旅するチェリスト水谷川(みやがわ)優子のブログ

2005-03-31 Thu 14:54
復活!
春!!
明石の海を眺めながら日記投稿です、といっても電車の窓からだけど…
波間が宝石みたいに光ってきらきら…飛び込みたくなります。
この辺りの景観も好きですが、明石や須磨という名前だけでもわくわく!中学生の頃、初めて読んだ源氏物語は円地さんの訳だったなあ。
今から京都で10日の合わせ。晩には行きたい面白いコンサートもあるのですが、練習次第ですねえ。日本では何故か時間がなくて、なかなか人のコンサートに行かれません。美術館や映画にも御無沙汰。思えば学生の頃は有り余る時間があったなあ…
さて今日から日記再開、これから書きます!!
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2005-03-26 Sat 17:30
毎度お馴染の
お馴染・新幹線車内投稿日記です!
先ほど都内の某Tホールにてミニ・リサイタルを終えた所。無伴奏バッハからラフマニノフ、黒人霊歌と色々弾かせて頂きました。良いホールはPPP(ピアニッシッシモ)も響くのでお客様まで届いて楽しい!耳元で囁けるんですもの…
それから文字通り走って[のぞみ号]に飛び乗りました。ふう
今日は愛知万博のせいか、午前中はグリーンも無いほど混んでいたみたい。今も混雑していて、家のコチビチ(大猫・8キロ)みたいなsizeの子供達が沢山!ママ達は皆さん大変にお疲れの御様子、姉の姿が重なります。頑張れー!
私は今日からお篭り。日記再開は31日です。
では又!
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2005-03-25 Fri 20:54
ううう
20050325120858.jpg

せめてこんな写真でも載せたい…だってたった今、この日記の為に長文を書きおえて、送信しようと思った瞬間に消したんだもの…。ううう私とした事がっ!
今日はもう挫折致しました、同じ記事は二度とかけぬ。ごめんなさい。
写真、これもドイツで去年撮った物です。あまり意味ないけれど…空と教会の先っぽ。あんまり空が気持ち良くて、つい撮ってしまいました。
明日は某Tホールでその親会社関係の為にクローズドのミニ・コンサートを、その足で西方面に参ります。2週間以上留守をするので、只今大忙し。なんか落ち着かない数日間でした。ふうう…今年は桜は何処で見られるのかなあ。
昨夜の月も素晴らしく綺麗でしたが、皆さんご覧になったかなあ。満月には欠けていましたが、凛とした光で、雲が月の為に部分的に赤く染まって見えたのは生まれて初めての体験でした。暫く、全てを忘れてぼうっと見ていました。
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2005-03-23 Wed 21:21
花より…?
うふふ、昨夜は久々に自宅で奄美という黒糖焼酎を…
まるで極上のラム酒の様な豊潤な香り。本場鹿児島を真似てお湯割りしましたが、口の中でふわっと広がり…なんてまろやかな味わい!一杯にして余韻を楽しみました。
実はこの焼酎、先日の紀尾井リサイタル時に頂いた物。酒造業界にお勤めの友人が、近頃黒糖焼酎の世界に足を踏み入れた私の為にリサーチして下さったのです。(彼女は[しぼりたて]も御用意下さり、これはまだ冷蔵庫でオヤスミ中)
気が付いたら、今回は頂いたお花に混じってワインなど、お酒類がチラホラ…
お屠蘇も飲めない位弱かったのに、いつのまにこんなイメージが…不思議な現象だなあ。
別窓 | 味の記憶 | トラックバック:6 |
2005-03-21 Mon 17:45
無事・初イベントは
世界の中心・大都会大阪の心臓[梅田]でのインストア・イベント・デビューを無事終え、またまたまたまた新幹線内から日記更新。後から証拠写真もupせねばならぬ。
結局、音を通じて人とコミュニケートするという本質は聴き手と弾き手が存在すれば、何処であろうと変わらないのですね、当たり前だけど。
十字屋さんの奥には小さいけれど立派なステージが有り、弾き易いのに驚きました。4、50人いらして下さったお客様は殆んどが立ち見の方でしたが、チェロ1本の「鳥の歌」のピアニッシモでは、聴き手の皆さんが集中なさり、そこが既にCD屋さんではなくホールと同じ質の空間となったのを感じました。
又、十字屋の方が『Victorから送られたCDサンプルの一曲目を聴いた瞬間、水谷川さんに絶対ストア・イベントをして戴きたかった』と仰って下さり、嬉しく思いました。
ありがたやありがたや
CIMG0060a.jpg

こんな会場。今、写真を見るまで気が付きませんでしたが、後ろにあるスクリーンで大写しになっていたのです。何処にカメラがあったのかしら、侮れないなあ。

CIMG0058a.jpg

こんな感じで色々な方々がいらして下さいました。色紙持参の方や、日野原先生の御本をお持ちになった方もいらっしゃいました。CDにおける<日野原先生の御利益>ありがたや…
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2005-03-19 Sat 09:51
おはようございます!
晴天も晴天!カラッと晴れ空気は爽やか、空は澄んでいます。
今日は私の大切な方の御法要の日、ただいま西に向かっております。

