FC2ブログ

水谷川優子のチェロ弾き旅烏日記

放たれた自由~半年ぶりのコンサート@にっぽんの巻

気がつけば9月に突入、秋の香りがしてまいりました。蝉の大合唱もやっとメゾフォルテくらいになってきたかな。

そう、いま半年ぶりに日本に戻っております!

冷たいお豆腐に茗荷のせ、納豆のせ。シラスやお刺身、お蕎麦にはじまってシャクシャクの日本の梨などなど夢のようです。

日本の味がかつてこんなに心とからだに染みたことはあったろうか? いや、ない!

とくに茗荷はヨーロッパでは手に入らないので感動ひとしお。

20200903111211b9a.jpeg

さてさて、前回のブログの数日後に後ろ髪ひかれながら無人島を後にいたしまして

ロビンソン・クルーソー化が進みすぎる前に社会復帰しようと決断したのですが、飾り気のない自然に教えられて深ーーく呼吸ができた貴重な1ヶ月半でした。

「癒し」という言葉は簡単に使いたくありませんが、毎朝毎晩いえ毎時間、刻々と変わる空と湖の色があまりにも美しく、自分の心が治癒されていくのを実感した日々だったなあ。
2020090311455219d.jpeg

すこしずつ擦過傷が治っていくような感じでした。

生き急いでいるうちに知らぬ間に沢山の引っ掻き傷がついてたようです、しみじみ。

せっかく与えられた命をもっと丁寧に生きていきたい。そんな思いを噛み締めながら、まずはベルリン我が家に一泊。

スーツケースの中身をとりかえて日本へ!
各国の鎖国状態をのりこえての帰国には思うところがあるので、それはまた次の旅の前(!)に記すことにして~

ドキドキしながら成田で受けたコロナ検査も無事に陰性。2週間の自宅隔離もあっという間に終わり、大手をふっての社会復帰です。

隔離解禁の日は「陰性!」と書いたゼッケンを貼りたいくらいの気持ちでしたが、これって水戸光圀公の紋所と違って永遠じゃないのですよね、、なんとも効力が短い免罪符。

消えてしまった免疫パスポートの構想よ、いま何処??

(蓼科でお篭り中のNさまよりピカピカのお野菜が届きました)

というわけで熱中症とコロナ対策を敵に回して、体力温存しながら仕事をしております。

半年ぶりに日本で電車に乗りましたが、都心もいつもと比べて人が少ない。。友人曰くこれでも増えたとのこと、ニュースでしか読んでないので実感があまり湧かず、、タイムトリップしたような気分になる。

そうして先週の土曜日はさっそく鎌倉の隠れ家サロンでコンサート、数日前は配信コンサートのための動画撮りをしていました。

鎌倉でのコンサートは3月にマークと行うはずだったもの。2週間だけヨーロッパ滞在する予定が、、まさかこんなに長くなるとは!

しかも、今回マークは鎖国状態のため日本に入国できず、、、私のソロに変更させていただきました。

人生、何があるかはわからないとは思っていましたが、さすがにビックリ。思えば世界単位でのビックリがずっと続いているのですものね。

ともかく半年ぶりの日本でのコンサートは人数制限と感染対策に細心の注意をはらった上での開催となりました。

fc2blog_20200830214346022.jpg

佐助サロンのS御夫妻、お手伝いくださった方々、そしてお客さま、、皆さまのご協力のもとで、和やかな空気のもとで無事に終えることができた喜びと安堵。その余韻がたなびいて日々の糧となっています。
2020090512590099c.jpeg

(リハーサル時:撮影 中村義政さま)
fc2blog_2020083021431101f.jpg


音響のための鶴の金屏風が西陽除けにも。



有人のコンサートの有難さよ、、、
時間と空間を共にしてくださるお客さまの存在のなんと大きなことか。

相棒のチェロ雄も大きく深呼吸した気がします。


改めて『いま」「ここに」「皆さまと」「在ること」の喜びが身に染みます。

それは思えば奇跡のような、不思議なことですよね。

軽々しく「一期一会』と言葉にしていた過去の自分が恥ずかしい。

この半年間に毎日、あたまと心が組んず解れつする中で考えてきたこと、自分に求めてきたこと、それがやっとクリアになってきたタイミングでの本番、もしくは本番のおかげで自分が自らに求めることが明瞭になったのかもしれません。

