旅するチェリスト水谷川(みやがわ)優子のブログ

2008-08-30 Sat 14:24
さっそくですが、下界生息中・2
20080830142438
…というワケで、本日は兵庫県西脇市でコンサート、ロトさんとマークとの室内楽です。

「今晩で2008年の奈良国際アカデミーにピリオドを打つ」と、どうも身体が思っているらしく適度な緊張感が続いており、疲れもあまり出ていません。

…あとからドッと来るのだろうか…

コンサートの目玉はドヴォルザークの「ドゥムキー」トリオ、チェコの御伽噺を音にしているような名曲、先日フィンランドでラルフ・ゴトーニ氏とエリナ・バハラ嬢と弾いたばかりですが、共演者が違うとまたまた新鮮で楽しいです!

朝からパッキングも早々に済んで、大きなスーツケースは宅急便で自宅に送ったし、出掛ける時間まで練習できて、順調!

と思ったらJRの「新快速」がやっぱり遅れて走ってる。
今から行くところは新幹線使うと乗り換えが多く面倒なので「一回乗り換えの新快速で加古川まで行きましょうp(^-^)q」と喜んだのも、束の間でした。

乗り換え出来ないかも!新快速っ、やっぱり信用ならん!
ちっっ(*≧m≦*)

でも、事故があるより、いい…

安全運転一番です。

ところで写真は山から下りてきた晩に行った、奈良女子大学記念講堂でのコンサートで、メシアンの「世の終わりの四重奏」を弾き終わったところ。
メンバーがホッとした瞬間でした。

ちなみに今回は色んなハプニングがあって、まさか自分がこんな風に「メシアン」を初めて弾くことになるとは夢にも思わなかった…(クラリネット五重奏はレパートリーだけど、この曲は今までご縁がなかった)

緊急事態発生で合宿の最中に「優子さん、メシアンをっ!」というA倉夫人の切羽詰まったお声が耳に飛び込んで来たときのことを思い出します。

難曲だし、なにしろ合宿中でスケジュールはギリギリだし…譜読みは就寝時間を削るしかない??…と、焦りながらも中4日間でなんとかコンサートで弾かせて頂けるようになったのは、合宿で一緒に講師を務めたチェロの林 裕さんを始めとする周りの方々のサポートと、共演者でこの曲を得意とするマーク(仲間としてだけでなくM夫としてのサポートも)、素晴らしく自在なピアノの山口さん、柔軟なクラリネットのブルックスくんのおかげ、深く感謝申し上げています。

演奏中の聴衆の皆さまの集中力と暖かい拍手にも支えて戴きました。

しかし…なんて凄い曲。
また弾きたい、今度はもっと自由になりたいと思います。

この写真の後は「鱒」の気持ちになってシューベルトの音の川で楽しく泳いだのでした。
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2008-08-29 Fri 21:29
下界生息中!
20080829212901
写真は先日26日の合宿最終日「STUDENT CONCERT」直後のもの。

先に帰った生徒も多少いましたが、今回は例年よりずっとコンパクトなサイズとなりアットホームな良い雰囲気に、また、こちらとしては一人一人に目が届くので有難かったのです。

この日は小学生から大人までの受講生がピアノ、バイオリン、チェロを通して、合宿の成果を表現。

音楽高校や音大受験、院試やコンクールを控えている人も沢山いましたが、皆さんの伸びやかな演奏を聴いていて、それぞれ実りある日々を過ごされたのを実感、本当に嬉しく思いました。

残念ながら今の世では他人と比較して己のポジションを確認する人が沢山!
でも、こうして若い彼らが楽器に向かいながら自分の姿を見据えようとしているのを見ると、大変に頼もしく感じます。

音楽家の道を歩むのは厳しく、シビアなものだけれど、音楽を通して見えてくる世界、音楽から与えられる喜びはかけがえのないもの。

だから音楽が好きなら何があっても諦めずに頑張ってほしい。
先生方と生徒たちがまるで大家族のようなハーモニーが出来た今回のセミナー、別れ際には一人一人を愛おしく思いながら(「先生の子になるー」「ワタシもー」という発言で、ドキッとしながらも「生物学的には有り得るのよね」とシミジミした瞬間も…)、「じゃっっ、またね!」とにこやかに送り出したのでした。

