The link at the date of the calendar is an entry.
イマジン七夕コンサート2018
2018-07-06 Fri 17:29
例年より早い梅雨明けなのに台風が来たり、今日も関西、関東ともにかつてないほどの大雨だと耳にいたしました。

皆さま、どうぞお気をつけてお過ごしくださいませ。

さて、こちらベルリンも夏らしい気候です。

今は朝ですが、もうすぐニューヨークとパリからトリオのメンバーが集合して今日からリハーサル、1月に日本でコンサートして以来の「トリオ ソ・ラ」キャンプが始まります。

その前に帰国前夜の「イマジン七夕コンサート2018」の様子をお目にかけますね!

久しぶりのサントリーホール、大ホールはやっぱり音が良くて弾いていて気持ちが良い。

響きにプラスして、2000人もはいるのにお客さまと近く感じられるのが嬉しい会場です。

ガラコンサートは舞台の上もすごい人数になります。盛りだくさんのコンサートの様子を 、たくさん撮っていただいた写真でお目にかけますね!

先ずはゲネプロの図
ヴィヴァルディの2本のチェロのための協奏曲。共演はいま層が厚くなりつつある日本の若手チェリストのなかでも光っている笹沼 樹くんとカメラータジオンの皆さま!

笹沼くんは背が高い!この164センチ&ヒールの私が小さく見えます(・Д・)


それにしても、やっぱりオーケストラと弾くのは実に楽しい!!大きな室内楽という感じで皆さんのエネルギーと混ざり合い、対話するのが大好きです。

それから人と絡むのも大好き!

こちら↓同じヴィヴァルディによる《四季》から「春」と「秋」を4人のソリストたちが分けましたが、私はそれぞれのヴァイオリニストと対話するシーンが沢山あって、皆の個性と素晴らしさを心から味わうことができました。役得ですo(^▽^)o

で、コンサートの合間には写真大会!

前半ドレスで女性チームと、右からユーフォニアムの佐藤采香ちゃん、ヴァイオリンの正戸里佳ちゃん、同じくヴァイオリンの奥村愛ちゃん、ハープの山宮るり子ちゃん、ピアノの岩崎洵奈ちゃん。

皆さん、ドレスも本人も演奏もステキの強者ばかり!

チェロ四重奏団!カメラータジオンのメンバーの方々と

やっぱりチェロは良いなあ チェロの仲間は良いなあ♪

通りがかりのピアニストお二人を捕まえて一枚。
久々に会えた岡田将くんとパリからいらした菅野潤先生🎵

後半はフランスの巨匠ハイドシェック氏と指揮の田部井剛さん&カメラータジオンの皆さんでモーツァルトのピアノ協奏曲から始まってヴィヴァルディのコーナーへ。

先ずはチェロのダブル協奏曲、瑞々しく伸びやかな笹沼くんとそのチェロ♪
楽しくてあっという間に終わってしまいました。今回は1楽章だけだったので残念!!またいつか一緒に弾きたいな。

チェロチームとヴァイオリンチーム!
笹沼くん、隣が西江辰郎さん、里佳ちゃん、愛ちゃん、大宮臨太郎さんに、佐藤久成さん、と、私。ヴァイオリニストも本当に個性的!!

素晴らしい奏者になればなるほど、それぞれの持ち味が光ります。

前半の洵奈ちゃんと後半の私のドレスが姉妹状態で思わず一枚!

デュオを組むるり子ちゃんと。これから7月に神奈川、9月に大阪と名古屋で一緒のコンサートがあります。あと9月にはなんと正戸里佳ちゃんとのトリオで日本丸に乗船も!
レパートリーもどんどん広がります。

後半の女性チームも皆さま艶やか~両手に花々で御満悦な私( ̄∇ ̄)

明珍さん、中鉢さんの歌声も凄いし、コントラバスの石川滋さんのドビュッシーにはびっくりだし、あと本多俊之さんの「マルサの女」のテーマソングのカッコいいこと!!伊丹十三氏の作品の大ファンである私はもう大興奮でした。

そうしてウィリアム・テルで始まった(考えてみたら一番最初は私たった一人の数小節で幕開け 笑)ガラコンサート、最後はほぼ全員でチック・コリアの「スペイン」を演奏して楽しく華やかに幕を閉じました。
ブラスバンドみたいで楽しかった!!

