FC2ブログ

水谷川優子のチェロ弾き旅烏日記

秋場所@ベルリン→✈️日本へ

久しぶりに空を飛んでおります。

いまベルリン・テーゲル空港からアムステルダム行きの機内でこれを書いております。

皆さま、またまたご無沙汰いたしました!

202010122059555f8.jpeg

うーむ、なんだか時の経つのが加速している気がします、、、

ちょうど1ヶ月前に1ヶ月いた日本からベルリンに戻って、また今から日本へ。まだ隔離期間があるので、これから約1ヶ月と1週間は日本の秋の味覚をばっちり👌

じゃなかった、今回はたくさんコンサートを弾かせていただきます。

10/31 神戸
11/2-4「にっぽん丸」神戸ー千葉
11/7 岐阜・高山
11/14 東京・品川
11/18 東京・板橋

久しぶりに体力勝負になりそう。
前回の日本での隔離期間は自宅の「大断捨離大会」だったので、今度は+して庭で縄跳びくらいしないとな、、

ふむ、想像しただけでやや疲れました。

さて、ブログで沈黙していたこの間にピアノの黒田亜樹女史とnoteというのを始めました。 「黒鳥ジャーナル」 と申します。押してみてください👈

ここで2人で文章を書いたり、動画をご紹介したり、リモート・トークを行ったり、それからここだけのコンサートもいたします。

生まれて初めて、いえ人類はじまって以来の世界的な行動制限の渦のなかで、すべての音楽家が自分たちの在り方を深く見つめたと思いますが、私たちも同じ。

さらに亜樹さんと私は日本ともう一つの国を自分たちの居場所にしており、またイタリアとドイツと離れているので、秋を迎えてヨーロッパがまたしても厳しい鎖国を始めるのを予想し、ここで離れ離れになりたくないと痛切に思ったのです。

それで思ったのが共に言葉を綴ることと
オンラインならではの面白いコンサート

ざっくばらんにお話ししますと、このコンサートは微妙に有料でして(数百円から千何百円に設定)ここでいただいたご支援は、これに関わる撮影や録音、また動画を作ってくださった方への御礼の一部になります。

すでに「黒鳥ジャーナル LIVE Vol.1」がアップされており、第2弾も今週続きますので、ぜひご覧くださいませ。いまのところ第5弾までの内容は相談済み。合間にもたくさん記事をアップ予定、虎視眈眈と面白いことをしていきたいと思います。

あ、それでnoteのコンサートですが、まだまだ慣れていない方も多いとの噂。
『観たいけれど購入方法が不明』という方は「こちら」
までご連絡くださいませ。それぞれに対応させていただきます。

それでご報告、今週は私たちのCD「ブラック・スワン」 ~ヴィラ=ロボス:チェロとピアノのための作品集が半年遅れになりましたが、なんとか無事に10/16にワールドリリースへ漕ぎ着けます!!

春に生まれるはずだった‪CD、、各国の制作チームも大変でしたが、考えてみたらいまは国際郵便もすごく遅れているので、‬これは奇跡的。

日本でもHMVタワーレコード
Amazonでの予約が始まっており月末から販売になるそうです。

‪サンプルは日本に届いたので私はまだ見られてないのですが、制作元の「‬ODRADEK RECORDS ‪オドラデク」(アメリカのレーベル)はレコーディングだけでなくジャケットや中身にもこだわり、世界中にコレクターがいるので有名な珍しい‬レコード会社なのです。

‪それで今回、撮影してくれたカメラマンのトマゾくんもヴィラ=ロボスの曲調や私たちのイメージをよく理解してくれて、お互いにアイディアを出しあいながら、実にストーリー性があるエモーショナルな写真を撮ってくれました。‬

‪『良いものができたね!』‬
‪とは先日ベルリンでミーティングしたCEOのジョンの言葉。なによりもホッとしました。‬

‪大相撲の秋場所にもらった感動のエネルギーを‬私の「秋場所」に使います!!!

