FC2ブログ

遡ってプラハその2・ビールの話

とつぜん10度もさがった北ドイツ、目下ジャケット着用ですごしております。明日はまたサンダルがはけるかなあ👡

さてプラハの続き、ここでビールの登場です。

まずは楽器屋さんに楽器を預け、ホテルにチェックインして遅めのお昼ご飯を。

いくつか目星をつけていたレストランの中から地元の人が行きそうなビアホール「Lokál Dlouhááá」へ。もちろんチェコ料理です。
20180828232347629.jpeg

わくわく うきうき
201808290125256d2.jpeg

見よ、この泡を!
20180829013338e21.jpeg

実は私が頼んだのはミルコという注ぎ方のビール
給仕のお姉さんに「挑戦してみる?ふふふ」と煽られて(?!)注文、もちろんマークはノーマルな飲み方を。

登場したのは見たこともないほど泡だらけのビール
201808290112352b5.jpeg

これがクリーミーで面白かった。美味しゅうございました。

実は私はベルリンではあまりビール🍺には縁がなく、ドイツでは地ビールの美味しい土地に行ったときしか飲まないので、日本での方がビールを飲むことがあるくらい。日本のビールも美味しいですよね、ヱビスビールとかプレミアムモルツ、よなよなエールに銀河高原ビールなど…(マスターズドリームも美味しいな)

しかし、チェコのビールは美味でした。
さすが国民ビール消費量世界ランキング1位の国!!

一人当たりの消費量ではドイツが負けているのだそうな。

そういえばバドワイザーはチェコのビール名産地ブドヴァイスにちなんでつけられたとか?(19世紀にアメリカの会社がその名を使って商品登録したためチェコとの間で訴訟問題が起こったそう)
20180829020002e25.jpeg

そしてご飯!!
またドイツと一味違うソーセージとザウアークラウトに、じゃがいも、小麦粉のクネードリキ(お団子)
なんかお皿の上が同系色、、、
20180829020321a83.jpeg

チェコのチーズを揚げたものとタルタルソース!
後ろにはテーブルナンバーがチョーク(?!)で書かれてます。

愛想が悪いようで悪くない、素朴で気取ってないこの感じがチェコっぽい。こだわるところには美学を見せながら、見せかけの気取りは良しとしない…「チェコらしさ」は居心地の良いものでした。
201808290209475fa.jpeg

まだまだ続くプラハ
Theme: 海外生活 | Genre: 海外情報

遡ってプラハその1

「海の向こう側はデンマーク」という街ロストックに来て4回目の朝を迎えました。
20180826023904b03.jpeg
(でもこの写真はチェコなのです。プラハの真ん中を流れるヴルタヴァ川、理由はまた後ほど)

どこに辿り着いてもホテルの部屋に入って最初の5分が勝負。スーツケースの中身の置きどころをセッティングしたら、そこはもう心地よい「自分の居場所」

1、2泊くらいでどんどん移動していると朝起きて『あれ、ここどこ?』と思うけれど、この夏は1週間くらいの単位で動いているので快適!

旅が苦にならないのは、もともとそういう性質があったのか、そうなったのか?!

そういえば留学前に尊敬するチェリスト藤原真里さんのエッセイを読んだら「演奏家の資質はどこでも眠れて、なんでも食べられること」って書いてあったな。

さてさて一段落ついてきたので移動中に少しずつ書いていた記事をアップいたしますね。

前回のブログにも書いたのですが、この前のベルリン-日本往復では珍しいことが続きました。

8月9日に日本からベルリンへ戻り、3日間つかの間の自宅生活をエンジョイ…するはずが台風で飛行機がおくれて経由地のアムステルダムで一泊するはめに。(おかげでリアルタイムでラジオが聴けた)

実は今回はその前のベルリン→日本行きのフライトも大幅に遅れてパリでの乗り換えに間に合わず、一日遅れて帰国していたのです。

長いあいだの旅烏生活でも珍しい往復遅延!

