旅するチェリスト水谷川(みやがわ)優子のブログ

2008-12-31 Wed 22:10
2008大晦日の御挨拶
 カウントダウンまで、あと2時間を切りました!IMG_0327.jpg
もう少しで新しい年の幕開けとなります。

今日は大晦日とは思えないほど暖かい日差しの中を
鎌倉の長谷寺にIMG_0427.jpg
お参りして2008年にお別れを告げてきました。

 一年を振り返ると
 音楽家としても人としても、感謝することばかり…
IMG_0437.jpg
 今年初めて御縁を戴いた方も
 ずっと御縁を紡いでいて下さった方も

暖かい応援、御支援、そして友情をありがとうございます。
好きな事が仕事であるのを改めて有難く思うばかりです。 

 さて、2009年は一体どんな年になるのしょうか。
IMG_0450.jpg
         皆さま どうぞ素晴らしい一年をお迎えになりますように!!
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2008-12-30 Tue 00:11
年の瀬のもろもろ!!2008年に別れを告げつつ。。。
あれ?どこの山奥?
実は鎌倉です。。。IMG_0151.jpg世の中すっかり冬になりましたね。
寒さに身が引き締まるようで手袋無しは考えられません。
IMG_0164.jpg

 さてさて、こちらは無事に仕事納めして、一昨日はアマチュア・チェリストの方々の恒例発表会、数日前からは、色んな方々と久々に再会しながら家の大掃除を同時進行しています。(要らないものが沢山!物ってどんどん増殖するのかな)

 昨晩はバイオリンの神谷未穂嬢のお家に伺って、乾杯の巻でした。IMG_0288.jpg
神谷ファミリー(神谷パパ&ママ&お兄さま&優子さん(私と漢字もお揃い)、未穂ちゃんにご主人のチェリスト・エマさまに、カメラマンのじゅんさん、奥さまでアルバム・エディターのちずさん、M夫と私、総勢10名の晩餐です。
御馳走尽くしの晩の圧巻はこれIMG_0302.jpg「チーズの王モンドールさま」
そしてなんと-11
『優子ちゃん、誕生日おめでとう~!』と
御夫婦手作りのお菓子が…IMG_0325.jpg感動しました。
未穂ちゃん&エマちゃん、暖かいお心遣い、ありがとう!
IMG_0313.jpg楽しい会話で夜は更けゆくのでした。。。皆さま、お強くて私もちょっと酔っぱらい。。。

 そして先日は来年(あと数日だけど)1月25日の新潟見附市アルカディア・ホールでのコンサートのため、ピアノの山本貴志さんとリハーサル。夏に留学先のポーランドから正式に帰国したばかりの山本さんとは、先7月のイマジン(所属事務所)・ガラコンサートで一瞬お目にかかっただけ…
これが初顔合わせの初合わせでした。

『アルカディアおしゃべりコンサート~ふたりとふたつの物語』と銘打たれた演奏会20090125.jpg前半は山本さんがショパンについて語って演奏。後半は私がグリーグのペールギュント物語を語って2人で演奏するという企画。

 それにしても『山本さん』というか『山本くん!』と呼びたくなる『山本さん』は未だ25歳、この間一緒に弾いた清塚信也さんより、さらにお若い…!

写真の通りにおっとりとした感じ。でも、静かに自分の言葉を紡いで話す姿には<芯>を感じます。
IMG_0270.jpgそれが…
一旦ピアノに向かうと豹変!

 音楽に埋没するような
 鍵盤に自分の心を映しているような
そんな彼のピアノに対するアティテュードにはびっくりしました。

この日は練習場のアップライトで合わせをしたのですが、ppの美しいこと!

 演奏中は「年下」なんて一切感じないし(当たり前ですが…)、
何よりも、私に背を向けながらも(アップライトだから)、室内楽の一番大切な<呼吸>が完璧に掴めているのに感嘆!

