旅するチェリスト水谷川(みやがわ)優子のブログ

2007-09-30 Sun 00:01
新潟の追加写真
20070930000225
前文に追記
上越の演奏会場、専敬寺さま!
この素敵なお寺…なんと故ロストロポービッチ巨匠も滞在し演奏なさった場所でありました。
リハ中にパチリ!
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2007-09-29 Sat 22:41
米どころ
20070929224239
一昨日、昨日と上越市でアウトリーチ、昨夜から新潟市におりました。今は東京に向かう新幹線の中!
写真は上越でお世話になった文化会館のS山氏と養護学校の講堂で本番前の1コマ。スタッフの方々が皆さん自然体で、大変楽しく過ごさせて戴いた上越市の3公演でした。
寝不足と時差、そして驚異の暑さに、到着時はどうやら酷い顔をしていたらしいのですが、演奏する度に復活…聴いて下さる方々からエネルギーを沢山戴いた(吸い取った??)ようです。
日本を留守した3ヶ月の間に演奏した場所(ホール、お城、教会)と、今回の学校やお寺、また国別の聴衆の差など些かのギャップも自分の中に感じられないのを発見…嬉しい限り。
それから本日はEnne倶楽部関係の集まり(新潟支部発足!)で、色んな方にお目見え、新たなパワーを頂戴した次第。
音で紡ぐ縁…私のEnne<縁音>は切れ目なく続くようです。
しみじみと有難さが染み入ってきます。
それにしても…新米美味でした!
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2007-09-26 Wed 18:53
夏復活の巻
20070926185710
帰国!昨日の朝、無事に日本到着いたしました。
が、着陸した瞬間にもわああっとした外気が!まるで亜熱帯…こりゃあ、皆さんが暑い暑いとおっしゃるわけね。私は日記に書いた通り寒さと闘っていたわけですが、このところ日本から来るメールや電話がことごとく非同情的であったのに納得。→『寒い?そーですかミヤガワさん。こちらは、暑いです!』
で、思わず「日本は湿気が暑い…」とこぼしたら母に「何をそんな外国人のお化けみたいな事を言っているの!これでも涼しくなったんだから(*≧m≦*)本当に灼熱地獄だったんだからッ!」 と叱咤されました。
小さく反省…

しかし案の定チェロ君も湿気と熱気にやられ…私共々、昨日は1日バテ気味。飛行機のなかでは弦を緩めておいた事もあって、調弦が不機嫌だったのでした。
ま、甘えた事は言っていられない!先日の日記に書いたように<3ヶ月も日本を留守にしたツケ>で今回の予定は厳しいのです。今日は来月20日にフィリアホールで磯絵里ちゃんと安藤祐子ちゃんと弾くゴールドベルグ変奏曲の合わせ、楽しかったから時差ボケ一切感じず。
そして明日からは新潟なので、帰ったらパッキングしなくっちゃ!もう今年は着ないと思っていた夏物の復活です…
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2007-09-24 Mon 06:30
westfalen classics2007たった今終了!!
westfalen classics2007なんて、まるでゴルフのトーナメントみたい?
去年の日記でも御紹介したドイツのビールで有名な場所の音楽祭で、この一週間というもの毎日毎日、缶詰となってお城や教会、ホールでコンサートをしていたわけです。
朝起きてから寝るまで音楽漬けですが、ここは室内楽のフェスティバルなので特に楽しい。
今回は到着してからずっと写真も撮る暇もなく<合わせ、コンサート、合わせ、コンサート>…という状態だったので、日記もご無沙汰してしまい申し訳ありません。(タイマー仕掛けておいて良かった。。。)
懐かしい顔にも、初めて知り合った人も皆一つになって室内楽をする、忙しくて大変だけど、やっぱり素晴らしい一週間でした。
特に今日(ついさっき)のファイナルコンサートはブラームスとチャイコフスキー、それぞれの六重奏だったので多いに盛り上がりました。

さて明日は5時起き、日本へ飛びます。
一週間滞在して、またイタリアへ一週間。。。とんぼ返りといってもどちらに帰るのか??
とにかく10月の半ばからは落ち着いて(?)日本にべったりとおります。

さ、日本についたら翌日から合わせ、コンサートです。
機内でぐっすり寝て、良い音を生み出そう!