最前列は演奏の他に司会もなさったピアノ&作曲の加藤昌則さんとフルートの山形由美さん、ハイドシェック氏、音楽監督で素晴らしい編曲の数々を生み出してくださった山田武彦氏、ありがとうございました。

ここにお名前挙げられなかった方もまだまだいらっしゃいます。
とにかく毎年この大掛かりな企画を手掛けるイマジンのマネージャーの皆さん、企画をサポートしてくださる方々、ホールの皆さまに心から感謝を!!

そしてなによりも御来場の皆さまに御礼申し上げたいと思います。


明日は七夕、今年は織姫と彦星は再会できるのかなあ。。。
別窓 | 海のこっち側で | トラックバック:0
水無月のベルリン
2018-06-22 Fri 20:19
一昨日の夜に帰国して新潟の三条市にきております。

昨日は着いてすぐホールにこもってピアノの小柳美奈子さんとリハ、コンサートは今日の午後です。

こちらはまだ梅雨入りしていないそうで快晴、リハのあとに夏を思わせる美しい夕陽をみました。


と、その前に機内で書いていたブログ記事をアップしておきますね!
いまベルリンは一年で一番良い季節、どこもかしこも緑に溢れています。

今回は久しぶりの我が家生活を満喫、なんのかんの用事がありながらも寛いだ時間をすごせました。
ヨーロッパの都市の中でもここは緑が多く、ちょっと歩くだけでもリフレッシュできます。

2~4枚目の写真はどこも家の近所。

光と緑で行き交う人々の顔も明るいし、街は冬とは全く別な顔を見せます。
今回は結婚記念日もあって2人で静かに乾杯しました。

これで13年目に突入!まだ13年 もう13年です。
ちょうど「去年、金婚式を迎えた」というドイツ人とアメリカ人のご夫妻にお呼ばれし、お二人が親友のように、また恋人のようにお互いを慈しみあってらっしゃるお姿に思うところあり。自然体で実に素敵だったのです。

うーむ、2人で長生きしないと金婚式は無理かもしれませんが、やっぱりこの広ーい地球上で出逢った縁の不思議を忘れず感謝をもって日々をすごしたいものです。

もちろん夫婦間だけではなく、色んなご縁もしかり。ふっと力が抜けて改めて素直にこんなことを実感したベルリン滞在です。
(大学の中庭、カフェテラスです。大きな木に囲まれた憩いの場)

そうそう、この6月~7月はマークが教鞭をとるベルリン芸大の試験シーズン、あとオーディションも多い季節です。

それで私も連日のようにマークのクラスの公開卒業試験の子たちの演奏を聴いたり、弾きあい会を聴いたり

彼のクラスにはヨーロッパ、南米、アジアから色んな国の生徒たちがいますが、ずっと横でその成長を見てきているので皆が前進していくのを感じられるのは本当に幸せ。

まるで自分たちの子どもたちのようにも思います。
そうそう、これは中国から留学している子のベートーヴェンのソナタのヘンレー版の楽譜。タイトルが中国語なのが新鮮、ベートーヴェンの名前も漢字で想像できますね!面白くてついパシャリ。
姪たちとの一枚
チェロにヴァイオリン、2人ともベルリン芸大の学生です。オバとしてはなるべく、シツコくしないように気をつけながら、でも時々ちょっかいを出したい、、、

コンサートでベルリンに来た友人たちに、海外からから休暇で来た友人たち、あとベルリン在住の友人たちにも会いました。
ドイツ人指揮者のフリーダーはいつもベルリンの色んな顔を教えてくれます。去年は自転車ツアーに連れていかれたっけ。

