旅するチェリスト水谷川(みやがわ)優子のブログ

2008-04-29 Tue 22:02
先日の写真たち
春風そよそよのGW、お元気でお過ごしでしょうか?

飛び連休なのだか、超大型連休なのだか、私にはあまり影響ない事でありまして。。。本日は家に缶詰で原稿書き(宿題。。。)を。。。書けてない。。。けど。。。

 そんな時こそ、気分転換?!
 
色んな写真を頂戴したのでお目にかけませう。

 新潟でのラジオ局回りはなんと「りゅーとぴあ三人組」が半日お付き合い下さるという豪華版でした!

 先ずは若者に愛聴されるFM PORTへ
<13:00 タウンクロッシング「キーワードは“楽しむ”」立石勇生▽りゅーとぴあ拡大版!チェロの水谷川優子さんを迎えてほか>

…という謳い文句を掲げて下さった番組のパーソナリティは声も良く、スポーツマンのようで格好良いという前評判の立石さん。リズム良く、歯切れ良く、上手に私を電波に乗せて下さいました。生放送の限られた時間に起承転結をつけ、リスナーの方にわかり易く話を進める。。。集中力というか、吸引力というか、回転の良さというか…お見事!
IMG_3171.jpg
←ご覧下さい、この和やかなガラスの向こう側!
手前で受けていらっしゃるのが関西ご出身のディレクター、番組が明るく元気良いわけです!
IMG_3174.jpg


速攻で移動した先はBSNラジオ、パーソナリティの渡辺裕子さんと。IMG_3175.jpg
穏やかな裕子さんは御声も落ち着いて、語り口調も癒し系。『今、スタジオで水谷川優子さんはチェロを愛おしそうに抱えてらっしゃるんですよ…』と、マイクの向こう側に思ったままを素直に伝えてらっしゃるお姿が優しい。車を運転していてこんな風にラジオから語りかけられたら嬉しいだろうなあ、と思いました。IMG_3180.jpg
チェロ君もポロロン…と参加。

最後はFM新潟、外山優子さんパーソナリティの番組へ、こちらは収録で放送は5月1日です。
IMG_3185.jpg
『初めまして!』という響きが華やかで何かの物語から飛び出たみたい!声優さんというかアナウンサーというか…普段のお喋りからよく通る素敵な御声で、ちょっとドキドキしてしまいました。。。
ダブル<優子>で盛り上がり、優子サマ(←のほうの)の仕切りで無事終了!

 <チーム新潟>
IMG_3186.jpg

左はK会社の専務Oさん、ここから走って訪問演奏に向かった知足ホーム代表の方(ごめんなさい、お名前が!)
前が「りゅーとぴあ三人組」のY木女史、私の真後ろがタンタンN尾氏にO村さん。

本当に新潟の皆さまにはお世話になっております。

 しかも、2番目と3番目に少し出来た空き時間は幸運なことにホールで練習までさせて頂いて。。。(その時にホールが空いていたのも凄い!)
 
 広い、でも隅々まで気が届きそうな<りゅーとぴあ>のホールを独り占め!
30分だけでしたが、そのおかげでエネルギーを溜めることが出来ました。
ありがとうございます。

 愛する新潟の皆さま

5月23日<りゅーとぴあ>でお目にかかるのを楽しみに致しております。
エネルギー全開の1日2公演!今から体力もつけて臨みます。。。




  そして。。。
こちらは、その前のAQTミュージアムコンサートの写真。静岡の<熱いCサマ>が送って下さいました。
四季4

懐かしいな、もうずっと昔のようですが1週間前の昨日なのですよね。。。しみじみ
優子トーク1
舞台上の和気藹々とした空気が伝わって来るでしょうか?

3人の仲良しぶりは白井ディレクターブログでも垣間見て頂けます。

 はっっ!!!宿題に戻らねば。。。!!!!!
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2008-04-27 Sun 22:59
見上げてごらん+夜のパスタ
GW。。。世の中混んでおりますね。。。
20080427225958
さて今日の夕食は西の友人たちが作ってくれました。

先ずM星出身マササマのペサマ・パスタ(とろとろの玉葱が癖になります)

日本舞踊の名手Sちゃんの作品は洗練された筍の木の芽和え

大阪の母Tの味…筍ご飯は山椒の葉が効いて最高!
他にもCが京都人のお姑さまに伝授された梅味噌ペースト一年ものを披露。これは水芹とよく合いました。

それから若のブルーベリーベーグルにマサ星のパンナコッタ…Tの<ほわほわココア・マドレーヌ>などなどお菓子のオンパレード…001


明日は早昼にトモ様カレー<インドのシェフ直伝の味>やT作<ふわふわ故郷プリン>、Cの<懐かしポテトサラダ>などなど…皆さまが腕を奮って下さったものを嬉しく戴いてから速攻で帰ります。(原稿の締め切りが秒読みに!)

