのですが、先にお帰りになってしまって写真はお願いできなかった、残念。

それにしても久しぶりにお目にかかった先生方のお若いこと!!瑞々しくてエネルギーに溢れてらっしゃいます。それに皆さま、仲が良い!!兄弟みたい。私の恩師も含めてこういう先生方のお背中を見て、それに憧れた自分と、憧れた理想のチェロの音を生々しく思い出しました。

やっぱりチェロってチェロ族って良いなあ。
2019021109492656e.jpeg

こちらは仲良しのピアニスト近藤嘉宏さんから貰ったというスナフキンのホルダーを自慢する大介さん、チェロ雄についているミーで対抗する私の図

近藤くんと私は音楽教室から一緒の同級生、生まれて初めて弾いたピアノ三重奏の相手でもあります。

そして、もちろん松本さんと近藤さんもピアノ同士で繋がっている。音楽家の世界は狭いのであります、はい。

あ、私は堤先生の鶴の一声でこの日にチェロ協会にいれていただくことにしたのでした!!

ますます色んなチェロの仲間と繋がっていけるのを楽しみにしています。

睦月のいろいろ その2

ちゃんと約束守るんだ
書くと言ったら書くんだ!

と呟きながらブログ更新〜
ただいま新幹線の中であります。

昨日の幸せだったサントリーブルーローズのお話もお伝えしたいのですが、やっぱり順番で!

お箏とチェロで紡いだ日の夜はミラノから帰国していたピアノの黒田亜樹ちゃんと合流、真夜中までリハーサル。

亜樹ちゃんもこの日はリハ帰り、それにしても彼女もタフだ!一緒にいると何故だかいつもダブルにタフなことをしてしまう、同い年だからかしら?

いつも揃うと「面白いことしようよ!!」とチャレンジの日々になってしまうのです。そして実際に楽しい。
2019020310542686f.jpeg

で、この翌日は朝から動画撮りでした。
20190203105440159.jpeg

真夜中まで練習するのは良いけれど、髪ふりみだす私、、、
2019020310543385c.jpeg

実はこの秋はとある企画のCDをレコーディングする予定!!8月にはその前哨戦のコンサートもすることになりました。
20190203105449452.jpeg

この日撮ったのはヴィラロボスの小品です。
うまくいけばまたYouTubeチャンネルに載せますね!
2019020310541351e.jpeg

今年はまた亜樹ちゃんとイタリアで珍道中コンサートもできるかも。

取り急ぎ、皆さまのご予定表の8/8のページに「アキ・ユウ 東京びっくりコンサート」とお印ください。

で、この後は岐阜の三甲美術館での初ニューイヤーコンサートがありました。
20190203112003c67.jpeg

ピアノの山本貴志さんとは12月に新潟でご一緒したばかり!

2人のリハは銀座のヤマハアーティストサロンを使わせていただくことが多いのですが、この日は大好きな調律師の酒井武さんが浜松からいらしててサプライズで嬉しい再会となりました。酒井さんの調律は奏者によりそい、さらに可能性を広げてくださる。素晴らしいのです♪前出の黒田亜樹さんとのコンサートでもわざわざ彼にいらしていただいたくらい。
2019020311251106e.jpeg

そして岐阜・当日は快晴でした!

岐阜駅で美術館の母体である「サンコー」の看板みっけ〜
20190203112625c04.jpeg

長良川うつくしいー!!
こんな川でなら鵜になって泳いでも良いかも、あ、いや、獲った鮎とられちゃうんだった。やっぱりそれは嫌だ。
2019020311273521c.jpeg

いつも5月や6月の顔しか見たことない美術館、冬景色に不思議な気持ち、それも風情があってステキでした。

今回は初のニューイヤーコンサートということで軽やかで楽しいプログラムをチョイス。
2019020311290689b.jpeg

イノシシの年賀状を楽しむ2人、、、
子どもたちから大人まで面白いものから劇的なものまでありました。日本のこういう伝統は風情があってよいなあ。
20190203113216d33.jpeg

次回の山本さんとの三甲美術館コンサートは5月18日、恒例の鮎解禁あとになります。

ぜひお越しを!

そーしーてー1月第三のピアニストは宮谷理香さん!
20190203130144508.jpeg

自分が恵まれすぎだなあ、と思うのはこんな時。
それぞれ素晴らしい仲間たちと音を紡げて本当に幸せです。

理香ちゃんとはもちろんアンサンブルφ(ファイ)を組んでいるのですが、ラジオ「music bird」のパーソナリティを交互につとめて時々そこでも共演する仲!
201902031302592f9.jpeg

で、マイクを通して音楽談義をするわけですが、声の共演だけでなくやっぱり音も!!