あ、もう入らなきゃ、いまアムステルダムで日本行きのゲートなのです。

ではまた!!
20201012210119f7b.jpeg

ヒルズクラブの舞&シャコンヌを語る そーしーてー

「行いが悪いと富士山は見えませんよー」
こんなことを言いながらビル51階からの眺めを楽しんで過ごす六本木ヒルズクラブ

これは毎年恒となった後援会(私を応援してくださる奇特な方々のお集まり)のNew year party & コンサート1月の土曜日のお昼のことです。

でも今年はベルリンから戻る都合で変則的に1/24金曜日の夜で都会の夜景の美しさを再認識いたしました。

2020020208354879c.jpeg

今年のゲストは金春流シテ方の山井綱雄さん

山井さんとのご縁は能管の一噌幸弘さんの能楽堂シリーズで共演したのがはじまり。
20200202093122de7.jpeg

あれは↑何年前のことかなあ
202002020932090d6.jpeg

山井さんはお能の世界の中でたぶん最も色々なジャンルの方とタッグを組まれているのではないかと思います。

もちろん古典を大切になさりながらなので、そのご活躍は飛ぶ鳥を落とす勢い。
20200202093438cd1.jpeg

お能一筋の山井さんがコラボにチャレンジなさったきっかけは、伝統芸能の番組でご一緒になった聖飢魔Ⅱのデーモン小暮閣下の一言だとか。

幼いときからお能のシテ方として厳しいお稽古を積んだ山井さん、実は中学生のころに聖飢魔IIの音楽に取り憑かれ?たそう。それ以来、閣下は憧れの人で大学ではコピーバンドも結成、いまもお願いすると本物を凌駕するような物真似が飛び出ます。

それがいまではお二人は各地でコラボをなさる仲になってらっしゃるのですから面白い。

閣下のお話をなさる山井さんの目にはいつもハート❤️が飛び交います。ふふ

そう、閣下は大相撲だけでなく日本の古典一般への造詣と愛がお深いとか。素晴らしい悪魔の在り方!日本を救ってくださいー

こちら山井さんのブログ
には閣下のことはもちろん、私のことまで書いてくださってます。照れながら感謝🤲
20200202093936310.jpeg

(育代ちゃん 素敵なお写真の数々グラシアス!)

と、言うわけでバッハからお謡、黛敏郎さんの文楽などなど山井さんの舞とチェロ雄は楽しい時間をすごし…お客さまも非常に楽しいお時間をおすごしになったとのお言葉を頂戴して夜は深けるのでした。
20200202094418ba2.jpeg

こちらプレゼントタイムで「強制ジャンケン大会中」
20200202094653b60.jpeg

というわけで夜の六本木 盛り上がりました!

20200202094937fce.jpeg

山井さんには10月に私がプロデュースさせていただく紀尾井ホールでのスペシャルオリンピックスのガラ・コンサートにゲスト出演していただきます。

お知らせいたしますね、楽しみです!!

そして翌日は朝日カルチャーの藤沢教室で「続・シャコンヌの秘密」
20200202101757606.jpeg

シャコンヌの出だしが一拍めではないことから始まってあっという間の90版、、続編なのにまだまだ秘密がいっぱいです。皆さまお付き合いくださってありがとうございました!お写真は朝日カルチャーのリアル・ミー(すみさん、サンキュー)の栗田Y子さんと。

次回は4月16日にルードヴィッヒ、もといベートーヴェンチェロ・ソナタに迫ります。全5曲だけどやはり傑作の森で生まれた第3番をメインに取り上げ、最後はコンサート形式で演奏いたします。ピアノは佐々木京子さん、お楽しみにー

はて、シャコンヌといえば、確か面白いことがあったはず、、

そうだ!3/23にミラノから帰国の盟友 黒田亜樹女史とそれぞれバッハのシャコンヌを弾くコンサートがあります。

こちら去年8月に行った 「ふたりのバッキアーナ」 の第二弾でまたしても1日2公演!!

202002021031273ad.jpeg

第1公演「バッハvsピアソラ 」(休憩なし)
J.S.バッハ:ヴィオラ ・ダ・ガンバ・ソナタ ト長調BWV1027
アストル・ピアソラ :アディオス・ノニーニ/ル・グラン・タンゴ ほか
第2公演「ふたりのシャコンヌ」(休憩あり)
J.S.バッハ(ペイチュ版):独奏チェロのためのシャコンヌ
J.S.バッハ(ブラームス):左手のためのシャコンヌ
ヴィラ=ロボス:ブラジル風バッハ第2番より「伊達男の歌」「われらが大地の歌」ほか

という感じ。オリジナル無視でヴァイオリニストの皆さま、ごめんなさい🙇‍♀️

マークに横目で見られそう。まだ言わんとこう。
20200202103231f7c.jpeg

で、一昨日はこんな感じのリハーサルもございました!

