FC2ブログ

水谷川優子のチェロ弾き旅烏日記

放たれた自由~半年ぶりのコンサート@にっぽんの巻

気がつけば9月に突入、秋の香りがしてまいりました。蝉の大合唱もやっとメゾフォルテくらいになってきたかな。

そう、いま半年ぶりに日本に戻っております!

冷たいお豆腐に茗荷のせ、納豆のせ。シラスやお刺身、お蕎麦にはじまってシャクシャクの日本の梨などなど夢のようです。

日本の味がかつてこんなに心とからだに染みたことはあったろうか? いや、ない!

とくに茗荷はヨーロッパでは手に入らないので感動ひとしお。

20200903111211b9a.jpeg

さてさて、前回のブログの数日後に後ろ髪ひかれながら無人島を後にいたしまして

ロビンソン・クルーソー化が進みすぎる前に社会復帰しようと決断したのですが、飾り気のない自然に教えられて深ーーく呼吸ができた貴重な1ヶ月半でした。

「癒し」という言葉は簡単に使いたくありませんが、毎朝毎晩いえ毎時間、刻々と変わる空と湖の色があまりにも美しく、自分の心が治癒されていくのを実感した日々だったなあ。
2020090311455219d.jpeg

すこしずつ擦過傷が治っていくような感じでした。

生き急いでいるうちに知らぬ間に沢山の引っ掻き傷がついてたようです、しみじみ。

せっかく与えられた命をもっと丁寧に生きていきたい。そんな思いを噛み締めながら、まずはベルリン我が家に一泊。

スーツケースの中身をとりかえて日本へ!
各国の鎖国状態をのりこえての帰国には思うところがあるので、それはまた次の旅の前(!)に記すことにして~

ドキドキしながら成田で受けたコロナ検査も無事に陰性。2週間の自宅隔離もあっという間に終わり、大手をふっての社会復帰です。

隔離解禁の日は「陰性!」と書いたゼッケンを貼りたいくらいの気持ちでしたが、これって水戸光圀公の紋所と違って永遠じゃないのですよね、、なんとも効力が短い免罪符。

消えてしまった免疫パスポートの構想よ、いま何処??

(蓼科でお篭り中のNさまよりピカピカのお野菜が届きました)

というわけで熱中症とコロナ対策を敵に回して、体力温存しながら仕事をしております。

半年ぶりに日本で電車に乗りましたが、都心もいつもと比べて人が少ない。。友人曰くこれでも増えたとのこと、ニュースでしか読んでないので実感があまり湧かず、、タイムトリップしたような気分になる。

そうして先週の土曜日はさっそく鎌倉の隠れ家サロンでコンサート、数日前は配信コンサートのための動画撮りをしていました。

鎌倉でのコンサートは3月にマークと行うはずだったもの。2週間だけヨーロッパ滞在する予定が、、まさかこんなに長くなるとは!

しかも、今回マークは鎖国状態のため日本に入国できず、、、私のソロに変更させていただきました。

人生、何があるかはわからないとは思っていましたが、さすがにビックリ。思えば世界単位でのビックリがずっと続いているのですものね。

ともかく半年ぶりの日本でのコンサートは人数制限と感染対策に細心の注意をはらった上での開催となりました。

fc2blog_20200830214346022.jpg

佐助サロンのS御夫妻、お手伝いくださった方々、そしてお客さま、、皆さまのご協力のもとで、和やかな空気のもとで無事に終えることができた喜びと安堵。その余韻がたなびいて日々の糧となっています。
2020090512590099c.jpeg

(リハーサル時:撮影 中村義政さま)
fc2blog_2020083021431101f.jpg


音響のための鶴の金屏風が西陽除けにも。



有人のコンサートの有難さよ、、、
時間と空間を共にしてくださるお客さまの存在のなんと大きなことか。

相棒のチェロ雄も大きく深呼吸した気がします。


改めて『いま」「ここに」「皆さまと」「在ること」の喜びが身に染みます。

それは思えば奇跡のような、不思議なことですよね。

軽々しく「一期一会』と言葉にしていた過去の自分が恥ずかしい。

この半年間に毎日、あたまと心が組んず解れつする中で考えてきたこと、自分に求めてきたこと、それがやっとクリアになってきたタイミングでの本番、もしくは本番のおかげで自分が自らに求めることが明瞭になったのかもしれません。

