FC2ブログ

水谷川優子のチェロ弾き旅烏日記

秋場所@ベルリン→✈️日本へ

久しぶりに空を飛んでおります。

いまベルリン・テーゲル空港からアムステルダム行きの機内でこれを書いております。

皆さま、またまたご無沙汰いたしました!

202010122059555f8.jpeg

うーむ、なんだか時の経つのが加速している気がします、、、

ちょうど1ヶ月前に1ヶ月いた日本からベルリンに戻って、また今から日本へ。まだ隔離期間があるので、これから約1ヶ月と1週間は日本の秋の味覚をばっちり👌

じゃなかった、今回はたくさんコンサートを弾かせていただきます。

10/31 神戸
11/2-4「にっぽん丸」神戸ー千葉
11/7 岐阜・高山
11/14 東京・品川
11/18 東京・板橋

久しぶりに体力勝負になりそう。
前回の日本での隔離期間は自宅の「大断捨離大会」だったので、今度は+して庭で縄跳びくらいしないとな、、

ふむ、想像しただけでやや疲れました。

さて、ブログで沈黙していたこの間にピアノの黒田亜樹女史とnoteというのを始めました。 「黒鳥ジャーナル」 と申します。押してみてください👈

ここで2人で文章を書いたり、動画をご紹介したり、リモート・トークを行ったり、それからここだけのコンサートもいたします。

生まれて初めて、いえ人類はじまって以来の世界的な行動制限の渦のなかで、すべての音楽家が自分たちの在り方を深く見つめたと思いますが、私たちも同じ。

さらに亜樹さんと私は日本ともう一つの国を自分たちの居場所にしており、またイタリアとドイツと離れているので、秋を迎えてヨーロッパがまたしても厳しい鎖国を始めるのを予想し、ここで離れ離れになりたくないと痛切に思ったのです。

それで思ったのが共に言葉を綴ることと
オンラインならではの面白いコンサート

ざっくばらんにお話ししますと、このコンサートは微妙に有料でして(数百円から千何百円に設定)ここでいただいたご支援は、これに関わる撮影や録音、また動画を作ってくださった方への御礼の一部になります。

すでに「黒鳥ジャーナル LIVE Vol.1」がアップされており、第2弾も今週続きますので、ぜひご覧くださいませ。いまのところ第5弾までの内容は相談済み。合間にもたくさん記事をアップ予定、虎視眈眈と面白いことをしていきたいと思います。

あ、それでnoteのコンサートですが、まだまだ慣れていない方も多いとの噂。
『観たいけれど購入方法が不明』という方は「こちら」
までご連絡くださいませ。それぞれに対応させていただきます。

それでご報告、今週は私たちのCD「ブラック・スワン」 ~ヴィラ=ロボス:チェロとピアノのための作品集が半年遅れになりましたが、なんとか無事に10/16にワールドリリースへ漕ぎ着けます!!

春に生まれるはずだった‪CD、、各国の制作チームも大変でしたが、考えてみたらいまは国際郵便もすごく遅れているので、‬これは奇跡的。

日本でもHMVタワーレコード
Amazonでの予約が始まっており月末から販売になるそうです。

‪サンプルは日本に届いたので私はまだ見られてないのですが、制作元の「‬ODRADEK RECORDS ‪オドラデク」(アメリカのレーベル)はレコーディングだけでなくジャケットや中身にもこだわり、世界中にコレクターがいるので有名な珍しい‬レコード会社なのです。

‪それで今回、撮影してくれたカメラマンのトマゾくんもヴィラ=ロボスの曲調や私たちのイメージをよく理解してくれて、お互いにアイディアを出しあいながら、実にストーリー性があるエモーショナルな写真を撮ってくれました。‬

‪『良いものができたね!』‬
‪とは先日ベルリンでミーティングしたCEOのジョンの言葉。なによりもホッとしました。‬

‪大相撲の秋場所にもらった感動のエネルギーを‬私の「秋場所」に使います!!!