 本番がますます楽しみなのでした。


下記は
<<友人&素晴らしいお店の駆け足のご紹介シリーズ:第1弾>>

 年末年始に鎌倉にいらっしゃるなら、ここ『アルカマック・カフェ』IMG_0183.jpg
ご主人のマイクさんはアマチュアのチェロ弾き!この何年来かコンサートにもいらして下さっています。
IMG_0176.jpg軽井沢のソーセージ・コンクールで金賞を取った実に多種なソーセージにハムにサラミにベーコン…目移りしますが、どれもこれも豊潤な味!
丁寧な手作りソーセージは本場ドイツより美味しいかも…IMG_0182.jpgご覧下さい、種類の豊富さ!
この日は5年ものの生ハムを試食させて戴き、思わず『ハモン(スペインの生ハム)に勝るっ!』と固まりを持ち帰り…大晦日にシャンパンと共に食す予定。
IMG_0178.jpg小町通の終わり、八幡宮近くのカフェでの<お薦め>はホットドック、そしてマイクさんお得意のシシリアの豆を使ったカプチーノ!(手をつけてしまった写真でごめんなさい)

2008年、あと一日と半分!!
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2008-12-25 Thu 14:59
<鳥たちが鳴く日>
I wish You a Merry Christmas!!

  Frohe Weihnachten!!
   Buon Natale!!
   Joyeux Noël!!
    Hyvää Joulua!!
<メリークリスマス!!>IMG_0188.jpg

…といいながら我が家定番のケーキは毎年<12月24日>これ↓です。
IMG_0200.jpg24日が誕生日という事は…?

        そうです!

ご想像のとおり、クリスマスプレゼントと誕生日のプレゼントが統一(家族以外からは)されることが多かった子供…
 
唯一のワガママが『誕生日ケーキ』でして、両親はその昔クリスマスケーキで大忙しのお菓子屋さんに、誕生日ケーキを頼むのに苦労したらしい…

 そんな訳で私は19歳まで自由が丘のとあるお店のショートケーキの上の蝋燭を吹き消しておりました。

その習慣は今になっても変わらず…この日はどの国にいても家族と誕生日ケーキを頬張ることとなっております。(ヨーロッパだとスイスの姉の手作り、去年と今年のは鎌倉のお菓子屋さん)

      <三つ子の魂百までも> 80になっても?!
皆さま、穏やかなクリスマスを!IMG_0204-1
IMG_0194.jpg 「カタロニアの鳥たちは救い主の誕生を祝って鳴いている」
 救い主の誕生、即ちイエス・キリストの生誕です。
『鳥の歌』カザルスのメッセージが特に心の底に響く季節ですね。

 私たちは傷つけ合うために生まれたんじゃない
 慈しみあうために生まれたのだと信じています

来年は今年よりも世界中で諍いが少なくなりますように…!


 <今日のお知らせ>
miyagawa_表面
まだブログでは触れておりませんでしたが、2009年5月22日に紀尾井ホールでリサイタルシリーズⅡ「白夜の調べ」をさせて戴きます。

 なんと本日クリスマスが売り出し日です!
今回は色々と凝った曲目で、ピアノは山田武彦さん。お早めに良いお席を確保なさってくださいまし。
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2008-12-22 Mon 23:54
ムスメたち(?!)とのキャッチボール
「先生が音楽を続けて1番良かったって思うのはどんな時ですか?」

「なぜ6歳でチェロを弾くことになったのですか?」

「音楽してて辛い、やめたいと思ったことはありますか?」

「私は前に楽器を習っていて、コンサートで失敗したことがあります。先生もコンサートで失敗したことありますか?」


 今日は関西の少年院(少女更生施設)を訪ねてきました。
私個人のライフ・プロジェクトのつもりで毎年続けている訪問コンサートの一環で、更生施設の厳しいカリキュラムの中、院が分けてくださった貴重な90分間をトークと演奏、最後に質疑応答のコーナーまで設けてフルに使わせて戴きました。

一緒に行って演奏してくれたのは、おととい日本に着いたバイオリンのマーク(このブログに家族として登場するときはM夫です)。私が十年近く前から続けている少年院での訪問コンサートをする、きっかけをくれた人であります。
ここの施設も初めて訪ねた数年前から一緒に行ってくれて、今回も子供たちに弦の二重奏の音色を聴いて貰うことが出来ました。