この日記の冒頭にお名前を唱えた一噌幸弘笛吹き王子、そして邦楽界の貴公子・藤原道山さん!!

このメンバーにあと能管の山田路子さんとベースの瀬尾高志さんが加わって千葉のホールへ!
202002021042277d4.jpeg

貴公子・道山さま曰く「超キレッキレの名曲難曲揃い」でございます。

決して退屈だけはなさらないこと、請け合いましょう!

と、いうわけで2月3月も楽しい企画が目白押しでございます!コロナウィルスなんか吹き飛ばしちゃえー🤨

十牛図からシベリウス / LFJ祭

史上最長のゴールデンウィークもあと少し
どこも恐ろしいほどの人+人+人です。

いつも平穏な家の周りももう9時くらいからザワザワ。早朝は元気に自己主張している鶯やコジュケイ、栗鼠たちも夕方まで身を隠しております。気持ちはわかる。私も人混みは苦手。あと湿気も。

さてギリギリで改元前の日本列島にすべりこみ
「平成最後の日」はO女史のサロンにて5/10のプログラムについてレクチャーさせていただきました。

20190504114249943.jpeg

音の資料もご紹介しながら、コンサートに向けてイメージを膨らませていただくための2時間。

そして終わってからは近くのイタリアンにて白アスパラの会!
20190505134425506.jpeg

やっぱり少人数制だと密にコミュニケートできて良いですね。終わってからも皆さまといろんなお話ができて楽しい会となりました。
20190505134616883.jpeg

(可愛く美しい桜エビさんたち ベルリンじゃ絶対に食べられない)

今年は日本フィンランド外交樹立100年ですが、そんなフィンランドが独立してまだ102年。。

シベリウスの音楽は、帝国ロシアからの独立を目指して奮闘する国民を鼓舞したと言われますが、シベリウス自身が自分のなかの「祖国フィンランド」に目を向けるようになったのは妻アイノとその父親の影響が大きい。

フィンランドは1155~1809年という長い間スウェーデンに統治され、独立前までフィンランドの公用語、教育は全てスウェーデン語だったのです。だからシベリウスのフィンランド語はかなりアクセントが強く、また書くのもそんなに得意ではなかったらしい。実はシベリウスには、御遺族が長らく公開を拒んでいた日記があるのですが、数年前にそれをマークの母アリアがフィンランド語に翻訳したのです。スウェーデン語をベースにところどころ癖のあるフィンランド語、私的なものなので謎の走り書きなどもあり、訳すのは一筋縄ではいかず、それはそれは大変な作業だったと話してくれました。

そんなことを絡めたシベリウスの話しのあとは、ラウティオについて:作品を始めとして、彼のフィンランド人らしい素朴で謙虚なお人柄を示すエピソード、ゴトーニファミリーとの友情についてなどなど。

そしてラルフのライフワーク「十牛図」
20190505141300d0d.jpeg

牛を真の自己、自分を牛飼いに見立てて
それを説く十枚の絵図は禅の入門書と言われるものです。

今回、初演するのは第七図「忘牛存人」と 第九図「返本還源」をテーマにした瞑想曲。

鈴木大拙先生のお言葉と梅原猛さんの解説をご紹介しながら、なぜラルフがここに心惹かれるのかお話しました。こうして言葉にすると、自分のなかで明確になって 引っ張りだされるものがあります。
20190505143212b64.jpeg

これが「平成」の締めくくり、、
不思議さとワクワク感に包まれながら、来たる御代の平和を願って乾杯いたしました。


天皇陛下の御言葉と 両陛下お揃いのお姿に
すこしでも前進できるよう 精進したいと強く思っています。

そして「令和最初の」コンサートは5/3に黒田亜樹さんとのラフォルジュルネ。
201905051435272e3.jpeg

LFJ 丸の内エリアコンサートで東京ビルTOKIA にて
201905051437140f4.jpeg

さすが国内屈指の音楽のお祭りで熱いこと!!
エリアはかなり盛り上がっておりました。
201905051436211f0.jpeg
2019050514364827b.jpeg

今年のLFJのテーマは「ボヤージュ 旅から生まれた音楽(ものがたり)」だとか。旅烏仲間のわれわれにピッタリ!とは亜樹さんの弁。

何故かこの2人が揃うとさらに珍道中になります。
20190505143840efb.jpeg

ヴィラロボスピアソラをテーマに演奏
亜樹さんとの共演はいつぶりかしら?

