旅するチェリスト水谷川(みやがわ)優子のブログ

2009-01-30 Fri 13:13
越後日記その2「冬野菜の優しさ」
越後日記の続きです。。。

見附でホールの皆さん、マネージャーK木氏、そして山本さ(く)んとお別れして、些か寂しくなりかけた所を、新潟各所から聴きに来てくださった友人たちが待っている岩室温泉の旅館に向かって雪の中をドライブ。IMG_0647.jpg
 「〆張鶴」で乾杯し海の幸のお膳を囲み、皆で大いに語り合いました。
(日本酒について:最近「越の寒中梅」や「越乃影虎」などを戴きました。どんなお味かワクワク…もちろん八海山や久保田、 越乃寒梅も美味しいけれど、いつぞや戴いた「洗心」なども大変に印象的で…新潟の日本酒って奥が深いなあ)

 そしてー夜は夢にまでみた温泉、朝は憧れの岩盤浴ー

もう血液の循環がよくなり、雪でも「寒くない!」
しかし、ポカポカと日光浴しているかのような暖かさは半日ほど持続し、忽然とどこかに消え去ったのでした…(魔法のようです。いつか、ゆっくり逗留したいものだ)

でも、異様なポカポカ状態が続いたのには、もう一つ理由があるようです。

それは新潟の冬野菜!

コンサートの翌日、三条の友人たちに御案内戴いたのは三条市内にある「たんたん」という料亭。
IMG_0669.jpg
ご覧下さい、この自由な空間!

心ものびのびします。

いわゆる創作料理で、美味しい季節のお野菜や海の幸をたっぷり頂きました。
IMG_0670.jpg
 と…美味しくて目にも楽しく美しいお料理の数々をご紹介しようと思いましたが、今は時間切れ!!

続きは、また書かせて頂きます。。。

 明日はAQT(アクア・トリニティ)の浜松公演。(<完売御礼>だそうで有難うございます)
既にリハーサル三昧で、今日も今からいかなくては!

 雨の日にチェロ付きで出掛けるのは楽器が湿気てしまって悲しい。。。(今晩は練習後に新進チェリスト新倉瞳ちゃんのコンサートに伺います。楽しみ!雨に負けず、頑張って!!)
    IMG_0699.jpg
そういえば今朝は成田空港の山本貴志さ(く)んからメールが届きました。
彼は今から欧州へ、行き先が偶然にも姉家族が住むルガノだということなので「お役に立てるかも!」と姉に託しました。
(音楽に自分を尽くしている山本さ(く)んの姿は清々しくて、心から応援したくなります。これって母の心境?!いや、姉です!)

         あと、ご報告1つ

アルバート・ロト(ピアノ)とマーク・ゴトーニ(ヴァイオリン)の両氏と組んだピアノ三重奏「テオフィルストリオ」が、去年京都で行った公演を評価されて青山音楽財団から「バロックザール賞」を受賞いたしました。授賞式は3月、応援下さった方々に深く感謝申し上げております!
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2009-01-28 Wed 00:58
越後日記その1「アルカディアの幸せ」

雪…20090124161702.jpg雪…
先日、土曜日に新幹線で長岡を降り立った時は吹雪のまっただ中でした。
IMG_0627.jpgなにしろ何処もかしこも真っ白で長岡から見附への移動中に遭難するかと思う一瞬があったくらい。

 しかし『嵐とか吹雪とか、わくわくしますよね~(自分が凍えなければ)』とはしゃぐ山本さ(く)んと私。

実際のところ、前日入りで本当に良かったのです!IMG_0629.jpg天候のことも有りますが
ゆっくりホールでリハーサル出来るのを有難く思いました。

…で、熱演(?)のあまりアンコールのショパンのエチュードの最中に弦を切ったワタクシ。
弦が切れるのなんて十年ぶりかも…しかも一番太いC線です。
ふう、リハーサル中で良かった。IMG_0632.jpg

さんざん練習したあとは嬉しく館長のS山さんにヘギ蕎麦を御馳走になりましたが、お店の前で車を降りる時に『気をつけて!』と言われたのがこれ↓IMG_0633.jpg雪解け、いや、雪溶かし水。
かなり飛び散っています。北国に来たのだと実感した瞬間。


で…肝心の山本さ(く)んとの舞台ですが…

    「幸せ」の一言でした。

グリーグもショパンのアンコールもヤルネフェルトもまた本番で新しい命を授かりました。



 『天然でマイペースな弟と、知的でツッコミ激しいお姉さん。(笑)』:メール
 『山本さん、可愛い。お母さんと息子みたい』:コメント

。。。という感想を戴きましたが、舞台上の<ビジュアル的>にはミスマッチ??だったらしい?!