そして、この日はそれからメシアンと「鱒」、サンサーンスのおまけ付きで怒涛の合わせが…

夜10時まで続いてヨレヨレになったワタクシでした。

続く…
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2008-08-24 Sun 12:17
山の彼方…
20080824121710
朝は8時前に起き、9時前にレッスン開始、教える他は通訳にオルガナイズのお手伝い、余った僅かな時間は貴重な自分の練習…

この合宿は明後日26日の生徒たちのコンサートをもって終了、そして直ちに27日は奈良女子大学記念講堂でサンサーンスの「ウエディング・マーチ」ピアノ五重奏にシューベルトの五重奏「鱒」、メシアンの「世の終わりの四重奏」…私はどうやら全曲弾くらしい…です。
それから続いて30日には兵庫の西脇市八千代でロトさんとマークと「室内楽の夕べ」があり、メインにはドヴォルザークのピアノ三重奏「ドゥムキー」を弾きます。

今のところ楽しく子供たちに囲まれた1日の終わりは、どろどろに疲れてオリンピックで終了しています。
そうそう宿舎のお風呂が温泉なのが嬉しい日々であります。(ゆっくり入る時間は無いけれど)

ところで一昨日の400メートルリレー、あっという間の競技だけど感動的でしたね。競技後の日本選手のコメントには今までの彼らの思いがたっぷり込められていました。

この度のオリンピックは虫食い状態でしか見られなかったけれど、北島さんの金メダルに続いて、後半はボルトに熱狂し、バレーボールに燃え(果たしてアメリカは強かった!)、野球の日米戦の延長戦のルールに怒り、日本のソフトボールのピッチャーの清々しさに感心し、棒高跳びの金メダルを取ったオーストラリア選手のワイルドなカンガルーみたいな跳躍に見惚れ…

今日が最終日のマラソン…早く感じます

昨晩は女子の走り高跳び、クロアチアとベルギーの選手の金メダルをかけた一騎打ちに集中しました。

足が長い長いクロアチアの選手、もの静かな態度で、出だしの1メートル85からずっと一回目でクリアーしていた時は、本当に透き通ったような目をしており、妖精のような存在感でヒラリ~ヒラリ~と軽々飛ぶ姿が素敵。
が、勝負の重圧がかかってきた2メートル05からは残念ながら順調に飛べなくなってしまいました。

見ていたら飛ぶ前に目の色が変わったというか、透明感がなくなったのです。そうしたら案の定、踏切のタイミングがズレてしまって、失敗。
解説によれば、この競技は少しでも気負ったら飛べなくなるそう。
あの時、メダルを考えずに跳び続けていたら…世界新記録がでるかも、と思わせる素晴らしさだったのに…残念!

決断して迷わない心…
スポーツもやはり内面が形に出るんだなあ、と改めてシミジミした次第です。

それにしても走ることにおいてはジャマイカ勢の「突き抜け方」が気持ち良かったなあ。飄々と「自分の走り」を表現していました。

あと3日で終了という佳境に入った、この合宿でも子供たちが[他人との競争ではなく]、真剣に自分と向かい合い、音楽の中に入っていく姿に、エネルギーを戴いています。
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2008-08-20 Wed 23:19
下北山の奇跡…
20080820231919
おおっ!!

一年以上来ていない内に下北山に奇跡が起こりFOMAが通じるようになっていました!

ソフトバンクユーザーの方々は未だ泣いております…(勝った!?)

