FC2ブログ

ソ・ラの三都物語 vol.5そして海上のコンサート

自分でもなんだか信じられないのですが、ただいまこんなところにおります。
20180920170702604.jpeg
はい、海の上!

日本丸にてクルーズ、今晩は船内コンサートです。
そちらはまたご報告するとして、、、

一昨日の夜は浜離宮朝日ホールにてトリオ ソ・ラの第5回のコンサートでした。
20180920170705372.jpeg
うーん、昨日から船に乗っているので、どうも現実感がありません。
自分の中の時間軸がずれているみたい。
20180920170704557.jpeg
(写真撮影 中村義政さま)

いえ、でも、この3人で音を掘り起こし、刻み、紡いだ感覚はまだ身体の中にしっかりと残っています。
20180920170708db9.jpeg
この度の三都物語は
《ドイツ》ベートーヴェン:ピアノ三重奏 Op.11「街の歌」
《日本》武満徹:between tides
《チェコ》ドヴォルザーク:ピアノ三重奏 第3番Op.65 へ短調
201809201707073de.jpeg
それぞれ弾き応えがありますが
特に最後のドヴォルザークは「今」の最後の一滴まで絞り出しました。

いまは ここまで だけど
次回はもっともっと絞り出せる。

そうやってアンサンブルとして成長し続けられたら幸せだと思います。
2018092017071113a.jpeg
私たち3人の縁結びの神さまである中野 雄先生と。
20180920170710290.jpeg
ソ・ラのメンバー、この翌日に瀬川祥子さんはパリへ
私は横浜から船に乗船して西日本へ
そしてかつらさんもNYへ

来年は夏にヨーロッパで、日本では11月に集まります。
大阪、名古屋、東京その他あちこちで公演させていただくことになりそう。
すでにチャレンジングな、けれど楽しいプログラムを考えました。
練って練って、演奏したいと思います。

創造するのには汗と涙がいる
けれど本番で報われるとそれが、何百倍ものエネルギーとなります。

トリオ ソ・ラの三都物語@日本橋&浜松

ハープとのDUOに続いてはピアノ三重奏
2018091508312177b.jpeg
まずは去年に続いて9月10日は日本橋三井タワーのアトリウムコンサート
20180915224853adc.jpeg
こちら去年もびっくりしたのですが、ゲネプロ時点からたくさんの方が並んでくださるのです。

いくら無料のコンサートととはいえ、座席券配布の2時間も前に列を作ってくださる!
有難いやら申し訳ないやら、、、
慣れてらっしゃる方はなんと折り畳みの椅子付き持参です。
20180915225402ac5.jpeg
音楽は一期一会 ならぬ 一期一音、皆さまに感謝をこめて演奏を。

当たり前のことですが、3人の拠点がNY、パリ、ベルリン(日本)とバラバラなグループ、
集まってリハーサルするのすら大変なトリオ ソ・ラを弾いていると、ますます今ここにいて共に音を紡げるのが奇跡のように思えてきます。
20180915230441435.jpeg

そして次が一昨日9/13の浜松でのコンサート
201809152311229f0.jpeg
浜松のカトリックの教会「遠州栄光教会」の住吉礼拝堂です。

まずは遅めの午後に子どもたちのためのコンサート
これは子どもたちもですが、子育て中のお母さまやお父さまたちにエールを贈りたいと思って弾いていました。
201809152316436de.jpeg
夜のコンサートにはトリオ ソ・ラのデビュー公演から聴いてくださってるヤマハの樋口洋子さんが登場!!
お差し入れの美味しいお菓子も嬉しいし、我々のアンサンブルとしての成長もみつめてくださっている有難い存在です。

ベートーヴェンの人気作「街の歌」に武満徹氏の世界観に満ち溢れる「ビトゥイーン・タイズ」
そしてドヴォルザークのへ短調のトリオ

メインに選んだらこのトリオはドヴォルザークの人間的な葛藤を感じさせるようなエモーショナルな作品

来週火曜日は浜離宮朝日ホールにて披露します。
20180915231604df5.jpeg
それぞれ3人の作曲家の内面にどこまで迫れるのか?!
20180915232828ef0.jpeg
とりあえず浜松のウナギで気炎をあげる3人なのでした。
いや、久々のウナギは美味しかった!

今日はまた朝からソ・ラのリハ、お昼過ぎには釜山の音楽祭に出演していたマークが来てくれて練習を。
明日は鎌倉市の教会でヴァイオリンとチェロのDUOのコンサートなのです。

一期一音、心して弾いてきます。