FC2ブログ

水谷川優子のチェロ弾き旅烏日記

心機一転さようなら2020ありがとう

今日は大晦日
あと2時間で2020年が終わります。
本当ーーに不思議。ブログもこんなにご無沙汰してしまって面目ない。

いま私はマークと日本に帰ってきており、隔離期間は大掃除でスッキリ!マークは毎朝、エスプレッソを片手に冬の木洩れ陽を楽しんでいました。
今日は仕事納めで帝国ホテルのコンサート、フルートの山形由美さんと、ヴァイオリンの奥村愛ちゃん、ハーピストの山宮るり子ちゃんとご一緒に年越しではないけど「大晦日コンサート」でした。
最後の曲は4人でパッフェルベルのカノンだったのですが、このシンプルな曲がやけに沁みて…なんだか不覚にも弾きながら心が解けていくのを感じました。


あまりにも思うところが多すぎた2020年
その中でも確固として変わらないもの、普遍なものがありました。


ただときどき心が弱ると芯がブレそうになった。でも今日の久しぶりの生演奏では、曲たちに『そうじゃない、ちゃんとそこにあるよ』と教えて貰った気がしました。


こうして学びの2020年が終わります。
だから、2020年ありがとう!!
そして2021年よ、ようこそ!!!


明るく皆ですごしたい。たくさん微笑みが溢れる一年になりますように。


今年も色々な形でご縁をいただき 応援していただき 本当にどうも有難うございました!
また来年も宜しくお願い申し上げます。
どうぞ良いお年を!!!

ふたたび自由の身→さっそくチェロ雄と旅烏

-チェロ弾き旅烏-みやがわゆうこ
ただいま清々しい秋の空のような心持ち〜

なぜかというと、まずは陰性だった成田のPCR検査のあとの2週間の自宅謹慎、、
じゃなくて自宅隔離を終えて自由な身だから!

I’m free! I am a free person!!
自由だーーー私は自由な人なのだ!!
 うぉーーーっ
気持ちはジャン・バルジャン、、

2020103112471007c.jpeg

ベルリンの熊のポーズ🐻🧸こんな気持ち

さらにお篭りのクライマックスには、コンサートのため明後日から乗船する「にっぽん丸」のための検査キットが送られてきたのですが、こちらも結果は低リスクで陰性(だって外出してないもんね)

いまなんだか二重三重に健康体の太鼓判を押されているような心持ちです。極度の運動不足だけど。

ああ〈クリーンなワタクシ〉のお墨付き、マスクの下は微笑んでます。

ーみなさん怖がらずに私に近づいてちょうだいー

しかしながら、またしてもこの陰性結果は期間限定ですから、例によって【つかぬ間の喜び】
まったくもって一体いつまでこれが続くことやら、、、やれやれです。

さて隔離期間も前回は断捨離に燃え、今回は練習に打ち込めました。不自由な2週間も「強制」ではなくて「お篭り週間」と思って逆手にとると充実するのですね。もちろん自宅だから耐えられるのだけど。。

こんな時間のすごし方はいつ以来かなあ。

大人すなわち音楽で身を立てられるようになってからは、いつもチェロ雄と旅烏生活で、時に悩み、常に感動、そして大いに笑って過ごしてあっという間に年月が経っていきました。

それは荒波を越えるような大変さもありながら幸せな年月であったと、振り返れば感謝の一言しかありません。

けれど同時に近年は常に何かに追い立てられるように生きてきた自分への違和感もありました。

 これで良いのだろうか?
 これが本当に今生でやりたいことなのだろうか?