あ、もう入らなきゃ、いまアムステルダムで日本行きのゲートなのです。

ではまた!!
20201012210119f7b.jpeg

おくればせ復活・無人島生活~森の教え

おそるおそる自分のブログを覗いてみたら、、、

なんと4月から更新なし
数秒だけ目の前が真っ白になりました。申し訳ない。。。

この間は言葉にできないことや言葉にならないことがあまりにもたくさん。
ここで心を形にするような文を書くことが出来ませんでした。

でも今朝起きたらキツツキが大きな木の上の方でせっせと働いていたので
その幹に手を当てて振動に身を寄せていたら、突如思ったのです。

「よし、ブログ書こう!」

(白樺の陰にニョロニョロの姿が見えそう)

そんな大袈裟なことではないし
大したことは書けないけれど
ここの空気を感じながらしか綴れないことがあるかもしれない。

そう、FacebookやInstagramを見てくださっている方はご存知ですが
6/19よりフィンランドの無人島に住んでおります。
fc2blog_20200808024420159.jpg
毎夏、ときには冬や春にも来ているマークの心の故郷
いまや私の帰るところでもあります。
fc2blog_20200808214007dc1.jpg
(到着時、ヘルシンキの空港をでたら誰もマスクをしておらず、びっくりのフィンランド)
fc2blog_20200808214354ecf.jpg
(移動中↑ベルリンでの生活もふりかえったら実はけっこう緊張してたんだなあと、ヘナヘナしてる頃)
fc2blog_2020080821480866a.jpg
といっても実はもうあと数日で日本に向かうところなのです。。。

2週間のつもりで戻ったヨーロッパ生活はなんと5ヶ月半ちかくになりましたが
やっと日本!!

8月25日の東京でのコンサートはオンライン配信になりますが
29日は人数制限などはありますが鎌倉で弾かせていただきます。
(詳しくはHPをご覧くださいまし。

美味しい枝豆やお豆腐も恋しいけれど、演奏させていただけるのは何より嬉しい。
fc2blog_20200808215913145.jpg
素朴で飽きないフィンランドの菓子パンシリーズ
おばあちゃまの味というか 気取らずしみじみと美味
fc2blog_2020080822003478a.jpg
甘いものばっかりになってしまった。。
fc2blog_20200808220304b64.jpg
↑ワッフルのクラウドベリーかけ
fc2blog_20200808220654019.jpg
どれだけ食べてるのか、、ちょっと冷や汗が。
次の日記ではごはん系をご紹介せねば。。。

そうそうここフィンランドの景色や無人島暮らしを皆さまにお目にかけたいと撮りためた写真も1000枚越え、、
いつか日の目を見る日が来ますように。

さて私は初めてこの小さな小さな島を訪ねてから今夏で20年となりました。2000年かあ、、、近いような遠いような。
fc2blog_2020080821142407f.jpg
ほぼ毎晩のように夕焼けを撮っています。これは着いた日。

6/21は久しぶりに白夜で【陽が落ちない国】を実感。日本は日出る国だけど


水は鏡なんだと教えてくれたのはここでした。

サイマーはフィンランドで一番大きい湖なのですが、4、400k㎡ってどれだけ巨大なのだろう。
日本でもっとも大きい琵琶湖は670.3k㎡ですって。

それにしても、ここの自然はいろんなことを教えてくれます。

来たときに森のあちこちに咲いていた花は姿を隠し
木苺から7月の終わりからブルーベリーに野苺、いま少しずつリンゴンベリーもちらほら

森が 湖が 鳥たちや動物が 
何よりも空と雲が季節の移り変わりを示してくれる。

2度と同じ夕陽はないんだと
無言の教えです。

夏のはじめに赤ちゃんが生まれた鴨のファミリーは相変わらず仲良し、、、
fc2blog_2020080823071069d.jpg
(なんだか小鴨に存在を無視されるマーク)

われわれも仲良く
親友・音楽仲間・家族として毎日毎日どうあるべきか、どうするべきか語り合っています。
fc2blog_20200808024637ced.jpg
(マークは無人島バージョン髭姿)

