FC2ブログ

水谷川優子のチェロ弾き旅烏日記

彩の国のコンサート〜祈りの花束

お雛様ーと思ってたらシンガポールで桜に囲まれて
、大阪にいって、、、

色んなことがあって
色んなことを思って

いたら

あら、またまたブログが開いてしまいました。
Facebookとの兼ね合いも難しいな。。

と、いうことでやっぱり「なる早」で新鮮なうちに書いちゃおう。順番抜けたり、入れ替わりますがお許しください!

昨日3/23は彩の国さいたま芸術劇場のポジティブオルガンとのコンサート

20190324113241ec7.jpeg

これは光の庭プロムナード・コンサート第105回

オルガニストの関本恵美子さんとはいつもパイプオルガンチェロとで共演しているので、ポジティブオルガンは新鮮でした。
201903241131461e8.jpeg

小さいのに色んな音がして 魔法の箱みたい
20190324113506e44.jpeg

でも会場が驚くほど響くので迫力もあります。

このコンサートに恵美子さんがつけた題は~祈りの花束~
201903241141196eb.jpeg

バッハ「アリオーソ」から始まって
フォーレのレクイエムから「ピエ・イエス」
カタロニア民謡「鳥の歌」
モーツァルトの「アヴェ・ヴェルム・コルプス」などなど

それぞれのソロもありましたが
全ては祈りを基軸に置いて演奏

でも恵美子さんのアレンジによるアメージンググレイスが、苦しみ、困難、慟哭を超えた奇跡と喜びを表現しているようで、私も弾いていて強烈に湧き上がるものがありました。オルガンの音色って、なにか人を本質に向き合わせるものがあるように感じます。

恵美子さんとの共演で思い出深いのは2016年12月こ福島音楽堂でのコンサート

なんと調べたらコンサートの体験がエモーショナルすぎてブログ書けてなかった。。
20190324120232300.jpeg
20190324120657d34.jpeg

ここも素晴らしいホールとパイプオルガンだったなあ。


では今からゲネプロです。
本日は明治学院にてマークとチャリティコンサート!!

睦月のいろいろ その2

ちゃんと約束守るんだ
書くと言ったら書くんだ!

と呟きながらブログ更新〜
ただいま新幹線の中であります。

昨日の幸せだったサントリーブルーローズのお話もお伝えしたいのですが、やっぱり順番で!

お箏とチェロで紡いだ日の夜はミラノから帰国していたピアノの黒田亜樹ちゃんと合流、真夜中までリハーサル。

亜樹ちゃんもこの日はリハ帰り、それにしても彼女もタフだ!一緒にいると何故だかいつもダブルにタフなことをしてしまう、同い年だからかしら?

いつも揃うと「面白いことしようよ!!」とチャレンジの日々になってしまうのです。そして実際に楽しい。

2019020310542686f.jpeg

で、この翌日は朝から動画撮りでした。
20190203105440159.jpeg

真夜中まで練習するのは良いけれど、髪ふりみだす私、、、
2019020310543385c.jpeg

実はこの秋はとある企画のCDをレコーディングする予定!!8月にはその前哨戦のコンサートもすることになりました。
20190203105449452.jpeg

この日撮ったのはヴィラロボスの小品です。
うまくいけばまたYouTubeチャンネルに載せますね!
2019020310541351e.jpeg

今年はまた亜樹ちゃんとイタリアで珍道中コンサートもできるかも。

取り急ぎ、皆さまのご予定表の8/8のページに「アキ・ユウ 東京びっくりコンサート」とお印ください。

で、この後は岐阜の三甲美術館での初ニューイヤーコンサートがありました。
20190203112003c67.jpeg

ピアノの山本貴志さんとは12月に新潟でご一緒したばかり!

2人のリハは銀座のヤマハアーティストサロンを使わせていただくことが多いのですが、この日は大好きな調律師の酒井武さんが浜松からいらしててサプライズで嬉しい再会となりました。酒井さんの調律は奏者によりそい、さらに可能性を広げてくださる。素晴らしいのです♪前出の黒田亜樹さんとのコンサートでもわざわざ彼にいらしていただいたくらい。
2019020311251106e.jpeg

そして岐阜・当日は快晴でした!