というわけで写真はレッスン会場の一つである「吉野杉ホール」。

山の中の蝉さんは活発であります。

……何を隠そう、とうとう眠っていても「蝉の空耳」が止まらくなってしまった私…

本当、ボーっとしていても「ジージー、ミンミン、オーシーツクツク」の合唱が聴こえて…

このまま神経衰弱になったらどうしようかしら。
「蝉ノイローゼ」とか…

さて、今年はスペインの講習会でもチラリと教えた訳ですが、こういう講習会って若者の姿勢にお国柄の違いが出て面白いもの。

生徒はバイオリン、チェロ、ピアノ奏者を志す小学生から大学院生(中にはプロの大人も)まで。彼らの姿勢を見ていると日本人ってやはり真面目で熱心だわ…としみじみ。

暑さにメゲず必死で練習し、音楽に若さの情熱をかける彼らから毎日エネルギー頂戴致しております。

そうそう、前回の日記では山越え中にいきなり圏外になって焦ったために大文字国際交流音楽祭08での共演者の方々のお名前を載せ損ねていました!

写真、左からバイオリンで
私が高校の時から姉貴分と慕っている沼田園子さん、
毎年のように講習会や室内楽で一緒の、これまた姉貴分の若林暢さん、
長年フランスとアメリカで活躍してらして、今回やっとご一緒できた素敵な森悠子先生、
お馴染みマーク・ゴトーニ(ブログ上のM夫-エムオ-でもあります)、
アタクシ、
コンサート日の早朝便で札幌から文字通り「飛んで」いらしたチェロの藤森亮一さん(全然疲れを感じさせない素晴らしい演奏で、流石!)、
初めて共演したビオラのチャーミングな高村明代さん、
何でも弾けてしまう凄腕ピアニストの山口博明さん、
素晴らしいメシアンを吹いて下さったクラリネットの三界秀実さん
まだ大学院生とは思えないほどしっかりした演奏をするビオラの村田恵子ちゃん

この日は前半に中村典子先生の作品も三曲演奏され、韓国の表現芸術家イ・チュヒ氏の踊りが特に素晴らしく、大いに盛り上がったのでした。

さ、明日も朝9時からレッスン…

フィンランドの音楽祭の最中に気がついたら始まっていたという、世間様と温度差がある私のオリンピックですが、日本に帰ってから見たものは負けちゃった男子バレーボールと水泳の北島さんと柔道の石井さんの金メダルくらいかしら。

さ、今から男子200メートルでジャマイカのボルトさんの余裕の走りを見ようっと。きっと金メダルだわ…

今晩は男子棒高跳びまで見たら寝ることにします。あ、野球の日米戦も裏チャンネルで見なきゃ。
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2008-08-17 Sun 21:25
山越の旅-ただいま移動中-
20080817212546
京都府立ホール「アルティ」でのコンサートが終わり、ただいま貸切バスに乗って下北山へ向かっております!

4~5時間かかる旅です…
写真はメンデルスゾーンの八重奏とメシアンの四重奏のメンバー。前半は中村典子さんの作品を集めた、盛り沢山なコンサートでした。

楽しかった。

とここまで書きながら……うわぁぁ…圏外が増え
てきました!
長い長いトンネルを抜けましたが、ここはすでに山の間…

そうでした。
一昨年、下北山に来たときは、携帯がau以外は全然使えず、FOMAユーザーの私は沢山の生徒と共に音信不通者の一人となったのです。

ソフトバンクはどうかしら?iphoneは使えなさそうな環境です。

下北山まで、あと35キロだそう。
だんだんアンテナが不安定になってまいりました!

書こうとしていた記事内容は諦めて、この辺りでアップしておいたほうが良さそうです。

では

また!
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2008-08-16 Sat 21:03
続き…「舟」
20080816210348
五つの内、四つの文字が見える、という大変に贅沢な環境でしたが、一番近くに見えたのは「舟」。

御先祖さまをお載せする舟は文字ではなく、本当の帆掛け船なのですね。

辺りを浄化しよう、と山を焼き尽くす勢いの炎に圧倒されました。

さ、沢山エネルギーを戴いたので明日からも頑張ります!
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2008-08-16 Sat 20:53
送り火2008
20080816205323
今朝は早い早--い新幹線に乗って、やって参りました京都! 今日と明日は大文字音楽祭なのです。