 『長年連れ添った共演者の様ですね。』:メール
 『一緒の空気を吸っている感じ、響きが倍増でした。』:メール
 『ピアノとチェロの音が一つになって聴こえました』:メール

 演奏面ではそんな事はなかったようですね。良かった。。。

本当に一緒に弾いているのが自然で、不思議な時間でした。

普通の時はくったくのない青年(真っすぐな少年みたい)ですが、鍵盤に向かうと気配が変わります。
それが全く不自然でないのは、一抹の作為もないから。

 なので山本さ(く)んと書いてしまうのです。さ、だけでも、く、だけでも足りない。
 年齢を超越した希有な人です。


(それにしても…お母さん発言には「ちょっと!!」と憤っているワタクシです。それは幾ら何でも有り得ないでしょっ!!これを言ったのは珍しく聴きにきた私の実の母、じゃあ、貴女は山本さ(く)んの祖母か!?)

気を取り直して、サイン会の様子。IMG_0634.jpg
新潟の皆さま、本当に暖かかったですねえ。

終わって新聞の取材場面。
IMG_0637.jpg
なにやらシンクロしてる?
IMG_0638.jpg危険っ!!
『こんな子が息子だったら、お母さまは嬉しいのだろうなあ…』などと思ってる自分発見です!


それは置いておいて…

最後の最後にお世話になった見附文化会館の皆さまと写真撮影。
IMG_0641.jpgチャンスを作ってくださった文化会館アルカディアの館長S山さんは一昨年の上越でお世話になった方です。

今回も素晴らしい体験をさせて戴いて、本当にありがとうございました!

   山本さんとは握手でお別れ。「また一緒に弾きましょう」と。


そして…新潟にもう一日残った私なのでした。↓IMG_0659.jpg続く…
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2009-01-24 Sat 17:29
雪も嵐も踏み越えて…
20090124172913
見附に到着!

埋まるかと思う吹雪だけど、雪景色が本当に綺麗です!

雰囲気の良いホールで今から山本さんとリハーサルしてきます。
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2009-01-22 Thu 22:42
時差と大統領就任演説
『お帰り~』
『ね、ね、IMG_0456.jpgもうドコへも行かないよね?!』

と早速スーツケースに和むネロオ…
『これで一安心っと…IMG_0462.jpg…zzz』

 というわけで私は元気に帰国しております。


ただ、今回は珍しく時差を体感しているところ…夜が更けると目が冴えてきてしまいます。
それというのも、帰った早々にオバマ大統領の就任演説を生放送で見たがため。。。

だって今度の大統領にかけるアメリカ国民の期待と興奮は日本でだけでなく、ヨーロッパにも熱を持って伝わってきていて…やっぱりその歴史的瞬間をライブで感じたかったのです。

よって到着日はいつも我慢する「到着日の昼寝」(時差ボケ対策で)をして夜中に備え、深夜01:30にはテレビの前で着座。
  
…新大統領の出番を待っている間は気もそぞろで、A.フランクリンの熱唱もパールマンやヨーヨー・マが熱演したJ・ウィリアムの新曲もあまり耳に入ってきませんでした。残念。

 そうして、とうやく、オバマ氏が聖書にこもったリーンカーンの力を借りるように宣誓。(長官の誘導ミスで翌日に宣誓のやり直しがあったそうですが、そんなことは何の問題もない)

 あの演説は私の耳には大変シビアに響き、だからこそ新大統領の決意を感じました。

国民に夢のような約束手形を降ってみせるようなものでも、むやみに鼓舞するようなものでもなく…
厳しい冬のような<今>の現実の姿から目を逸らさず、『わたしと共に歩んで少しでも前進しよう』と聞こえました。いつか来るはずの春のために…

 国の在り方も考え方も、そのまま日本に持ってきて比較したら何も始まらない。
 私たちの国とアメリカは、成り立ちも、国民の責任と権利の捉え方だってあまりにも違うもの。