 演奏前に子供たちから感じる極度の緊張、心の強張りのような「壁」は、音楽と話を通じ、時間と空間を共有していく うちに崩れていきます。
すると彼女たちの顔もあどけない童女のように変化していくのです。

 あの壁は外部の、未知な者に対する自分を守る術なのか…
 加害者でありながら被害者でもある10代の子供の傷ついた心がそうさせるのか…


冒頭は質疑応答コーナーの子供たちからの質問です。

 元来、十代の女の子というものは、男の子と比べて物怖じしないなあ、と思う瞬間はこのような時です。
「音楽のことに限りません。生き方のこと、ヨーロッパのこと、質問なら何でも受け付けますから遠慮しないで!」
というと最初に元気良く手を挙げる子は大体「2人(私とマークのこと)はいつ知り合ったのですか?」などと私的なことに直球を投げてきます。
 
 直球なら受け止めるのは簡単、そのまま投げ返します。
 即ち、ありのままをストレートに伝えます。

音楽とトークの後の質疑応答…そんな風な言葉のキャッチボールで子供たちは、最初おずおずと、次第に大きな声で笑うようになり、少しずつコミュニケートが可能になるのです。

 自分が毎年、年を重ねるのに比べ、院生は次々に入れ代わって永遠に十代なわけですから、もちろん私たちの年の差は広がる一方…
 そのせいかも知れませんが、以前は妹のように可愛らしく感じた彼女たちを、だんだんと娘のように愛おしく思うようになってきました。(!!)


今さっき家に辿り着いたところ。明日も、師走は(も?)走ります!
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2008-12-20 Sat 18:59
し。。。わすしわすしわ。。。す
しわすしわすしわす。。。

世間の皆さまの猛ダッシュほどではありませんが、ワタクシも何故か連日何かに追われるように走っております。(義理参加の忘年会はないけれど。。。)

昨日のラフレさいたまでのレクチャー情景をお1つ…
IMG_0110.jpg皆さま真剣?!
なんと400数十名の方がいらした快挙とのこと、有難うございました。
IMG_0118.jpg
 講義ということでお話がメインの90分…ですがやっぱりチェロを弾いて拙い話を補いたい!(弾いて誤摩化す??)
タイトルの「チェロ七変化」に合わせて7色の曲を用意、皆さま大変真剣にお聴きくださいました。

CDサイン会には実に沢山の方が列にお並びに…暖かいお声をかけて頂いて、元気になって帰路についたのです。

取り急ぎの生息情報まで。。。仕掛人O村さんとのお写真や、その後の諸々事件話はまだ後日に!

 明日は4時起き、一番の新幹線で西へ向かいます。(起きられるかしら?)

師走師走…やっぱり日本にいると<走る12月>となりますねえ。。。
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2008-12-17 Wed 12:13
天秤座の会 in 神楽坂2008
 今日は小雨で寒い日となりそうですね。

昨日、いや、もう一昨日となりますが、怒濤の静岡の翌日は一日off日でした。
 
 そういう絶妙なタイミングで久々に<天秤座の会>開催。
音楽評論家のM嶋先生のかけ声で年に2~3回ほど集まる、音楽に関係する人々の交流会です。
演奏家が一番多く、次いでライターの方に編集の方、そして通訳の方などなど…もちろん、皆さん素晴らしくお酒を嗜なまれます!

 前回は日本にいなかったか、地方公演だったかで伺えなかったし、この会は20歳過ぎに日本を飛び出して普段一人で弾く事の多い私にとって貴重な<仲間と再会>もしくは<仲間に出逢う>チャンス。楽しみに伺ってきました。

そして、会の前には島田真千子ちゃんと神楽坂の甘味屋さんでデート。真千子ちゃんは本当に素晴らしいバイオリニストで、数年前にカザルスホールで一緒に弾いてから、すっかり仲良くなった間柄です。
IMG_0106.jpg妹みたいに可愛い真千子ちゃん。
ただ、心は近いつもりでも会うのは2007年1月の私のリサイタル以来!
『えっ、もう2年?!こうしてゆっくり話せたのは何年ぶり??』と渦巻く時の流れの恐ろしさを語りあいました。
IMG_0107.jpg2人の憧れだった『紀の善』にて。豚のうす塩おせんべいも美味しく愛らしい。抹茶ババロアお薦めの◎。