朝は10時からリハーサル、先程はタンゴのコンサートに飛び入りでピアソラ・メドレーを弾いたところ。

サングリアで乾杯した後は、奏者もお客さまも一緒になって、会場である北山のビルの屋上に上がり、大文字の送り火を眺めました。

皆さまの無病息災を祈りながら、最初に火が点された「大」の字をお目にかけましょう!
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2008-08-14 Thu 13:50
<残暑お見舞い>申し上げます!
  皆さま、お元気にお過ごしでいらっしゃいますか?20080814094319.jpg

残暑と言いながらも、例によって日本の夏は真っ盛り。。。勿論、まだまだ続きそうな暑さであります。

 私は昨日、無事にフィンランドから戻りました。
が、コペンハーゲンでの乗り換えでは機体の問題で出発が3時間も遅れ…(空港からリハーサルに走った前回の便でなくて、本当に良かった!)爽やかな朝方に成田到着の予定が、お昼時の一番暑い時刻に着陸。

久々の本格的な暑さに思考能力もあっけなく融けてしまい、昨日は何も出来ずにバタンQ。

 今日は1日休みのパッキング日、時差で早起きした(6時くらいから威勢良く始まった蝉の大合唱に叩き起こされました。。。ジージー、ミンミン、カナカナの混声3部合唱!?)ので鎌倉駅まで歩いてみたところ。

<20080814100126.jpg
いつも通り抜ける鶴岡八幡宮では蓮の花が見事でした。
20080814100625.jpg大きな揚羽蝶が散歩に付いてきた若宮大路。

また、フィンランドでの写真もアップ致しますが、野外のコンサートで寒さのあまり、セーターに分厚いジャケットを着込んでいるものもあります。今日の肌感覚では思い出せない寒さです。


歩くと汗ばむ、湿気が高く厳しい日本の夏なのですが、それはそれで今は楽しく味わっております。
冷夏も心細いですものね。

さてと、明後日からの関西には何を持って行こうかな。
  
  分厚いジャケットだけは不必要そうですね。。。




別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2008-08-10 Sun 00:12
ラウマ音楽祭・真っ直中!
ラウマ音楽祭のミニ中継を!

こんな町でIMG_4196rauma.jpg
毎日毎日コンサートです。

今日は音楽祭の6日目、今さっき午後のコンサートを終えて束の間の休憩中!

おかげ様でチケットは完売御礼、今年が音楽祭の創立25周年ということもあって、初日から今回は大盛況なのです。
IMG_4190rauma.jpg
IMG_4193rauma.jpg

↑写真は大好評だった、ヨーロッパユニオン室内オーケストラとのヴィヴァルディの2台チェロ協奏曲の共演後、フィンランド若手ナンバーワン・チェリスト、マルコ・ユロネンと。IMG_4228rauma.jpg仲良しの3人組、真ん中が素晴らしいクラリネット奏者のトゥーリアはマルコの奥さま、右はフィンランド若手アーティスト人気ナンバーワン・バイオリニストのエリナ!

あ、もうリハーサルの時間、行かなくちゃ!

明日は瀟洒なヴィラで音楽祭の最終日を迎えます。

私はコダーイの二重奏とベートーヴェンの弦楽三重奏にヤルネフェルトの子守唄を演奏、しかも最後の最後にはヴィラの庭園、明日になって野外に展示される作品(どんな作品なのか前知識は一切なしです。。。)に対して、即興演奏もすることになっています。
さて、果たしてどうなることか!?

ではでは、また御報告を!!
別窓 | 海のこっち側で | トラックバック:0 |
2008-08-01 Fri 03:20
シェスタ抜きの南国→トナカイさんの森へ
ふっっっっっっっっっっ復活っ!!!!