何があっても
人間としての歩みを止めるわけにはいかないですものね。

2月末から毎日毎日ずっと頭がくるくるするまで色んなことを考えてきました。
答えがでないのに同じことを繰り返し繰り返し、、

感染した方のこと
命を落とされた方のこと
そして老人施設や医療関係の方々のこと、、、

個人的なことを書くとコロナの影響で中止になったコンサートは日本をはじめとしてドイツ、フランス、イタリア、フィンランド、エジプトと
来年の春まで予定されていたものはほぼ全て中止となっています。

それだけ世界中が厳戒態勢でウイルスが蔓延するのを防ごうとしているということ。

それをきちんと受け止めながらも
いままで生演奏でコンサート会場に足を運んでくださった方と空間と時間を共にするために
チェロを弾いてきたと自負していたので
コンサートが消滅していくのは恐怖でした。

当然ながら収入への不安もあります。

今までどこの組織にも所属しない一匹狼の生き方をしてきたリスクもありました。

けれど自由を選んだことは一生後悔しないし
過去に戻っても違う生き方は望まなかったと気がついたのです。

そして自分の存在が無くなってしまうわけではない。
いままでと違う形になったとしても演奏を続けることはできるし
できればご縁ある若者や若い演奏家のお役にも少しでもたちたい。

ここフィンランドの森の中でお腹の底からそんなことを実感できつつあります。

いまここに在ることへの感謝は減りません。
ちゃんと警戒しながらも、不安や恐怖に飲み込まれて生きたくない。

たった一度の人生を慈しみながら、できることを形にして音楽に反映していきたいと思います。


そう思えるようになったのはやっぱりチェロとの体験のおかげ
では次のブログはフィンランドの師たちについて

ベルリンお篭り日記2〜生ハゲ👹がやってくる〜

ふむ、明け方に目が冴えてしまいました。

昨晩の食事が遅かったせいか
珍しく休肝日だったせいか
はたまた大相撲の行方が気になりすぎたのか?

2020032114230065b.jpeg

(日本では絶対にしない怪しい格好)

もしくは本日からベルリンに新しい規制が加わるかもしれないから?

本日、メルケル首相は州首相たちと新型コロナウイルス感染拡大抑制について危機対策会合を開くことになっておりまして

ドイツ政府は国民がいままでの対応策を順守しない場合、全国的に外出禁止令が発令される可能性があると警告しており

ザイベルト報道官も記者会見で「メルケル首相と州首相は状況を厳しく精査する。国民が21日にどのように行動するかが決定的となる」と述べているのです。

ということで
言うことをきかないと「なまはげ来るぞー」です。

メルケル首相の発表は毎回かなりなインパクトと意味を持つので、失礼ながら先日3/14の安倍首相の2度目の【緊急】会見があれれ?だったのとは違うはず。

そういえばお隣のフランスでフィリップ首相が新型コロナウイルス警戒レベルを最高に引き上げると発表したのは14日。その際には『今晩深夜0時から全国のレストラン、バー、映画館などの営業を一切禁止します!!』と宣言して人々(特にパリ)はショックを受けたとか。

それというのも、政府がこれまでに要請した措置を顧みず、多くの国民は依然として外出して感染拡大につながっていたため
「他に選択肢はありません!」
という強烈な一言が効きました。

このことはパリに住む親友からオンタイムで連絡があったのですが、彼女曰く「当たり前よ、今晩なんてバカンスの前夜みたいに街が盛り上がってたもの」だそうで、統一地方選挙の寸前(延期されました)だったとはいえ、緊張感なかったな、フランス。

全員が全員ではないので、ちゃんと気をつけて生活していた人たちはため息をついたことでしょう。

やれやれ
202003211423319ba.jpeg

(やはり桜を見つけると嬉しい、日本と繋がってるみたいな気になります)

今回しみじみ思うのが緊急時に「規制は突然やってくる」こと

戦時下はこうなのだろうなと思わざるを得ません。

ちなみにドイツは連邦制なので首相に全国的な外出禁止令を発令する権限はなくて、州首相や地方政府が発令する必要があります。

だからドイツ南部のバイエルン州(人口約1300万人)ではすでに20日から2週間の外出制限が導入されており、通勤や生活必需品の買い出し、医療機関への通院などを除いた外出を制限。違反者は罰せられます。

