FC2ブログ

KATADA Lodge &Villa 緑の宴

刻々と秋も深まり、時が飛び去っていくのを感じます。。
さて帰国した翌日はチェロ雄を背負ってこんな場所へ
2018101822585903a.jpeg

毎年1回は必ずコンサートに伺っていてオーナーファミリーに大変お世話になっている三重県津市の津カントリー倶楽部、このたびKATADA Lodge &Villaという素晴らしい建物が生まれたのです。

正式オープンは11月だそうですが、今回はその内覧会&関係者の方々のため、陶芸家の福森雅武先生のお料理とチェロ演奏でお祝いする会だったのです。
20181018231339180.jpeg

有難いことに、この日の雨の予報は吹き飛んで爽やかな夕方となりました。

なにしろ外で演奏したのは先の伊勢神宮式年遷宮の奉納のときくらい。湿気も心配ですが、なによりも響きがどうなるのか…
20181018234353ee9.jpeg

とりあえず手を鳴らしてみて、勘で場所を決める。
そして…頭をシャットアウトしてひたすらチェロ雄に身を委ねます。

チェロ雄も反響版がない丘の上で弾かれて面食らった気配でしたが、面白いものでどんどん辺りと同化して音が伸びていくのがわかります。

後ろから風が吹いて
森がかさかさと揺れる

虫たちがそろそろと鳴きはじめ
チェロと共に響きあってる
20181018231745add.jpeg

そして最後にカラッとした風が正面の谷から吹いてきてチェロ雄の音を向こうの山に運んでくれました。

自然の妙です。

即興から始まってバッハに日本の歌…
こんなにずっと目を瞑って弾いたのは初めてかも。


曲の終わりに目を開けたら、素敵な照明ライトを当てていただいたことに気づきました。
2018101823285588c.jpeg

創業者の小池建夫理事長(左)と福森先生

弾き終わったら真っ暗!
201810182306063b1.jpeg

そして終わったら今度は宴!!
20181018233122269.jpeg

こちらは素晴らしい展望のお風呂があるロッジから、これまた居心地よい御食事どころとファイヤープレイスを臨んだところ

ご案内は津カントリーの副社長の小島伸浩さん、グローバルな視野を持つ皆の兄貴分。
201810182336376c4.jpeg

食に住に…この晩はこのヴィラとロッジの設計と内装をデザインなさった御夫妻をはじめとして、腕も心も素晴らしい色んな分野の方々が手伝ってらっしゃいました。
2018101823531498c.jpeg

(福森先生とお肉と炎の図)

心地よく生きる、それは単なる贅沢じゃない。
お金をだしても手に入らないものがある。
それは心の余白であり、震えることのできる心
201810182353292fd.jpeg

(いつも福森先生はその場で材料と語り合いながら即興料理をなさいます。それを阿吽の呼吸でアシストなさるのがこの四方谷 毅さん、作庭家でツリーハウスビルダー)

そんなことを自然に心に染み込ませてくれる場所です。五感のアンテナが開きそう。

といいながら、宴に突入
201810182355165e9.jpeg

ごめんなさい。。。
2018101823535248d.jpeg

もう、ごめんなさい、というしかない海の幸と山の幸、、、なんて日本って素晴らしいの。

え、イタリアでさんざん美味しいもの食べて来たのにって?!

いえ、やはり、日本の食は、福森さんの手にかかる食は凄い!!
201810190006379cf.jpeg

あ、お腹が空いてきたので食べ物の写真はこの辺りでやめておきましょう。
2018101823532102e.jpeg

アケビの実をいただきました。ストーブの側にいるのは四方谷 毅&礼子ご夫妻、礼子ちゃんは鍛造作家、そして右が小島さんの奥さまで津カントリーの社長であるしおりちゃん!皆さん良いお顔!!
20181018233938086.jpeg