季節にとらわれず、カフェで外の席に座るのもヨーロッパ風。最近は日本でも普通になってきましたが、真冬でも外の席は人気、、、日本人としては理解しがたい時もあります。

とりあえず陽射しが強いところがマークの席、なるべく弱いところが私の席。。我が家の庭にも外用のソファが出してあり、朝はエスプレッソ、夜はキャンドル灯してワインを楽しんでいます。

その前に2人で頑張って草むしりしたのは言うまでもありません。。。
料理は趣味でストレス解消でもあります。だから外食はなるべく家で作らないものが多くなる。
これはヴィーナーシュニッツェル、ウィーン風子牛のカツレツですね。クロイツベルク地区に昔からあるオーストリア料理のレストランを教えてもらい、さっそく試してきました。

ええと、もちろん私のが小さなサイズ、右がマークの普通サイズ!!

我が青春のオーストリア、そこでマークと初共演してから20年とちょっと。。もう遥か昔のことに思える、なんだかすでに前世のような感じ!

そうそう今回の滞在中のベルリンは、もちろんワールドカップ で湧いておりました。ドイツ人のサッカー熱は普段から凄いのですが、やはりヨーロッパチャンピオンズリーグ戦、そしてもちろんこのFIFAの盛り上がりは格別です。

ま、ドイツはいきなり初戦でメキシコに負けて街も一瞬シーン、、、となったのですが、そこは人種のるつぼのベルリン!

あちこちのレストランにそれぞれ応援する国の旗が掲げられてたりして活気があります。

私としては最初に見たスペイン、ポルトガル戦で「ポルトガルがいける気がする」と予告してから、けっこう予想が当たっているところ。

でもちょうど用事で見られなかった日本-コロンビア戦の勝利は思ってもみず、これは嬉しかった!
ドイツで活躍する日本人選手の数も多くて誇らしいなあ、と思いながら帰国したら、なんと昨日三条のホールではこのボードが迎えてくれました。
ハンブルクのチームに所属する酒井選手、ドイツのブンデスリーガで初の日本人キャプテンをつとめた酒井選手は、ニューヨーク生まれの三条育ちだったのですね!

なんとなく嬉しい。

で、その隣にはこんな看板が、、、

ということで、そろそろ用意をせねば。。。

美奈子さんとのコンサートは昨年の11月ぶり、楽しんで弾かせていただいてきます。
別窓 | 海のこっち側で | トラックバック:0
旅の終わりに~まずはベルリン
2018-03-20 Tue 19:18
ええと、、、ただいまパリにおります。

シャルル・ド・ゴール空港にて日本へ

前回、逆向きで日本からパリ乗り換えでベルリンに飛んでから2週間とちょっと

(着いた翌朝の朝ごはん@2ヶ月半ぶりの我が家/すでに懐かしい)

なんだか猛スピードで時間がとんでいきました。
今回はベルリンとミラノでピアノの黒田亜樹さんとコンサートするということで日本から10人ほどの方がいらしてくださっての大所帯。

(後援会「Enne倶楽部」の方々@我が家の図 なんだかやけに自然でした)

ドイツとイタリア、皆さまの視点から自分たちの生活を見られたのはなかなか興味深いものでした。

こちらはそれぞれのコンサートのチラシ


まずは今回、皆さまをお誘いするきっかけとなった在ドイツ日本大使館 公邸における3.11メモリアルコンサートについて

こちらは八木毅大使のお心意気があちこちに染み渡った催し、素晴らしい公邸でのコンサートのあとはまたまた素晴らしいレセプション、3月9日のことでした。

東日本大震災の鎮魂のためのプログラムはバッハで始まりバッハで終わりました。

バッハのアリオーソ、ヴィオラ・ダ・ガンバ・ソナタの次には2年前に杉山洋一さんに書き下ろしていただいた無伴奏チェロのための「ベルリンのコラール」の再演を


タイムリーなことに、ちょうど杉山さんはこの2日前に日本の文部大臣新人賞を受賞なさったばかり、彼がモチーフにとったのは、バッハのコラール-欧州でペストが蔓延したときにある牧師が書いた旋律をもとに生まれた作品-です(単純すぎる説明でごめんなさい)