行きのエア・フランスにはパリ、帰りのKLMにはアムステルダムでそれぞれ空港に隣接したヒルトンホテルを用意されました。年間たくさん飛んでいるので良いお部屋が与えられたのは嬉しいけれど…違うときに泊まりたいな、やっぱり…

マークと一緒だからまだよかった。ひとり旅ならきっとハラハラ&イライラしたと思います。

首都のくせに未だ直行便がないベルリンがうらめしや。
20180826163341035.jpeg
(つかの間のベルリン↑私たちが帰る寸前までは暑くて溶けそうだったとか)

さてそのようにして戻ったベルリンから最初に移動した先がプラハ、短いけれど濃い時間をすごせました。
20180826184923746.jpeg

街が明るいし生き生きしてる!!前回来たのは90年代で、しかも真冬だったので印象がガラリと変わりました。
20180826190739937.jpeg

でも広場の真ん中に古い戦車を発見してびっくり。
今年はプラハの春から50年、実はこれはメモリアルイヤーの展示の1つだったのです。

街のあちこちで当時の写真や絵などが飾られていて、チェコの若者たちの不屈の精神というべきエネルギーが感じられました。私は「チェコ人らしさ」は音楽や小説を通してしか知らないけれど、興味深い。

街ではたくさんの本屋さんを見かけたのも、この国ならではな気がします。
2018082618501213b.jpeg

プラハはベルリンからは車でたったの3時間半、なんとデュッセルドルフの方が遠い!やっぱりベルリンは東なんだなあ。実際に走ってみるのと地図の上で理解するのでは大きく違いますね。
20180826163253cfb.jpeg
で、プラハでの目的は楽器屋さん。マークの楽器の1つを製作者の子息で、自身も素晴らしい楽器製作者(マイスター)のSpiedren氏に調整していただくため預かっていただいたのです。

で、せっかくなので一泊。
着いた日の午後はもちろんビアホールを訪ねて遅い昼食を〜それはまた次の記事にて!
20180826194300c0d.jpeg

北ドイツより


ご無沙汰しております。。。

8月9日に日本を後にしてから旅・旅・旅の旅烏生活が続いております。
20180824073348ad6.jpeg

今日のお昼からは北ドイツの街、ロストック!
この小さいけれど歴史のある港町には実は初めて来ました。

毎日いろいろ思うところがあって非常に豊かな時間をすごしているのですが、その一つ一つを言葉にする間もまだ無く、、、ごめんなさい。

8月9日は長崎に原爆が落ちた日、例のラジオ放送があった日なのですが、台風によって飛行機が大幅に遅れて、私も思いがけなく自宅でゆっくりと放送を聴くことができました。(おかげで乗り換え地で大変だったけれど、、、)

丁寧に作られた番組は深い内容となっており改めて感銘を受けた次第、私の方にも色々な方面から反響のお声をよせていただいていたのですが、さらにNHKの方から以下のお知らせが!!

とりあえず大急ぎでお伝えいたしますね。

**再放送のお知らせ**

水谷川優子が出演いたしました
NHK-FM特集番組「長崎・祈りの音色」、好評につき早くも再放送が決定いたしました!

------------------------------------
8月25日(土) 昼11:05-11:50 NHKラジオ第1

*8/9にNHK FMで放送された110分の番組を、45分間に短縮しての放送となります。今回はラジオ第1です!
以下、NHKのホームページより

出演者 : 水谷川優子(チェロ奏者)西本智実(指揮者)
放送局:NHK第1(東京)

長崎「原爆の日」。爆心地近くの浦上地区は「潜伏キリシタン」の聖地でもあり、今年世界遺産に登録された。迫害と被爆、二つの受難を経験した長崎には今も「祈りの音色」が響く。浦上天主堂の鐘の音、キリシタンの祈りの唄「オラショ」、そのルーツであるグレゴリオ聖歌などを聴きながら、平和への思いを紡ぐ。(8月9日NHK-FMで放送した番組の再編集。)

*****************
また8/9のオリジナル版の放送も引き続きNHKラジオ【らじる☆らじる】にて番組をお聴きいただきます。

こちらの配信は反響をうけて10/4まで延長となりました!!

https://www.nhk.or.jp/radio/programs/special.html
*****************
201808240742073ad.jpeg
Theme: クラシック | Genre: 音楽

ベルリン→無人島

暑中お見舞い申し上げます!
日本は大変な猛暑とのこと…毎日ニュースを読んで絶句しております。
私も明日から日本なのですが着いたら直ぐにリハーサルそしてコンサート。でも、なによりも一緒に帰国するM夫が溶けてしまわないか心配です (なにしろほぼ北欧のトナカイなので)
湿気のある夏が不得意なのは私もチェロ雄も一緒、、皆で夏バテしないようにせねば!
2018072700510850e.jpeg

(フィンランドの無人島にて:水辺にいると涼しい気持ちになりますね)
思い起こすと
日本からベルリンに飛んだのが7/4 
すぐトリオ ソ・ラのメンバーが集まってリハーサル
合間に新しい写真を撮影
もとは独日協会のためのコンサートだったのが西日本豪雨のニュースを受けて被災者支援のチャリティとなったのが7/9