岐阜駅で美術館の母体である「サンコー」の看板みっけ〜
20190203112625c04.jpeg

長良川うつくしいー!!
こんな川でなら鵜になって泳いでも良いかも、あ、いや、獲った鮎とられちゃうんだった。やっぱりそれは嫌だ。
2019020311273521c.jpeg

いつも5月や6月の顔しか見たことない美術館、冬景色に不思議な気持ち、それも風情があってステキでした。

今回は初のニューイヤーコンサートということで軽やかで楽しいプログラムをチョイス。
2019020311290689b.jpeg

イノシシの年賀状を楽しむ2人、、、
子どもたちから大人まで面白いものから劇的なものまでありました。日本のこういう伝統は風情があってよいなあ。
20190203113216d33.jpeg

次回の山本さんとの三甲美術館コンサートは5月18日、恒例の鮎解禁あとになります。

ぜひお越しを!

そーしーてー1月第三のピアニストは宮谷理香さん!
20190203130144508.jpeg

自分が恵まれすぎだなあ、と思うのはこんな時。
それぞれ素晴らしい仲間たちと音を紡げて本当に幸せです。

理香ちゃんとはもちろんアンサンブルφ(ファイ)を組んでいるのですが、ラジオ「music bird」のパーソナリティを交互につとめて時々そこでも共演する仲!
201902031302592f9.jpeg

で、マイクを通して音楽談義をするわけですが、声の共演だけでなくやっぱり音も!!

という素敵なお話をいただきまして、今回はラジオのためにレコーディングしてまいりました。
20190203130446b81.jpeg

2人でカサドからショパン、シベリウスなどなど!
あとそれぞれソロも、私はバッハの無伴奏チェロ組曲第3番よりプレリュードとサラバンドを弾かせていただきました。
20190203130747779.jpeg

ちょっと雑音などがはいったら修正ができるCDと違って、一発録り!!これはやはり緊張します。

でも慎重にならずなるべくライブ感溢れるものを!と2人で力を合わせました。
201902031309528a2.jpeg

音の響きを聞いて、マイクの位置など決めるときが大切。ずっと真剣勝負ですが、カラダ全体を耳にして聴きます。まあ、素晴らしいエンジニアの方々とご一緒だったので大舟にのった気持ちでした!
20190203131228aea.jpeg

というわけで、こちらは3月に放送です。
20190203131304891.jpeg


で、この他、レッスンで新潟や、あと長野にも足を伸ばした濃い1月、、

この間、珍しく疲労して風邪と戦う危うい日々もあり、一瞬痩せました。
一瞬だけ、、、いや、あれは「やつれ」だったのか。
20190203131518559.jpeg

そうだ、末にはもう一つ、新年の会で演奏させていただいたのでした。こちらは高輪のホテルにて。

あとは3/17の大阪のフェニックスホールのリサイタルのために小柳美奈子さんとのリハも始まっています。
20190203131915c15.jpeg
()
また、チャレンジするプログラムにしてしまった、、、

まだ何かいろいろあったような?
しかーし、そろそろ目的地に到着、ではこのへんで!!

教会でDUO!チャリティコンサート@カトリック大船教会

日曜日は教会でマークとDUOのコンサートでした。
20180917181301.jpg
日本にいらした難民の方を支援するチャリティコンサートもこれで5回目。

2015年秋の第1回目だけ東京の教会で、あとはずっとここカトリック大船教会で行なっています。
20180918072228633.jpeg
三連休の中日だというのに聖堂いっぱいの方々がいらしてくださって感謝!
このコンサートも定着してきたのかな。

さてマークと初めて共演したのは二十代なかば
お互いに人生で一番長く一緒に弾いている「室内楽のパートナー」です。

「阿吽の呼吸ですね」という御言葉をいただきましたが
共に弾くと音を通して色んなことが伝わってきて非常に面白い。

相手のことが言葉を超えた世界、テレパシーのような感じで入ってくるのです。
人間って色んなアンテナや感覚があるんだなあ。

さてさて、このチャリティコンサートは合間に難民として日本に来た若者たちのスピーチがあるのですが
みんな日本語が上手!
短い期間にこれだけ話せるようになるなんて本当に凄い!!