またまた命の洗濯をした濃い1日。。。

先日ご報告させて戴いたのですが、今晩11:15からNHKラジオ第1放送、月1のドラマ・アーカイブスが始まります。
実はワタクシがオープニング「見上げてごらん夜の★を」を演奏…毎月第4日曜日23時15分からオンエアです。
初回の今日は宮本信子さんが若かりし頃の作品、80分スペシャル。

宜しければ是非お聴きくださいまし。

聴き逃された方はまた来月に!
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2008-04-26 Sat 23:35
流石に溶けて。。。
今朝は6時台の新幹線で東京に戻り、コンクール前の子のレッスンに直行、そのあと新宿の朝日カルチャーであった田崎悦子さんのショパンとリストについてのレクチャーに走り、聴講後は打ち合わせ。
田崎さんの講義は生演奏もあるし、お話も楽しいし、DVD演奏も素晴らしかった!!

 ちなみに今月の音楽誌「ショパン」には田崎さんと二人で受けたインタヴューが載っております!!

そこからまたレッスンに走り…今晩は筍パスタを味わい。。。今は流石に眠く半分溶けております。

明日は西へ!でも珍しくお仕事抜きです。

では皆さま、オヤスミナサイ。。。zzz
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2008-04-25 Fri 19:27
ごめんなさい
20080425192725
新潟を満喫…

いえ大満喫…

いえっ!
皆さま、ごめんなさいっ!

自分ばっかり、こーーんな美味しいものを戴いております。

新潟万歳ヾ(^▽^)ノ

あ、これから新潟BSNテレビで21:30から先ほどの老人ホーム訪問コンサートが放送されるようです!
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2008-04-24 Thu 17:16
コメドコロ訪問!
ワタクシ、先ほど新潟に到着致しました。

駅で「→佐渡汽船」
というのを目にして思わず足がそちらに…
前~~のことですが、佐渡には友人たちと桶を漕いだ思い出があるのです。私が漕ぐと今にもひっくり返りそうで…本当に楽しかったなあ!

それにしても本日の新潟地方、午後は100%雨という予報だったけど[晴れ女]は吹き飛ばしたらしい…パワーアップ中なり。
でも流石にひんやり。
スーツケースの端に忍ばせてきたホカロンが最後の活躍時かも知れませぬ。。

さて
明日は午前中に新潟市内にある子供たちの施設を訪問コンサート、お昼から5月の「りゅーとぴあ」宣伝のため、ラジオの生放送2本と収録、夕方は老人ホームを訪問コンサートという予定。

盛りだくさんな1日になりそうです。

例によってこの訪問コンサートは少年院訪問と同じく私のライフ・ワークの一環でありまして、毎回、個人的に御縁を作るところから致します。

もちろん、それは色んな方々が快く御力を貸して下さって初めて実現できること! [良い御縁に恵まれている]こと、が私が人生において一番深く感謝していることなのです。

今晩はこれから応援して下さっている[チーム新潟]に囲んで戴いて、気炎を上げる…のかな?

明日の生放送は短いですがこのようなスケジュール

4/25(金)
13:40~14:15
BSNラジオ
出演(生放送)は14:05~14:15頃

13:00~13:30
FM Portりゅーとぴあ スタンディングオベーション<りゅーとぴあ>
出演(生放送)は13:20~13:30頃

短いけれど生はいつでも緊張致しますね…

息するの忘れないようにせねば!
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2008-04-23 Wed 13:51
絵画の住処に音が鳴る
 鶯の声が眠気を誘う。。。zzz

 昨日はお昼から米国から数日間のみ来日中の叔母に会い、午後はアクセサリーデザイナーWさんの展示会へ。夕方からフィンランド音楽祭ツアーの説明会(もう10年近く毎年出演している8月のRAUMA音楽祭、今年は25周年という事で、皆さまがいらっしゃり易いよう旅行社にツアーを作って頂きました!)で、夜は打ち合わせ+ご飯という一日。

 その合間にいつものサロンでロミロミ・マッサージへ、オーナーDさんに『あら、凄く元気ですね?じゃ、今日は遠慮無く…』と容赦なく揉み解されました。いたた…

 さてアクア・トリニティというアンサンブル、やればやるほど奥が深くて、ただいま3人の中でも相当沸騰しております。IMG_3138.jpg

 デビュー戦と比較するのなら、今回は更に「自由&解放」されました。
それから以前と同じように感じたのは「もっともっと出来る!」ということ。
バロックものも、民族調のものも、映画音楽も、そしてピアソラも、それぞれのジャンルの中で枠が広がって行けそう。