美味しいものを分かち合うと一気に垣根なしになります。
仕事も年齢も立場も瞬時に消えます。
20181019001153e64.jpeg

20181018233931db8.jpeg
小池理事長と福森先生、ゆっくりお話できて大満足!いつまでも青年の心を持つ素敵な大人のお二人。

まだまだ色んな方々がいらして、まだまだ延々とお料理は続き、飲み、話し、、、
夜は更けていき気がついたらとっくに翌日になっていました。

それぞれ寝心地バツグンのロッジの部屋に戻り、パタンQ

そーしーてー翌朝は約束をしたので頑張って起きて(ほぼ仮眠) なんと6時には散歩へ
201810182339555de.jpeg

私にとっては有り得ない時間。。。もう丑三つ時くらいのイメージ
20181018233947181.jpeg

ところが、これが爽快で眠気も吹っ飛びました!!
20181019002054b6a.jpeg

散歩組、私は右側2番目。
こんな早朝に歩いてるなんて信じられないけれど、戻って美味しい朝ごはんをいただいてクラブに寄ったらゴルフなさる方々はもう朝一番で1ラウンド回って爽快なお顔をなさってました。。。
2018101900271042d.jpeg
20181019002721d28.jpeg

うーん、ここで人生初のゴルフレッスンを1回受けて優しい先生方を手こずらせたのを思い出します。私は1ラウンド一日かかるかもしれない。。。

大好きな場所なのに肝心なゴルフが出来ないとは、ちとトホホな気持ちになりますが…まあ、ゴルフクラブの代わりにチェロ雄を背負っていくから赦してください。チェロ雄もここは大好きな場所なのです。

小池理事長、小島ご夫妻、大好きなファミリーの皆さま、また今回も素敵なチャンスをありがとうございました!

さて明日からは和歌山県を回ります。
中日は熊野大社で奉納演奏です。ワクワク

ベルリンでチャリティ・コンサート〜森の仲間たち!?

昨日から日本に戻っております!
今回は台風に意地悪されずに帰国できました。やれやれ。。。
20181013150954e2c.jpeg

さて、こちらは帰国前日の秋のベルリン
素晴らしい秋晴れの日につかの間の散歩を楽しみました。
20181013151004dba.jpeg

今回はイタリアが長くてゆっくりベルリンの我が家生活を楽しめなかったのが残念、、、

でもペスカーラから戻った翌日にワルシャワから山本貴志さんが来てくださって我が家に滞在!
マークとのトリオに勤しみ、後の時間はベルリン生活を楽しむ(←食べたり飲んだり)濃ーい数日間をすごしてくださいました。
20181013151111058.jpeg

山本さんとは共演の御縁をいただいてもう7年以上のお付き合い、この月日を振り返るともっともっと長〜くご一緒している感覚になります。
20181013151054c45.jpeg

私とのデュオ、それからマークとのデュオや3人での共演はもちろん、なんとフィンランドの音楽祭ではマークの父ラルフともピアノの連弾で演奏してくださったこともあります。

その昔にはスイスで姉ファミリーにも会ってらっしゃるし、そんなこともあって我々ファミリーにとってはまるで親戚のように近しい不思議な存在なのです。

そんな山本さんとマークとのトリオ、去年は東京・名古屋・京都で演奏させていただき、今年は12月に新潟・三条でコンサートがあります。
2018101315102010f.jpeg

それで帰国前々日の10月9日はその前哨戦としてベルリンで独日協会主催でチャリティコンサートをさせていただきました。
2018101315102914a.jpeg

ベルリン大使館のホールにてリハ中↑
3月のコンサートは公邸のホールだったのでこちらは初めて。

平土間なのでこのスクリーンがあると演奏中に後ろの方まで良く見えます。これも良いアイディアですね!
20181013151037b02.jpeg

今年、台風の被害が酷いことに私も何かできないかと考えていたのですが、独日協会でも西日本豪雨被災地支援をなさっているとのこと。

こちらは7月にトリオ ソ・ラでチャリティのお手伝いをさせていただいた竹谷 宗久氏の被災地支援プロジェクト、この日のコンサートが締めくくりとなったそうです。

コンサートのあとに竹谷さんから
『被災地の状況を調べた結果、今回は大きな被害を被った地域の一つである、岡山県倉敷市真備町にある真備東中学(ギターやマーチング用バスドラム、ピアノを喪失)及び真備中学(ピアノを喪失)を支援、補充が必要な楽器を寄贈する計画です。現在両中学とも、校舎の破損がひどいため、真備町以外の学校に間借りして授業を行なっているそうです。
来月早々、日本に出張予定ですので、その機会を捉えて現地を訪問、水谷川さんのご支援に関しても被災地の方々にご報告するつもりです。』という御言葉をいただきました。