でも演説を通して、自分を省みて思う事が沢山あります。
 ーでは私は?ーと


 ところで、私の母の妹は若い頃にアメリカに留学し、同じく日本人である叔父とともに永住権を獲得していますが、カリフォルニア州で生まれ育った従兄妹たちは完全なる「米国人」。今はそこに次の世代も生まれています。それから今スイスに住んでいる姉も音楽のためにアメリカに留学、夫である義兄はコロラド生まれのドイツ系米国人なので、現在はまだ小さい私の姪たちや甥も成人したらアメリカ国籍を選ぶのかもしれません。

 そんな家族たちを通し、そして自分自身も十代からチェロを通して体験してきた「アメリカ」ですが、ヨーロッパにいるせいもあってか、ここ数年間は非常に距離のある<国家>となりつつありました。
 排他的で驕っている国…まるで国自体が意志をもち、国民を捨ておいて暴走しているみたい。そこに感じた不安は近年どんどん強くなっていたのです。

 でも、今回の大統領選での多くのアメリカ国民の方のアクションを見つめながら、久々に<アメリカ合衆国>になんだか「古き良きアメリカ」を重ねている自分を発見しました。

 ーでは私は?ー

拙い言葉に長々と、お付き合い下さってありがとうございます。



 さてさて、明日は山本貴志さんとペールギュントの合わせ、身体のメンテナンスに、ドレスのデザイン相談。

土曜日からは新潟です。
また寒冷対策でドイツのように帽子とブーツ装備!でも、寒いでしょうねえ~
IMG_0609.jpg
例え<チェ・ゲバラ>と呼ばれようと
ベレーは手放すまい!200px-GuerrilleroHeroico-1

時差と大統領就任演説の続きを読む
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2009-01-19 Mon 03:58
時は○なり。。。
時は人を待たず
 時は得難く失い易し
  
そして説得力があるのは
  <時は金なり>

しかしIMG_0531.jpg~普通人は時をつぶすことに心を用い、才能ある人間が心を用いるのは、時を利用することである~

とは↑「イタタ…」と胸に突き刺さるショーペンハウエルのお言葉…


さて、早いもので、なんと日本に戻るのは明日です。

今回は久々の自宅で「やるべき事」を片付ける筈だったのに、結局のところ…

締め切りが迫った原稿書き
締め切りの迫った書類書き
&即答すべきメールに追われる生活でありました。

でも久々に家の台所に立つのは楽しく…

もう外には出られない<鳥の悪魔焼き>IMG_0581.jpg

新潟を夢見て<甘エビと雲丹の冷製パスタ>IMG_0569.jpg
寒~い日には<ポロネギスープ、ポーチドエッグ入り>
IMG_0592.jpg
麺食いのM夫のリクエスト<ライムを効かせたサーモン・フェットチーニ>
IMG_0595.jpg(パスタは近所のイタリア総菜屋さんで売ってた巨大フェットチーニ。パプリカ、フンギの野菜3種味、乾麺です)
他にも<オックス・コトレット>、牛肉を自分で叩いて<スペシャルカレー>も作ったし、ストレス解消して良い時間を過ごす事ができました。


そして今回の自宅で驚いた事はこれ↓

書斎でコンピューターに向かっていたら窓の外でカサカサ…という音が。。。
見ると、こんな人が!IMG_0509.jpgいやリスが!
これって去年の10月のブログに載せた『悪いリス?』では…
垂直な壁を引力をものともせずIMG_0518.jpg
登ったり降りたりIMG_0520.jpg
どうもゴハンになる実があるらしい。IMG_0562.jpg
すぐ側で見ている私を横目で睨みながら(こわっ)
IMG_0546.jpgムササビのように宙を飛ぶリス…
気がついたら2匹に分裂、増えているし…IMG_0563.jpg
どうも鎌倉とダブる光景です。

ここまできてもリスに脅かされる私なのでした。

   …さ、パッキングしてきます…





別窓 | 海のこっち側で | トラックバック:0 |
2009-01-17 Sat 06:31
遅ればせながら。。。
せっかく日本から連れて来た私のMacBookがソフトのアップデートでモニャモニャ…
ベルリン自宅での接続パスワードがナンタラカンタラ…

 …
  …というわけで、やっと過去写真がアップできました!