 21日の日本製紙ミュージーアムコンサートコンサート2008についてはリンクしているバイオリンの絵里子嬢、チェンバロの牧子嬢のブログもご覧下さいまし。

 さて
『美術館でのコンサートは通常のホールと何が違いますか?』
とよく聞かれます。

 ホールは私たち音楽家の住処だけど、美術館ではそこに居る作品が、我々に影響を与えてきます。ーまるで生き物みたいにー

作品が凄ければ凄いほど、強いエネルギーが体内に入って来てパワーアップすることもあるし、時には自分のエネルギーとぶつかり合って落ち着くまでに時間がかかることもある。

 食べ物の消化に似ていますね…(食べ合わせも重要だし)

今回の会場<静岡県立美術館>のエントランスにある箱のような部屋…111111

どなたかの作品だなんてツユ知らず、言われるがままに箱に足を踏み入れたら『えっっ!!!』と一同、絶句!
 
床は水、壁は鏡、小さなライトたちに囲まれて、私たち別世界へワープ。

おかしな事に部屋に閉じ込められ(?)て驚きが収まったときフッと頭を過ったのが草間彌生さんのお顔…と思っていたら何とご本人のお作品でした!ドイツでも大人気なピンクの頭の草間さま。。。「水上の蛍」という作品です。(私も勘が冴えているのう)

 そして今はシャガール展をやってらっしゃるということで、リハーサル前に見せて頂きました。

初期から後期まで作品で彼の人生を追い…
時代の狭間に翻弄されながらも自分を貫くシャガールはヨーロッパのユダヤ人…肌で感ずる凄みがある。
圧倒され、目に見えない力がぐんぐんと自分たちの中に入って来るのを感じました。

 シャガール展、5月25日までやってらっしゃるそうです。お勧め◎!!

IMG_3145.jpg
私たちも<お勧め◎>(?!)

さてさて、今回も沢山の方に支えて頂いたアクア・トリニティ公演IMG_3140.jpg
静岡新聞の<チアキ様>本当にAQTに家族のような愛を注いで下さって、感謝!

美術館の方々、チェンバロの魔法使いUさん、ラジオの方々、照明を始めとするスタッフの方々に、AQT4人目のメンバー(?)マネージャーN嬢…

 なによりも静岡の聴衆の皆さま、暖かく、熱く応援して下さって、楽しく弾かせて頂きました。ありがとうございます。

またいつか伺いますので、どうぞ宜しく御贔屓に!


 
 最後にAQT関係のお知らせを3つ!!

その1:♪アクア・トリニティ 演奏がラジオで放送!というわけで
2008年5月4日(日)14:00~15:00SBSラジオで21日の静岡県立美術館でのコンサートが一時間にEditされて放送、別収録したラジオ用のトークも流れます。※放送の日時・内容は変更になる場合がございます。
-------------


その2:静岡新聞webに21日の記事が載っているそう。

その3:AQT次回のステージは7月2日サントリーホール!イマジン七夕コンサート2008~一期一会のコンサート~です。
司会は山形由美さんとダニエル・カールさんだし、とにもかくにも出演アーティストの数が多くてもの凄くゴージャスな舞台になる筈!
 どうぞ、お見逃し無く。。。image1.gif
拍手もお忘れなく。。。
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2008-04-22 Tue 10:14
静岡県立美術館にてのAQT
ここが昨日AQTで演奏させて頂いた静岡県立美術館のエントランスです。

なにやら400人の定員に3000近くの応募があったということで、有り難き幸せ!
3人で感じ入りました。
実際のところは500席用意して、お座りになりきれず、階段に座ってらした方もあったと。。。凄い熱気でした。

IMG_3133.jpg
大きな空間でリハーサル中は寒かったのですが、お陰様で本番中は<ムンムン>するほど熱かった。IMG_3132.jpg
今日は今から夜まで出掛けますので詳細と写真はまた、後ほど!IMG_3143.jpg
取りあえず<静岡の聴衆は熱かった!>ということをご報告申し上げておきましょう。
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2008-04-20 Sun 23:16
鰻のピアソラ
なにやら昨日↓の記事が人気な気配。
やっぱり、お酒がテーマだからかしらん?皆さま、酒豪?!

さてさて、本日もAQTリハーサル。
お酒抜きです、勿論!

今日は牧子さまが「明日のコンサートのためっ」と鰻をご用意下さいました。かたじけない!20080420120440.jpg
流石に自分で割いたわけではないそうです、はい。

え!食べてばっかり??