この趣旨に御賛同くださった方々で会場は満席となり沢山の義援金が集まったそうです。

主催の竹谷 宗久さまと。
それからマークのクラスから3人の生徒たちが卒業しました。
卒業試験直後のご飯会:今回はバタバタしていたので我が家でのパーティは延期…卒業生プラス数人でさっと祝いました。
手前の左からFanglei Liu
左回りで1人おいて堀江 普ちゃん
その隣が二瓶真悠ちゃん
3人とも素晴らしい成績で修士課程修了!
公開リサイタルではそれぞれの音楽の世界を心から楽しませていただいたのですが、同時に初めてあった頃を思い出して1人でグッときていました。心から嬉しい!おめでとうございます!!さらに上のクラスに進級した人も、学生に終わりを告げていよいよ仕事一筋になる人もいますが、とにかく音楽の道はいよいよこれからでワクワクします。卒業したら今度は若き仲間として一緒に成長できたら嬉しいと思います!
そうしてベルリンから東フィンランドへ移動したのが7/13
練習しなくちゃと思いながらも、ホッとしたらしく身体が解けて眠い。こんなに寛いだのは何ヶ月ぶりかな。

(スナフキンかM夫か?)
私は去年は来られなかったのでこの空気感と静けさは2年ぶり。
初めてこの島に来たのは2000年のこと、いつの間にか「帰ってくるところ」となっていたのだなあ。

しかーし、この夏のフィンランドは驚くほど暑い!
30度を超える日々にはさすがに日本のエアコンが恋しくなりました。通常は夏でも涼しいので普通の家には扇風機さえありません。。。
スーツケースに忍ばせた薄いダウンジャケットはもちろん出番なく、こっそり持って帰ってきました。

これはフィンランドの新聞による今日の注意報↑
今年はラップランドでも記録的な暑さです。北に行けば行くほど赤いってどうなってるのか?!
スナフキン化したマーク、マスタークラスの合間には日光浴
つゞく!!!
Theme: 北欧 | Genre: 海外情報

無人島→そして旅烏は旅を続ける

さっそくに続き、、、実はただいまシャルル・ド・ゴール空港におります。「まさかの足止めを食らう」の巻 
いろいろあって。。。人生いろいろ。。。
まあ、飛行機が飛ばなかったくらいなんでもないさ( ̄∀ ̄)と思うことにします。
ー何はともあれ元気で有難いーこれが本音!
さて無人島から一番近い街は車で45分、ボートで湖を突っ切って15分、オペラフェスティバルで有名なサヴォンリンナです。
今回は芸術監督シルバスティ氏とその奥さま岡部千栄子さまにお呼ばれしてオペラを堪能しました。
演目は「スペードの女王」!実は2人とも初チャイコフスキーのオペラだったのですが、やはりオーケストレーションが面白い。もちろんロシア人歌手の素晴らしさや、オーケストラの巧さ(ヘルシンキフィルを始めとして色んなオーケストラのメンバーが集まって毎夏、このオペラ音楽祭のために結成されるのです。おかげで終わってから懐かしい友人たちにも会えました)
さらに圧倒されたのがフィンランド人の合唱です。聴いたこともないような厚みの声、風圧を感じるような声量でした。
そしてこの音楽祭の特色はなんといっても湖の中にある昔の要塞をオペラの会場にしているところ

(後ろがお城=要塞)
マークの父ラルフも80年代に芸術監督をつとめめており、その時にはいまの天皇皇后両陛下がまだ皇太子ご夫妻でらしてお出ましになったそうで、若かったラルフは船のクルーズでの御接待に緊張したとのこと。「だってフィンランドには王族いないし、皆が日本の皇族にお粗相したらハラキリだぞって脅かしたから」ですって。ふふふ
(私の右隣りが千栄子さん)

(オペラのおかげでハイテンション)

(この湖でとれるワカサギに似た名物のお魚ムイック!)

言葉もなく見惚れる景色の数々
水は鏡となり空を映す
昨日までこんなところにいたなんて自分でも信じられないなあ。

後ろ髪を引かれる思いで、ここを後にしました。
次こちらに来るのは冬!実は来年の1月にサヴォンリンナで新しい音楽祭が始まり、私も年明け最初の週末はここでソロやトリオを弾かせていただくのです。
新しい始まりにワクワクします!
さあ、そろそろボーディングタイム、日本の夏に向けてレッツゴー!!
Theme: 北欧 | Genre: 海外情報