でも皆さんもそうでらしたように、私も今年は強制的に足を止められたおかげで、気がついたことが沢山あります。何事も苦しみを持たない前進はない。

それはもちろん音楽業界だけではなく、社会全般、世界中で「それまでの日常生活」がフリーズしたため。

かつて、こんなにそれぞれが
 -いま生きる- ということ
そして 
 -生かされていること-
について自分に深く問う機会を持ったことはないでしょう。
202010311243019a9.jpeg

(何故か横にローテーションする写真)

有難いことに、この秋の日本ではしっかりとした感染対策を講じながらクラシック音楽界も動きだしています。コンサートができる。お客さまに生演奏を聴いていただける。そのことへの感謝は言葉になりません。

だからこそ、会場まで足を運んでくださった方が不安におなりにならないように最善を尽くしながら、自分たちも必要以上に【怯えず】しかし必要な【怖れ】をもって、活動していきたいと思っています。

と、いう訳でとくにこのお篭り期間は日中は練習、夜は宿題をしながら横目でふだんあまり観ないTVでチコちゃんや、ハリポタ(昨日は第2作目放送でしたね)メリル・ストリープ「プラダを着た悪魔」を観る、、なんだか音楽しかなかった高校生の時みたいな貴重な時間でした。

時報のように毎日午前11時ぴったりにかかってきた厚生労働省からの電話がなくてちと寂しい??ちなみにAIとの会話(?!)です。これまた面白いのでお話ししないといけませんね。

そうこう言っている間にドイツはまたセミ・ロックダウンが始まってしまいました、、、

今のところマークの勤める大学は授業はオンラインと決まっていますが、厳重な警備と感染対策で対面レッスンは行っていくとのこと、貴重な学生生活がすこしでも有意義なものになりますように祈るばかりです!!


さあ、こちらはそのような訳で隔離明けはさっそく髪を切りにいき歯医者さんに行って足慣らし。

そして翌日はミーティングから始まって
202010311250150f0.jpeg

(お久しぶり〜能楽師の山井綱雄さんとチームで。11/18に東京・板橋の由緒正しく風格のある安養院である2人のコラボコンサートのミーティングでした)

そして関東沿線大手鉄道会社(T武鉄道)の月刊紙の取材と撮影
20201031131649761.jpeg

202010311318194fb.jpeg

(取材風景もなぜか横向きー)

それからリハ!!
20201031131933389.jpeg

(桐朋の高校からの同級生、ピアニストの下山静香さんと。これから1週間ご一緒なのです!)

締めくくりに夜は自分の身体メンテナンス
(写真なし!)
ちなみに久々のストレッチは身体がバリバリでアルマジロの鎧みたいでした、、、先生ごめんなさい。

閉じこもっていた分フル活動でしたが、なんだか日本で電車に乗るのも、ずっとマスクしているのも、いろいろ慣れないことばかり、、、毎日、玉手箱を開けてるみたい。

そうしていまは新幹線で神戸に着いたところ。
今晩は延期された2月のコンサートのリベンジ版です。

思えば久しぶりのコンサート、そういえばハロウィンナイト🎃なのですね。

ではまた!!

放たれた自由~半年ぶりのコンサート@にっぽんの巻

気がつけば9月に突入、秋の香りがしてまいりました。蝉の大合唱もやっとメゾフォルテくらいになってきたかな。

そう、いま半年ぶりに日本に戻っております!

冷たいお豆腐に茗荷のせ、納豆のせ。シラスやお刺身、お蕎麦にはじまってシャクシャクの日本の梨などなど夢のようです。

日本の味がかつてこんなに心とからだに染みたことはあったろうか? いや、ない!

とくに茗荷はヨーロッパでは手に入らないので感動ひとしお。

20200903111211b9a.jpeg

さてさて、前回のブログの数日後に後ろ髪ひかれながら無人島を後にいたしまして

ロビンソン・クルーソー化が進みすぎる前に社会復帰しようと決断したのですが、飾り気のない自然に教えられて深ーーく呼吸ができた貴重な1ヶ月半でした。

「癒し」という言葉は簡単に使いたくありませんが、毎朝毎晩いえ毎時間、刻々と変わる空と湖の色があまりにも美しく、自分の心が治癒されていくのを実感した日々だったなあ。
2020090311455219d.jpeg