御心配なく、この後ちゃんとリハーサル致しましたよ。

絵里子ちゃんのお持たせクグロフで<お三時タイム>20080420154254.jpg
いえ、だからちゃんと熱心にリハーサルを致しました。。。

牧子嬢のチェンバロ。1
本人の腕ももちろんのこと、彼女のために作られたこの特注チェンバロも素晴らしい、最高の音です。二人して触らせて頂いちゃった…

楽しいのう!!(弾けてないけれど)photo.jpg

チャンバロは撥弦楽器、すなわち鍵盤を押すと引っ掛かって音が出るのです。だから時おり、ドラムやベースが入っているかの如き迫力の音が!これでピアソラなど一緒に弾くと、もう楽しくって。

なにやらAQTを弾いている時って、ソロの時とも他のアンサンブルの時ともまた違う、新しい自由さを感じるのです。3人で色んな方面から自分たちのオリジナリティーを創り出していく過程も楽しいし…この色んな<楽しさ>が我々の原動力であります!

明日はAQT公演第2弾、静岡県立美術館での本番。
ラジオの録音も入るそうですし、「AQT、暴れさせて戴きます!」

2月のデビュー戦を踏まえて、今回は更に一歩進んだAQTをお聴き頂けると思います。
静岡の皆さま、ご期待を!!鰻パワーで頑張りますから。

ただいまAQTは上り調子、いや、今日は鰻上りというべき?!


↓拍手は歓迎&御礼!image1.gif

別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2008-04-19 Sat 14:03
徒然の水
ー風は爽やか、緑は青青ーもうすぐ初夏みたい、な日本(まだまだ、か)なので模様替えしてみました。

ところでワタクシ、現在<日本酒党>へ鞍替え中であります。

忍び寄って来る湿気のせいなのか、はたまた欧州で「ごめんさい」というほどワインを飲んだせいなのか。
どちらにしても不思議なことにどんなワインを飲んでも、身体が「ふ~ん」という反応。我が身体ながら生意気で、気分を壊します。

これでは味わう前に酔ってしまう!ワインというよりも<アルコール>という感じ。
 
  きっと、また少ししたら変わると思いますが…

今は日本の食べ物と相まって、日本酒が美味しい!

季節も移り変わり、お鍋の美味しかったのも過去となり…さっぱり系の食事が美味しくなってきたこの頃。

 なので外食もチョイスが許されるなら豆腐料理が気になっています。
20080414200407.jpg

普段から汲み上げ豆腐や湯葉が好き。ひろうすをさっと炊いたのや、揚げ出し豆腐も。。。
その昔、留学先のザルツブルグではよく、お豆腐を作ったものです。(手軽に作れる魔法の粉があった)今でも長期に渡って日本を離れる時は、熊本の<おから>の元を持って行きます。

それから、お魚、お刺身が美味しくて!
和風でも、海の幸サラダや魚のカルパッチョもいいなあ。

こうなると、やっぱり気分は日本酒でしょう?

 本当はキリッと冷えた白ワインも好きですが、悲しい事にワタクシ、日本で白ワインが戴けないのです。
 理由は…酸化防止剤!!?

はるばる日本にやって来るワインは輸入の際に品質劣化を防ぐためのものが足されるらしく、また敏感な白ワインは赤より多めに入っているという話です。
勿論ー人体に異常が認められない分量ーの筈ですが、実際に問題が出る人には出る!喘息の方などは大変です。

私は喘息持ちではありませんが、転職するなら<殿さまのお毒味係>と公言するほど毒に即反応する体質で(…いいのやら、悪いのやらわかりませんが)、日本で輸入白ワインを飲むと漏れなく体調が悪くなり大頭痛。
グラス2杯飲んだ日にはリトマス試験紙くらいの即効で症状が!!

同じく、ヨーロッパでの中華やタイ料理も大敵で、注文の際は必ず『グルタマートいれないで下さい』とお願いします。

お店の人の結構多い反応:『えっ!!全部、入ってしまってますヨ』
   &意外に多い反応:『不味くなるけど、いい?』

酷い話です。とほほ…

それを食べてしまうと…それはそれは恐ろしい事になります。

今までに心臓が痛くなったり、食事中にどんどん手足や舌が痺れてきたり、凄い時には左半身が足の先から頭の先まで麻痺したことも。。。怖ーーい!07-2.gif


初めて、この恐怖体験をしたのは故アレキサンダー・シュナイダー氏主催のNYストリングセミナーに伺った19歳のとき。そこで仲良くなった仲間たちとチャイナタウンに行ったら8人が8人とも舌が痺れ…