ちらっと話したら「漢字が難しい!」と言っていてドキッとしました。
日本人だって漢字は書いてないとどんどん忘れるんですよー

とにかく明るくて勤勉な方が多く、支援グループの方との質疑応答では、しっかり笑いをとっていました。
20180918072224e92.jpeg
こちらは去年10月の時の写真(見てみたら去年はblog記事が抜けていました…)
募金箱をもって立ってくださったこの可愛い坊やも今年はウンと背が高くなっていてビックリ。
一年の時の流れを感じます。
2018091807222643d.jpeg
支援グループの方々と一枚
皆さんの力強い活動に「継続は力なり」という言葉を思います。
201809180722274ec.jpeg
こちらはカトリック大船教会のマーク神父さまと
2人のマークに挟まれました。

さてさて今日の夜は浜離宮朝日ホールにてトリオ ソ・ラのコンサート
20180918074533490.jpeg
(昨日の散歩道にて)

予報では夕方から雨とのことですが…3人の念で吹き飛んでくれないかなー

トリオ ソ・ラの三都物語@日本橋&浜松

ハープとのDUOに続いてはピアノ三重奏
2018091508312177b.jpeg
まずは去年に続いて9月10日は日本橋三井タワーのアトリウムコンサート
20180915224853adc.jpeg
こちら去年もびっくりしたのですが、ゲネプロ時点からたくさんの方が並んでくださるのです。

いくら無料のコンサートととはいえ、座席券配布の2時間も前に列を作ってくださる!
有難いやら申し訳ないやら、、、
慣れてらっしゃる方はなんと折り畳みの椅子付き持参です。
20180915225402ac5.jpeg
音楽は一期一会 ならぬ 一期一音、皆さまに感謝をこめて演奏を。

当たり前のことですが、3人の拠点がNY、パリ、ベルリン(日本)とバラバラなグループ、
集まってリハーサルするのすら大変なトリオ ソ・ラを弾いていると、ますます今ここにいて共に音を紡げるのが奇跡のように思えてきます。
20180915230441435.jpeg

そして次が一昨日9/13の浜松でのコンサート
201809152311229f0.jpeg
浜松のカトリックの教会「遠州栄光教会」の住吉礼拝堂です。

まずは遅めの午後に子どもたちのためのコンサート
これは子どもたちもですが、子育て中のお母さまやお父さまたちにエールを贈りたいと思って弾いていました。
201809152316436de.jpeg
夜のコンサートにはトリオ ソ・ラのデビュー公演から聴いてくださってるヤマハの樋口洋子さんが登場!!
お差し入れの美味しいお菓子も嬉しいし、我々のアンサンブルとしての成長もみつめてくださっている有難い存在です。

ベートーヴェンの人気作「街の歌」に武満徹氏の世界観に満ち溢れる「ビトゥイーン・タイズ」
そしてドヴォルザークのへ短調のトリオ

メインに選んだらこのトリオはドヴォルザークの人間的な葛藤を感じさせるようなエモーショナルな作品

来週火曜日は浜離宮朝日ホールにて披露します。
20180915231604df5.jpeg
それぞれ3人の作曲家の内面にどこまで迫れるのか?!
20180915232828ef0.jpeg
とりあえず浜松のウナギで気炎をあげる3人なのでした。
いや、久々のウナギは美味しかった!

今日はまた朝からソ・ラのリハ、お昼過ぎには釜山の音楽祭に出演していたマークが来てくれて練習を。
明日は鎌倉市の教会でヴァイオリンとチェロのDUOのコンサートなのです。

一期一音、心して弾いてきます。

該当の記事は見つかりませんでした。