【プログラム】
カタロニア民謡/カザルス:鳥の歌
バッハ:無伴奏チェロ組曲第3番ハ長調BWV1009
------------------
バッハ:無伴奏チェロ組曲第1番ト長調BWV1007
黛敏郎:文楽
日本の歌~荒城の月、ふるさと、ちんちん千鳥~
黒人霊歌:アメージング・グレイス
〔アンコール〕ヤルネフェルト:子守唄

司会をしてくださった 『かまくら銀幕上映会』ナビゲーターの田邊恵美さんは鎌倉の美女代表~
浅尾慶一郎さんは可愛い奥さまとご夫妻でのご登場。

もちろん演奏する私以外は皆さまマスク着用のお姿。こんな客席を見たのは2009年5月の新型インフルエンザ時に大阪のフェニックスホールで体験して以来。あれは豚インフルだったかな。(7月のフィンランドでのコンサート時はマスク着用義務なし、街でもマスク姿の方はみかけない状況でした)

この度は外出を控えてコンサートは断念しますという方がいらっしゃるかと思えば、生演奏を渇望してると新規のお申し込みもあり。

こんな時期にわざわざお出ましくださったお客さまは熱心な方ばかり、暖かいお言葉をいただいていますが、私自身は生演奏の大切さと、背中を押してくださる方々への感謝が新たに心に刻まれました。

とにかくひとときでも日常から離れて寛いでいただけたなら本当に良かった。

最後にHさんにいただいてハッとしたお言葉をお目にかけますね。
『7ヵ月ぶりの水谷川さんのチェロ、心に沁みました。こういうご時世に崩れがちだった心のバランスが、あの空間の中ではコロナ前の健全な状態に戻っていたように感じました。』

これを読んだ瞬間にあのフィンランドで感じた言葉にならぬものが鮮やかに蘇ってきました。


ーここの自然にいただいたもの 心を揺り動かされるもの なんとかこれを皆さまと分かち合いたいー

私に音楽を続けさせる、源泉です。

穴だらけの自分ですが、半年前よりすこしだけ大事なことが見えてきた気がします。気のせいかな?
まあ、いいや。明日もせっせと掘ってきます!

おくればせ復活・無人島生活~森の教え

おそるおそる自分のブログを覗いてみたら、、、

なんと4月から更新なし
数秒だけ目の前が真っ白になりました。申し訳ない。。。

この間は言葉にできないことや言葉にならないことがあまりにもたくさん。
ここで心を形にするような文を書くことが出来ませんでした。

でも今朝起きたらキツツキが大きな木の上の方でせっせと働いていたので
その幹に手を当てて振動に身を寄せていたら、突如思ったのです。

「よし、ブログ書こう!」

(白樺の陰にニョロニョロの姿が見えそう)

そんな大袈裟なことではないし
大したことは書けないけれど
ここの空気を感じながらしか綴れないことがあるかもしれない。

そう、FacebookやInstagramを見てくださっている方はご存知ですが
6/19よりフィンランドの無人島に住んでおります。
fc2blog_20200808024420159.jpg
毎夏、ときには冬や春にも来ているマークの心の故郷
いまや私の帰るところでもあります。
fc2blog_20200808214007dc1.jpg
(到着時、ヘルシンキの空港をでたら誰もマスクをしておらず、びっくりのフィンランド)
fc2blog_20200808214354ecf.jpg
(移動中↑ベルリンでの生活もふりかえったら実はけっこう緊張してたんだなあと、ヘナヘナしてる頃)
fc2blog_2020080821480866a.jpg
といっても実はもうあと数日で日本に向かうところなのです。。。

2週間のつもりで戻ったヨーロッパ生活はなんと5ヶ月半ちかくになりましたが
やっと日本!!