 おしゃべりに花が咲き、急ぎ駆けつけた会場はルバイヤート。5月31日の紀尾井の打ち上げで田崎悦子さまと多いにワイン漬けとなった、実に美味しいお店です。

ご覧下さい、このメンバー!
一緒に弾くし、食べるし、のお馴染み礒絵里子ちゃん+ご主人のM藤さん、神谷未穂ちゃんを始めとする『湘南チーム』、そしてイマジン・ガラ以来の干野宜大さんに、大変ご無沙汰の大御所・斎藤雅広さま(定番のポーズ)、中学の時から存じ上げてる大須賀恵里さま(お変わりない!!)、他にも沢山の方々に再会できました。
IMG_0108.jpgさらにやっと出逢えた方々も!
 例えば↑私の横はチェロの新倉瞳ちゃん。なんて可愛いの!お人柄も真っすぐで清楚。(『CD持ってます。サインして下さい』と言われ、思わず頬を赤く染めてしまったワタクシ。おじさん化してる?!)「今度ゆっくりチェロの話しをしましょうね」とメールのやり取り中…チェロ族の結束はあくまでも固いのです!
 他にもーやっと会えたー高橋多佳子ちゃんや宮谷里香ちゃん↓のピアノ族。
IMG_0109.jpg   
    「ウォーリーくんを探せ」的な図
左下はすっかり溶け込んでらっしゃるルバイヤートのご主人です。

 本物の天秤座の方が貴重となってきた<天秤座の会>ですが…
ちなみにワタクシは12月24日の山羊座でアセンデントの裏星座(生年月日だけでなく、生まれた場所と時間によって影響する星は変わるのです。)が天秤座という通称「裏天秤」!

他にも『性格が天秤』とか『天秤にかけるのが上手』とか、色々ありましたが…
とにかくM嶋先生のお人柄で夜は楽しく更けていったのでした。


 <新しいリンクのお知らせ>

高橋多佳子の「!」な毎日:お互いにイソエリちゃんブログでお馴染みで『初めて会った気がしない~』だった、美しい高橋多佳子ちゃんの楽しいブログ

宮谷里香ホームページ:イマジンに引っ越し、これから共演の可能性も(??)の明るく可愛い通称「りかりん」のHP

バイオリニスト島田真千子の日記:妹分(?!)真千子ちゃんのブログ

瞳の小部屋:可憐なチェリスト新倉瞳ちゃんのブログ

ホッとブログ(評論家のマズルカ的ブログ):仕掛人M嶋先生による『変則的リズムの』ブログ


 さてと、今夜はお世話になっている方々の合唱コンサート(!)急いでさらってきます。
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:1 |
2008-12-15 Mon 14:47
静岡<フェルケール博物館>コンサート
日帰りで行って参りましたのは清水の「フェルケール博物館」。
<リハ中>IMG_0080.jpg
こちらは素敵な場所でチェンバロが良く似合いました。この優美な楽器の制作者は名古屋の安達さん。
「頭上ショット」IMG_0087.jpg

 前半はクラシカル・プログラムヴィヴァルディ、バッハ、ラモー、初挑戦のモーツァルト「魔笛」からアリアなど。
IMG_0088.jpg最後はビゼーの『ファランドール』で盛り上がりました。
 後半はクリスマスカラーとなって(↓牧子嬢はチェンバロに同化する素敵なドレス)私たちの定番「ゴットファーザー」と「黒いオルフェ」、そして初お目見え「ブエノスアイレスの冬」からピアソラ3連投!
 清水のお客さま方は2曲のアンコールの最後まで優しく暖かく包んでくださいました。
チャンスを下さった鈴与の鈴木さま御夫妻に心よりの感謝を!
IMG_0094.jpg
 しかし…覚悟していたとはいえ、1日2回公演は体力&精神力の両方において流石に厳しいものですね。(しかもAQTはいつも盛りだくさんなプログラムだし)
IMG_0096.jpg
ところが、3人とも「身体が疲れてる…」と自覚した夜の部はかえって無駄な力が抜けたようで、それはそれで面白い演奏となったのです。どちらがどうと言う問題ではなくて、集中力の質が違う感じ。