すこしずつ擦過傷が治っていくような感じでした。

生き急いでいるうちに知らぬ間に沢山の引っ掻き傷がついてたようです、しみじみ。

せっかく与えられた命をもっと丁寧に生きていきたい。そんな思いを噛み締めながら、まずはベルリン我が家に一泊。

スーツケースの中身をとりかえて日本へ!
各国の鎖国状態をのりこえての帰国には思うところがあるので、それはまた次の旅の前(!)に記すことにして~

ドキドキしながら成田で受けたコロナ検査も無事に陰性。2週間の自宅隔離もあっという間に終わり、大手をふっての社会復帰です。

隔離解禁の日は「陰性!」と書いたゼッケンを貼りたいくらいの気持ちでしたが、これって水戸光圀公の紋所と違って永遠じゃないのですよね、、なんとも効力が短い免罪符。

消えてしまった免疫パスポートの構想よ、いま何処??

(蓼科でお篭り中のNさまよりピカピカのお野菜が届きました)

というわけで熱中症とコロナ対策を敵に回して、体力温存しながら仕事をしております。

半年ぶりに日本で電車に乗りましたが、都心もいつもと比べて人が少ない。。友人曰くこれでも増えたとのこと、ニュースでしか読んでないので実感があまり湧かず、、タイムトリップしたような気分になる。

そうして先週の土曜日はさっそく鎌倉の隠れ家サロンでコンサート、数日前は配信コンサートのための動画撮りをしていました。

鎌倉でのコンサートは3月にマークと行うはずだったもの。2週間だけヨーロッパ滞在する予定が、、まさかこんなに長くなるとは!

しかも、今回マークは鎖国状態のため日本に入国できず、、、私のソロに変更させていただきました。

人生、何があるかはわからないとは思っていましたが、さすがにビックリ。思えば世界単位でのビックリがずっと続いているのですものね。

ともかく半年ぶりの日本でのコンサートは人数制限と感染対策に細心の注意をはらった上での開催となりました。

fc2blog_20200830214346022.jpg

佐助サロンのS御夫妻、お手伝いくださった方々、そしてお客さま、、皆さまのご協力のもとで、和やかな空気のもとで無事に終えることができた喜びと安堵。その余韻がたなびいて日々の糧となっています。
2020090512590099c.jpeg

(リハーサル時:撮影 中村義政さま)
fc2blog_2020083021431101f.jpg


音響のための鶴の金屏風が西陽除けにも。



有人のコンサートの有難さよ、、、
時間と空間を共にしてくださるお客さまの存在のなんと大きなことか。

相棒のチェロ雄も大きく深呼吸した気がします。


改めて『いま」「ここに」「皆さまと」「在ること」の喜びが身に染みます。

それは思えば奇跡のような、不思議なことですよね。

軽々しく「一期一会』と言葉にしていた過去の自分が恥ずかしい。

この半年間に毎日、あたまと心が組んず解れつする中で考えてきたこと、自分に求めてきたこと、それがやっとクリアになってきたタイミングでの本番、もしくは本番のおかげで自分が自らに求めることが明瞭になったのかもしれません。

【プログラム】
カタロニア民謡/カザルス:鳥の歌
バッハ:無伴奏チェロ組曲第3番ハ長調BWV1009
------------------
バッハ:無伴奏チェロ組曲第1番ト長調BWV1007
黛敏郎:文楽
日本の歌~荒城の月、ふるさと、ちんちん千鳥~
黒人霊歌:アメージング・グレイス
〔アンコール〕ヤルネフェルト:子守唄

司会をしてくださった 『かまくら銀幕上映会』ナビゲーターの田邊恵美さんは鎌倉の美女代表~
浅尾慶一郎さんは可愛い奥さまとご夫妻でのご登場。

もちろん演奏する私以外は皆さまマスク着用のお姿。こんな客席を見たのは2009年5月の新型インフルエンザ時に大阪のフェニックスホールで体験して以来。あれは豚インフルだったかな。(7月のフィンランドでのコンサート時はマスク着用義務なし、街でもマスク姿の方はみかけない状況でした)