8月25日の東京でのコンサートはオンライン配信になりますが
29日は人数制限などはありますが鎌倉で弾かせていただきます。
(詳しくはHPをご覧くださいまし。

美味しい枝豆やお豆腐も恋しいけれど、演奏させていただけるのは何より嬉しい。
fc2blog_20200808215913145.jpg
素朴で飽きないフィンランドの菓子パンシリーズ
おばあちゃまの味というか 気取らずしみじみと美味
fc2blog_2020080822003478a.jpg
甘いものばっかりになってしまった。。
fc2blog_20200808220304b64.jpg
↑ワッフルのクラウドベリーかけ
fc2blog_20200808220654019.jpg
どれだけ食べてるのか、、ちょっと冷や汗が。
次の日記ではごはん系をご紹介せねば。。。

そうそうここフィンランドの景色や無人島暮らしを皆さまにお目にかけたいと撮りためた写真も1000枚越え、、
いつか日の目を見る日が来ますように。

さて私は初めてこの小さな小さな島を訪ねてから今夏で20年となりました。2000年かあ、、、近いような遠いような。
fc2blog_2020080821142407f.jpg
ほぼ毎晩のように夕焼けを撮っています。これは着いた日。

6/21は久しぶりに白夜で【陽が落ちない国】を実感。日本は日出る国だけど


水は鏡なんだと教えてくれたのはここでした。

サイマーはフィンランドで一番大きい湖なのですが、4、400k㎡ってどれだけ巨大なのだろう。
日本でもっとも大きい琵琶湖は670.3k㎡ですって。

それにしても、ここの自然はいろんなことを教えてくれます。

来たときに森のあちこちに咲いていた花は姿を隠し
木苺から7月の終わりからブルーベリーに野苺、いま少しずつリンゴンベリーもちらほら

森が 湖が 鳥たちや動物が 
何よりも空と雲が季節の移り変わりを示してくれる。

2度と同じ夕陽はないんだと
無言の教えです。

夏のはじめに赤ちゃんが生まれた鴨のファミリーは相変わらず仲良し、、、
fc2blog_2020080823071069d.jpg
(なんだか小鴨に存在を無視されるマーク)

われわれも仲良く
親友・音楽仲間・家族として毎日毎日どうあるべきか、どうするべきか語り合っています。
fc2blog_20200808024637ced.jpg
(マークは無人島バージョン髭姿)

何があっても
人間としての歩みを止めるわけにはいかないですものね。

2月末から毎日毎日ずっと頭がくるくるするまで色んなことを考えてきました。
答えがでないのに同じことを繰り返し繰り返し、、

感染した方のこと
命を落とされた方のこと
そして老人施設や医療関係の方々のこと、、、

個人的なことを書くとコロナの影響で中止になったコンサートは日本をはじめとしてドイツ、フランス、イタリア、フィンランド、エジプトと
来年の春まで予定されていたものはほぼ全て中止となっています。

それだけ世界中が厳戒態勢でウイルスが蔓延するのを防ごうとしているということ。

それをきちんと受け止めながらも
いままで生演奏でコンサート会場に足を運んでくださった方と空間と時間を共にするために
チェロを弾いてきたと自負していたので
コンサートが消滅していくのは恐怖でした。

当然ながら収入への不安もあります。

今までどこの組織にも所属しない一匹狼の生き方をしてきたリスクもありました。

けれど自由を選んだことは一生後悔しないし
過去に戻っても違う生き方は望まなかったと気がついたのです。

そして自分の存在が無くなってしまうわけではない。
いままでと違う形になったとしても演奏を続けることはできるし
できればご縁ある若者や若い演奏家のお役にも少しでもたちたい。