 今年の2月にデビュー公演したアクア・トリニティですが、三者三様のソロ活動をしながらも、『一年弱で培われたものが確かにある』と3人でトリオの成長を実感した嬉しいコンサートとなりました。

次回のアクア・トリニティ公演は1月31日のローランド第25回レイクサイドコンサートです。
これからもAQTをどうぞIMG_0091-1
宜しくお願い申し上げます!
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2008-12-13 Sat 23:13
あんなことやこんなことin鎌倉
 なにやら時間が飛んで行く中、数日前は滅多にしない地元散策をしました。

何故ならば、わざわざピアニストの小柳美奈子さまが登場して下さったからです。
IMG_0052.jpg先日のトルヴェール四重奏団のコンサートで素晴らしい演奏を聴かせて下さった
美奈子さん。短い時間でしたが、数年前に共演させて戴いた時からの「鎌倉デート」のお約束をやっと果たせました!

お昼は2年前に出来た食い道楽の友人たち推薦のお蕎麦屋「まつばら庵」。
IMG_0054.jpg池波正太郎の気分(?)
で明るい内から一杯…
それにしても『音楽家のブログは食べ物ばかり』と言われますが、確かに演奏家は美味しいもの好きばかり。
美奈子さんも御多分に漏れず、です。IMG_0055.jpgメニューを眺めながらキラリっ!と目が光ります。

祖父の近衞秀麿はよく『耳と舌は繋がっている。食べ物に興味ない音楽家の演奏は音に出る』という自説を披露していたらしい。要するに<食欲をそそられない音楽>なのだそうで。。。
IMG_0058.jpg限定の鴨さまは口の中で蕩けるよう。
IMG_0061.jpg海鮮かき揚げの海老が…烏賊がっ!
と言いながら、お酒と話のよくもまあ進むこと。。。
 音楽の話に旅の話、思考の仕組みの話に、そして<猫の話>!
IMG_0062.jpgシメのお蕎麦は海苔でキリッと。

この後は裏道ばかりを散策して友人のイタリア人がやっているジェラート屋さんへ。美奈子さま大感激なさっていました。彼女の鎌倉土産は「生シラス」となんと「土鍋」…須川さんも驚かれることでしょう。(美奈子さん、またいらして下さい。次回は神社巡りを!)
 
そして今晩のお客はこの方…↓
IMG_0073.jpg
いえ「この方たち!」でした↓
冬毛なのか、真ん丸!!IMG_0075.jpg
これって…デ…ブでは?

う~ん、何故に連れ立って来るのか?何を食べてこんなに丸くなったのか?
謎が多いアライグマたち。IMG_0079.jpg
ほんと、彼らは一体なにを考えて毎日を過ごしているのでしょうねえ?

明日はアクア・トリニティのコンサート。昨日が最後の練習でした。

静岡のフェルケール美術館で1日2回公演!
 +日帰り!!です。(近いけど)

 3人で気合いいれて行って参ります。
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2008-12-11 Thu 23:34
S・チェロ・クイズ<回答編その2> &ヒトサマのコンサートでエネルギー補給の巻
 またまた「明日に」更新できませんでした…狼少年状態のワタクシ。

今週は連日<合わせ+レッスン+出歩き(ヒトサマのコンサート含む)>でございまして(言い訳…)

まず先日のブログ「スーパーチェロ・クイズ打ち上げ編2」の続き、
『リーダー丸山さん、どうしちゃったの?』IMG_0020-1の答えを。。。

実は10月に丸山家に待望のベビー誕生!!
IMG_0017.jpg
渡邊辰紀さまがお祝いの言葉を述べられ、皆で寄せ書きしたカードを(なにせ丸山さんに気取られないように皆で相談、カードも行きの揺れる「スーパーひたち」の中で苦労して書きました)お渡し、乾杯しました!
プレゼントは、ベビーが男の子だったので(男性陣の強いご要望も有り)ベルギー製の可愛い三輪車↓!
現品はさすがに福島まで持ってこられなかった…ので目録代わりに「切り抜き」で贈呈儀式を行ったのでした。
IMG_0023.jpg気が早い?!
元気にすくすく大きくなって三輪車を乗り回してくれるのを一同楽しみにしています!