【プログラム】
カタロニア民謡/カザルス:鳥の歌
バッハ:無伴奏チェロ組曲第3番ハ長調BWV1009
------------------
バッハ:無伴奏チェロ組曲第1番ト長調BWV1007
黛敏郎:文楽
日本の歌~荒城の月、ふるさと、ちんちん千鳥~
黒人霊歌:アメージング・グレイス
〔アンコール〕ヤルネフェルト:子守唄

司会をしてくださった 『かまくら銀幕上映会』ナビゲーターの田邊恵美さんは鎌倉の美女代表~
浅尾慶一郎さんは可愛い奥さまとご夫妻でのご登場。

もちろん演奏する私以外は皆さまマスク着用のお姿。こんな客席を見たのは2009年5月の新型インフルエンザ時に大阪のフェニックスホールで体験して以来。あれは豚インフルだったかな。(7月のフィンランドでのコンサート時はマスク着用義務なし、街でもマスク姿の方はみかけない状況でした)

この度は外出を控えてコンサートは断念しますという方がいらっしゃるかと思えば、生演奏を渇望してると新規のお申し込みもあり。

こんな時期にわざわざお出ましくださったお客さまは熱心な方ばかり、暖かいお言葉をいただいていますが、私自身は生演奏の大切さと、背中を押してくださる方々への感謝が新たに心に刻まれました。

とにかくひとときでも日常から離れて寛いでいただけたなら本当に良かった。

最後にHさんにいただいてハッとしたお言葉をお目にかけますね。
『7ヵ月ぶりの水谷川さんのチェロ、心に沁みました。こういうご時世に崩れがちだった心のバランスが、あの空間の中ではコロナ前の健全な状態に戻っていたように感じました。』

これを読んだ瞬間にあのフィンランドで感じた言葉にならぬものが鮮やかに蘇ってきました。


ーここの自然にいただいたもの 心を揺り動かされるもの なんとかこれを皆さまと分かち合いたいー

私に音楽を続けさせる、源泉です。

穴だらけの自分ですが、半年前よりすこしだけ大事なことが見えてきた気がします。気のせいかな?
まあ、いいや。明日もせっせと掘ってきます!

おくればせ復活・無人島生活~森の教え

おそるおそる自分のブログを覗いてみたら、、、

なんと4月から更新なし
数秒だけ目の前が真っ白になりました。申し訳ない。。。

この間は言葉にできないことや言葉にならないことがあまりにもたくさん。
ここで心を形にするような文を書くことが出来ませんでした。

でも今朝起きたらキツツキが大きな木の上の方でせっせと働いていたので
その幹に手を当てて振動に身を寄せていたら、突如思ったのです。

「よし、ブログ書こう!」

(白樺の陰にニョロニョロの姿が見えそう)

そんな大袈裟なことではないし
大したことは書けないけれど
ここの空気を感じながらしか綴れないことがあるかもしれない。

そう、FacebookやInstagramを見てくださっている方はご存知ですが
6/19よりフィンランドの無人島に住んでおります。
fc2blog_20200808024420159.jpg
毎夏、ときには冬や春にも来ているマークの心の故郷
いまや私の帰るところでもあります。
fc2blog_20200808214007dc1.jpg
(到着時、ヘルシンキの空港をでたら誰もマスクをしておらず、びっくりのフィンランド)
fc2blog_20200808214354ecf.jpg
(移動中↑ベルリンでの生活もふりかえったら実はけっこう緊張してたんだなあと、ヘナヘナしてる頃)
fc2blog_2020080821480866a.jpg
といっても実はもうあと数日で日本に向かうところなのです。。。

2週間のつもりで戻ったヨーロッパ生活はなんと5ヶ月半ちかくになりましたが
やっと日本!!

8月25日の東京でのコンサートはオンライン配信になりますが
29日は人数制限などはありますが鎌倉で弾かせていただきます。
(詳しくはHPをご覧くださいまし。

美味しい枝豆やお豆腐も恋しいけれど、演奏させていただけるのは何より嬉しい。
fc2blog_20200808215913145.jpg
素朴で飽きないフィンランドの菓子パンシリーズ
おばあちゃまの味というか 気取らずしみじみと美味
fc2blog_2020080822003478a.jpg
甘いものばっかりになってしまった。。
fc2blog_20200808220304b64.jpg
↑ワッフルのクラウドベリーかけ
fc2blog_20200808220654019.jpg
どれだけ食べてるのか、、ちょっと冷や汗が。
次の日記ではごはん系をご紹介せねば。。。