1月11日の「スーパーチェロアンサンブルトウキョウ」女性チーム楽屋前にて
IMG_0467.jpg
 このアンサンブルはいつも圧倒的に男性が多いのですが、やっぱり女性が多いと華やか!
真ん中は、その昔に同門生だった林詩乃ちゃん。アメリカから一時帰国中で今回スーパーチェロ初登場でした。
IMG_0468.jpg後半の衣装は『ラテンで行こうっ!!』というリーダー丸山泰雄氏のお声掛けでしたが、例によって写真撮る余裕なし。。。

 今回は新年早々いろいろ有りましたが、シュトラウスからピアソラ、丸山さんと渡邊辰紀さんの定番であるソッリマ(カッコいいの一言!)、ヴィラ・ロボス…と無事に終わり、お客さまの暖かい拍手で盛り上がってアンコール3曲。お茶目な辰紀さんのリードでビートルズ、丸山さんのゴフリラ(チェロの名器)が唸る「誰も寝てはならぬ」に、大好きなトゥナイトで締めくくりでした。
 次回のスーパーチェロは5月末の三鷹公演で新しいプログラムにチャレンジ!(今からリーダーからゲキを飛ばされております。。。)

 そうそう、加藤昌則さんの「音祝」は見事に生まれ変わって、大ブラヴォー!!
これから毎年どのような変容をみせるのか楽しみだし、二年続けて弾かせて頂けて光栄に思っています。


そして翌日は、これ。IMG_0497 copy
今年も六本木ヒルズクラブで、応援して下さる「Enne倶楽部」のNew Year Concert & Party
が行われ、会員の方が遠くは和歌山や新潟からも駆けつけて下さいました。

 演奏はマークと二重奏でアメージジング・グレイスからグリエール、ラヴェル、ピアソラなどなど。
IMG_0500 copy
ちなみにEnneとはマークの故郷フィンランド語の古い言葉で、日本で言うところの「ご縁」とほぼ同じ意味。仏教徒の国じゃないのに…面白いでしょう?


晴れていたら東京のビル群の向こうに富士山が見えるという、この会場。
IMG_0495 copy
去年は曇りで蜃気楼が見えましたが、この日は演奏やお食事が終わって「さあ、帰ろうか」というタイミングで晴れ晴れとした富士のお姿がくっきり!!

 しかし逆光で写真は断念…自分の目カメラでは激写しました。

ー「日頃の行いが悪いと富士山は見えない!」などと数日前から周りに豪語していたので、ちょっとホッとしたワタクシー

さらに今年はサプライズで笛吹き王子(3/1のコンサート乞うご期待!)というゲストもあり、春から大いに盛り上がったのでした。
DSCN4614.jpg
この記事を書いていて、遅ればせながら、今やっと年が明けてエンジンがかかった気がします。

 今年もやりたい事が山積…どうぞ宜しくお付合いください!
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2009-01-15 Thu 06:02
初雪、いや残り雪?!
2ヶ月半ぶりのベルリンは…道が凍っておりました!
IMG_0523.jpg
すっかり忘れていましたが、ドイツの冬って耳が取れてしまいそうな寒さなのです。
でも、その分空気が澄んで気持ちよい。

 頭も冴えてきます。

空っぽの冷蔵庫を満たすために出た買い物兼散歩の途中で雪にはしゃぐ犬に遭遇。
(↑写真の左後方で弾んでいるのも、このコ)
雪に同化!IMG_0524.jpg
やっぱりコタツに入って丸くなる猫とは大違いですね…

久々の雪に本来ネコ科の私も、つい気分が高揚。
IMG_0525.jpg
今日ばかりは犬の気持ちに共感しました。。。


 今回の旅も流儀は変わらず、例によって搭乗前に暖かいご飯を食べ、機内では食前酒のみで機内食には手を付けず、ひたすら水ばかり摂取。(手荷物には「うにあられ」とロイズの「生チョコ」…)

それから、イギリス人辛口コメディアン・リッキーRicky Gervais主演の新作「Ghost Town」と、ちょっと前にトム・クルーズが悪役を演じて話題となったマイケル・マンの「Collateral」を観て一寝入り。

目覚めて空腹を感じたところに、父がくれたお薦め番組「Anthony Bourdain: No Reservations~アンソニー世界を喰らう」のDVDーベルリン編ーを観たのが悪かったのか、今朝起きたら無性にケバブが食べたくなって…(トルコ系移民が多いベルリンでトルコ料理は重要な位置を占める)お昼は近所で美味しいと評判のトルコ料理屋さんへ急いでDürüm Dönerを注文しました。

ケバブって、こんな巨大なお肉の固まりをシャッシャッと薄く削り取って
images-1.jpgたっぷりの野菜と香辛料をのせて
180px-Doener_berlin_kraeuter.jpg
くるくるっと巻くとこう↓なるのです。
IMG_0527-1
というわけで久々の自宅生活を楽しんで(全く、どこが自宅なのやら。。。)おりますが、自分のMacBookのインターネット接続問題で今日の段階では未だコンサート写真がアップ出来ずで…ごめんなさい。
別窓 | 海のこっち側で | トラックバック:0 |
2009-01-13 Tue 12:05
発つ鳥、後…は野となれ山となれ
20090113120501
成田!