これぶりかな?
https://youtu.be/3Qf3xc5tuxk
この日も弾いたヴィラロボスの動画撮り以来
https://youtu.be/DIIfGWMmBl4

毎回、一緒に弾いていてスカっとした爽快な心持ちになります。楽しいのう
20190505144035368.jpeg

実はこのプログラムは8/8の「2人のバッキアーナ」の布石であり
201905051454033c8.jpeg

(ちなみに売り出しは明日から のはずhttps://s.confetti-web.com/detail.php?tid=52204)

さらに9月のイタリアでのレコーディングの布石でもあります。

令和元年はじまりました。

マークも昨日、上海のコンサートを終えて元気にやって来ました。ラルフもこちらに向かっています。

まずは明後日の日経ミューズサロン。

「一つ一つの機を大切に、生き急がないように」
音を紡いでいきますね。


あ、今度から以下のようなものをときどきお知らせすることにいたしました。どこかの会場でお目にかかれますように♪

令和もよろしくお願い申し上げます。

✳︎年間予定 (5/5アップデート)

5/7 (火) 18:30 第484回日経ミューズサロン ラルフ・ゴトーニ スペシャル・ピアノ・トリオ 日経ホール 東京

5/10 (金) 19:00 チェロリサイタル・シリーズ Vol.12 〜北欧のマエストロを迎えて〜 紀尾井ホール 東京

‪5/11 朝香宮杯 前夜祭 withマーク・ゴトーニ‬ 津カントリー倶楽部 ‬ 三重
5/18 (土) 13:30:DUO with 山本貴志
音の旅 〜琥珀の涙の物語〜三甲美術館 岐阜
満席 5/21 サロン・ディナーコンサート @大阪‬
‪6/15‬ (土) 13:45 〜ケルト・スピリッツ2019〜with 鈴木大介 (ギター) 紀尾井町サロンホール 東京
完売 6/20-24 にっぽん丸クルーズ:礼文島ほか
7月 Ensemble with Regis Pasquier Savonlinna
8/8 ‬ 「‬2人のバッキアーナ」with 黒田亜樹(ピアノ)
第1公演 〜昼下がりの黒鳥〜15:00
‪ 第2公演 〜暮れなずむ白鳥〜19:00 紀尾井町サロンホール
‪8月 Trio SolLa Berlin‬
9/8 (日) 15:00 チャリティコンサート カトリック大船教会
‪9/9 (月) 18:30 アトリウムコンサート 日本橋三井タワー
9月 Pescara Italy concert and CD recording
‪9/29 (日) 14:00 アンサンブルφ 横須賀三浦教育会館 神奈川
10/2 (水) 19:00 チャリティ・ガラ・コンサート 紀尾井ホール 東京
10/9 デュオwith ハープ 山宮るり子 上越文化会館
10/10&11 アウトリーチ 長岡市&燕市
10/12 デュオwith ハープ 山宮るり子 だいしホール 新潟
10/13 デュオwith ハープ 山宮るり子 三条東公民館
10/18 和波 孝禧と仲間たち 清里 長野
10/20 第28回 和波孝禧<仲間とともに奏でる秋の五重奏> 東京文化会館 小ホール
10/22 アンサンブル 銀座 王子ホール
10/24 品川ロータリー 記念コンサート
10/25 フィンランド大使館:「日本フィンランド外交100周年記念」
10/26 和波 孝禧と仲間たち あづみ野コンサートホール
11月21日 (木) 13:30 トリオ ソ・ラ 宗次ホール Munetsugu Hall 名古屋‬
11/22 (金) 14:00 トリオ ソ・ラ ザ・フェニックスホール 大阪
11/25 (月) 19:00 トリオ ソ・ラ 浜離宮朝日ホール 東京

皆さま

該当の記事は見つかりませんでした。