そうそうここフィンランドの景色や無人島暮らしを皆さまにお目にかけたいと撮りためた写真も1000枚越え、、
いつか日の目を見る日が来ますように。

さて私は初めてこの小さな小さな島を訪ねてから今夏で20年となりました。2000年かあ、、、近いような遠いような。
fc2blog_2020080821142407f.jpg
ほぼ毎晩のように夕焼けを撮っています。これは着いた日。

6/21は久しぶりに白夜で【陽が落ちない国】を実感。日本は日出る国だけど


水は鏡なんだと教えてくれたのはここでした。

サイマーはフィンランドで一番大きい湖なのですが、4、400k㎡ってどれだけ巨大なのだろう。
日本でもっとも大きい琵琶湖は670.3k㎡ですって。

それにしても、ここの自然はいろんなことを教えてくれます。

来たときに森のあちこちに咲いていた花は姿を隠し
木苺から7月の終わりからブルーベリーに野苺、いま少しずつリンゴンベリーもちらほら

森が 湖が 鳥たちや動物が 
何よりも空と雲が季節の移り変わりを示してくれる。

2度と同じ夕陽はないんだと
無言の教えです。

夏のはじめに赤ちゃんが生まれた鴨のファミリーは相変わらず仲良し、、、
fc2blog_2020080823071069d.jpg
(なんだか小鴨に存在を無視されるマーク)

われわれも仲良く
親友・音楽仲間・家族として毎日毎日どうあるべきか、どうするべきか語り合っています。
fc2blog_20200808024637ced.jpg
(マークは無人島バージョン髭姿)

何があっても
人間としての歩みを止めるわけにはいかないですものね。

2月末から毎日毎日ずっと頭がくるくるするまで色んなことを考えてきました。
答えがでないのに同じことを繰り返し繰り返し、、

感染した方のこと
命を落とされた方のこと
そして老人施設や医療関係の方々のこと、、、

個人的なことを書くとコロナの影響で中止になったコンサートは日本をはじめとしてドイツ、フランス、イタリア、フィンランド、エジプトと
来年の春まで予定されていたものはほぼ全て中止となっています。

それだけ世界中が厳戒態勢でウイルスが蔓延するのを防ごうとしているということ。

それをきちんと受け止めながらも
いままで生演奏でコンサート会場に足を運んでくださった方と空間と時間を共にするために
チェロを弾いてきたと自負していたので
コンサートが消滅していくのは恐怖でした。

当然ながら収入への不安もあります。

今までどこの組織にも所属しない一匹狼の生き方をしてきたリスクもありました。

けれど自由を選んだことは一生後悔しないし
過去に戻っても違う生き方は望まなかったと気がついたのです。

そして自分の存在が無くなってしまうわけではない。
いままでと違う形になったとしても演奏を続けることはできるし
できればご縁ある若者や若い演奏家のお役にも少しでもたちたい。

ここフィンランドの森の中でお腹の底からそんなことを実感できつつあります。

いまここに在ることへの感謝は減りません。
ちゃんと警戒しながらも、不安や恐怖に飲み込まれて生きたくない。

たった一度の人生を慈しみながら、できることを形にして音楽に反映していきたいと思います。


そう思えるようになったのはやっぱりチェロとの体験のおかげ
では次のブログはフィンランドの師たちについて

ベルリンお篭り日記6〜【ein zerbrechlicher Zwischenerfolg〜脆い仮初めの成功】

かつてないほど静かな復活祭

202004160336265b7.jpeg

Easter Sundayの夜と翌日の朝に聴こえた教会の鐘がやけに荘厳で心に沁みました。いつもは明るく勇気づけてくれるように感じるのに。
202004160337267b3.jpeg

今年はタマゴを飾る気にもなれず、、、

さて、ぜんぜん「折り返し地点」でなかった(とほほ)前回の日記(4/6)

復活祭休暇があけてメルケル首相がすぐに各方面の専門家とオンライン会議、本日14時から各州の首相との会議を行って、その直後に新型コロナウイルス拡大防止対策の緩和について発表しました。

記者会見のライブ配信が16:15くらいからということで、料理の下ごしらえをしながら横目でiPadを見ていたのですが、その前の会議が伸びに伸びている模様で待てど暮らせど始まらない。

ドイツは16の多様な連邦州でできているのですが、こりゃあ余程揉めているのかな。

会見の時間からライブ配信されていたので、早くから来ていた記者の人たちの様子をチェックしながら料理。

待ちに待ったためにフィンランドのサーモンスープ(Lohikeitto)、サーモンのムニエル、サラダに、胡瓜の浅漬けと明日のための仔牛肉のハンバーグまで出来てしまった。
20200416032502f5e.jpeg