自然災害にテロ、最期の祈りを唱える時も与えられず、荒々しく残酷に命を奪われる名も無き人々に思いをよせて、祈りを捧げるような、そんな曲。(本当に心を打たれる曲、もっともっと私の血となり肉となるまで弾いていこうと改めて決意しました)

その後にベルリンの地で青春を謳歌した祖父・近衞秀麿の「ちんちん千鳥」を

…弾きながら部屋のあちこちから啜り泣きのような音が聞こえてきました…

メインの最後はペルトの「フラトレス」
慟哭と、祈りと、、、

その後のバッハの無伴奏ヴァイオリンソナタの編曲「アンダンテ」は弾きながら心が緩むのを感じました、

翌日にランチに呼んでくださった八木大使ご夫妻、ちょうどお仕事でハンブルクの国際海洋裁判所にいらしていた柳井俊二ご夫妻(この度の催しは柳井さまの鶴の一声あってのことなのです) を囲む皆さま方と雛人形の前で。

(ベルリン芸大でチェロとヴァイオリンを学ぶ姪たちの姿もあります)
3月9日の同じ時間にエジプトのアレキサンドリアでオーケストラと協奏曲を弾いていたマークもランチに空港から駆けつけて、美味しい日本食に感動しておりました。

そろそろ、ちょっと搭乗口に移動しますね。

つづく、、、

こちらは今朝のベルリンの図
雪でドキッとしました
別窓 | 海のこっち側で | トラックバック:0
ベルリンにて音を紡ぐ~3.11へ~
2018-03-09 Fri 16:29
2月末と3月あたまはまだ日本でコンサートがあったのですが、ブログ更新できないまま最後のコンサートの翌日にベルリンに飛んでしまいました。ごめんなさい、、、

昨日ミラノからピアニストの黒田亜樹さんが来てくださって今晩は3.11のメモリアルコンサートを在ドイツ日本大使館の公邸でさせていただきます。


地震のあとに伺った二本松から会津、福島市、郡山など

それから何度も訪問させていただいた南三陸の皆さまのことを思いながら、思いをチェロに託してきます。

離れていても心は日本に!

こちらの様子またお目にかけますね。
別窓 | 海のこっち側で | トラックバック:0
パリのお化けとコンサート
2017-12-20 Wed 19:48
鷹揚に時が流れるベルリンもさすがにクリスマス前の煩雑さというか、焦りのようなものが感じられるようになりました。やっぱり師走ならでは?道も混んでおり、クラクションもいつもの3倍くらい賑やかです。

で、ただいまパリのシャルルドゴール空港から羽田に向かう機内でこれを書いております。

先日のブログは
「日本からベルリンに到着してそのままピアノ三重奏<トリオ ソ・ラ>のリハーサル」
というところでした。

そう、あれから3日間集中練習して、夜はご飯とワインで英気を養って
週末はパリでコンサートでした。
20171220063733c56.jpeg
写真の黒一点が館のオーナーのJJ氏です。
画家だけれど作曲もなさり、パリの名だたる演奏家が彼の作品を初演したという「趣味人の極み」のような方。

なんでもコンサートとお食事という友人たちへのもてなしのためだけに、この1830年に建築された館をお買いになったばかりだそうで、5階建のヴィラの上階はまだリノベーション中でした。

ムッシュJJ、郊外にはお城も持ってらっしゃるそうな。。。
2017122006333632f.jpeg
こちらがコンサートを行うメインのサロン
パノラマ写真を凝縮したので部屋がへちゃむくれて(!)見えますが
なんとピアノに向かって右手の壁の中にはエレベーターが隠されています。