おかげさまでコンサートは早々に満席となり、お申込みをお断りするほどだったとか。

ベートーヴェン:「街の歌」から始まってショパンのソロとデュオ、ここベルリンの地で音楽家として人生を謳歌した祖父の歌を含む日本の歌に挟まれたベートーヴェン:「幽霊」

山本さんもそう言ってらっしゃいましたが、会場の雰囲気が驚くほどに暖かく感じたのは、チャリティのテーマのため?それとも独日協会の方々の醸し出されるものなのかな?
20181013151045e98.jpeg

とにかく3人とも没頭して演奏することが出来て非常に幸せな時間となりました。

こちらは人生に没頭中の写真
20181013151127f46.jpeg


20181013151432ec8.jpeg

コンサート前夜はマークがお得意のステーキを披露。色んなエイジングビーフを焼いてくれました( ̄▽ ̄)
201810131511189eb.jpeg

初のラーメン@ベルリン いつも行列してるMAKOTOでやっと食べられました!
201810131514227a1.jpeg

ほのぼのとした3人、なにやら「森の仲間たち」みたいな雰囲気です。

という訳で、次の「森トリオ」でのコンサートは新潟三条にてクリスマス・イブ、私の誕生日です!!

さ、そうこうしているうちに演奏時間が近づいてきてしまいました。今日は三重県津市、ご機嫌な景色を前にしてチェロ雄はどんな音色を奏でてくれるでしょうか?!

ソ・ラの三都物語 vol.5そして海上のコンサート

自分でもなんだか信じられないのですが、ただいまこんなところにおります。
20180920170702604.jpeg
はい、海の上!

「にっぽん丸」にてクルーズ、今晩は船内コンサートです。そちらはまたご報告するとして、、、

一昨日の夜は浜離宮朝日ホールにてトリオ ソ・ラの第5回のコンサートでした。
20180920170705372.jpeg
うーん、昨日から船に乗っているので、どうも現実感がありません。
自分の中の時間軸がずれているみたい。
20180920170704557.jpeg
(写真撮影 中村義政さま)

いえ、でも、この3人で音を掘り起こし、刻み、紡いだ感覚はまだ身体の中にしっかりと残っています。
20180920170708db9.jpeg
この度の三都物語は
《ドイツ》ベートーヴェン:ピアノ三重奏 Op.11「街の歌」
《日本》武満徹:between tides
《チェコ》ドヴォルザーク:ピアノ三重奏 第3番Op.65 へ短調
201809201707073de.jpeg
それぞれ弾き応えがありますが
特に最後のドヴォルザークは「今」の最後の一滴まで絞り出しました。

いまは ここまで だけど
次回はもっともっと絞り出せる。

そうやってアンサンブルとして成長し続けられたら幸せだと思います。
2018092017071113a.jpeg
私たち3人の縁結びの神さまである中野 雄先生と。
20180920170710290.jpeg
ソ・ラのメンバー、この翌日に瀬川祥子さんはパリへ
私は横浜から船に乗船して西日本へ
そしてかつらさんもNYへ

来年は夏にヨーロッパで、日本では11月に集まります。
大阪、名古屋、東京その他あちこちで公演させていただくことになりそう。
すでにチャレンジングな、けれど楽しいプログラムを考えました。
練って練って、演奏したいと思います。

創造するのには汗と涙がいる
けれど本番で報われるとそれが、何百倍ものエネルギーとなります。

教会でDUO!チャリティコンサート@カトリック大船教会

日曜日は教会でマークとDUOのコンサートでした。
20180917181301.jpg
日本にいらした難民の方を支援するチャリティコンサートもこれで5回目。

2015年秋の第1回目だけ東京の教会で、あとはずっとここカトリック大船教会で行なっています。
20180918072228633.jpeg
三連休の中日だというのに聖堂いっぱいの方々がいらしてくださって感謝!
このコンサートも定着してきたのかな。

さてマークと初めて共演したのは二十代なかば
お互いに人生で一番長く一緒に弾いている「室内楽のパートナー」です。

「阿吽の呼吸ですね」という御言葉をいただきましたが
共に弾くと音を通して色んなことが伝わってきて非常に面白い。

相手のことが言葉を超えた世界、テレパシーのような感じで入ってくるのです。
人間って色んなアンテナや感覚があるんだなあ。

さてさて、このチャリティコンサートは合間に難民として日本に来た若者たちのスピーチがあるのですが
みんな日本語が上手!
短い期間にこれだけ話せるようになるなんて本当に凄い!!