この度は外出を控えてコンサートは断念しますという方がいらっしゃるかと思えば、生演奏を渇望してると新規のお申し込みもあり。

こんな時期にわざわざお出ましくださったお客さまは熱心な方ばかり、暖かいお言葉をいただいていますが、私自身は生演奏の大切さと、背中を押してくださる方々への感謝が新たに心に刻まれました。

とにかくひとときでも日常から離れて寛いでいただけたなら本当に良かった。

最後にHさんにいただいてハッとしたお言葉をお目にかけますね。
『7ヵ月ぶりの水谷川さんのチェロ、心に沁みました。こういうご時世に崩れがちだった心のバランスが、あの空間の中ではコロナ前の健全な状態に戻っていたように感じました。』

これを読んだ瞬間にあのフィンランドで感じた言葉にならぬものが鮮やかに蘇ってきました。


ーここの自然にいただいたもの 心を揺り動かされるもの なんとかこれを皆さまと分かち合いたいー

私に音楽を続けさせる、源泉です。

穴だらけの自分ですが、半年前よりすこしだけ大事なことが見えてきた気がします。気のせいかな?
まあ、いいや。明日もせっせと掘ってきます!

如月日記:若冲生誕と没後に捧ぐコンサート

本日は本当ならいまごろピアニストの下山静香さんとまだ神戸にいること、、、

昨晩のコンサートはコロナウイルス対応で延期になりました。

前回のブログの最後に「コロナなんかに負けず」と書いたのですが、日本はいまウイルスの拡散を防ぐためいよいよ正念場といったところなのでしょうか。ヨーロッパの反応は国によって違いますが、イタリアはヴェネト州で欧州初のコロナウイルス感染者の方が亡くなって打撃を受けている様子。小さな町の中には町民への自宅待機を勧告、また教会のミサまで中止しているとニュースにありました。

いま少しでも感染の拡大を抑えるため、自衛することは最も大切。またそのために政府やさまざまな公の機関が催しものの中止や延期、自粛を促すのは大事なことと思います。

しかし、イタリアやフランスでは一部の人によるアジア人への嫌がらせは、実際に増えている模様。通りがかりに「コロナ!」と叫ぶような嫌がらせから、アジア人経営の店などへの毀損といった社会問題になることまで、さまざまだそうですが、、なんと低俗なんと野蛮、、、

こういうことをする人たちは反対の立場ならどう思うのかな。考えたことがないのかな、子どもでもわかると思うけど。

いつ、いかなる時も、誰に対しても、ニュートラルな心で正しい情報を見つけ、判断と対処ができる人間になりたいものです。今回の新型肺炎も完全に災害、先が見えない緊急時こそお互い助けあわなきゃ。

いずれにしても、いまこの瞬間にも最前線の現場で働く医師や看護師の方々、その道のスペシャリストの方々がいらっしゃる。そう思うと彼らに敬意を表し、自分は黙々と日常でやるべきことをやっていこうと思います。

202002231013256aa.jpeg

(こんな気持ち)

先にのびましたが、あらためて知的&魅惑的なピアニスト静香さんとの共演を心待ちにしています!

さて長くなってしまいましたが
ここで振り返ります。2月初旬は毎年参加する弓の寒稽古(年の一番寒いときにあります)でお篭り、そして合間の2/8には毎年恒例となった京都・宝蔵寺さまにおけるコンサートがありました。
202002221417509b9.jpeg

宝蔵寺さまの御本堂にて。小島御住職のご長女・奈々ちゃんと、左は若冲の掛け軸です。

20200222150419769.jpeg

伊藤若冲のお墓は相国寺さまにありまして、こちらは伊藤家の菩提寺です。

普段はお墓詣りのみ可能なお寺ですが、毎年、若冲の誕生日2月8日前後の1週間のみ参拝、拝観でき、若冲の秘蔵の作品も公開なさいます。

20200223094550cfa.jpeg

今年は没後220年で若演による【大黒天図】が初公開となりました。私も拝見しましたが、なんとも可愛いといったら失礼でしょうか、心がほどける感じを受けました。さすが大黒さま!