ちなみにマークのリクエストのこれ↑
「新じゃがじゃなきゃダメ!」だそうで
フィンランド人にとってのソウルフードです。
20200416032627d74.jpeg

作り方はシンプル、ディルをたっぷり効かせてね。
ベースはネギですが、私はしんなりなるまでバターで炒めた玉ねぎのみじん切りも加えています。

だからちょっと飴色。

2020041603315458d.jpeg
さて、こちらは良いのですが、待たされるジャーナリストの人たちはさすがに苛々している様子で1.5メートルの距離を保ちながらも行ったり来たり、、、

そして2時間遅れで会見が始まりました。
メルケル首相をメインに、バイエルン州首相とハンブルグ市長、ショルツ連邦財務大臣が同席し、連邦政府と州政府の意見を発表します。

やっぱり前回の外出制限の折の緊急会見もそうでしたが、メルケルさんの言葉には説得力がある。
2020041604111408f.jpeg

記者たちの質問にもご自分でメモを取られたらしいノートを片手に、自身の言葉で、市民の立場ではっきりと答えます。

先ずはドイツにおける感染数が横ばいになっており、3/15からの外出制限が効果を出していることへ言及「ドイツに住む、皆さんの協力のおかげで」と感謝を述べました。

ドイツ国民じゃないのです、ドイツに住むみんな!!

本当、前回もそう思ったけれど、人の心に訴えるスピーチ。

あのときは、感染の恐怖がある中でスーパーで働く特にレジの方、また物流関係の方たちへの謝意を特別に述べていたのが印象的でした。

今日はすべての医療関係者、そして老人施設で働く方への力強い感謝が胸に響きました。

さて発表があったのは
まず5/3まで3/22の基本的な外出制限は続けられるということ。不要不急の外出と人との接触を避ける生活です。

✳︎距離を最低1.5mの距離を保ち
✳︎同居人、家族やパートナーを別にして、3人以上での集まりは禁止
✳︎全ての飲食店は閉鎖。テイクアウトとケータリングは可能。
(外出の際は、身分証明書を携行)

新しいことは
◎4/20(月)より800㎡未満の小規模店に感染予防に気をつけるという条件つきで開店許可。
スーパーや市場などの食材、日常用品、銀行や薬局、そしてベルリンはもともと自動車、自転車販売店、本屋さんなどは空いていたのですが、さらに個人商店の洋服屋さんも大丈夫なのかしら?

残念ながら、待望の美容院はまだダメでした。接触するから。

◎レストラン、カフェ、バー、クラブそしてホテル等は引き続き休業
◎公的交通機関、店内でのマスク着用を推奨。
◎大規模な催しは8月31日まで禁止
 規模の詳細はまだ
◎学校:ベルリン州では5月4日以降に段階的に再開、感染防止方法については州単位で決める。

あと政府として強く主張があったのは
◯感染者が出た場合の感染経路の解明
◯老人施設などにおいて接触制限による社会的孤立への対処
◯ 医療・福祉関連施設への医療用マスクの提供
◯検査数の拡大

キーワードはいまが
ein zerbrechlicher Zwischenerfolg
「壊れやすい暫定的な成功」
だということを忘れないことです。

【脆い仮初めの成功】といったところかなあ。
今日もメルケルさん以外の方も何度も仰っていましたが、感染者数が横ばいになって、有難いことに完治した方も多い、しかしながら油断大敵!!

すこしでも意識の低い人がいたら元の木網になる。
一人一人がどう新しい一歩を踏み出すか、それが重要なんだと聴こえました。

まだまだガラス細工のような状態のようです。

それでも、一歩進めたことに、いまここに在ることに感謝。

さっきマークは突然にバッハのソナタの1番を弾きだして、そのままノンストップで2番、3番へと突入していました。コンサートでもしないフルマラソンの全速疾走?!

ふむ、どんな状況でも私たちにはこれしかないものね。私もバッハを芯に、心を微調整していこうっと。

20200416140758a7d.jpeg

ベルリンお篭り日記5〜折り返し地点?!

ふううううむ、、、

3/21に春分の日
3/29から夏時間(ドイツと日本の時差が7時間に縮まりました)
そして4月で新年度を迎え

いまやっとイタリアが感染者数が横ばいになったとのニュースが!!(やったーー!!)