という素敵なお話をいただきまして、今回はラジオのためにレコーディングしてまいりました。
20190203130446b81.jpeg

2人でカサドからショパン、シベリウスなどなど!
あとそれぞれソロも、私はバッハの無伴奏チェロ組曲第3番よりプレリュードとサラバンドを弾かせていただきました。
20190203130747779.jpeg

ちょっと雑音などがはいったら修正ができるCDと違って、一発録り!!これはやはり緊張します。

でも慎重にならずなるべくライブ感溢れるものを!と2人で力を合わせました。
201902031309528a2.jpeg

音の響きを聞いて、マイクの位置など決めるときが大切。ずっと真剣勝負ですが、カラダ全体を耳にして聴きます。まあ、素晴らしいエンジニアの方々とご一緒だったので大舟にのった気持ちでした!
20190203131228aea.jpeg

というわけで、こちらは3月に放送です。
20190203131304891.jpeg


で、この他、レッスンで新潟や、あと長野にも足を伸ばした濃い1月、、

この間、珍しく疲労して風邪と戦う危うい日々もあり、一瞬痩せました。
一瞬だけ、、、いや、あれは「やつれ」だったのか。
20190203131518559.jpeg

そうだ、末にはもう一つ、新年の会で演奏させていただいたのでした。こちらは高輪のホテルにて。

あとは3/17の大阪のフェニックスホールのリサイタルのために小柳美奈子さんとのリハも始まっています。
20190203131915c15.jpeg
()
また、チャレンジするプログラムにしてしまった、、、

まだ何かいろいろあったような?
しかーし、そろそろ目的地に到着、ではこのへんで!!

睦月のいろいろその1

気がつけばすでに如月に突入、、、

今日は午後からサントリーにてコンサートです。
ただいま出勤中、朝陽が眩しい。

さて新年早々にフィンランドを東から西へ怒涛の移動しながら2つの音楽祭で弾かせていただき、速攻で日本へ。

ヘルシンキから東京は本当に近い!近すぎて寝ようと思ったらもう到着でした。

そして着いた翌日からさらなる「怒涛のがぶり寄り」が続いて先日はとうとう疲労困ぱい、ちょっとダウン。さすがに反省しております。

と、いうわけであっという間に過ぎ去った睦月をちょっと振り返ってみます。

先ずは1/11には新年の会が二つ
お昼は船橋のお集まり(写真撮り損ね、、)

そこから虎ノ門へ移動して
20190202081015097.jpeg

夜は去年も弾かせていただいた霞山会の新年互礼交歓会

お箏奏者の榎戸二幸さんと一年ぶりの共演!
20190202081030de9.jpeg

私はまたまたドレスでの写真撮り忘れ、、
20190202081022a4b.jpeg

お懐かしいお顔も拝見できました。
左から2番目は歴史学者のクリストファー・W・A・スピルマン先生、「戦場のピアニスト」の主人公Szpilman氏のご長男です。ピアニストだったお父上と祖父・秀麿のご縁もあってか、私にとってなんだか懐かしい感じがする方。お目にかかる度にそれが深まります。

そしてその翌日は六本木ヒルズクラブにて毎年恒例の「Enne倶楽部 new year concert & party」

今年のゲストは前日に続いて榎戸さん!
お箏とチェロ、なかなか手ごたえのあるDUOができます。
201902020810389b6.jpeg

榎戸さんの大叔母さまは宮城道雄さんに非常にお近しかった直弟子、宮城先生といえばお箏界のパイオニア。秀麿との交流も濃く、色々な楽曲が生まれたお話など伺って興味深く思っています。

近い将来に、彼らの手掛けた「共作」を私たちの手でDUOにしてみたいと密かな野望が生まれました!

榎戸さんの着物姿は本当に美しくて「博多人形みたい」というお声がたくさん。伺ってみたらなんとお持ちの着物は300枚とのこと!
20190202081056389.jpeg

さてこのEnne(エンネ)倶楽部は応援してくださる方々のお集まり、すなわち後援会なのですが、レクチャーコンサートや対談コンサートなど色々面白いこともするので皆さん仲良くなられて良い雰囲気。

この新年の会でもかヨーロッパのお土産をかけたジャンケンの戦いや、サプライズなどもあり盛り上がってくださいます。
201902020811029c2.jpeg

新潟や関西からもご参加いただいて今回は90名で新年をお祝いしました。

またお箏とチェロでも音を紡ぐ日が近いかも!
20190202081047ad4.jpeg

あ、そろそろゲネプロが始まります。
続きはまた!!