20200223094424c30.jpeg


以下はお寺のホームページより
「伊藤若冲(1716年−1800年)は宝蔵寺から歩いて五分ほどの錦小路市場の青物問屋「枡屋」の長男として生まれました。二十三歳から四十歳まで家業に専念しますが、それ以降は弟の宗巌(白歳)に家業を譲り、絵を描くことに専念します。

本展では、若冲四十代の作である「竹に雄鶏図」、五十代の拓版の技法を用いた「髑髏図」をはじめ、弟である白歳や若冲派の作品を展示します。特に若演筆「大黒天図」など3点は初めて公開します。」
20200222151508425.jpeg

御住職の御奉納からはじまって奈々ちゃんのクラリネットによる奉納演奏

私のコンサートは仕切り直しの長めの休憩のあとに行われます。

今回は
即興演奏からはじめて
バッハ:無伴奏チェロ組曲第3番
黛敏郎:文楽
そして奈々ちゃんとベートーヴェン:クラリネットとファゴットのための二重奏ハ長調
アンコールに父の編曲による滝廉太郎:荒城の月

毎回、恒例になってきたこちらでの即興演奏
なぜだか ここに来ると 見たもの感じたものを音にしたくなる。今回は柔らかな光や穏やかな春の兆しを感じさせるものでした。不思議です。
20200223095303474.jpeg

西にも東にもお世話になっている方々ばかり
加えて仲間であり友人でもあります、感謝!!

そういえば、、いま調べてみたら去年のコンサートのブログ記事がない、その後に飛んだイタリアで描き始めていた下書きのみiPhoneアプリ内で発見しました。とほほ

20200223095807b79.jpeg

2019年の2月、、あれから一年か

20200223101501097.jpeg

奈々ちゃんも4月から大学四年生 早いな〜
20200223095956a35.jpeg

またまた仲間たちとの写真

そういえば京都、最近はいつでも混んでいますか
さすかに今年はがら空きでした。
タクシーの運転手さんが「日本の皆さんが京都に来るならいまでっせー」と連呼してらしたっけ
20200223101807018.jpeg

去年はこんなステキなお遊びにデビューさせていただいたっけな。舞妓さん可愛すぎ
20200223101906d1a.jpeg

京都の魔界 もっと知りたいですね。

さて2月は爽やかかつディープな新潟滞在もありました。しかしながら明日は千葉!!

ではまた〜

ヒルズクラブの舞&シャコンヌを語る そーしーてー

「行いが悪いと富士山は見えませんよー」
こんなことを言いながらビル51階からの眺めを楽しんで過ごす六本木ヒルズクラブ

これは毎年恒となった後援会(私を応援してくださる奇特な方々のお集まり)のNew year party & コンサート1月の土曜日のお昼のことです。

でも今年はベルリンから戻る都合で変則的に1/24金曜日の夜で都会の夜景の美しさを再認識いたしました。

2020020208354879c.jpeg

今年のゲストは金春流シテ方の山井綱雄さん

山井さんとのご縁は能管の一噌幸弘さんの能楽堂シリーズで共演したのがはじまり。
20200202093122de7.jpeg

あれは↑何年前のことかなあ
202002020932090d6.jpeg

山井さんはお能の世界の中でたぶん最も色々なジャンルの方とタッグを組まれているのではないかと思います。

もちろん古典を大切になさりながらなので、そのご活躍は飛ぶ鳥を落とす勢い。
20200202093438cd1.jpeg

お能一筋の山井さんがコラボにチャレンジなさったきっかけは、伝統芸能の番組でご一緒になった聖飢魔Ⅱのデーモン小暮閣下の一言だとか。

幼いときからお能のシテ方として厳しいお稽古を積んだ山井さん、実は中学生のころに聖飢魔IIの音楽に取り憑かれ?たそう。それ以来、閣下は憧れの人で大学ではコピーバンドも結成、いまもお願いすると本物を凌駕するような物真似が飛び出ます。