極寒のドイツにホンの少しだけ帰ってきます。

しかし…ベルリンは日中平均気温が-4°だという噂…凍えてしまうかも…
なのでモコモコブーツにダウンコート、必需品の帽子で完全防備!

…もうじき芽が生えそうです…

熱かったスーパーチェロや昨日の六本木ヒルズでの新年コンサート&パーティーについては、またベルリンに着いたら…

でも来週の今頃は成田に着地してる、かも。

(写真は昨日、東京の真ん中で富士山に見とれているところ)
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2009-01-10 Sat 23:35
バタバタ… ~でもチェロからはいつも力を貰う~の巻
昨日の朝は12チェロ関係で事件勃発(@_@)
 今回も病院関係にお世話になったメンバーが…

しかし昨日もラッキーな事に、またしても速攻で強力な助っ人チェリスト登場!!
前からメンバーのM野くんですが、スーパーチェロのレパートリーを網羅しているし、アンサンブルも何の問題なしで、素晴らしいです。(リーダー丸山さんの培った人脈も凄い!)

 しかし…個人的には、昨日と今日の予定が変更となり大騒ぎしておりました…
実はスーパーチェロの翌日にはバイオリンと二重奏のコンサート、その翌々日にはドイツに飛ぶのです…(一週間弱ですが、ベルリンの自宅に帰ってきます)

というわけで今日もそんな中、スーパーチェロの合わせでしたが
その前には「こんな方」とのリハーサルが…20090110162631.jpg
愛車ジープを乗り回す笛吹き王子

  しみじみ思いましたが、やっぱり一噌さんは笛も凄いですが、人間が…
自由な心というか、世間のワサワサやイライラなんか関係なく飄々とした笛吹王子には「ハッ」とさせられます。

そんなこんなで、マークとの三つ巴リハーサル中にエネルギーを得て、スーパーチェロの練習に走ったわけです。
今日は遠いリハーサル会場だったので、帰ったのは23時…

 でも、明日は12人でオケにも負けない迫力を
 カルテットにも劣らないアンサンブルをお聴かせできるよう尽くします。

加藤昌則さんの『音祝ぎ』の初演もお楽しみに!!

        
      さ、暖かいお風呂で熟睡。。。
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2009-01-08 Thu 22:32
初雪の夜??
 12人のチェロのリハーサルが始まりました。
今日と明日は、なんと本番の舞台での贅沢リハーサルです。

 リリスホールさま、太っ腹!!

しかし…実は今日、メンバーのSくんが急患(インフルエンザ)となり、高熱の出る中をマスクして頑張って合わせに来たけれど、もちろん『速攻帰宅っ!早くベッドへ!!』ということに…

 即、リーダー丸山さんが色々なチェロ弾きに電話をかけ続け、運の良い事にリハーサルと本番に全部出られる素晴らしい「お助け人」チェリストを発見!彼が駆けつけてくれて、無事に12人全員で練習することが出来ました。

  そのせいなのか、今日のリハーサルは12人中6人がマスクを装着したままチェロを弾き…
   ーちと異様な光景でありますー

 まあ、備え有れば憂い無しでしょうか?

お昼過ぎから缶詰め、集中した6時間練習が終わってホールの外に出たら星がキラキラ光っていました。
  

 帰ってから念入りにうがいして、滋養抜群の野菜のクリアースープと赤ワインで身体がポカポカとなった私、これで明日も元気に出勤できます。

 どうか皆さまも、お風邪など召しませぬように!
 ー今晩は噂によると<雪>だそうですー
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2009-01-05 Mon 23:58
仕事初め
 今日は世の中の皆さまと同じく、仕事始め!

一昨日、昨日は関西に出掛けておりまして…

3日の始発新幹線の窓から臨んだ初富士山のなんと厳かなこと!
真っ白な冠をいただいた堂々としたその姿は一点の曇りもなく、胸を打たれました。

 これこそニッポン!!

