FC2ブログ

水谷川優子のチェロ弾き旅烏日記

御年250歳 コンサート初め・1

ただいまー日本!
昨日こちらに戻ってきたところです。

そして遅ればせでお屠蘇とお節
さいごに白味噌&丸餅の我が家のお雑煮を堪能して
やっと完全に年が明けた感覚になりました。
あと足りないのは初詣!

さて日本へと飛ぶ前日の土曜日はベルリンコンサート初めでした。

20200114142310c64.jpeg

イスラエル人チェリストHila Karniが行うコンサート・シリーズで

ポツダム広場から近くの「もと工場跡地」
如何にも東ベルリンらしい捻りの効いた場所です。
20200114214904b15.jpeg


コンサート会場はパン工場のビルの地下サロン
20200114215053827.jpeg


ところで本年はご存知のようにベートーヴェン生誕年でルードヴィッヒくん御年250歳となられます。

というわけで2020年幕開けはラルフとマーク父息子とのピアノ三重奏「幽霊」で始まりました。

20200114225854cc7.jpeg

「マーク&ラルフ 似てますかー??」

思えば去年もゴトーニ・ファミリーとしてフィンランド東西でコンサート初めしたのだった。ああ、あの銀世界が懐かしい。
20200114230749d7d.jpeg

(美しいパウダースノー 冴えた寒さが格別でした)

この日は1日2回公演、まずは16時に子どもたちのためのナレーション付きコンサート

Prelude Family Concert
この会のタイトルはその名も「Ludwig FUN Beethoven」

なにしろFUNですから!

子どもたちへのAllベートーヴェン・プログラム
まずラルフとマークのヴァイオリン・ソナタ第1番 ニ長調 作品12-1で始まります。
20200114231406719.jpeg

ゲネプロはきっちり&しっかり

何故ならば私たちもちょっと台詞を言ったり 
リアクションをしたり
司会者の方に受け答えしないといけなかったのです。

たった一言のドイツ語のセリフに緊張する、、そんな自分が情けなくも可笑しい。楽屋でぶつぶつとセリフを誦じるマークと私

ラルフはなぜだかセリフ免除。。。
20200114231823e66.jpeg

しかしながら厳しくリアクションが薄いダメ出しされるマエストロ・ラルフの図

だってマエストロなんだもの。慣れてないんだもの。

マークは音楽祭などでこのようなコンサートも百戦錬磨、フレキシブルだし上手です。
202001142325296ce.jpeg

司会のアンドレアスさん(Andreas Peer Kähler)
のちにベートーヴェンになりきるお姿に俳優なのかと思ったら実は指揮者!ベルリンフィルの子ども向けコンサートのナビゲーターとしても有名だそう。

みっちりとリハをしたらもう開場時間に。
どんどん小さくて元気なお子さまがたくさん駆け込んできます。きゃーーーチェロ持って逃げなきゃー
20200114232848f10.jpeg

しかしながらコンサートが始まると静まり返って聴きいります。さすが!!

それを受けてか受けなくてか、ラルフとマークのDUOも火花が散るような真剣勝負
20200114233317627.jpeg

と、そこに、、、
202001142339097d9.jpeg

怪しい だ、誰?!

突然ベートーヴェンさん御本人が登場
会場の子どもたちも大きな目と大きな口を開けてビックリ

そこから縫いぐるみも一緒にしゃべったり歌ったり。

さらにサプライズのゲストとして5歳のヴァイオリニスト・マリアちゃんが第九の「あのメロディ」をご披露。
20200114232658996.jpeg

伴奏はもちろんラルフ…

マリアちゃん、マエストロの凄さを分かってるかなあ、大きくなってわかってくれたら良いなあ。
マエストロ けっこう凄いヒトなんだ。

それにしても堂々とした演奏姿ですね、マリアちゃん。彼女に呼吸を合わすマエストロ↓
20200114235627436.jpeg

(ちなみに写真はリハ中)

それから本番はなんと第九の歓喜の歌-An die Freude-をお客さまが全員で歌う流れに

Freude, schöner Götterfunken,
Tochter aus Elysium
Wir betreten feuertrunken.
Himmlische, dein Heiligtum!

