ぽかぽか

昨日は春を超えた尋常ではない暑さでしたね。今からこんなで夏はどうするっと危機感を覚えました。いつでも家の一番心地よい所にいるのが、猫。昔から冬は一番暖かい所、夏は風通しの良い一番涼しい所を陣取るのは猫と決まっております。そして今日の様なポカポカした日、私のベッドは占領されているのです。貴方達,つくづく幸せそうねえ。コチビチ、ダイエットさせられ8キロに…性格はおっとりしています。世の小型犬は大体が彼...

料理は万の言葉にもまさる

なんか昨日からタイトルが異様に大袈裟ですね、失礼!今晩はアルバレスさんのお宅にご招待戴きました。アルバレスさんというお名前はスペイン系ペルー人の、日本でスペイン語関係のメディアにてご活躍のご主人の御名字。奥様は鎌倉ケーブルにお務めで英語、スペイン語が共に堪能な素敵な方で、5歳と3歳の美男美女のママでもあります。音楽がお好きで先日は御二人お揃いでコンサートにいらして下さいました。子供達の写真を取り損...

今は千年の流れの一瞬

今日は毎日新聞の取材で久々に梅津時比古さんにお目にかかりました。過去、留学生時代の来日公演で2度ほど私について記事をお書き下さっています。今回「お久しぶりです」とご挨拶した瞬間『水谷川さんの初CDはこういう小品集じゃなくて、ショスタコのソナタなんか入れて欲しかったんだよ!』続いて『でも聴いてみたら非常に良いじゃないですかっっ!!』と仰られ(しかも声は静か)、圧倒されてしまいました。先手必勝、まだまだ...

お知らせ

ふう、過去の溜まっていた写真をUPしましたぜ!ご覧下さいまし。特にカニングハム女史邸などは是非見て頂きたいなあ。...

日本の美

目黒の喜多流能楽堂で「熊野(ゆや)」を拝見しました。お世話になり、また仲良くして頂いているシテ方・松井彬先生(熊野)とその御子息・俊介さん(朝顔)の初親子共演、それに大鼓の大倉正之助さんも出られたのですが、実はこの御三方とは一昨年にフィンランド公演を御一緒頂いた仲!これにフィンランド人バイオリニストのマーク・ゴトーニを加えた5人組で三都市を廻ったコラボレーション公演は現地にて高く評価され、話題になりま...

大志を抱け、若者よ!

車中、帰路。うーん、山が綺麗。雲の裂目から夕日が射し、空はどこまでも広く、おおらかで凛々しい。私もあんなふうになりたい!こちらは桜が丁度満開でした。時差があって面白いなあ。今年は日本中あちこちで見られたから一寸嬉しかった。今日は古川商業高校の進学コースに呼んで頂き、地元ホールにてコンサートでした。三年程前にも演奏したこの進学(大学受験)コースの子供達は、土地柄のせいか(仙台から新幹線通学する子も多い...

ただいま

パワーの源を持って人間界に無事生還!?と言うわけで早速、仙台行き新幹線<はや>て車中!明日は古川なんだもの。ああ、鳴子温泉にでもゆっくり浸かりたいものだ。そうだわ、明晩に帰宅したら過去日記の写真up致しますね。いや、明後日になってしまうかも知れぬ…次の日曜から9日間程は旅無し!私にとって貴重な日々です。朝、目覚めた時に「今どこだっけ」と思わずに済むかなあ。この度1月に帰国してから初めての事です。わくわ...

微妙な音信不通!

今から一日ほど音信不通になります。外部を遮断して自然と一つになってきます。明日の夜、仙台に入る頃はNew Born状態になっている事でしょう !では...

カニングハム・ハウス秘密会議

雨。ぱらぱらしとしとざあざあ…日本の梅雨を思い出しました。今日は青山・根津美術館近くのカニングハム(戦後日本の子供達の文化支援に身を捧げたアメリカ女性)邸でEnneの会・幹事の会議。このアントニン・レイモンドが1954に建築した館は北欧の家を彷彿させる木の暖かさと日本家屋のsimpleさ、そして西洋的な発想の機能性を備えていて、懐かしい気持になる心地良い空間!時々Enneの会で集まりやコンサートに使わせて頂いています。...

珍しくお酒の場

今日は珍しくVictorのプロデューサー野島さんと私のマネージャーK氏、N嬢の4人でご飯!野島氏はギターの村治さんやバイオリンの川畠さんを育てた方、私が日本なら彼がレコーディングの為に渡米…という感じですれ違いが多いし、それぞれバタバタしているので、皆でこんな風に私的に合うのは非常に稀。お仕事の話しはホンの三秒だけ、後はカトリーヌ・ドヌーヴから犬様、猫様の話しまで…楽しかった!公開!左から、いつも折り目正しい...