暗い事ばかりが取沙汰されている昨今の日本列島、「その中でも絶対に変わらぬ!」と言われたように感じました。
そう、右往左往したって仕方ないことだって有るのです。
吹雪の中を前進しなきゃならない時、せめて自分の心の芯だけはしっかりと定めておかなかったら、時代に翻弄されてしまうもの!


と…エネルギー溢れて向かった<仕事始め>。
仕事と言ってもあくまでも楽しく、午前中はお馴染み能管の笛吹き王子こと一噌幸弘さんとバイオリンのマークとトリオの合わせでした。
コンサートももちろんのこと、楽しいのですが20090105110352.jpg
聴いて下さっている皆さまは、こうしてゼロから音作りする<試行錯誤>の過程をご存知ないのですものね。

王子とマークは今回初顔合わせの初音合わせ、嵐のような笛と純クラシック一筋のバイオリン、2人の即興が面白くて、私はあんぐり口を開けているばかり。2009010ー5140032
3月1日の築地本願寺のコンサートはどんな事になるか…いっそう楽しみになりました。

 そして午後は同じくお馴染み作曲家の加藤昌則さんとちょっと録音なぞ…デモ用に加藤作品を録って頂きました。(私が大好きなアノ名曲を!)
 自分の音を聴くのって本当に勉強になります。それに録音中に使う集中力は普段より凝縮されているし。(疲れますが…)
 『いっつも、こんな事してたら凄い上手になってしまうよね』とは加藤大魔神の弁。

弾いて、すぐ聴くのはプロ、アマチュアを問わず何方にでもお薦め出来る練習法であります。(自分も面倒くさがらずにやらねば…)


で、加藤さんとお別れしてからパリ↓へ…??
いえいえ、アップルストアに用事があったM夫(弾いていない時の名)と待ち合わせし、途中で一休みした銀座三越の中のラデュレです。
『パリのお土産~』とここのマカロンを戴いた事がありますが、いつの間に日本に出店が…?
20090105191147.jpgう~ん、店内は「日本じゃないみたい」
いえ、街頭の光が美しい銀座の四つ角が国籍不明のせい…
隣の席がロシア人カップルだったせいもある…かも?

 今日のミニ褒美(なんのだ?!)として食したマカロン、M夫は『チューリッヒのルクセンブルゲリ(その創業がラデュレより長い、スイスの老舗お菓子屋さんシュプリュングリ)のマカロン…というか向こうはルクセンブルゲリというのです)より美味しいっ!』と喜んでおりました。

なんともやは、のんびりとした<仕事始め>の一日でございました。


追伸:やっと新春らしいテンプレート発見!
PCでご覧の方も携帯の方も、暫く梅の香りをお楽しみ下さいませ。
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2009-01-02 Fri 18:35
新しい春2009
            謹んで新春のお慶びを申し上げます。
2009年が皆さまの20090102125019.jpg喜び溢れる年となりますように!
 
            今年もどうぞ宜しくお願い致します。


2年連続して過ごす日本の年末年始、しみじみとお正月を味わっております。
(味わい過ぎて…ワインもシャンペンも、お屠蘇もそろそろ控えようかと?!)

さてさて、鎌倉の三が日は表に出るのを躊躇するほど町が混雑、
 いつも静かな住宅街まで真っ黒な人の波です。
 なので今年も地元の方々が初詣なさる、家のすぐ近くの神社にお詣り。

そして…毎回のことながら御神籤は<神さまから直のメッセージ>と実感。
特にここで戴く御神籤は、いつも<今>の私に過不足ない課題を与えて下さるのです。
 「厳し過ぎず、甘やかさず」
 ちゃんと空の上から見てらっしゃる方が…

こちらの写真は「鎌倉鶴岡八幡宮」
<嵐の前の静けさ>であった一瞬…20081230172609.jpg
去年は実に247万人の方が初詣にいらしたそう。本当に身動き出来ないほどの人出になります。
本宮から下を臨んだところ…20081230172527.jpg向こうの暗闇は海。
冷たい空気が冴えていました。
 
 元旦の昨日は弾き初めの日。
 年頭にあたってチェロに1つ約束事をしました。
 それを果たす一年にできるよう、一日一日を大切にしようと思います。
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
| 水谷川優子のチェロ弾き旅烏日記 |