ではではまた日本で!!
別窓 | 海のこっち側で | トラックバック:0 |
2007-09-16 Sun 23:00
過去のワタクシから
20070912051637.jpg

<過去のワタクシから>何故かっていうと、タイマー式で記事をアップしてみたからです。
本当の私は今頃、現代曲の厳しいリハーサルにぴいぴい言っている頃でありましょう。。。
これは先日、音楽祭の関係で訪れたお城の図。上は部屋から見た庭園の一部です。20070912051659.jpg
なにしろ天井までこんな感じ、私に与えられた練習部屋もインスピレーションが湧くというか、あちこち眺めてると、ついぼーっとしてしまうというか。。。
20070912051719.jpg
『ボーッ』
20070912051740.jpg
と見ているのは壁一面のタペストリー、シノワーズの模様が凝っていてストーリーがあります。
20070912051803.jpg
当たり前ですが、お城を維持するのって本当に大変。後継者の問題もありますが、様々な都合で手放されたものを市が管理しているところも多い。現役お城の主は皆さま、頑張ってお城を有効に使った<善きビジネス>を始めています。という訳でドイツやオーストリアではこういう所を使ったコンサートが非常に多い。
所謂クラシック音楽とは、本来こういうところで演奏されていた訳ですものね。サロンに集まるのはせいぜい数十人くらいでゆったりと。奏者と聴衆がお互いに息づかいを聴き合うようなインティームな雰囲気です。まあ、現代では非常に贅沢なこと。(あんまりインティームすぎるのは困る時もあるし。)


ところで皆さま、下記の<拍手>を押して下さる際に私へのコメントを下されるってご存知でしたか?今更ですが…実は私、イマイチこの<拍手>を理解しきってなかったの。取り敢えず宜しければどんどん<拍手>を押して下さってついでにコメントも下されば、拝読させて戴きます!20070912051826.jpg

そろそろチェロが呼んでいる。。。じゃっ!また

別窓 | 海のこっち側で | トラックバック:0 |
2007-09-12 Wed 06:38
ベルリン・ライフ’07ー最終日ー
ー本日の私ーベルリンでの自宅生活もとうとう最終日であります。今度帰って来るのは寒ーい季節。ムートン着用の日々となることでしょう。
↓あ、この後ろはワタクシの住まいではありませんので、念のため!
20070912051849.jpg
今やすっかり秋物の毎日です。夏が懐かしい。やっぱり時の流れは早いな。

先日は三日間ほどベルリンを留守にしましたが、実にオニのような距離を走りました。日本では考えられないほどの長距離。(ま、自分が運転した訳ではないから威張れないけれど…)走行速度無制限で有名なアウトバーンでは時速120キロで走っている人は亀さん。ウサギさんは220キロくらいかな。。。180キロで走っている横を<ヴワワーーーアン>と炎のような勢いで追い抜いていった車があったっけ。燃え尽きそうな早さで一瞬あっけに取られました。いくらなんでも命知らず…
近年、中国では<ドイツに行って思いっきり走ってみようツアー>が流行っているそうで、ドイツ人たちは『早く止めた方がいいよ、この企画』と言っておりました。

という訳で明日からはまた旅烏。リハや録音、楽器屋さんとのミーティングがあって、来週はとうとう音楽祭が始まってしまう。一週間缶詰で毎日演奏会という日々です。(嬉しいけど)
それが終わったら翌日に日本へGO!一週間強の滞在で、またこちら(欧州)に今度は一瞬だけ戻ります。

実は最近、周囲の仲間(音楽家ね)で立て続けに体を壊す(本当に壊す!という感じ)人が続々の続出、周り中がみーんな厄年か天中殺(古い)なのではないかと思ってしまうくらいです。いえ、本気で。そのために恐ろしい新曲を譜読みをするはめになって、ポッター7巻も先に進まずにいるくらい!
まじめな話、本当に我々演奏家が肉体労働者だという事を改めてひしひしと感じさせられています。腱鞘炎の様な職業病と名付けられるものに始まって、普通に患う病も、全てが我々の楽器との付き合いに関わってくるもの。弾きたいのに弾けない辛さは私も留学中に味わったことがあります。けっこう精神的にもキツいものです。
見渡すと演奏家は本来タフな人ばかり。何処でも寝られる、食べられる、時差もあまり影響なし、と旅先でも体調を崩す事無く演奏出来る。人により僅差はありますが、体とメンタルな強さを備えた人が多い。
とにかく今は、何の痛みも背負わずに楽器が弾けることの有り難みをしみじみと感じているところ。+旅先でもストレッチや散歩を欠かさず、絶好調で日本に帰って来ますね。
20070912051913.jpg
無論、旅先でも日記アップを目指しますので乞うご期待!