走る女…とチェロ

いやいや疾走致しました。こんなに真剣に走ったのは初めて。牛若かイチローかという身のこなし、スピードは完全に清水(スケート)を越えてました。チェロを背負い、スーツケースをひっ下げ京都駅を駆け抜ける…その姿は機関車ヤエモンでした…エスカレーターを駆け上がる中轟いた新幹線・発車ベルに、私の意識は完全に切れ、気が付いたら飛び乗っていました。誰も見ていなかった事にしよう。春眠暁ヲオボヘズ…昨日から、ときおり意識...

京都の山

夕刻の空、黒い影に為ってゆく京の山は墨絵そのもの…暫し見とれる。昼間はパレスサイドホテルにて能管の野中久美子さん、琵琶歌の川村旭芳さん、そして語り役の立命館教授・真下厚先生と「陸羽と利休をむすぶ」公演。東京と京都で「岩茶房」を主催なさる文筆家の左能典代さんの脚本は題の通り、茶人・陸羽と利休の魂が音と言葉によって八百年の時を越えて出逢う…という内容。旧知の野中さん、初共演の川村さん共に即興演奏の相性も...

FM大阪収録完了

収録無事終了、今京都に向かっています。しかし「無事」といってもなあ…今日は早起きのせいかテンションがいつもの十分の一ぐらいだった気がする。あげくパーソナリティを務められる吉川さんに「夜中の放送だから大丈夫ですよ」と慰められた。トホホしかし!二週分録った後半は祖父がテーマだったので、ちゃんと熱く語ってきました。放送は第1週[5月10日テーマ私]第2週目[5月17日テーマ近衞秀麿]深夜02:00~03:00FM大阪の「おしゃべ...

もはや初夏の気配・恐るべし

さっき成田空港のキムとchun先生から「今からソウル行きの便に乗る」との電話がありました。昨日の早朝にはマークもドイツに発って行ったし…一抹の寂しさが心をよぎったものの、感傷に浸っていたら先には進めぬ!流れる水は清涼。一瞬でも過去にしがみついたら、通った響きが自分の中で滞ってしまうもの。立ち止まる暇は無かった。とにかく5月14日の紀尾井でのCD発売記念コンサートに向けて外と内を整えていかねば。今日はEnneの会...

桜・桜・竜野の夜桜

今日の午後は姫路パルナソスホールでコンサートでした。あまりにもインティームな思いがあって、今はまだ書けませんので代わりに夜桜を…本当に綺麗でした。今年、やっと満喫できたのは兵庫県竜野市の桜。早すぎず遅すぎずの満開の桜の下を歩きました。...

日韓友情のキムチ!<超長文>

昨夜は大阪のセンチュリークラブで在大阪韓国総領事館主催の「日韓友情の夕べ・チャリティーコンサート」という催し物を致しました。これは普通のコンサートではなく、私の十年来の親友kim-schneiderが発案した「音と絵の出逢い」というイベント。彼女はミュンヘン在住の韓国人ピアニストで同時に画家、また画廊経営者としても活躍中というエネルギーの塊という人物!最近ではなんと小説まで出版しました。幼少から自分の中で音と色...

小雨の大阪にて‥

珍しく旅の合間に2時間程空きました。時間に追われない大切な時‥まだホテルにも入れない時間だからチェロもさらえないし、飛び込んだ町の珈琲屋さんでマンデリンを飲みながらiBookを開き、それから人の声を聴いています。ここは大阪のオフィス街。おじさん達の商談は生きた大阪弁、リズミカルで歯切れ良い。クレッシェンドしてアッチェルランドして、単語の頭にアクセントつけて‥肝心の所はさっとピアニッシモになり相手をぐっと...

気が付けば空白の時が…

昨日は雑誌「ぶらあぼ」の原稿締め切りだったし‥(言い訳)未だ関西エリア・生息中です!この数日間は京都、大阪、芦屋、姫路間をせっせと往復し今まで新幹線とタクシーのみで地理を覚えられなかったのが京阪電車、阪急、近鉄、地下鉄も学び…そうそう大阪では4日のコンサート後、モノレールの中から初めて大阪万博跡地に天に向かって立つ[太陽の塔]を見ました。なんというエネルギー!この国が世界に憧れ、手を伸ばそうとしたであろ...

大阪・桃の花

昨日は4月4日の合わせを京都で済ませ、夕方から大阪に参りました。東大阪の隠れ家ー奥様が父の同級生である、日本的なゆかしさと暖かさをお持ちな私の大好きな御夫婦の所にお邪魔しています。泊めて頂いているのは1740年位に造られ、幕末に八尾から川を使って移築された民家で、町屋的色彩が濃い農家建築を三年かけて昔の形そのままに復元なさったばかり。御主人はこの家でお生まれになりました。いつも梁の木の力強さ、美しさに見...