という訳でまたまた新幹線車中。続き、この祝日の月曜日には大阪梅田のハービスエント四階にてストアイベント・ライブサイン会を…初めてなので一体どういう物か良くわかりませんが、何事も経験。
噂に寄ると、この2月にどうもマエストロ・バレンボイムが銀座のあるお店でストア・イベントのサイン会をなさったとか。もし実行なさってたら、私ゴトキは路上演奏でもいいくらい!
知らない方が沢山いらして下さったら良いのだけれど。
では行って参ります!
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2005-03-18 Fri 18:20
雨は上がって晴天
昨夜は打ち上げに次ぐ打ち上げで寝る体制になったのは3時過ぎでした。
今朝は立て続きの電話でキビシク叩き起こされ…フ、世の中の方は皆様ちゃんとお働きなのでしたね。
私も今、全てを切り替えています。
昔は没頭して弾いた物がコンサート後、何日もずっと体の中で鳴り続けていたものでした。
昨夜はどうやら「今の全て」を音に尽す事をしたみたいで、空です。といっても虚脱感がある抜け殻状態ではなく、満たされた「空」です。
さっぱりと雨に流されたみたいに、何も残っていません。
幸せ。

ロトさんのピアノは生きたピアノ。一緒に呼吸していたら音が変わります。本番の度に二人でどんどん自由になり、音楽の道は行き止まりも迷い道も無い、と実感致しました。これからもずっと一緒に弾いて頂きたい方です。
それから、昨晩は舞台上で幸福感に包まれておりましたが、それは満場の紀尾井ホールを満たした<気>、皆様の気の力というものだと思います。
ありがとうございました。



昨日の打ち上げにて
DSC_7929.jpg
:先ずはロトさんと乾杯!

DSC_7930.jpg
:プログラムにエッセイを御書き下さった河合隼雄先生(目下先生のダジャレに鍛えられております)もご一緒に乾杯!!(しかし私お調子に乗っていますね、頭の花すら取るの忘れていました。お恥ずかしい…)
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2005-03-17 Thu 14:11
小雨だけれどもう直ぐに上がる
今、紀尾井ホールに向かっています。
これからリハで本番は夜7時。
会場にいらっしゃる全ての皆様と、音楽を通して時間と空間を共有させて頂ける、それを思うとひたひたと幸福感が寄せて来ます。
楽しみです。
数日前から、お手作りのザッハートルテ、新潟のヨーグルトや和歌山のオレンジ等々、あちこちの方から応援の差し入れをお送り頂きました。それぞれ『今夜は伺う事が出来ないけれど、心は会場に…』というメッセージが込められていて、今晩はいらっしゃれなかった方々へも届く音を弾きたいと思います。
では又あとでね!
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:1 |
2005-03-16 Wed 09:29
明日は紀尾井だなあ
昨日は[off]の日でした。
昼寝好きのneroo君につられ、一日ノラリクラリ過ごしてチェロに触れたのは夜になってから。カラダもアタマもほどけて、幸せな気分に。
十代からマッサージや針、整体にお世話になった、あの肩凝りは一体何処に行ったのかしら?最近は何をする訳でもなく、少しは自分で調整出来るようになった様です。(ただ単に動物として生きているというか…)
さて今朝は新宿YAMAHAで明日の合わせ。ロトさんとは数年前から時々御一緒に弾かせて頂いているけど、リサイタルはこの春初めて。
リハも本番も全てを忘れ二人で音楽に没頭出来て幸せ!
素晴らしいパートナーです。CIMG0024.jpg

ドイツでの写真。
日本でも、何処でも、海も、山も、湖も…たった一本の木や、都会のビルの間で見上げる空からも、自然を感じられる瞬間が一番幸せ。自分がニュートラルな状態になります。
焦りも、気張りも、いらないし、不安も期待もありません。
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2005-03-14 Mon 18:47
再び新幹線!
ロトさんとの合わせを終え只今、新幹線車内。カフェラッテとpockyの期間限定セミスクレバナーヌ味をお供に、すっかり寛いで我が家状態です。
JRから表彰されたい位利用する新幹線。以前某JR西日本会長秘書室長殿に「こんなに乗ってもマイレージも貯められなくてJRツマラナイと会長にお伝え下さい」と申し上げたらオレンジカードを進呈され、恐縮したことがあったなあ。
わ!今トンネルの手前で一瞬、一面雪景色の所を通過。低い空、遠くに白い帽子をかぶった山…オレンジ色の街灯が映えて美しい。
だから汽車の移動が大好き。しみじみ日本も綺麗だなと感動します。
明日は全日offで調整の日!CIMG0029.jpg
去年ドイツの古い古い村にある、友人のおじさま所有の小さくて天井の低い、まるで7人の小人が住んでいる様な木の家に泊めて頂いた時に写した写真。一晩で雪が積もって…朝、一面の銀世界に驚きました。そういえば、雪って音も無く降るのですね。