ちらっと話したら「漢字が難しい!」と言っていてドキッとしました。
日本人だって漢字は書いてないとどんどん忘れるんですよー

とにかく明るくて勤勉な方が多く、支援グループの方との質疑応答では、しっかり笑いをとっていました。
20180918072224e92.jpeg
こちらは去年10月の時の写真(見てみたら去年はblog記事が抜けていました…)
募金箱をもって立ってくださったこの可愛い坊やも今年はウンと背が高くなっていてビックリ。
一年の時の流れを感じます。
2018091807222643d.jpeg
支援グループの方々と一枚
皆さんの力強い活動に「継続は力なり」という言葉を思います。
201809180722274ec.jpeg
こちらはカトリック大船教会のマーク神父さまと
2人のマークに挟まれました。

さてさて今日の夜は浜離宮朝日ホールにてトリオ ソ・ラのコンサート
20180918074533490.jpeg
(昨日の散歩道にて)

予報では夕方から雨とのことですが…3人の念で吹き飛んでくれないかなー
Theme: クラシック | Genre: 音楽

トリオ ソ・ラの三都物語@日本橋&浜松

ハープとのDUOに続いてはピアノ三重奏
2018091508312177b.jpeg
まずは去年に続いて9月10日は日本橋三井タワーのアトリウムコンサート
20180915224853adc.jpeg
こちら去年もびっくりしたのですが、ゲネプロ時点からたくさんの方が並んでくださるのです。

いくら無料のコンサートととはいえ、座席券配布の2時間も前に列を作ってくださる!
有難いやら申し訳ないやら、、、
慣れてらっしゃる方はなんと折り畳みの椅子付き持参です。
20180915225402ac5.jpeg
音楽は一期一会 ならぬ 一期一音、皆さまに感謝をこめて演奏を。

当たり前のことですが、3人の拠点がNY、パリ、ベルリン(日本)とバラバラなグループ、
集まってリハーサルするのすら大変なトリオ ソ・ラを弾いていると、ますます今ここにいて共に音を紡げるのが奇跡のように思えてきます。
20180915230441435.jpeg

そして次が一昨日9/13の浜松でのコンサート
201809152311229f0.jpeg
浜松のカトリックの教会「遠州栄光教会」の住吉礼拝堂です。

まずは遅めの午後に子どもたちのためのコンサート
これは子どもたちもですが、子育て中のお母さまやお父さまたちにエールを贈りたいと思って弾いていました。
201809152316436de.jpeg
夜のコンサートにはトリオ ソ・ラのデビュー公演から聴いてくださってるヤマハの樋口洋子さんが登場!!
お差し入れの美味しいお菓子も嬉しいし、我々のアンサンブルとしての成長もみつめてくださっている有難い存在です。

ベートーヴェンの人気作「街の歌」に武満徹氏の世界観に満ち溢れる「ビトゥイーン・タイズ」
そしてドヴォルザークのへ短調のトリオ

メインに選んだらこのトリオはドヴォルザークの人間的な葛藤を感じさせるようなエモーショナルな作品

来週火曜日は浜離宮朝日ホールにて披露します。
20180915231604df5.jpeg
それぞれ3人の作曲家の内面にどこまで迫れるのか?!
20180915232828ef0.jpeg
とりあえず浜松のウナギで気炎をあげる3人なのでした。
いや、久々のウナギは美味しかった!

今日はまた朝からソ・ラのリハ、お昼過ぎには釜山の音楽祭に出演していたマークが来てくれて練習を。
明日は鎌倉市の教会でヴァイオリンとチェロのDUOのコンサートなのです。

一期一音、心して弾いてきます。