FC2ブログ

ブレーシアの秋その1

先ずは台風のお見舞いを申し上げます。

台風に地震、なんとかして止められないものでしょうか。。。どうぞお気をつけてお過ごしくださいませ。

さて私は9月25日からずっと、ミラノから東に約100キロメートルの所にあるBrescia(ブレーシャ)という町におります。
20181004045934ce9.jpeg

Lombardia(ロンバルディア)の州都はミラノ、ここブレーシアは第2の都市、ここでマスタークラスでした。
201810040451517f1.jpeg

(珍しいツーショット、私がいつも「食べもの&私」の写真ばかり撮っているのを知ってるマークの生徒Iちゃんが『たまには』と撮ってくれた貴重な写真です)
20181004051118c86.jpeg

広場同士が隣り合わせにある面白い作り。
この古い街の複雑な歴史が伝わってきます。
2018100404573703e.jpeg

(「食べもの&私」やっぱり美味しいものの前ではにんまり…( ̄∀ ̄))

同時期にマークもヴァイオリンのクラス、彼はそのあと続いて新しく試みる一年間の集中コースに突入していました。私は2日間レッスン無しのフリーな時間がてきて、ウンと練習するはずが鼻風邪でぐずぐず。だって陽が落ちると13度くらいにグッと冷えるのですもの。やっぱり石の街は寒い。
20181004050933f17.jpeg
石の家も寒い!!
20181004050924f2f.jpeg

ショールとショートブーツが大活躍しています。

20181004045005d57.jpeg

飛行機から撮ったこの景色、山の感じが北イタリアっぽい。
20181004045554dda.jpeg

学校のある博物館の中庭
2018100405083987f.jpeg
20181004050914ff9.jpeg

美味しいものばかり、この街に来てすぐに思ったのが、観光客が少ないこと。
20181004052240ef6.jpeg

ローマ時代に交易で栄え、あちこちに古代から中世の遺跡や歴史的な建築物が多く残っているし、ユネスコの世界遺産に登録された(ランゴバルド王国が遺した修道院もあるというのに、です。

で、聞いてみるとここブレシアはイタリア有数の工業地帯の中心都市であるから観光業に頼らなくても生きていける、とのこと。

なるほど〜
20181004052316ea7.jpeg

だから街は落ち着いて、住んでいる人々のリズムで動いていました。ここで知り合った不動産の人はミラノから通勤しているそうですが、「ここに来ると70年代のイタリアにいるみたいな気になるんだ、古き良きイタリアだよ」と語ってくれました。
201810040526030dd.jpeg

なるほど、我々のアパートメントの道の向こうにおばあさんが椅子を出して、毎日、朝から夕方まで中型犬を足元に置いてそこに座っているのですが、
その様子はなんというか道の番人のよう。たぶん御自宅の前で日向ぼっこしてらっしゃるのだとも思いますが、通りがかりの近所の人々が、老いも若きも彼女に声をかけていく…その様子がフェリーニの映画の中みたいなのです。

で、マークと私が楽器を担いでアパートメントを出るとじっと視線を感じる訳で、三日後ころからなんとなく会釈をするようになり、今日はチラリとおばあさんの座っている辺りに目をやると、手を振ってくださいました。われわれ、ご近所として認知されたみたいです。ちょっと嬉しかった。

ブレーシア、優雅かつ地に足がついている街、大いに気にいりました。

取り急ぎ、その1はこの辺で!

明日はここに明日は黒田亜樹さんが来てくれてリハーサル、午後にはここを離れてイタリアを南下します。なんかすでにちょっと寂しいな。
Theme: 海外生活 | Genre: 海外情報