ここフィンランドの森の中でお腹の底からそんなことを実感できつつあります。

いまここに在ることへの感謝は減りません。
ちゃんと警戒しながらも、不安や恐怖に飲み込まれて生きたくない。

たった一度の人生を慈しみながら、できることを形にして音楽に反映していきたいと思います。


そう思えるようになったのはやっぱりチェロとの体験のおかげ
では次のブログはフィンランドの師たちについて

まだまだ続く さくら

先週は弓の稽古で3日間、中部と北陸をまわっていました。
F1001481t.jpg
関東では終わりつつある桜も高山ではまだ…
でも富山と石川では圧倒的に美しい桜たちに出逢いました。
F1001507t.jpg
鎌倉もそうですが、和倉温泉の街もほんとうにガラガラ。
どこもかしこも海外観光客のキャンセルで打撃を受けていますね。
いまは仕方ないけれど…こんなに綺麗な景色を世界中の人たちに見て欲しい。
F1001514t.jpg
F1001506t.jpg
「いまも日本の春はこんなに美しいんですよ」と大声で伝えたいと思いました。

そして昨日は雨の円覚寺にて29日にせまった東日本被災者支援チャリティーコンサートの最終打ち合わせ、そのあとは移動して東京駅OAZOでミーティング。
(新緑の世界から都会のビルへ電車で50分で、タイムスリップ気分になれます)
F1001420e.jpg
この公演はもともと3月19日が延期したもので早々に完売しましたが、改めて少しでも多くご寄付できるように座席も増やしました。
F1001417en.jpg
円覚寺教学部長の朝比奈和尚さまと。
「ご協力ありがとうございます!」

しっとりとした雨の鎌倉もなかなか良いものです。
F1001419e.jpg
それから新たなチャリティーコンサートのお知らせを!
(前回のブログでーごそごそわらわらーしていた理由はこれです)

実は前々から東北で被災した子供たちを支援したいと考えており、公演のチケット収益は全額を「あしなが育英会」の東日本大地震・津波遺児基金に寄付いたします。
こちらの機関では現在、東日本大地震で親を失った子供たち(0~大学院生)に緊急対応処置として一時金を給付しており、また被災した子供たちの心のケアをする施設「レインボーハウス東北(仮称)」を先ずは宮城県に建設する予定です。施設の第1号「神戸レインボーハウス」は阪神・淡路大震災後の99年に建てられ、私は2001年に訪問演奏に伺いましたが、心に傷を負った子供たちを支える本当に大切な場所だと痛感しました。

そして今回、賛同してくれた音楽家は去年の3月にハイドンの「十字架上のキリストの最後の7つの言葉」を一緒に演奏したメンバーでヴァイオリンの島田真千子ちゃんにヴィオラの大島亮くん、そしてマーク…心強い仲間です。
さらに一緒にやっていこうと言ってくださる方々のサポートを得て、まず第1回目は5/8に鎌倉で行います。

それから6月25日の紀尾井リサイタルも同じく純益は「あしなが基金」へ全額寄付、また義援金ボックスも置かせていただくことにしました。

あちこちで集められている義援金ですが、大きな金額を「えいや!」と出された方も、またちょっとづつ何度も寄付する方もそれぞれ素晴らしいと思います。
F1001517t.jpg
この災害で親をなくした子供たちは1000人を下らないといわれています。
小さくても細々とでもいいから、彼らを応援する活動を長く続けていきたいとヒシヒシと思います。


円覚寺・写真の一部とその説明+α

一気に秋深まり、我が家の猫達は冬毛でぽんぽこぽん、冬眠準備のためか食べる食べる+睡眠時間平均半日以上。幸せそうにホットカーペットの上で太った毬みたいになってる三匹に「キミタチ、外猫=ソトネコ(野良の意)だったらこうはいかないんだゼ…」と話しかけても反応無し。
昨日の夕方はこのところ急に調子が悪くなっていたコチビチ(約15歳。ピーク時9キロ、只今7キロ。猫ドアを付けようとコチビチのために買った<小型犬用ドア>にウェストがハマって取れなくなるという事件を起こしたことがある)を連れて駆け込み医者しました。最近食べる行為が辛そうだったコチビチ…とうとう大好物のミルクしか口にしなくなったので「すわっ!!」とタクシー呼んで、掛り付けM先生の診療台に直行。車大嫌いのコチビチは気絶状態で診察され、口を開けた途端に『あっっこりゃ酷い!!抜きましょ。サンッハイっ』とぐらぐらになっていた歯を一気に2本抜かれました。その間、一本の歯につき一瞬づつ『ミッ!』と述べたのみ。おおえらい。で、夜は私が出掛けている間に復活し『猫缶一個じゃ足らん!もっと喰わせろ』と母に威張ったそうです。ふう