けれど、、そんななかで若者がコロナパーティーなどと称して公園で集まって飲んだり騒いだりして警察沙汰になるニュースが相次いでいます。これはドイツだけでなく各国である現象のようですが、

え、、、なんなの?お◯カさんなの?
皆もうテロリストとしてお縄にしちゃえ!!
と強く思うのですが、

彼らにしたらコロナウイルスは若い自分たちには関係ない、感染しても重くないんだから何故こんなに我慢しなきゃいけないの?!という感じでしょうか。。

ドイツで未だに大勢で集まって馬鹿騒ぎをする人たちには、メルケル首相の『自分のことだけ考えないでください。おじいさんやおばあさん、誰かの大切な人のことを危険にさらさないで』というメッセージは心に届いてないのかな。トホホ
20200321143031369.jpeg

(ベルリンの家には隅にこっそりいろんな生き物が)

さて、そのような訳でいま警察は若者の問題の他にも営業時間を守らない店の取締りもあって忙しそう。

ベルリンはいまクラブやバーは営業停止、カフェやレストランの営業時間も6-18時となっているのです。

先日は1970年から続く有名なテレビシリーズ"Tatort"の街中ロケも、30人以上の関係者が道にいたため警察から厳重注意されたとか。

ちなみに番組のタイトルは「事件現場」という意味で刑事物、、、ちゃんちゃん、お後がよろしいようで
202003211437013ba.jpeg

(お店などで人との距離は1.5メートルほどとることになっていますが、散歩は奨励されています。免疫力を上げるには陽の光を浴びてリラックスが一番。日焼け止めはお忘れなく)

さて、私が毎日チェックしているのはこちら↓
日本経済新聞の新型コロナウイルス感染世界マップ

これによると3/20は
日本は感染者数953名で亡くなったのが31名(以下省略します)
クルーズ 712/7

中国 80967/3248
韓国 8652/94
イラン 18407/1284
スペイン 17147/767
イタリア 41035/3405
フランス 10995/372
そして
ドイツ 10999/20 などなど

特筆すべきは台湾の108/1
驚くほどの少なさ!やはり早くから厳しく渡航制限などをした成果が数字にでています。
台湾凄い!!

20日の時点で世界で表に出ている感染者数は231111名 亡くなったのは9810名

ちなみに
2/27の時点では世界:82322/2805
日本 214/4
クルーズ 705/4
中国 78497/2744
韓国 1766/13
イタリア 408/12
フランス 18/2
スペイン 12/0
ドイツ 21/0

このマップは1/11まで遡れます。
ちなみに最初は中国のみで感染者数41名に亡くなったのが1 名。。。

日にちをたどると増え方にクラスターの存在が見えてきますね。なんとか皆で食い止めなきゃ!

ベルリンお篭り日記1〜DAY?〜

ご無沙汰を…はてさて一体何からお話したら良いものやら

日本は今ごろきっと美しい桜が心を落ち着かせてくれる頃だと思います。

2020032105151858a.jpeg

私は日本列島に新型コロナウイルス感染拡大の恐ろしさが広がりつつあった2月27日、ここベルリンにもどって参りました。

飛び立つ前日の日本では【安倍晋三首相により国内のスポーツ・文化イベントの開催を2週間自粛するよう要請】という発表があり

ベルリンに到着した日は
【ドイツ政府は27日、新型コロナウイルスの感染を防ぐため、中国からの渡航者対象を拡大し、日本や韓国、イラン、イタリアから航空機で入国した渡航者に対し、ドイツでの所在地を当局に報告することを義務づける方針を明らかにした。感染者が多い地域からの渡航者動向を把握し、ドイツ国内で発症した場合に速やかに対処できるようにする狙い。】ということが決まりました。

