FC2ブログ

水谷川優子のチェロ弾き旅烏日記

如月日記:若冲生誕と没後に捧ぐコンサート

本日は本当ならいまごろピアニストの下山静香さんとまだ神戸にいること、、、

昨晩のコンサートはコロナウイルス対応で延期になりました。

前回のブログの最後に「コロナなんかに負けず」と書いたのですが、日本はいまウイルスの拡散を防ぐためいよいよ正念場といったところなのでしょうか。ヨーロッパの反応は国によって違いますが、イタリアはヴェネト州で欧州初のコロナウイルス感染者の方が亡くなって打撃を受けている様子。小さな町の中には町民への自宅待機を勧告、また教会のミサまで中止しているとニュースにありました。

いま少しでも感染の拡大を抑えるため、自衛することは最も大切。またそのために政府やさまざまな公の機関が催しものの中止や延期、自粛を促すのは大事なことと思います。

しかし、イタリアやフランスでは一部の人によるアジア人への嫌がらせは、実際に増えている模様。通りがかりに「コロナ!」と叫ぶような嫌がらせから、アジア人経営の店などへの毀損といった社会問題になることまで、さまざまだそうですが、、なんと低俗なんと野蛮、、、

こういうことをする人たちは反対の立場ならどう思うのかな。考えたことがないのかな、子どもでもわかると思うけど。

いつ、いかなる時も、誰に対しても、ニュートラルな心で正しい情報を見つけ、判断と対処ができる人間になりたいものです。今回の新型肺炎も完全に災害、先が見えない緊急時こそお互い助けあわなきゃ。

いずれにしても、いまこの瞬間にも最前線の現場で働く医師や看護師の方々、その道のスペシャリストの方々がいらっしゃる。そう思うと彼らに敬意を表し、自分は黙々と日常でやるべきことをやっていこうと思います。

202002231013256aa.jpeg

(こんな気持ち)

先にのびましたが、あらためて知的&魅惑的なピアニスト静香さんとの共演を心待ちにしています!

さて長くなってしまいましたが
ここで振り返ります。2月初旬は毎年参加する弓の寒稽古(年の一番寒いときにあります)でお篭り、そして合間の2/8には毎年恒例となった京都・宝蔵寺さまにおけるコンサートがありました。
202002221417509b9.jpeg

宝蔵寺さまの御本堂にて。小島御住職のご長女・奈々ちゃんと、左は若冲の掛け軸です。

20200222150419769.jpeg

伊藤若冲のお墓は相国寺さまにありまして、こちらは伊藤家の菩提寺です。

普段はお墓詣りのみ可能なお寺ですが、毎年、若冲の誕生日2月8日前後の1週間のみ参拝、拝観でき、若冲の秘蔵の作品も公開なさいます。

20200223094550cfa.jpeg

今年は没後220年で若演による【大黒天図】が初公開となりました。私も拝見しましたが、なんとも可愛いといったら失礼でしょうか、心がほどける感じを受けました。さすが大黒さま!

20200223094424c30.jpeg


以下はお寺のホームページより
「伊藤若冲(1716年−1800年)は宝蔵寺から歩いて五分ほどの錦小路市場の青物問屋「枡屋」の長男として生まれました。二十三歳から四十歳まで家業に専念しますが、それ以降は弟の宗巌(白歳)に家業を譲り、絵を描くことに専念します。

本展では、若冲四十代の作である「竹に雄鶏図」、五十代の拓版の技法を用いた「髑髏図」をはじめ、弟である白歳や若冲派の作品を展示します。特に若演筆「大黒天図」など3点は初めて公開します。」
20200222151508425.jpeg

御住職の御奉納からはじまって奈々ちゃんのクラリネットによる奉納演奏

私のコンサートは仕切り直しの長めの休憩のあとに行われます。

今回は
即興演奏からはじめて
バッハ:無伴奏チェロ組曲第3番
黛敏郎:文楽
そして奈々ちゃんとベートーヴェン:クラリネットとファゴットのための二重奏ハ長調
アンコールに父の編曲による滝廉太郎:荒城の月

毎回、恒例になってきたこちらでの即興演奏
なぜだか ここに来ると 見たもの感じたものを音にしたくなる。今回は柔らかな光や穏やかな春の兆しを感じさせるものでした。不思議です。
20200223095303474.jpeg

西にも東にもお世話になっている方々ばかり
加えて仲間であり友人でもあります、感謝!!

そういえば、、いま調べてみたら去年のコンサートのブログ記事がない、その後に飛んだイタリアで描き始めていた下書きのみiPhoneアプリ内で発見しました。とほほ

20200223095807b79.jpeg

2019年の2月、、あれから一年か

20200223101501097.jpeg

奈々ちゃんも4月から大学四年生 早いな〜
20200223095956a35.jpeg

またまた仲間たちとの写真

そういえば京都、最近はいつでも混んでいますか
さすかに今年はがら空きでした。
タクシーの運転手さんが「日本の皆さんが京都に来るならいまでっせー」と連呼してらしたっけ
20200223101807018.jpeg

去年はこんなステキなお遊びにデビューさせていただいたっけな。舞妓さん可愛すぎ
20200223101906d1a.jpeg

京都の魔界 もっと知りたいですね。

さて2月は爽やかかつディープな新潟滞在もありました。しかしながら明日は千葉!!

ではまた〜

該当の記事は見つかりませんでした。