それがいまではお二人は各地でコラボをなさる仲になってらっしゃるのですから面白い。

閣下のお話をなさる山井さんの目にはいつもハート❤️が飛び交います。ふふ

そう、閣下は大相撲だけでなく日本の古典一般への造詣と愛がお深いとか。素晴らしい悪魔の在り方!日本を救ってくださいー

こちら山井さんのブログ
には閣下のことはもちろん、私のことまで書いてくださってます。照れながら感謝🤲
20200202093936310.jpeg

(育代ちゃん 素敵なお写真の数々グラシアス!)

と、言うわけでバッハからお謡、黛敏郎さんの文楽などなど山井さんの舞とチェロ雄は楽しい時間をすごし…お客さまも非常に楽しいお時間をおすごしになったとのお言葉を頂戴して夜は深けるのでした。
20200202094418ba2.jpeg

こちらプレゼントタイムで「強制ジャンケン大会中」
20200202094653b60.jpeg

というわけで夜の六本木 盛り上がりました!

20200202094937fce.jpeg

山井さんには10月に私がプロデュースさせていただく紀尾井ホールでのスペシャルオリンピックスのガラ・コンサートにゲスト出演していただきます。

お知らせいたしますね、楽しみです!!

そして翌日は朝日カルチャーの藤沢教室で「続・シャコンヌの秘密」
20200202101757606.jpeg

シャコンヌの出だしが一拍めではないことから始まってあっという間の90版、、続編なのにまだまだ秘密がいっぱいです。皆さまお付き合いくださってありがとうございました!お写真は朝日カルチャーのリアル・ミー(すみさん、サンキュー)の栗田Y子さんと。

次回は4月16日にルードヴィッヒ、もといベートーヴェンチェロ・ソナタに迫ります。全5曲だけどやはり傑作の森で生まれた第3番をメインに取り上げ、最後はコンサート形式で演奏いたします。ピアノは佐々木京子さん、お楽しみにー

はて、シャコンヌといえば、確か面白いことがあったはず、、

そうだ!3/23にミラノから帰国の盟友 黒田亜樹女史とそれぞれバッハのシャコンヌを弾くコンサートがあります。

こちら去年8月に行った 「ふたりのバッキアーナ」 の第二弾でまたしても1日2公演!!

202002021031273ad.jpeg

第1公演「バッハvsピアソラ 」(休憩なし)
J.S.バッハ:ヴィオラ ・ダ・ガンバ・ソナタ ト長調BWV1027
アストル・ピアソラ :アディオス・ノニーニ/ル・グラン・タンゴ ほか
第2公演「ふたりのシャコンヌ」(休憩あり)
J.S.バッハ(ペイチュ版):独奏チェロのためのシャコンヌ
J.S.バッハ(ブラームス):左手のためのシャコンヌ
ヴィラ=ロボス:ブラジル風バッハ第2番より「伊達男の歌」「われらが大地の歌」ほか

という感じ。オリジナル無視でヴァイオリニストの皆さま、ごめんなさい🙇‍♀️

マークに横目で見られそう。まだ言わんとこう。
20200202103231f7c.jpeg

で、一昨日はこんな感じのリハーサルもございました!

この日記の冒頭にお名前を唱えた一噌幸弘笛吹き王子、そして邦楽界の貴公子・藤原道山さん!!

このメンバーにあと能管の山田路子さんとベースの瀬尾高志さんが加わって千葉のホールへ!
202002021042277d4.jpeg

貴公子・道山さま曰く「超キレッキレの名曲難曲揃い」でございます。

決して退屈だけはなさらないこと、請け合いましょう!

と、いうわけで2月3月も楽しい企画が目白押しでございます!コロナウィルスなんか吹き飛ばしちゃえー🤨

このカテゴリーに該当する記事はありません。