別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2005-03-13 Sun 23:59
13日・深夜「ふうう…」
昨日の朝、京都に着きpianistのロトさんとリサイタルの合わせ、夕方から京大卒の方々の会合で「卓話の真似事」。私はモチロン京大卒でなく、卒業生である祖父達やカザルスについての話等を…夜は4月に京都である催し(能管、琵琶と朗読とのコラボレーション)のリハ、台本を読み合わせ自由に音を造りました。即興演奏解禁!フフフ
今日は北山でのリサイタル、プログラムは17日の紀尾井と同じでした。
ふう
今、弾いている最中には一切感じない疲れが一気に押し寄せ、「山奥の温泉に入りたいな、neroo君(我が家のクロネコ)に会いたいな」という気持。
でも寝れば速攻で復活です。
ではオヤスミCIMG0003.jpg
我が家のねろお(neroo)君:暴君ネロともハバネロとも関係ありません。しかし黒猫の撮影は難しいものですね。特に目を瞑られると…
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2005-03-12 Sat 01:50
携帯からDebutとは
ほーう。
世の中、便利になったものだこと!携帯で日記投稿出来るとは…国内でも旅が多い私には喜ばしい限り。(チェロとibookを運ぶのは辛いもの)
好奇心の塊でありながら精神構造は微妙にアナログな私が、今回ブログ日記を書く事が出来るのも一重にHP制作して下さるMr.Iのお力です。感謝!
さて今晩は「大田文化の森ホール」で親子劇場の為のコンサート、pianoは可愛い妹分の井口真由子嬢でした。
子供達を前に「白鳥」からショスタコービッチのソナタ(目をまん丸くしていました)まで色々と弾きましたが、雰囲気の良い観客で実に楽しかった。
このコンサート・シリーズはお母様方の御手作りの食事が用意されているのですが、その美味しい事!やはり手作りは最高。戴いたら体が温まる気がしました。
明朝は7時1分のぞみに乗って京都。ふう
オヤスミなさい20050316235936.jpg
おまけ:真由子嬢との2ショット!
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2005-03-10 Thu 15:18
3月10日 今の気持ち
午前中マネージャーのKさんから携帯に『ヤマハ、クラシックチャート2位ですよ』というメールあり。銀座山野楽器(最近は「山野楽器さん」と言わねばならぬの?例えばNISSANさん、東京三菱銀行さん、または上野動物園さんとか?どうもこのような日本語には抵抗があるな)のCDチャートでも初週2位、今週3位を戴いたところ。CDを買って聴いて下さろうという方々のお力。御一人御一人に感謝を申し上げております。
CDだって私は弾いただけ、しかも自分で選んで好きな物を弾かせて頂いた。(白鳥はmustだったけれど)プロデューサーの野島さんから始まり、録音やジャケット、それからプロモーションだって、実際にこうして皆様のお手元に届くまでには、一体何人の方々のエネルギーがこのCDに集結されている事だろう。今、改めてそう思ったら血の気がひいてきました。ふう

という訳で、 今の気持ちはこんな感じです。

南スペイン、マラガからすぐの素朴な海岸。日本でも何処でも、海があるとほっとします。何時間でもぼーっと波を見ていられるし、波と遊んでいると海が生きているのを実感します。
やはり、我々はここから生まれてきたのでしょうか?CIMG0027tate.jpg

中学の時に読んだコクトーの詩を思い出しました。『私の耳は貝の殻 海の響きを懐かしむ』
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2005-03-08 Tue 11:49
初Web日記
皆様、少しずつ春らしい日差しになって参りました。今日からHP日記という物を書き記していこうと思います。どうぞ宜しくお願い申し上げます!
 先ずは「鎌倉の春」をお届け。。。でも実はこれ去年の写真です。申し訳ない!
 1月中旬に帰国してからというもの、CD発売の為と今はコンサートの為になんだか毎日バタバタしております。梅も、桃も味わう余裕が無くて悲しい…せめて桜は満喫したいなあ、と切実に願っているところです。
 どの国でも春は美しいものですが、私は日本の春から初夏にかけての季節が特に好きです。この『再生』の季節、大袈裟ですが「生きていて良かった」という感謝の念が溢れてきます。明石家さんまさんじゃありませんが「いま生きているだけで『丸儲け』」という事を思います。例えどんなことがあったとしても…
 誰に感謝を?さあ、『自然』に、でしょうか。

…という訳でこの写真は鎌倉の鶴岡八幡宮の片隅です! 四コマ漫画風にお読みください。

1、御みくじをひいて
CIMG0014a.jpg


2、栗鼠さまに遭遇
CIMG0014a.jpg


3、フレンドリーでなかなか可愛い
CIMG0014a.jpg


4、が、よじ登って来ました!フレンドリー過ぎ!!「指だけは噛まれない様に」とホールドアップ状態。通りがかりの人々は笑ってました…ちょっと怖かった。
CIMG0014a.jpg
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
| 水谷川優子のチェロ弾き旅烏日記 |