FC2ブログ

水谷川優子のチェロ弾き旅烏日記

暖かいドイツより

はろー!
お元気ですか?
こちらは無事ベルリン到着、月曜に行きつけの楽器屋さんと楽器ケース屋さん(双方とも言わば主治医みたいなもの)に走ってからデュッセルドルフに移動。
留守中にSchott出版社から1月に日本初演するオリ・ムストネンのチェロ・ソナタの完全版スコアが送られて来ていたので、今日も朝から楽譜の見直しをしています。カンヅメ状態の静けさの中をノックするように携帯が鳴って、オリ自身からの電話でした。『ヘッロウー!オリですよ。こちらオリ・ムストネン!』名乗らなくったって貴方のクイーンズイングリッシュは「ヘロウ=hello」だけでわかりますよ。今時、生粋の英国人だってこうはいかないもの。『昨日モスクワから帰って来たら、君のベルリンの家に送った譜面がやっぱり帰って来てたよ。で、schottに頼んでおいたんだけど着いてるかな?』『音源欲しく無いー??』と親切なオリでした。
16歳でセンセーショナルなヨーロッパデビューをしたオリ、その後は瞬く間に世界中で<天才・鬼才>と呼ばれるスーパースターとなってウン十年…来年2007年に40歳となります。
そう、1月21日に紀尾井ホールで行うリサイタルのプログラムは<グリーグ没後100年、シベリウス没後50年+オリ生誕40年>という北欧の過去から未来にかけたものなのです。しかしオリのこの曲、ハインリッヒ・シフに捧げた作品で世界初演はシフの愛弟子であるドイツの新星ダニエル・ミュラーショットだし、英国でのプルミエ(初演)はイッセーリスがやる事になりそうだしで、ちょっと大役のプレッシャーが無い訳でもないけれど…
ま、なにしろ本当に良い曲なのでオリのメッセージをダイレクトに伝える事に専念致しますね。先日作ってくれたヴィーナーシュニッツェル美味しかったし…olli_mustonen01.jpg
オリの…若い時の写真です。可愛かったじゃない!!

該当の記事は見つかりませんでした。