弾き初めコンサート其の二:SURUTON音楽祭

そして翌日のこと
201901071423443f0.jpeg

これ温度もですが、日の入り時間にびっくり!
201901071424561e9.jpeg

ホテルの部屋からみた風景 実は湖!
201901071425482af.jpeg

ここは湿気が少ないので本当に心地よいパウダースノー

新しい雪に足跡をつけながら、チェロ付きでも滑ることなく歩けました。

2019010714274170b.jpeg
これは前夜
201901071428103eb.jpeg
これ朝の散歩
20190107142845b05.jpeg
散歩のはずがショッピングに方向転換してしまった私たち…ヴィオラ奏者のスーザン・サバーです。そしてスーザンちゃんはラルフの妻。可愛すぎる私のお姑さんなのです。
20190107143000147.jpeg
マークと。

泊まったのはカジノホテル
その真向かいにホールがあるのでストレスフリー
201901071431055cd.jpeg
ラルフと
201901071432010a0.jpeg
前日の新聞、これは4人でラップランドの街で弾いた時の写真。
20190107143550261.jpeg

サヴォンリンナホールでのゲネプロ時

プログラムは
モーツァルト:ピアノ四重奏 ト短調
ファリャ:スペイン民謡組曲
これはヴァイオリン、ヴィオラ、チェロで2曲ずつ分けました。
最後にドヴォルザーク:ピアノ三重奏「ドゥムキー」
ラルフ、マーク、私で一番一緒に弾いている曲。
今年5/10の紀尾井ホールでのリサイタルにもメインに決めました。理由はいろいろありますが「音楽で語ること」を教えてくれる曲です。
20190107143620f95.jpeg

アンコール時
20190107144116f53.jpeg

201901071441406fc.jpeg

音楽祭のブレインの皆さまと!

あ、もうそろそろコンサートに行かなくちゃ。
詳しくはまた!
今日のコンサートは西の街ラウマです。
20190107144304659.jpeg

2019弾き初めコンサート其の一@サヴォンリンナへ

という訳で目指せ「お弾き初めコンサート」!

1/4の朝にベルリンを後にして先ずはヘルシンキへ飛びました。
201901070324308ae.jpeg

そこから電車を乗り継いで
20190107032523cc4.jpeg

(↑後ろはマーク父・ラルフ)

目指すは東フィンランドの街サヴォンリンナ!
20190107032843951.jpeg

飛行機&電車なのでもちろんルートは違います。歩きと船だと13日と15時間かかるとありますね…笑
20190107034433355.jpeg

乗り継いで乗り継いで、、

夏はヘルシンキ-サヴォンリンナ間も飛行機が飛んでるのになあ。なんと冬期のフライトは1/7からだそう。惜しい。
20190107034541085.jpeg

(雪 雪 雪で本来は野原のところも湖のところも真っ白!)
20190107034706560.jpeg

(ふわふわのパウダースノー!!)
201901070347489ad.jpeg

(雪に埋もれそうな可愛い駅)
2019010704121187d.jpeg

(それぞれのストーリーを持って家路へ)
20190107035018bf8.jpeg

(マークの撮った芸術?!写真)
20190107041903524.jpeg

雪景色にテンションは上がり
チェロと一緒に♪えんやこーら♬
20190107041935007.jpeg


サヴォンリンナはほぼ毎夏来ているけれど真冬は久しぶりです。
201901070331295a6.jpeg

着いたときはもう真っ暗〜
凍った湖の先に懐かしのお城が見えた時はほっとしました。

なにせベルリンからヘルシンキまでの飛行時間は約2時間
そこからサヴォンリンナ駅まで乗り換えながら4時間半。。。
20190107042155aa6.jpeg

でも着いてすぐリハーサルへ🎵
疲れが出る前に弾いた方が良いのです。
20190107042730b80.jpeg

歩いて5分のところなので車を断って散歩。
20190107042927cae.jpeg

雪〜ついついはしゃいでしまいます。犬か!!
20190107043026b9a.jpeg

つくづく元気だなと自分でも思うのですが、よく考えたらマークのパパは凄い!!

音楽からエネルギーを吸って生きているマエストロです。
201901070431225b4.jpeg

そして翌日へ 続く!!