歓喜よ、神々の麗しき霊感よ
天上楽園の乙女よ
我々は火のように酔いしれて
崇高なる者(歓喜)よ、汝の聖所に入る
(wikiの和訳より)

シラーの歌詞を誦じてるとは
ドイツの子どもたち、恐ろしや!!

日本でなら赤トンボとかおじいさんの古時計くらいの認知度なのかしら、いやトトロか?

そして私も登場ー
20200115001342edb.jpeg

ええと、セリフも無事に言えたし
2020011500145362a.jpeg

ちゃんとベートーヴェンさんと絡めたし
リアクションも上手にできたし

ここでやっと弾かせていただけました
ピアノ三重奏作品70の1「幽霊」

やれやれ
2020011500154182c.jpeg

最前列の被り付きカーペットお座り席は小さい子たち専用。

そこで瞬きもせず食い入るように見て、聴いてくれる子どもたちにお応えして熱演!
20200115001933c8d.jpeg

そして最後に司会者の姿に戻ってアンドレアスさん登場。
なんといっても子どものみならず付き添い参加の親たちの心も掴むのが流石でした。

子どもたちも親たちも素晴らしいリアクションで楽しゅうございました。
20200115002227e88.jpeg

冷静で賢いマリアちゃん、なんといまピアノとヴァイオリンと作曲を学んでいるとか!!

なんという英才教育と驚いたらパパは作曲家だそう。うーむ、まるでモーツァルトとそのパパ・レオポルト・モーツァルトみたいですね。
チェロは弾かないんだ、、、
202001150025319a6.jpeg

と、いうところで第1回目は盛り上がって終了〜

次回に続く!!

弾き初めコンサート其の二:SURUTON音楽祭

そして翌日のこと

201901071423443f0.jpeg

これ温度もですが、日の入り時間にびっくり!
201901071424561e9.jpeg

ホテルの部屋からみた風景 実は湖!
201901071425482af.jpeg

ここは湿気が少ないので本当に心地よいパウダースノー

新しい雪に足跡をつけながら、チェロ付きでも滑ることなく歩けました。

2019010714274170b.jpeg
これは前夜
201901071428103eb.jpeg
これ朝の散歩
20190107142845b05.jpeg
散歩のはずがショッピングに方向転換してしまった私たち…ヴィオラ奏者のスーザン・サバーです。そしてスーザンちゃんはラルフの妻。可愛すぎる私のお姑さんなのです。
20190107143000147.jpeg
マークと。

泊まったのはカジノホテル
その真向かいにホールがあるのでストレスフリー
201901071431055cd.jpeg
ラルフと
201901071432010a0.jpeg
前日の新聞、これは4人でラップランドの街で弾いた時の写真。
20190107143550261.jpeg

サヴォンリンナホールでのゲネプロ時

プログラムは
モーツァルト:ピアノ四重奏 ト短調
ファリャ:スペイン民謡組曲
これはヴァイオリン、ヴィオラ、チェロで2曲ずつ分けました。
最後にドヴォルザーク:ピアノ三重奏「ドゥムキー」
ラルフ、マーク、私で一番一緒に弾いている曲。
今年5/10の紀尾井ホールでのリサイタルにもメインに決めました。理由はいろいろありますが「音楽で語ること」を教えてくれる曲です。
20190107143620f95.jpeg

アンコール時
20190107144116f53.jpeg

201901071441406fc.jpeg

音楽祭のブレインの皆さまと!

あ、もうそろそろコンサートに行かなくちゃ。
詳しくはまた!
今日のコンサートは西の街ラウマです。
20190107144304659.jpeg

該当の記事は見つかりませんでした。