と、同時にそれによりイタリアの人が喜んでせっかくの制限が緩くなってしまってるとのニュースが、、、(とほほ、、、)

ここでイタリアが上向きになってくれると明るい気持ちになるんだけどなあ。

さてベルリンは3/22の外出制限から2週間がすぎまして、4/1にはドイツ政府から外出制限(接触制限処置)がさらに4/19まで伸ばされるとの発表がありました。

これでやっと折り返し地点、いや、まだ伸びる可能性があるんだった。

もう日にちの感覚も曜日の感覚もありゃしません。
ずっと覚めないシュールな夢の中にいるみたい。

こどもの時には毎日が日曜日だったらなあなんて思ったけれど、もう一生思わないぞ。

友人や家族とも会えない生活(同じ住所でない人は2人以上で会ってはいけない)

街はゴーストタウンで
もちろん美容院も開いていないので一昨日は私がマークの髪をカットしました。ヘアカット用のハサミが家にあって良かった。手は震えたけど。

みんな身体も気持ちも保つかしら、、、心配。

20200406052505a24.jpeg

(こんな時もあったなあ↑マークの生徒のM子ちゃんとスーパーにてトイレットペーパーの山に感動)

ちなみにメルケルさんは先日の演説で『外出制限中でも、棚に品物がなくても、絶対に物資が滞ることはさせません!買い置きはしないで!(ドイツ語ではハムスター買い🐹といいます) どうぞパニックにならないでください!!』と強く仰せでしたが、約束どおり。

さすが有言実行のメルケル女史、安心感たっぷりです。
20200406054641699.jpeg

(子どもの遊び場はどこも立入り禁止、この外出制限は小さな子どもたちに与える影響も心配)

いやはや

すこし先の未来が想像できないことがこんなにキツいとは
当たり前の生活が奪われることがこんなに厳しいとは

自由な時代に生まれて自由を満喫しながら生きていた自分がいま根本から揺り動かされているのを感じます。

心が弱っている時には自分の中で何かが少しずつ滅んでいくような気さえする。

なんども明け方に目が覚めるのは普通
息が詰まりそうな中で必死にもがいていました。
20200406055759359.jpeg

(桜を見ると日本と繋がっているみたいで嬉しい)

そういう中で昨日もコンサートの中止や延期のお知らせが、、いまとうとう秋のコンサートまで影響が出てきています。

11月中旬のイタリアと同月末の日本のコンサートも中止。マークは来年1月末の英国のコンサートが延期になったそう。そうですよね、だって世界中で何がどうなるか、わからないもの。

それを思うと、何とも言えなくなる。

いま心が麻痺しているのかな?
なんだかひゅーっと風が吹くのを感じる…

と、思ったタイミングで日本からマネージャーのHさんから突然メッセージが来ました。

 こんな時ではも花は咲きます
 どんな時にも音楽は必要です
 信じて、今日、明日、
 出来ることをやるしかないですね

、、、、、ち、泣かせてくれます。
バッハさらおう。チェロはいつも横にいるのでした。


さて、どんなに心が乱れても、ずっと変わらないことがあります。

それは、いま生きていられることへの心からの感謝。それだけは変わらない。

いま隣にいるマーク、そして日本の家族をはじめ、ドイツ、アメリカ、スイス、フィンランド、リヒテンシュタイン、オランダに散らばる家族や親戚が誰もコロナにかかっていないことにも深く感謝しています。

もちろんあちこちの友人や仲間たちが元気でいてくれることも私のエネルギー源です。


さて、ここ数日はドイツよりも日本のニュースでヤキモキヤキモキ(お肉券とか、マスク配布とか) しておりましたが、やはり緊急事態宣言が出そうですね。

どうかそれによる制限や禁止条例での【外部からのプレッシャー】が不必要にかかることがありませんように。

たくさんの心ある方々が2月からずっとさまざまに気をつけて、活動を自粛をしてらしたので、ここに来て生活が不便になり、さらなる制限がかかるのが心配です。

日本政府の中でも、それぞれの専門家や権威にも実にさまざまなご意見があると思います。ドイツはこの外出制限に関しては否定的な意見もあったので、日本の感染者数を抑える一連の動きはずっと注目され、高く評価されていました。

けれど日本も今までのような自粛勧告ではもう無理、補償が出ないばかりか、いろいろな判断が個人に委ねられすぎ、もう限界なのだと思います。

心ある人が心ない人にかけられる負担が大きすぎる。。それがこのコロナの嫌なところですね。
自己責任という言葉は通じません。

とにかく医療崩壊だけは避けねばなりません。

明日起きたら、日本は午後
いろいろなことが決まっているかもしれませんね。

故郷を遠くはなれるとき、日本の皆が元気で日本は大丈夫なんだと思うのが、心の支え、、

祈るばかりです。
2020040606490176a.jpeg

ベルリン 4/5(日) 20:46
感染者数    3687名
亡くなった方    26名
入院している方  507名(126名 重篤)
いままで1938名の方が完治したということです。