      先ほど、やっとMacBookが復活致しました。

昨日バルセロナからベルリンへ戻って、Mac専門家の診療所へ直行!!
そして可愛いMacBook君は先ほど黄泉の国から戻って参りました。
本当に突然気絶したMacBook君ですが、完治して良かった良かった。

 Macのお医者さま曰く

『中のディスクが詰まって壊れていました
壊れた理由?
特にはありませんよ
こういうことは未然に防げやしませんので、コマメにバックアップしておきましょうね~』

だそうです…


。。。。。。とにかく前回の記事アップから色々とあって、急遽、講習会のレッスンをすることになったり、暑い南国でシェスタ抜きでひた働いておりました。


 ーあまり英語が出来ない(そして私はスペイン語とカタロニア語が全然出来ない。。。)
でも非常に音楽的なカタロニアの女の子を教えるの図ーIMG_4123カタロニア
人差し指で魔法にかけている?!
IMG_4124カタロニア
 これは生徒の弾き真似をしているところでありましょう。


 押し強くイタリア語も使ってみましたが、最後は殆どボディランゲージの世界?!

  音楽が世界共通語で良かった。。。
結局、何語でも教える内容は変わらないわけですものね。



 最終日のみ、午前中ゆっくり出来ました。
IMG_4130カタロニア本当にジリジリと痛いのがスペインの日差し。日本の湿気を含んだ暑さも厳しいですが、真昼の陽の下で10分歩くと夜まで体の中に熱が籠ったまま。。。

ここではシェスタが必要不可欠なわけだ、と。

生っているのは美味しそうなオリーブ。まるで梅のようです。IMG_4136.jpg
 これは天使の彫像が美しいコンサートホール↓IMG_4111カタロニア天井が高ーーい。それに石なので、まるでお風呂場のようにワンワンと響きます。

 欧州内にはこういう響き過ぎるホールが沢山ありますが、そういう時はヴィブラートを最小限に留め、弓もアクセント付け目に発音をはっきりさせます。
(デッド(響かない=響かなさすぎる)なホールで苦労することがある日本とは逆ですね)IMG_4113カタロニア
なので耳が慣れる為にも、ホール練習は大変重要。
さらに、お客様が入ると響きはまた変わるのです。。。
IMG_4116カタロニア
ビオラのヴァンサンとチェロ仲間ラウレンティウと。

下記の写真はカタロニア作曲家J.VILAPRINYO氏の初演本番直後。「リチャードのための16弦のメモリアル」という去年急逝なさったチェリストに捧げた、3本のチェロと1本のコントラバス(合わせて16弦)という編成で書かれた美しい作品でした。

左からラウレンティウ、コントラバスのアンドリュー、チェロのリト氏と。
IMG_4119yuko.jpg


さてさて今回の音楽祭の目玉であったメンデルスゾーンの弦楽八重奏ですが、リハーサル中に突如、8人の奏者が全員違う国籍なのに気付きました。

<バイオリン>
フィンランド人のマーク
ドイツ人のアネッテ
イギリス人のマギー
アメリカ人のティム
<ビオラ>
オランダ人のエミールおじさん
フランス人のヴァンサン
チェロ
ルーマニア人のラウレンティウ
日本人のワタクシ

音楽家たちの響宴である音楽祭に好んで弾かれるメンデルスゾーンのオクテット<略してメンオク>ですが、このように見事に8カ国集まるのは珍しい。

で、コンサートは大盛り上がり、生徒に煽られた大人たちも全員立ち上がってのリズム拍手に圧倒されて、最後にもう一度超最速の4楽章をもう一度弾く事に。。。
IMG_4121yuko.jpg
コンサートの熱が覚めやらぬうちにオクテットで写真を撮ろうとしたところ一人足りません。

なので無理矢理にコントラバスのアンドリューにメンバーに入っていただきました。


さて、いなかったイケナイ人は誰でしょう?

IMG_3703.jpgエミールおじさんでした。。。




さ、明日からフィンランド、空港からリハーサルに直行して、月曜日から一週間連続コンサート、音楽の響宴の始まりです!

では、また!!
別窓 | 海のこっち側で | トラックバック:0 |
| 水谷川優子のチェロ弾き旅烏日記 |