いまはそれどころではありませんね。

世界各国がコロナウイルスに脅かされて、封じ込めのための鎖国がはじまっています。

ドイツも毎日情勢が変わっており、それも残念ながら悪い方向に変わっています。それをなんとか食い止めるために、この国にいる人全員へ変化と我慢が求められています。

2月末から本日までを振り返ると数週間にも数年にも思えます。。

2月は22日に神戸でのコンサートがひとつ延期になっただけで、このウイルスの脅威を感じながらも、正直なところ普通のインフルエンザのように時間とともに収まるだろうと甘く考えていました。

けれど2月末はすでに北イタリア・ロンバルディアとヴェネト地方で急速な感染拡大がおこり、3月初旬にマークのマスタークラスについてミラノの北の街に1週間ほど行く予定でしたが、もちろん延期。

それに加えて、当時のヨーロッパではアジアでの感染拡大について脅威を感じる人が増えていたこともあり、プラス単純に疲れていたのもあって、ベルリンに戻って2週間は自主的に自宅隔離的な生活を送っておりました。

得意なスリープモードみたいなものです。
ー生きるエネルギーを減らして次に備えるー(獣の技。。)

マークはその間、南ドイツや英国オックスフォードへコンサートへ。

普通に旅行ができたなんて、思えばなんだか夢のようです。

いまのベルリンは西側の中心街、私がザ・銀座と呼んでいるクーダムも人がまばら。

街はほぼ封鎖状態で、明日の土曜日には外出制限が出るかもしれないと言われています。(すでに他の州では発令済み)

コロナウイルスに追われるようにここに飛んで、心が身動きができない状態に陥っていましたが、やっと前述のスリープモードが効いてきたらしく、いまこの緊急状態になって逆にやっと生きるエネルギーが湧いてきたので、このブログも復活!!

この色んな意味で究極の時をどう思いながら過ごすのか文章にしていきたいと思います。
どうぞ宜しくお願いいたします。

ちなみに、ほぼ隔離生活を行なっているマークと私の生きる糧は大相撲春場所の中継からいただいております!!

ドイツのサッカーもそうでしたが、この無観客で行われる異常事態、このなかで自分との闘いを見せてくれる力士たちの姿に鼓舞されています。

明日が14日目、、はたして休場明けで安定の眉毛が可愛い鶴竜と、一昨日、昨日と違う意味で驚きの相撲を見せてくれたドラゴン・白鵬、今回すこぶる集中できているシャイなブルガリアン・碧山はどんな取り組みを見せてくれるでしょうか!?

日本に8時間遅れの時差があるのが残念、、、

20200321054442dbd.jpeg
ベルリンも春一番
20200321054358c74.jpeg

御年250歳 コンサート初め・1

ただいまー日本!
昨日こちらに戻ってきたところです。

そして遅ればせでお屠蘇とお節
さいごに白味噌&丸餅の我が家のお雑煮を堪能して
やっと完全に年が明けた感覚になりました。
あと足りないのは初詣!

さて日本へと飛ぶ前日の土曜日はベルリンコンサート初めでした。

20200114142310c64.jpeg

イスラエル人チェリストHila Karniが行うコンサート・シリーズで

ポツダム広場から近くの「もと工場跡地」
如何にも東ベルリンらしい捻りの効いた場所です。
20200114214904b15.jpeg


コンサート会場はパン工場のビルの地下サロン
20200114215053827.jpeg


ところで本年はご存知のようにベートーヴェン生誕年でルードヴィッヒくん御年250歳となられます。

というわけで2020年幕開けはラルフとマーク父息子とのピアノ三重奏「幽霊」で始まりました。

20200114225854cc7.jpeg

「マーク&ラルフ 似てますかー??」

思えば去年もゴトーニ・ファミリーとしてフィンランド東西でコンサート初めしたのだった。ああ、あの銀世界が懐かしい。
20200114230749d7d.jpeg

(美しいパウダースノー 冴えた寒さが格別でした)

この日は1日2回公演、まずは16時に子どもたちのためのナレーション付きコンサート

Prelude Family Concert
この会のタイトルはその名も「Ludwig FUN Beethoven」

なにしろFUNですから!