ベルリンお篭り日記4〜悲しいニュース

朝起きていつものように日本のニュースをチェック、そして志村けんさんが亡くなったことを知る。

まさかの訃報に一瞬手が止まる。

新型コロナで亡くなる方があるのはわかっていたけれど
志村けんさんは他のご病気や免疫力が落ちてらしたというのは分かるけれど

長きに渡って人前に出てらしたのでなんだか「ずっといるはず」の人だった。
その命がこんな風にさっと奪われると
これが現実なんだと思い知らされる

『8時だよ、全員集合』はよく親の目を盗んでこっそり観たものだ。

20200330182846375.jpeg

大人が真剣に全身で人を笑わすことに
そのチームワークに
大掛かりな舞台転換にワクワクした。

中でも志村さんのことは子供心に「この人はきっと良い人だろう」と思ったのには、彼の芸風が人のことを貶めるものでなかったところが大きいと思う。
またはそう感じさせなかったのか。
そういう役割だったのもあるだろう。

率先して自分のことを落として笑わせる。
彼が人に「お前さんはまったく馬鹿だねえ〜」と言っても、そこには悪意ではなく愛情を感じた。

-俺が俺が-というエゴが感じられなくて、飄々としているのが心地良かった。

子どもだけど、、いや、子どもだから敏感なのだ。

あとメガネでなんとかく父に似てると思ったのもあった。父は即否定したけど。笑
20200330183652fc0.jpeg

たったいま日本にいる友人から
「志村どうぶつ園もだけど、8時だよ全員集合だよね、、、一緒に歳を重ねて生きてきたような気がして、、、知り合いのおじさんが亡くなったくらいショック。」とLINEが来た。

そう、自分が思ったよりショックを受けているし
何よりも悲しい

知らない人なのに心に穴があいたみたいだ

たくさんの人にとってさりげなく大切な存在だった志村けんさん

心から感謝を申し上げながら
深くご冥福をお祈り申し上げます。



ここから思うのが
直接にお目にかかったこともない志村けんさんにこんなショックを受けるのだから、これが知人、友人、そして家族だったら、ということ。

もし自分がウイルスを運んで人に、ましてや親にうつしたりしたら、と思うだけで未だに恐怖で胸のあたりが痛くなる。

でもだからこそ、元気な人は自分の身を守りながら=大切な人を守りながらもなんとか前に進まないといけない

いま日本より一歩先に外出制限が行われている国にいて、そのこと=前に進むことの大切さを痛感している。思考がとどまってしまわないこと。

いまドイツでコロナと同じくらい心配されているのは外出制限が精神衛生に与える影響。そのために政府の政策に懐疑的な声を上げている医師たちもたくさんいる。

もちろんウイルスが広がらないよう行動には気をつけなきゃいけない

でも内側から元気がなくなったら免疫力は確実に落ちる

そしてフランスの一部ではすでにDVが問題になりつつあるという。皆が不安でイライラしたら家庭内の言い争いも増えるかもしれない。外で遊べない子どもたちのストレスはさらに心配だ。

外出制限の禁止事項が私たちの精神と肉体にかけるプレッシャーは恐ろしい。

だから補償のことを別にしたら、日本は制限でなくて自粛に留めて欲しいと心から思う。

政府からの制限は、他を慮ることをせず、個人で勝手なことをする人々を規則で抑えるためのもの。

思慮深く行動する人ばかりならば不必要なのに、などと非現実的なことを思っても、それはいま夢想でしかないのだろう。

前に進む、思考を止めない、、、
明日の補償もはっきり見えないところでそんなことを言うのは、フリーランス音楽家である自分を鼓舞するためなのだけど、、いまは自分の手に握れない明日を憂うエネルギーがあるのなら、せめて思考を止めず、生きなきゃと思う。

マークの私の2人きりの小さな家族はとりあえず元気です。
毎日美味しく食べられることに感謝しながら生きています。これも音楽のおかげです。


昨日までのベルリン 3/29 (日) 22:20
感染者数    2462名(前日より125名増えています)
亡くなった方    11名(昨日より2名増えています)
入院している方  312名(70名 重篤)
いままで845名の方が完治したということです。