どうやら、それ以来<お毒味>体質になってしまったみたいです。

今は日本中で食生活についてアラームが鳴り響いていますが、ホント怖いものです。

長くなってしまったけれど、日本酒については色んな企画があるので、また語りませう。

その前に新しい宿題の原稿書きと編曲を済ませにゃあ。。。

寝る前に自分への褒美(何の?)として読むのは、バルセロナを思い出しながらサフォンの『風の影』を。やっぱりドイツ語とイメージが違うわ。20080413144436.jpg
そして、通勤(?)電車の友は前から読みたかった村上春樹さんの『走ることについて語る時に僕の語ること』です。

問題はサフォンを読むとIMG_2669.jpg
こういう気持ちになるし

村上さんを読むとimage_main_01.jpg
こうなってしまう事かな…!!


追伸

その1:作曲家、西澤健一さんのブログを追加致しました。作曲家の心の中を覗いてみましょう!

その2:雑誌掲載のお知らせ

モーストリークラシック 4月21日発売 5月号
ショパン 4月18日発売 5月号 
5月31日のショパンについて語っております。是非ともお読み下さいまし!

という今日のワタクシimage1.gif

拍手↓も宜しく

別窓 | 味の記憶 | トラックバック:0 |
2008-04-17 Thu 22:54
本日のAQT
関東地方は<雨>です。しとしとしと…となんとなく終わりが見えない雨…

そういえば日本には梅雨というものがあったなあ。
ウチでは既に数日前から除湿器が出動中です。

20080417120831.jpg
本日のAQT、チェンバロの館(牧子邸)にて昼食から始まりました。牧子嬢のシャキシャキお饂飩+絵里子嬢御持参の筍、美味しゅうございました。

雨と温度に因る不穏な湿気を飛ばす、さっぱり料理。日本人で良かった。
KC280037.jpg
○が減っては戦が出来ぬとは良く申した事。

1回のコンサートにーバロック、民族調、ピアソラ、映画音楽ーと、幾つもの異なるタイプの音楽を織り込むAQTの濃ーーいプログラム、それを消化するのには相当時間がかかります。
でも前回の反省点を踏まえた上、客観的な耳が出来つつ有るので、リハーサルが随分と楽になってきている。
手応えある合わせでした。


で、何故か休憩中に牧子嬢の本格的趣味(テレビで腕前を披露したそう)であるビーズの話になり、自作コレクション拝見の時間に!20080417124711.jpg
で、気がついたら部屋中に<きゃぴきゃぴきゃぴきゃぴ>が充満していました。男性がいたら気絶していたかも。
KC280077.jpg
『私も作ってみようかなあ』と感化された絵里子嬢。
私は<デザインなら幾らでもするから作って>派に所属。
20080417124535.jpg
女の子はいくつになっても<女の子>ですわねえ。

そのうち、AQTはオリジナル・アクセサリーを纏って演奏するグループになるかもしれません。
ビーズ王冠とか。
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2008-04-14 Mon 23:39
本日~見上げてごらん~
早起きした本日はラッシュを避けて渋谷<NHK>に出勤。
ところが、またしてもJR騒動に巻き込まれたのでした。。。
浜松町駅で人身事故のため京浜東北線不通、あおりを受けた東海道線も不通。

というわけで私の乗っていたS南新宿ラインはグリーン車まで満員で乗車出来ない方続出!10分ほど遅れる騒ぎでした。

やれやれ

会社員の方は大変なのですねえ。。。毎日戦場。。。

でも何とか遅刻せず無事にスタジオに入る事が出来ました。
20080414104340-1

今日は今月27日から放送されるNHKのラジオドラマ<アーカイブス>のオープニングテーマ録りだったのです。
20080414114957.jpg
ラジオドラマ<アーカイブス>の制作者の皆さま+今回の編曲をして下さった作曲家の西澤健一さん(先2月には12人のスーパーチェロで新作を弾かせて頂きました。)

曲は昭和を代表するアノ曲です!
私が無理を申し上げて、兼ねてから憧れていたチェロの二重録りに挑戦致しました。
自分で自分に合わせるのは難しくも楽しかった。フフフ…

先人の作家や脚本家、俳優が、放送局の人たちと熱意を持って制作したラジオドラマ…
約4000本ものラジオドラマが残されている『NHKアーカイブス』から、特に珠玉の作品を選出して毎月放送されます。
初回の今月27日はあの宮本信子さん(私の憧れ)が18歳の時に出演なさった二本立てなのです!

お聴きになりたい方は↓をご参照下さい。

ラジオドラマ<アーカイブス>は4月からNHKラジオ第1で毎月第4日曜の午後11時15分~翌日午前0時00分の放送です

耳で辿る人間模様は実に五感を刺激します。
知らず知らずラジオドラマに引き込まれていって、自分の想像力には限界がない事を思い知らされるかも…私も学生の頃に父がこのラジオドラマに音楽で携わっていた関係で幾度も怖い思いをしました。
音声って凄い。

人の想像力って凄い!

