旅するチェリスト水谷川(みやがわ)優子のブログ

2006-08-31 Thu 16:09
いま
20060831160901
取り急ぎ写真を…
昨日の心斎橋の<そごう>でのコンサートの後、またFOMA圏外の村・下北山へ来て、今はこんなところ通っています。今晩は串本のお寺「無量寺」でコンサート。わくわく…
携帯から初めて直接に写真をアップしてみます。大丈夫かなあ。
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2006-08-30 Wed 08:22
大都会・梅田の中心で叫ぶの巻&チェロアンサンブルの仲間達!
取り急ぎ、写真だけでも!
20060830081600.jpg

27日のイベント写真!!!20060830081611.jpg


&28日の京都アルティでのチェロアンサンブル!
CIMG0241.jpg
…チェロ君達もみんなお友達に…
20060830081624.jpg
打ち上げで、チェロの子は皆、よく食べよく飲み、よく笑います。これ、世界共通!

今日は今から大阪、<そごう>での室内楽、その後に下北山に向う車の中ででもまた詳しくお話し致しましょう!
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2006-08-26 Sat 12:03
鹿鹿鹿
ただいまただいま、只今下界に降りるバスの中です!奈良駅近くのホテルにチェックイン、その足で斑鳩のホールに向かい、今晩のオールモーツァルトコンサートのゲネプロ、同時進行で明後日のチェロ・アンサンブルのリハも有り、どうすりゃいいんだという鬼のようなスケジュールで…(-_-)思わず顔文字してみました。

でも山で仙人になっている間にリリース直後のCDを聴いて下さった方々から様々な御感想をお寄せ頂いており、今それを拝読している間にエネルギー充満!
明日は梅田で<十字屋ストアイベント>もある事だし、気を集めて頑張ろ。ところで誰か来てくれるのかなあ~
おお!奈良市内に入ってます。それどころか、バスの周りは鹿だらけ。懐かしの奈良公園です!
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2006-08-24 Thu 22:39
これがリアル「お籠もり」だ!!
はーい、19日から熊野と奈良の間の下北山という村に夏期講習のため<お籠もり>中の私です。
お籠もり…
いや、今回は本当の<お籠もり>!!
名古屋から特別急行、熊野市という駅から車で一時間ちょっと…山を越える度に携帯のアンテナが一本ずつ消え失せ、そして到着時にはとうとう、やっぱりの完全圏外に…参加した学生やスタッフ、先生の中でドコモFOMAとvodafone使用の人々は一気に通信手段遮断!
マイ・コンピュータの愛するiBookを持参した私…早速に我々先生みんなの宿泊先<ゴルフクラブ>で「あのう、インターネット、ケーブル繋げますよね…」という私に受付のおばさんは「そりゃ、おねえさんパソコンかね」私「?、はい」 おばさん「電話線繋がっとるけ、大丈夫!」…ということで撃墜。なので音信不通ごめんなさいまし、でした。
いや、素晴らしい自然の中でそれはそれは本当に気持ち良いのですよ。虫に慣れるのだけ、時間かかったけど。
実は今晩のみ皆で下界にて夕食、美味なお刺身で例によって国籍入り混じって楽しく飲みました。今まだ十時半前…でも下北山のシンデレラ達(王子を含む)は急いでおウチに帰るのでした。圏外区域での楽しい合宿も明日まで…明後日は奈良に戻ってオーケストラのコンサート
そうそう!27日は大阪梅田の十字屋さんで四時から新作CDのイベントサイン会です!!既に23日にリリースされ、銀座の山野、YAMAHAなどに並んでいるそう…ちなみに例の東急線では先週から車内でポスターが吊られており、目撃者の友人知人たちから続々とメールが来ております!皆様ご覧になってね。10月末まで貼ってあるそうですが…
ではそろそろ圏外になりそうなので又ね!
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2006-08-17 Thu 12:15
蝉達は絶好調
日記をアップする間も無いまま(ごめんなさい)爽やかに帰還!
しかし…うーん、久々に暑いっ
着陸した瞬間に機内は外のもあーっとした空気が充満…イヤな予感がしていました。そういえば到着前のアナウンスで「成田は28度」と言っていて、なんだ30度ないじゃないと思ったのが勘違いのもと。まだ朝は早いのでした。おまけに日本恒例の高湿気!久々に蒸し風呂ならぬ蒸しサウナを実感しています。
実は今まだ成田エクスプレスの中。
今日、明日と休んで明後日からは関西で講習会とコンサートが9月までびっちり…
電車の扉が開く度に耳にするのは蝉達の大合唱、フィンランドでは夏の終わりの風を感じたけれど、こちらはまだまだ夏なのでした。
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2006-08-14 Mon 22:27
ヘルシンキに着いてから今まで
kuhmo10.jpg