それで、これは丸山さんの<喜びのリアクション>
ありがとうのお辞儀→土下座→五体投地とパフォーマンスが移行…

なにしろウチのリーダーは硬派で照れ屋。
『刺身に足入ってるよ』と五体投地をストップした親友の辰紀サマでした。
IMG_0022.jpg『え?』と確かめるリーダー、素直です。

スーパーチェロアンサンブルトウキョウ2008in福島メンバー一同より
IMG_0016.jpg『丸さん、おめでとう!!』
そうそう肝心な演奏も、盛り上がってアンコール3曲!素晴らしいホールの中でチェロ同士のアンサンブルを楽しく味わった「ゆめはっと公演」でした。

<ヒトサマのコンサートでエネルギー補給の巻>

その1、先日あったパリ在住の神谷未穂さん(バイオリン)と広中舞さん(ピアノ)のコンサート。
姉や母の御縁で、彼女が可愛らしい高校生の頃から知っている未穂ちゃん。今回初めてやっと生演奏を伺うことができ、その優美な音色と躍動感溢れるシャープな演奏に惚れ惚れしてきました。
しかし…美しく大人しやかな容姿とあまりにも対照的なトークの炸裂にびっくり!
未穂ちゃんの弾丸トークと舞ちゃんの不思議トーク(「のだめ」みたい!弾いたら別人)の見事なバランスにお客さま大爆笑(もちろん私も)、音色だけでなく心が暖かくなったコンサートでした。
20081207204340.jpg舞台裏で美女2人と!

その2、昨晩は鈴木重子さんにお呼ばれしてスイートベイジルに伺っていました。
重子さんには先月ご紹介戴いたばかりですが、歌を伺う以前にお人柄が大好きになってしまった。
その後、とある場所で偶然に再会し、御縁の不思議をお話したばかり。。。
IMG_0043.jpgそんなこんなで、生まれて初めて入ったライブハウスです。
骨董通りのブルーノートには友人の演奏を聴きに行ったことがありますが、また雰囲気が全然違う。

そして…思った通り、重子さんはお人柄そのままの歌を歌ってくださいました。
自然体。柔らかくて、凛として、ひとを包み込むような大らかなお声…大地の母を思います。
IMG_0046.jpgそしてゲストは遊佐未森さん。重子さんが『可愛い可愛い』と仰っていた通り、本当に可愛い。存在が可愛い。でも重子さんも、可愛い!

それから…お二人の透明感のある御声が重なったときの心地よさと言ったら!ふわあと肩の力が抜けてきました。「あれ?私、頑張っていたのかしら?」
終了後、楽屋裏のお二人IMG_0048.jpg都会の妖精たちです。
IMG_0051.jpg
左からピアニストの森陽子さん、今回の出逢いを下さったH氏、重子さん。

重子さんとはこの後にゆっくりお話することが出来て、ますます「ふわあ」とリラックス。
不思議なオーラの重子さん効果を沢山受けて、エネルギー満タンになって就寝できました!

明日もAQTの合わせ、毎日毎日元気に目覚められる喜びを、そのまま音にしましょう。
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2008-12-09 Tue 23:58
スーパーチェロ・クイズ<回答編その1>
お待たせ致しました!スーパーチェロ・クイズの回答です。

 <楽屋クイズ>の答え
彼らの視線の先には一体何が??IMG_0005-1

これです。
『そこのチミッ!!』IMG_0002-1とは、いつも柔和な林裕さん。

チェロ関係の発明家としても一目置かれている林博士ですが、この構えているチェロ、どこか変では??
IMG_0003-1
そう、このエンドピンをご覧下さい。う~んアルプスのホルンみたい。

もの凄く長いでしょう?
これは立って弾く時のためらしい。。。左にいる海野幹雄くんの師匠、木越洋先生(N響首席チェリスト)は最近、日本初(オンリー?)のスタンディング・チェリストとなられ、より良い響きを求めて彼も一緒に研究中なのだそう。後ろは興味津々の朝吹元くん。
IMG_0004.jpgこの後も『バランスがああだ、響きはこうだ』と、男性の楽屋はいつまでも盛り上がっていた様子。
IMG_0007.jpg試しているのは今回の最年少、市寛也くん、まだ芸大院生です。
なかなか安定するのが難しそうですね、でも試してみたいかも。