是非お聴き下さいませ!

で、西澤さんと昼食。
20080414121855.jpg
渋谷のタイ・レストランにて創作活動について語り合いました。

そして午後は久々のAQTーアクアトリニティーの合わせでした!
20080414142102.jpg

なんと3人が3人ともお菓子持参、相変わらずの我々です。
でもリリスでのデビュー以来、久しぶりに3人で音を出したら以前より呼吸が合いアンサンブルが錬れてきているのを実感。
なんと嬉しい事か!

この勢いで来週月曜日の静岡公演に突入です!


別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2008-04-12 Sat 23:55
ショパン・デビュー
今日はクローズドのコンサートで田崎悦子さんとショパンのソナタ・デビューして参りました。
DSCN0069.jpg

代々木にある隠れ家的なサロン、オーナーは楽器屋さんなので珍しい楽器コレクションが壁一面に飾ってあります。アンティークな家具も素敵で、心地よい空間。
DSCN0087.jpg
田崎さんも直ぐに『ここ、良いわねえ。ウィーンにいるみたい』と即お気に入りに。

DSCN0092.jpg

↑弾き終わった私たち。なんかガシッと手を組み合ってスポーツ選手みたい。

悦子さま、凄かった!!

演奏中は、ただただ、2つの楽器で音を紡いでいく感覚のなんと幸せなこと…5月31日が心より楽しみです。

それにしても…改めてショパンは何と凄い曲を遺してくれたのか。。。
チェリストとして心の奥底から感謝の念が沸き上がってきます。

全4楽章を通して深いメッセージが託されている。
この曲を書いているショパンは一体どんな境地だったのだろう。

衝撃的な1楽章、複雑なハーモニーに驚くべきモデレーション(転調)
ーまるで死の直前に見るという走馬灯の様だ、とはリハーサルで実感したことー

ショパンは自分の死期を、忍び寄る死の影の匂いを、知って、淡々と受け止めていたのだろうか?
彼の境地は曲自身に教えて貰えるでしょう。遅くとも舞台上では確実に身を以て…
これから一ヶ月半のプロセスが楽しみです。(もちろん、りゅーとぴあもあるし!)

それにしても、名曲の一言に尽きる。

DSCN0104.jpg
コンサート後はワインで乾杯!
20080412191203.jpg
二次会にて…
COOLでHOT、自然体の悦子さんからは本物の芸術家オーラが発されています。
…そして魅力的な女性はお酒も強いのでした!

別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2008-04-11 Fri 21:31
晴れのちリハ終了!
昨日の土砂降りがウソのような本日、こういうお日様サンサンの日に長い傘を持って歩くのは目立ちますねえ。

+スーツケースで今日のワタシは都会で浮きました…snap_yukomiyagawa_200845205528.jpg

そう、昨日は結局、山梨リハに挫折して田崎さんが持ってらっしゃる都内のステューディオで合わせとなりました。
夜リハ、ご飯、朝ご飯と続いて今朝も合わせ…濃い1日でしたのう。

それにしても悦子さまのステューディオは本当に素敵!
『NYの「STUDIO」』という感じで流石の一言に尽きます。

エントランスから「西洋人アーティストの家」という雰囲気…
ピアノ室の壁はタイの梳き紙だし、扉の一部にそれを使ってあるお洒落な棚はご主人様との共同作品だし…

なんて美的感覚の優れた方なんでしょう。
もちろんピアノも同じく!!

明日はとあるサロンでクローズドでショパンのソナタ、プレコンサートです。
もちろん、晴れ!
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2008-04-10 Thu 10:41
お裾分け…
信じられない…
今朝は特急「かいじ」に乗って山梨の田崎悦子さん邸に向かう予定が…

新宿-甲府間の電車が止まっています!
火災が原因で復興の見通しは立っていないとっ!!

しかも事件は起こったばかりで途中まで来てしまいました…

頭に栗鼠の跳び蹴りを受けたようなショック!
目眩が…

あの六時起きは何だったのかしら…

流石の悦子さまが「火災っ?」と絶句してらしたわ。

JRには全額払い戻しをオススメされました。当然なのかもしれませんが、日本はこういう時にスムーズですね!
ドイツなら泣き寝入りかも。逆にイライラしている駅員さんに「逆ギレ」というトバッチリ受けそう…最近ドイツ内の汽車の旅はストレスの種なので避けております。列車は2、30分の遅れは当たり前だし、駅員、窓口ともに態度悪しの人多しだし(直ぐに「ワタシが悪いわけではない」と主張する。誰もそんな事聞いてないぞ)、昔のイタリア列車より始末に終えない感じ。

日本人の誠意ある働きぶりは、世界に誇れる美徳であります!