というわけで円覚寺の写真が少しづつ集まって来たのでアップ。皆様ありがとうございます!20061115140231.jpg
今回のゲスト、王さん!来年は来日20周年だそうです。日本の大学で学ばれた王さんですが、こんなに美しく日本語使いこなせる日本人は今時、希有!日本史や伝統芸能の造詣も深いし…会話で2分に1回は諺か四字熟語でて来るし…あ、でも嫌味のない自然な方です。出来てひけらかす人だったら、絶対にオトモダチにならぬ。
20061115135631.jpg
リハ中。いやあ、もう本気本気!お客さまが早めにいらっしゃろうとなんだろうと一刻を争う気迫勝負のリハでした。ははは 
Enne倶楽部幹事のIさんが生けて下さった紅葉、美しいですね。あとからでて来る私のドレスとぴったり同じ。素晴らしい!彼も私が認める<美しい日本語を話せる数少ない若い男性>のうちの一人です。
20061115140019.jpg
語る
20061115140003.jpg
語ってます。
20061115140209.jpg
これはEnne倶楽部記録用にフラッシュ無しで撮っていただいていたもの。皆様には演奏中の写真撮影を控えて戴いたので(だから喋っているところしか写真がないのですヨ)
20061115140118.jpg
で、終了後に鎌倉ケーブルテレビの一言インタヴューを済ませて写真をパチリ。それを又パチリとしてくれたT嬢。
ちなみにこのコンサートの様子やインタヴューの模様は鎌倉ケーブルでは16日(木曜日)17時に鎌倉7daysにて<鎌倉芸術祭総集編>で放映されますが、16日の19時から翌週水曜日まで下記アドレスにてネット配信で御覧になれます!http://www.kamakuratv.com/index.html
今日になっても『実は切符を買っていたのに風邪をひいて』や『大雨で泣く泣くやめた』や『えーもう終わってしまったの??』だのという御声が耳に入って来ます。もうパンク寸前だったので、あそこ(約320)で収まって良かったなあ、と胸を撫で下ろした次第。
ーどんなきっかけでこのコンサートにお集まり下さったかーそれはもう人それぞれですが、あの場にいらした方は<仏縁>の存在を感じられた筈。
一期一会

という訳でT嬢、今回は写真大苦手の私に果敢にチャレンジ。撮ってくださった中で一番のお気に入りはこれだそうです。ありがとう!ちなみにこれEnne倶楽部幹事のI&T嬢がタイで必死に探して下さった極上シルクのお土産、それを倶楽部会員でデザイナーのS女史に仕立てていただきました!!もう一つ言うとネックレスのチャームも水晶デザイナーでやはり会員のE子嬢の作品。(合わせたイタリアの石付きサンダルを写真でご披露出来ず、ちと残念)
20061115135618.jpg

今回のコンサートは倶楽部主催で幹事のグラフィックデザイナーのIちゃんの素晴らしいチラシから始まって、お寺様との綿密な話し合い、レンタルなどの様々な手配から当日の係まで…皆様が力を合わせ可能にしてくださった作品でした。
円覚寺の方丈という仏様がいらっしゃる場所、今杉和尚様のお話から始まって、いらした方は皆様ホールとは又違う雰囲気の中での時をお味わいになったことでしょう。最後の石渡鎌倉市長のお話を襖のあちら側で伺いながら、しみじみ「私がこの古都から戴く物は計り知れないな…」と思いました。

該当の記事は見つかりませんでした。