別窓 | 海のこっち側で | トラックバック:0 |
2007-09-04 Tue 19:27
ベルリン・ライフ’07ーシェーネベルグのチョコレート
↓Here it is the Popper Requiemというメールがやって来ました。YOU TUBEにてこの8月の演奏がご覧になれます。下記をクリック、どうぞ。
http://www.youtube.com/watch?v=fFmhxJNGM9o
この写真のグループの演奏です。YOU TUBEの映像は別のコンサートのものだけど…
20070815022000.jpg



さてベルリン生活、我がシェーネベルグよりのお便りIMG_1686neu!!.jpg

本日はこんなものをお目にかけましょう20070831193843.jpg
そう、チョコレート。日本も少しは涼しくなったということなので、もうそろそろチョコを目になさっても大丈夫でしょう?IMG_1697berlin6.jpg
これ左から蓮のチョコレート、玉露チョコ、ココナッツフレークに隠されているのはなんとカカオ豆、それから奥のタバックみたい(葉煙草)な包みはベルギーの板チョコでスパイシーなホット・マサラ味!20070831193813.jpg
上のお皿に出ているラクリッツのミルクチョコレート、ミントの葉入りブラックチョコ、薔薇、キャラメル・バニラ、グラッパ、カルバドス、ブラックカラント…
『最近甘いのは苦手…』なんて言いながらも、気分によってアールグレイ、エスプレッソ、ワインと食べ合わせております。

あ、私一人では全部食べませんので、ご心配なく!!

ちょっと前に「ショコラ」というフランス映画があったのを覚えていらっしゃいますか。(ジュリエット・ビノシュとジョニー・デップ主演)私はその映画の原作本しか読んでいませんが、フランスの田舎にやってきたショコラティエのために村の住民たちが変わっていく、という美しいお伽噺なのです。

今回のベルリン生活、実は以前から気になっていた御近所の小さな小さなチョコレート屋さんに入ってみたら、まさに「ショコラ」のイメージ!シャイな雰囲気がジュリエット・ビノシュを彷彿とさせる彼女がお店の顔なのですが、声も可憐で、物腰もエレガント…神秘的でまるでチョコレートの妖精のよう。IMG_1685berlin007.jpg
我々の立っている後ろは魔法の棚で、引き出しからありとあらゆる味のチョコレートが出てきます。<7つのチャクラ>とか<紅胡椒>とか…リボンに付いている名前だけでわくわくします。しかも行く度に少しずつ中身が変わっているのだもの。
お店の奥にはいつも小さなオレンジ色のランプが灯っていて密やかに人がいる気配がする。白いカーテンの向こうに垣間見える部屋は、楽器造りの工房と実験室が入り交じった魔法使いの住まいみたい。ここでチョコレートに取り憑かれた人々が昼夜となく新しい味を研究し、様々な味が生まれるのですね。いや真夜中に小人さんたちが沢山働いているのかもしれぬな。そんなお店。
今日も久々に会う友人へお土産を見繕うつもり。
IMG_1684berlin2.jpg
ショーウィンドウを眺めているだけでも楽しいのです。

明日からちょっくら旅に出てブレーメン、ケルン、ミュンヘンと回って来ます。
色々なスケジュール変更のおかげで、またベルリンに戻り自宅に数日間いられる事になったので多いに喜んでいるところ!(日本帰国の荷物を持ち歩かずに済みます)
しかし注文していた楽譜は届くし、急遽、新曲の譜読みもしなくちゃいけなくなったし、秋の為のアレンジは溜まっているわ…と怒濤のような宿題…で結構怠けちゃいられないのでした。
チョコレートでも食べて頑張ろうっと!
別窓 | 海のこっち側で | トラックバック:0 |
| 水谷川優子のチェロ弾き旅烏日記 |