払い戻しの際に、悪がる駅員さんに伺ったら中央線の変電所の火災ですって。

やっぱり日本で車運転出来る方が良いかなあ…
M夫には「教習所に行き直してね」と言われている、ペーパードライバーに成り下がった私。今年の夏は対向車のないフィンランドの森の中で運転練習しようっと。

ま、とにかく一旦家に引き返して作戦練り直し…
メゲてないのは今日の駅員さん達の応対のお蔭かも。
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2008-04-08 Tue 18:50
雨後の桜
今日の関東は何となく寒ーい1日となりましたね。

ちょっと冬に戻ったみたい。

帽子作家のYさんに作って頂いたこのベレーは近頃の気に入りno.1。
ドイツでは『ユウコ、グリーンベレー?』、スペインでは『バスク人?』、丸山泰雄さんには『チェ・ゲバラみたいだね!』と行く先々で褒められ(?)ております。IMG_2487.jpg


それにしても、昨晩は久々に勢いのある雨でしたね。私なぞは夜中に目が冴えてしまいました。

今日も一日中雨。こういう日には家に居て外を眺めながらロイヤルミルクティーを飲むのが最高。小さな幸せが与えられまする。雪の日に家の中でアイスを食べるのと似てるかな。

ウチの子たちは朝から『ニャーニャーお外行きたいよう。お水を止めてよー』と無理難題を言ってきています。

雨に打たれて葉桜になりつつある老木20080408174424.jpg
今朝は見事な桜吹雪を披露してくれました。

帰国した週末は幸せに爆睡。。。日本に長く居ると睡眠時間が短くなるので、今のうちに眠りを蓄えておこうという作戦です。

明後日は田崎さんのところ(山梨の山荘)に伺って合わせ!
どうやら評論家のミスターMも御登場らしい。これは夜のワインが楽しみ。。。
やはり山は寒いのだろうか?この春、最後のセーターを着るかしら。

では留守中の手紙や書類の整理もほとんど済んだし、あとは冬と春物の入れ替えをしつつ、練習に励む、と!

別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2008-04-05 Sat 22:04
ただいま
ベルリンを発つ朝に近所の市場でとうとう露地物の白アスパラガスを発見!
まだ細くて弱々しい感じでしたが、初カツオ的に食べたかったのう…
来年の春までお預けです。
IMG_3028.jpg
<↑バルセロナの春>

というわけでぎりぎり桜に間に合いました。成田エクスプレスの中からもチラチラと山に咲く姿を見かけましたが、大荷物で辿り着いた我が町は桜見物の方で大混雑。咲き誇った桜並木の間には既にところどころ葉桜が透けて見える…これから若葉新緑の季節になりますね。

私には自分の部屋の窓からだけ見えるプライベート桜が待っていてくれました。大きな老木は半分枯れかけいるのに、必ず美しく花を咲かせてくれる。

…ああ、でももう眠くて眠くて泥のようです…オヤスミナサイ
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2008-04-03 Thu 23:25
バルセロナ絵日記<続き>+日本帰還!
ヨーロッパでは先週末、土曜と日曜の狭間に冬時間から夏時間へと変わりました。
それまでより一時間早まった訳で早起きが辛い今日この頃です。

だから今、日本とは7時間時差!

今回もまたもや時間は飛び去っていったようで、なんと明日日本へ向かうのです!!
早かった。

復活祭を過ぎて、こちらドイツも本格的な春が始まりつつ有ります。

友人のメールにあった<白アスパラガス>もやっと店頭に姿を現して(まだ露地ものではない)きたし…それにしてもあっという間の4週間でした。

実は出発日を勘違いしていて、今は大慌てでパッキングしているところ!

さてそういう訳でバルセロナ絵日記も一旦、今日でピリオドを打ちます。
まだガウディについても(グエルパーク)、それから家に戻ってからの<ベルリンの壁レポート>もありますので、それもまた後日アップを。。。


まだ食べ物の話が続いてしまいますが、スペインの朝ご飯と言えばチュロス!!
IMG_2992.jpg
捩りドーナッツみたいな揚げたてチュロスを濃ーーいホットチョコレートこうして浸けて食べる。朝からこんなカロリーでいいのだろうか。。。
IMG_2993.jpg

