誕生日

今日は世界中でイエス様の御生誕が祝われる日…しかし!ウチのファミリー近辺では12月24日はまず<私の誕生日>!実は洗礼名は<マリー・ノエル>というのです…私が子供の頃、母はこの日にバースデー・ケーキを注文するのに苦労したらしい。なにかと人騒がせな誕生日でした。定番メニューは私が大好きだった鳥の丸焼きとポテトサラダ、自由が丘の風月堂のショートケーキ、それは高校生になるまで毎年続きました。幼稚園の頃には...

weihnachtsmarkt=クリスマス市場

もう午後の3時半位には暗くなる冬のベルリン。もう既に一ヶ月近くクリスマス一色になっているベルリン…日が沈むと町中がキラキラしてきます。パリのデパート・ラファイエットが有るのもこの辺りだけれど、一寸歩くだけでもエルメス、サンローランから始まって世界中の有りとあらゆるブランド店が集まっているのがわかります。ここがパリなんだかNYなんだか…自分が一体何処を歩いているのか一瞬わからなくなりました。ここがこの前...

秒読みクリスマス

この数年間はクリスマスの休みはスイスにいる姉家族達と一緒に過ごすのが定番になっています。彼らの家の大きなクリスマスツリーの下には子供達へのプレゼントが並び、25日の朝にはアメリカ式に巨大靴下の中にチョコレートやお菓子を忍ばせて…というわけで、ベルリンに戻ったこの二日間は最後の買い物に追われていました。ドイツ中が何処も彼処もクリスマス一色なこの季節。旧西ドイツの繁栄を象徴した高級デパートKaDeWeも恐ろ...

雪&雪

ご無沙汰致しました!只今旅行中、先週からミュンスターでリハーサルが始まり、あちこち移動しながらコンサート。今夜が最後の公演です。それが今年の締めくくりのコンサートとなります。<コンサート納め>詳しくは明日ベルリンに帰ってから、又ね。取り急ぎご報告まで!屋根の上に薄らと積もる雪を見ながら…ゾーストにて(夏の日記に書いた中世の古い町です)...

チョコレート・チョコレートvol.2

さて、昨日の日記を書いていたら無性にチョコレートを食べたくなった私。今日はクリスマス一色のベルリンの町からチョコレート屋さんの風景をお届けしましょう。ついこの前まで旧東ベルリンだったstadt mitte…今この辺りはギャラリー・ラファイエットやホテル・フォーシーズンズなどを中心に世界中の上等なお店がひしめく高級な界隈となりました。明るいショーウィンドーから巨大サンタが見えたのは…チョコレート専門店。お店の入...

チョコレート・チョコレートvol.1

先日、機内で見た映画「チャーリーとチョコレート工場」原作「チョコレート工場の秘密」は世界中の子供達に読まれ、2004年には出版40周年を迎えたそう。今回の映画化にあたって原作者ダール氏の未亡人が『監督はティム・バートン!』とご指名なさったということですが…期待を裏切らずユニークな映画でした。私が本を読んだのは子供の頃で記憶が不確かなのだけど、工場主のWilly Wonkaを父親との関係で深いトラウマを追った人...

一日休暇

さてさて時差ぼけも何のその。早朝のBerlin・zoo駅にて友人達と待ち合わせ久々に乗ったICE…ドイツでは新幹線のライバルと自称しているけど、やっぱりヨーロッパでの好敵手はフランスのTGVかしら。時折り<只今の時速250キロ>と電光掲示板に表示されるけど、なにやらのんびりと感じます。欧州内は、時間の余裕さえあれば国境を越える汽車の旅が一番楽しくてお薦め。学生時代に頻繁に乗っていたオーストリアからイタリアに抜ける...

到着・ドイツ日記開始

昨晩、無事にベルリンに到着!懐かしい寒さに歓迎されました。旅はいつもの様に機内食はパス、ウォッカトニック二杯で熟睡…ところが今回は機内でついついVIDEOに手がいって「チャーリーとチョコレート工場」と「ファンタスティック4」と二本も見てしまいました。感想はまた後日ね。そして今朝まで7時間半、一度も目を覚ます事なく快眠!元気です。今日は一日休暇日!早速、友人達のコンサートに便乗して小旅行中です。皆でベルリ...

ぴゃおううう!!!

ごめんなさいごめんなさい!ごぶさたごぶさた致しました!なんだか、もう爆発寸前、毎日雑用の山で雪崩が起きそうな気分です。3日の葉山コンサートについても未だアップ出来ず…だって明日ベルリンに発ったら二ヶ月近く日本を留守にするのに、パッキングも今ひとつ未完成だし、原稿も溜まっているし…今晩は徹夜。。。あ、でもドイツからでもメールも通じるし日記も更新出来るんだった。焦るのはやめましょう。皆さん、私の両親がベ...

葉山の木の館

旧東伏見宮御別邸図この洋館には、まだ学生だった私が留学先の仲間達と結成した<テオフィルス・アンサンブル・ザルツブルグ>という弦楽五重奏団で初来日した時にコンサートした思い出があります。それが95年でしたから、今回は実に10年ぶり。この日はチェロ無伴奏のコンサートでしたが、定員80名の席は早々に完売で当日は100名を超えるお客様がぎっしり…音響を心配しましたが、記憶の通り天井の高い木の館でチェロは機...