 お次は<打ち上げクイズ編>
IMG_0026-1
どなたでも、この上森祥平氏の高笑いには納得の<答え>です。
ちなみに横で黙々と食べるのは渡辺辰紀さま。

で、語りだす上森氏、突っ込むリーダー丸山泰雄氏、相づちを打つ間にちゃんとお箸を動かす林氏、
なんとも絶妙なアンサンブル!IMG_0027.jpg
実は…先日、上森氏はバッハの無伴奏全曲演奏会をしたそうなのです。
一晩でバッハ6曲とは、どのチェリストにとっても大きな意味を持つコンサート。
IMG_0028.jpg
そして…その日のコンサートは更にもう一つ大きな意味を持つ事に…
並外れたスケールの上森氏はIMG_0030.jpg、なんとアンコールの際に舞台上から客席にいる恋人にプロポーズしたそうな!!

公衆の面前で!!バッハ全曲の後で!!いや、バッハの勢いを借りて…なのか?!
もちろん、観客の視線を一心に浴びた彼女は手でマル印を作って応えてくれたそうです。(そりゃそうだ)

ちなみにお二人は高校からの同級生で、ドイツ留学も一緒にしたチェリスト同士だそう。
本当におめでとうございます!

ですから、<笑いが止まらない>状態なのも納得でしょう?
『え?僕?!』IMG_0031.jpg絶好調です!

 う~ん、やっぱり男性ってロマンチスト!!?

そして…3問目の答えはまた明日に…さらに<目出度い>、今回のスーパーチェロなのでした。
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2008-12-07 Sun 15:33
ゆめはっと公演・南相馬のスーパーチェロたち
 昨日は福島・南相馬ゆめはっとホールでスーパーチェロアンサンブルトウキョウ(長い!)の公演で12人で思いっきり演奏、今朝は早起きして、さっき帰宅したところです。

今からまた直ぐに出掛けますので、取り急ぎ、ちらりとだけ昨日の様子をお目にかけましょう。
しかも、クイズ形式で。。。

 先ずは…楽屋の様子

この人たちが注目しているものはIMG_0005.jpg
一体なんでしょう?


 打ち上げの様子

①この奥の人(メンバーの上森祥平さん)は何故こんなに弾けた表情なのでしょう?IMG_0026.jpg
②リーダー丸山さんは何故このような姿になっているのでしょう?(ヒント、お酒は一滴も飲んでいません)
IMG_0020.jpg

まあ、怪しい写真ばかりではナンなので、演奏終了後の女性チームの写真をお目にかけましょう。
IMG_0012.jpg
いつもの如く、ですが、今回もビートルズからやヨハン・シュトラウスまで大変な盛り上がりを見せました<スーパーチェロ>、サイン会に並んで下さったお客様からも『楽しそうでしたね、こちらまで嬉しくなりました』や『興奮しました!楽しかった』という御言葉をたくさん頂戴しました。

 舞台上の12人の熱気はちゃんとお客様まで伝わったようです。

では、回答はまた明日、かな!?



別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2008-12-05 Fri 00:58
スーパーチェロとAQT<シンプルな幸せ>
 秋に逆戻りの感あり。
今日などはブーツがいらないくらいの暖かい一日でした。(でも福島行きの土曜日から寒~くなるらしい)

この3日間は連日リハーサル。
今日などはAQTとスーパーチェロのWリハ、併せて12時から21時までの長丁場でした。
20081204145655.jpg12月14日の静岡では初お披露目の曲が4曲あって自分たちで「ああだこうだ」と編曲もどきをしております。聞き慣れた作品がチェンバロの音色を通すと、全く新しい響くとなって本当に楽しい。3人ともアイディアが泉のように(?)湧いてきて…AQTの存在には新たな刺激を受けております。
例によって、お菓子持参で楽しく過ごし。。。photoーー1

こちらは恒例の「スーパーチェロ車内写真」
20081204211159.jpg揺れたのでクリアーではないですが、今回も12人ともにエネルギーたっぷりです!