子どもたちへのAllベートーヴェン・プログラム
まずラルフとマークのヴァイオリン・ソナタ第1番 ニ長調 作品12-1で始まります。
20200114231406719.jpeg

ゲネプロはきっちり&しっかり

何故ならば私たちもちょっと台詞を言ったり 
リアクションをしたり
司会者の方に受け答えしないといけなかったのです。

たった一言のドイツ語のセリフに緊張する、、そんな自分が情けなくも可笑しい。楽屋でぶつぶつとセリフを誦じるマークと私

ラルフはなぜだかセリフ免除。。。
20200114231823e66.jpeg

しかしながら厳しくリアクションが薄いダメ出しされるマエストロ・ラルフの図

だってマエストロなんだもの。慣れてないんだもの。

マークは音楽祭などでこのようなコンサートも百戦錬磨、フレキシブルだし上手です。
202001142325296ce.jpeg

司会のアンドレアスさん(Andreas Peer Kähler)
のちにベートーヴェンになりきるお姿に俳優なのかと思ったら実は指揮者!ベルリンフィルの子ども向けコンサートのナビゲーターとしても有名だそう。

みっちりとリハをしたらもう開場時間に。
どんどん小さくて元気なお子さまがたくさん駆け込んできます。きゃーーーチェロ持って逃げなきゃー
20200114232848f10.jpeg

しかしながらコンサートが始まると静まり返って聴きいります。さすが!!

それを受けてか受けなくてか、ラルフとマークのDUOも火花が散るような真剣勝負
20200114233317627.jpeg

と、そこに、、、
202001142339097d9.jpeg

怪しい だ、誰?!

突然ベートーヴェンさん御本人が登場
会場の子どもたちも大きな目と大きな口を開けてビックリ

そこから縫いぐるみも一緒にしゃべったり歌ったり。

さらにサプライズのゲストとして5歳のヴァイオリニスト・マリアちゃんが第九の「あのメロディ」をご披露。
20200114232658996.jpeg

伴奏はもちろんラルフ…

マリアちゃん、マエストロの凄さを分かってるかなあ、大きくなってわかってくれたら良いなあ。
マエストロ けっこう凄いヒトなんだ。

それにしても堂々とした演奏姿ですね、マリアちゃん。彼女に呼吸を合わすマエストロ↓
20200114235627436.jpeg

(ちなみに写真はリハ中)

それから本番はなんと第九の歓喜の歌-An die Freude-をお客さまが全員で歌う流れに

Freude, schöner Götterfunken,
Tochter aus Elysium
Wir betreten feuertrunken.
Himmlische, dein Heiligtum!

歓喜よ、神々の麗しき霊感よ
天上楽園の乙女よ
我々は火のように酔いしれて
崇高なる者(歓喜)よ、汝の聖所に入る
(wikiの和訳より)

シラーの歌詞を誦じてるとは
ドイツの子どもたち、恐ろしや!!

日本でなら赤トンボとかおじいさんの古時計くらいの認知度なのかしら、いやトトロか?

そして私も登場ー
20200115001342edb.jpeg

ええと、セリフも無事に言えたし
2020011500145362a.jpeg

ちゃんとベートーヴェンさんと絡めたし
リアクションも上手にできたし

ここでやっと弾かせていただけました
ピアノ三重奏作品70の1「幽霊」

やれやれ
2020011500154182c.jpeg

最前列の被り付きカーペットお座り席は小さい子たち専用。

そこで瞬きもせず食い入るように見て、聴いてくれる子どもたちにお応えして熱演!
20200115001933c8d.jpeg

そして最後に司会者の姿に戻ってアンドレアスさん登場。
なんといっても子どものみならず付き添い参加の親たちの心も掴むのが流石でした。

子どもたちも親たちも素晴らしいリアクションで楽しゅうございました。
20200115002227e88.jpeg

冷静で賢いマリアちゃん、なんといまピアノとヴァイオリンと作曲を学んでいるとか!!

なんという英才教育と驚いたらパパは作曲家だそう。うーむ、まるでモーツァルトとそのパパ・レオポルト・モーツァルトみたいですね。
チェロは弾かないんだ、、、
202001150025319a6.jpeg

と、いうところで第1回目は盛り上がって終了〜

次回に続く!!

該当の記事は見つかりませんでした。