で、、、、、、
素晴らしい部屋でのリハーサル、ピアノも年代物なのに良いコンディションのベーゼンドルファー
なのにちょっと落ち着かない、なんとなーく寒気がするし。

じっと目を凝らしていたらピアノを弾くかつら嬢の真後ろに隠れ扉を発見!
どうも地下室から人が上がって来そうでちょっと怖い。

挙句の果てにJJ氏とその従者が一瞬お留守になった数分間は
私3人しか屋敷にいないはずなのに
コトリと音がして玄関の扉が開いて風が入るわ、天井は軋む音がするわ、人がいるような物音はするわ。。。

すっかり1人で御手洗いにも行けなくなった私たちでしたが

そこは3人揃えば「姦しく」
やれヒッチコックの「サイコ」だの「マダムタッソーの蝋人形館」だの「エドガー・アラン・ポー」だの
と騒いで励ましあっている間にすっかりハイな気分に。
201712200637378e2.jpeg
曲も曲だったのでさっきまで身を寄せあって怖がっていたのもすっかり忘れ
優雅なサロンコンサートにセレクトされたパリの芸術文化を支援なさるVIPのお客様を前に大暴れ

で、盛り上がったコンサート後にゲストの方が嬉しそうに教えてくださるには
「ここは詩人の〇〇や画家の〇〇も住んだ歴史的な建物なのだよ」
ふむふむ

「それに1910年には殺人事件もあったのだよ」
さ、殺人事件?!

「そう、若く美しい乙女が三角関係のもつれで殺されて、それ以来ここには彼女が出るんだよ、ロマンティックだろう?」
え、それってロマンティックなの?

いやいや、どうりで納得!
なんだか逆に怖くなくなりました。

大体、モーツァルトはともかくとして
吉松隆さんのロック調な楽曲とか
ショスタコーヴィッチの激しさにはさすがの幽霊も吹っ飛んだはず。

と思ったらヴァイオリンの祥子嬢は「幽霊は吉松さんのご機嫌なアトムハーツが好きだった気がするわ」ですって。
うん、なかなか素敵なゴーストじゃないの。

それにしてもお化けもやっぱり美女なのね、丸々としたおばさんじゃいけないのかな。
あくまでも姦しく突っ込む3人でした。

コンサートには9月にご一緒させていただいたマエストロ・パスキエも聴きに来てくださって、曰く
20171220063339aa2.jpeg
『今回の館も興味深いけれど、道を隔た建物(写真の左後方)はパリの音楽界でも歴史的なコンサートが行われたシアターだったんだよ』

ガブリエル・フォーレがパスキエ先生のおじい様方と演奏したり
またコルトー、ティボー、カザルスのピアノ三重奏も常連だったそう

<アンサンブルの聖地 >なんだか縁起が良さそう!
これで1月のソ・ラのコンサートも景気良くいけそうです。
2017122006334372e.jpeg
(ベルリンのクリスマスマーケットにて)

トリオ ソ・ラは来年1月は浜松や鎌倉でコンサート
メインの「三都物語 vol.4」は1月18日の19:00から東京文化会館小ホールであります。

お問い合わせやチケットのお申込みは以下までどうぞ♪

Enne倶楽部
tel:080-2262-6225 fax03-5775-2076
mail:enne-club2@yuko-miyagawa.com

というわけで日本!
いま着陸したところでまだシートベルト着用中、今回も快適な空の旅でありました。
20171220063342618.jpeg
(クリスマス市名物のグリューワインを手に。顔がパンケーキみたい)

実はこのコンサートが私の「2017年のコンサート納め」
もちろん仕事納めはまだ先ですが
今年は久しぶりに日本で年越しなのです!

では次回は今年中に日本から〜
別窓 | 海のこっち側で | トラックバック:0
| 水谷川優子のチェロ弾き旅烏日記 | NEXT