やっぱり美味しいのは出来立てを売るパン屋さん。
IMG_2935.jpg

こういう狭い道が如何にもバルセロナらしい。奥に進んでいくと小さな店がどんどん湧いて来る。今回バルセロナの街を歩いていて猛然と読みたくなったのは、サフォンという人の本。ドイツ語では<風の影>といいますが、日本語でも出ているみたい。
IMG_2932.jpg

昔ながらのお菓子屋さんにIMG_2941.jpg

対抗するのは最近バルセロナでも流行っているらしいチョコレート専門店。もちろん買い込みました。
IMG_2938.jpg

煮詰めた果物をゼリーにしたものや、アーモンドの粉を固めたお菓子は日本で言うのなら羊羹的?
IMG_2942.jpg
素敵な建物の一階には老舗が…これはお洒落で上等な台所用品や金物のお店
IMG_2929.jpg

こういう昔から有る小さな間口のお店は宝の宝庫!壁一面が色んな素材のリボンや華やかなボタンで飾られていますIMG_2933.jpg

向かい側にはレース屋さんが。手のこんだ刺繍にうっとり…
IMG_2936.jpg


ではではこれで時間切れ。。。
朝(土曜日)は午後早々の便で日本に向かいます!

さて一体、桜は待っていてくれるのでしょうか??
別窓 | 海のこっち側で | トラックバック:0 |
2008-04-02 Wed 03:50
バルセロナ絵日記<食べ物編>
という訳で…
IMG_2943.jpg
やっぱり食べ物から語りましょうか?

といってもレストランでカメラを構えるのは、ちょっと恥ずかしい行為…
なので隠し撮りっぽくなったり、あまりの美味しさに撮り忘れたり、でした。

先ず目的のお店で<ピンチョス>
IMG_2925.jpg
ご存知の通りスペインでは本格的な夕食はかなり遅い!
なので夕刻にバルに立寄り、夕食の前に先ずタパスで一杯という習慣があります。
ちなみにバルは朝から開いている所も多く、他の国のカフェの様な存在。
目覚めのコルタード(カフェーエスプレッソーにミルクをちょっと)からお昼に立ったままで軽食、夕刻になるとカバ(発泡性ワイン、スペインのシャンパン)を片手に一息つくおじさんたちで大混雑。
で、ピンチョスはバスク地方のタパス。バスク地方の美味しさは格別。美食スペインの中で特に美味といわれるカタロニア地方でも一目置かれるほど、です。
IMG_2924.jpg
この種類の多さ!
ピンチョスはこの様にスライスしたバゲットに乗っているか、あとは串で刺してあって食べやすい、本来の<おつまみ>という感じなものですが、面白いのは日本の串揚げ屋さんと同じシステムで「お勘定」というとこの爪楊枝の本数でカウントするのです。
M夫曰く『回転スシみたい』IMG_2926.jpg
このお店は以前から耳にしていましたが、あの食通エミールおじさんも大賞賛、というわけで連日通いました。

BGMもバスク地方のもの、二日目のお昼に一緒に行った地元チェリストのマーク君は『バルセロナ人もそうとう誇り高いけど、バスク人もね…ふっ』と呟いておりました。(大阪人、とか名古屋人、みたいですね。)

もちろん、主人(オーナー)は頑固なバスク人。
更に興味深かったのは店に並べて10数分程すると、それを下げて新しいお皿に換えてしまう。<回転スシ>やマクドナルドでも時間が経つと破棄するシステムだと聞いた事がありますが。。。あれは一体どうするのだろう??

ま、とにかく味について語れば…魚介類に木の実や果物、蜂蜜を合わせる絶妙な感覚に脱帽。。。悔しいけれど、どんな材料を使っているのかの見当もつかないものも沢山有りました。
血のソーセージのどんなに洗練されていることか!
こんな味だろう、と想像して口にすると常に軽やかな裏切りがあるのです。

やられた!

こんな風に、着いた日はホテルにチェックインして直ぐに飛び出し、ここで一息。もちろんカバを飲みました。で、本格的な夕食前に散歩。(この為にベルリンでの食事は野菜中心で軽く軽く、2日間ワインも断って体調を整えて来たのですもの!(なんでしょう、この気合いは。。。)

初日の夕食はここ。
カタロニア風土料理を現代的に昇華させたもの。繊細で素晴らしい当りのお店<オステル エル ピントール>です!お薦め。IMG_2947.jpg
写真は躊躇したので出遅れ、デザートのみですが。。。
IMG_2948.jpg

クレームカタラン!これを食べずしてカタロニアを語らん!!(あら、失礼!こういうのオヤジギャグというのかしら?)IMG_2949.jpg
まだまだ続く!


別窓 | 海のこっち側で | トラックバック:0 |
| 水谷川優子のチェロ弾き旅烏日記 |