今日は<続き>があります。ご興味がお有りの方は↓の【Read More・・・】をクリック
スーパーチェロとAQT<シンプルな幸せ>の続きを読む
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2008-12-03 Wed 00:26
毎年恒例<怒濤の師走>、始まる
 おお、12月!!
いつの間にか怒濤の師走にはいっておりましたね。

 毎年思う事ですが、この最後の月をどう濃く過ごすかで「ワタクシの2008年」の意義が決まってくるような、追い込みに入った気がして、少し焦る月です。

 『宵越しの金は持たねえ』的に、ヤケにならないよう気をつけなくっちゃ。


さてさて日曜日は広尾で早めのクリスマスを思う(そういうプログラムの)コンサートをしてきました。
今回の共演は作曲&ピアノの大魔神、加藤昌則さんです。IMG_5451.jpg
歌って踊れる、いや、語って弾く楽しいコンサートとしたかったのですが、
DSCN4463.jpg『大魔神語る』
『水谷川語る』DSCN4466.jpg

『大魔神笑いをとる』
DSCN4471.jpgとエンドレスに盛り上げ、満場100名のお客さまは大爆笑から苦笑まで、よく腹筋を使われた事と存じます。。。

 演奏の方も盛りだくさんで、バッハ、シューベルト、カッチーニのアヴェマリアに対決した加藤さんの名曲『サンタマリア』、そしてバッハのビオラ ダ ガンバ・ソナタに、ピアソラ(今回は初めて『ミケランジェロ70』も弾きました)シリーズ、2006年に私のために書いて頂いた加藤さんの可愛らしい作品『カンツォネッタ』などなど…そしてトドメは今回のために7重奏だった自作を編曲して頂いた『ノエル・ファンタジーク』!
 DSCN4477.jpg加藤さんの八面六臂の活躍に、皆さま拍手大喝采でした。

 大魔神とは3月に茅ヶ崎でまた共演させて戴きます。今から弾きたい曲をピックアップ、また楽しく、聴いて下さった方が元気になるコンサートを目指します。

 そして翌日の昨日は、朝から横浜のリリスホールへ。
来年1月11日にあるスーパー・チェロ・アンサンブル・トウキョウ(12本のチェロ)の取材でした。
002.jpg
私はリリスの賛助アーティストとなっているので 、リーダーである丸山泰雄さんのサポートに回ったつもり…が、2人の会話が何故か漫才のように…お察しの通り、私が<ぼけ>です。丸さま、笑いっぱなしだし。。。

横浜のケーブルテレビ局で放送して下さるということなので、バリエールの二重奏も演奏しました。(そう、ヨーヨー・マのチェロとボビー・マックファーリンのスーパーボイスで掛け合いした、あのテンポの良い曲です)
003.jpg
短かったけれど、楽しく弾きました。
004.jpg
ちなみに、ワタクシの服(というかコスチューム?!)、この日は<硬派チェリスト・丸山泰雄>を意識してワイルドにしてみました。番長みたいでしょうか?
005.jpg
『暗譜でも弾けるもんね!』と嬉しく弾き終わったの図。
本当にアンサンブルは最高に楽しい!人との会話が弾んでいるみたいに、チェロ同士が勝手に語り合っています。
006.jpg
丸さまのチェロケース、可愛い!
本番の人数はこの6倍です。本当にオーケストラに勝るとも劣らない迫力の音となるのです!

明日から3日間は今週末のスーパーチェロ福島公演の練習が始まります。
皆とも久々だし、楽しみ。楽しみながら、磨いてきます。

 そうそう、今日は自分にとって嬉しいお話をコミミに挟み…今月19日に「ラフレさいたま」である朝日カルチャーのレクチャーコンサート、決まったのも押し迫ってからだし、告知も数日前…だったのですが、『既に300人のお申し込みが…』ということで、すこ~し疲れがたまり始めてきた私としては、背中を押して頂いたような気持ちになりました。まだまだ、これから。。。
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
| 水谷川優子のチェロ弾き旅烏日記 |