kuhmo9.jpg

kuhmo11.jpg

ううーん、という訳でフィンランドに辿り着いて、ただ今は毎年お馴染みのRAUMA市での<FESTIVO>音楽祭のまっただ中です。

どうも、また間が開いてしまいました。
8月の2日に日本から戻って翌日はオリ・ムストネン(ご主人はフィンランドを代表するピアニスト、最近は指揮、作曲にも手を広げています。可愛い奥様のソレはオーボエ奏者)夫妻の森の中の館にお呼ばれ。大きなラブラドールのミッコと羊達の歓迎を受け二人の手料理にもてなされて、時差もなんのそので夜中まで赤ワインをお供に語らいました。
その翌日は以前から来たかったヘルシンキ郊外にあるシベリウスの家<アイノラ>を訪ねました。ainola00.jpg
アイノラ=Ainolaはシベリウス夫人の名前Ainoから来ていて、意味はアイノの住まいということになります。シベリウスが愛したここの静けさを体感するために朝一番乗りをしました。
ainola1.jpg
新CDでシベリウスを取り上げたことによって、自分の中の<シベリウス像>が変容しつつあるところ…そういう事もあって実際にシベリウスが晩年を過ごした家で彼の体温を感じてみたかったのです。誰もいない部屋はさっきまでシベリウスが寛いで葉巻を味わっていたみたい。書斎の前で黙って佇んでいると、密やかな空気の粒子の中に過去の住人達の気配が伝わって来ます。ainola5.jpg
庭の一角、シベリウスが『私の寺』と呼んだ場所に近づくと急に風が…白樺の木(白樺の一種ですが、緑にミルクを合わせた様な葉っぱの色で枝は柳の様に少し垂れている)がさやいで作る音は、シベリウスが聴いていたものと同じ。なんとなくこれを聴くためにここに来たのだな、と思いました。

さて音楽祭も佳境に入っています。今晩のコンサートのプログラムはドボルジャークの六重奏とモーツァルトの六重奏(バイオリンとビオラの為の交響的協奏曲の六重奏版)です。そろそろ用意をして行かなきゃ。
別窓 | 海のこっち側で | トラックバック:0 |
2006-08-02 Wed 10:57
恐縮ですが…
朝です、早朝です!
恐縮ですが、すでに成田エクスプレス車内…これからフィンランドに帰ります(?!)とんぼの気持ちです。
以前スイスの銀行の方は1~2週間ごとに来日、時にはサイン一つでその日のうちにトンボ返りするとおっしゃってました。いくらファーストクラスに乗っても時差があるのは皆同じ。真面目スイス人の彼は<時差対策食事制限プログラム>-フライト三日前から徐々にお酒抜き、タンパク質抜き、畿内では水のみ-をキチンとこなしてはりました。
私には出来ぬ!色んな意味で。
スチュワーデスの友人たちは皆、明るくタフ。やはり体力も才能のうちでしょうか。
そういう私は8月半ば過ぎにまた帰国、9月から10月にかけてドイツ、イタリアといった予定です。ほんと、うかうかしているとあっと言う間に冬になり一年過ぎてしまう!秋は目の前ですしね。
あ、そうそう。今回滞在中、涼しげだったのは部分的な地区のみだった様ですね。どうやら関西などはお暑いらしい。失礼!
昨日なんか我が家方面では蜩<ヒグラシ>鳴いていたものね。只今ジージー&ミーンミーン抜かしてカナカナ一辺倒です。昨日なんて夜になると秋の虫たちの鳴きたそーなウズウズした気配がしていました。出番はマダデスヨ。
なんていう間に成田、着いてしまいました。
今日の機内のお供は買ったばかりの青柳恵介氏著「風の男 白州次郎」、スーツケースに入れたのは白州正子さんのお能のご本!この御夫婦には子供の頃から憧れていました。ほんと、一言でカッコいい。美学を理性と感覚で貫ける人は少ないもの。
あら、つい熱くなっちゃったワ。
さ、搭乗してこよ。
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
| 水谷川優子のチェロ弾き旅烏日記 |