旅するチェリスト水谷川(みやがわ)優子のブログ

2009-04-29 Wed 17:04
時は流れ→日本へ
ヴァールスの音楽祭以来、数年ぶりのオランダ
IMG_1391utrecht.jpg
相変わらず人々が明るく、極上にフレンドリーな国です。

ここにいると何が起こってもイライラすることはほぼ不可能になってきます。
のほほ~んとした空気は、まるで異世界、いやほぼ異次元。
川の流れのように~♪IMG_1400ーutrecht流れのままに、か?

 今回の滞在先はUTRECHTだったのですが、実は従兄弟(ファゴット奏者の近衛一 )が家族で隣町に住んでおり初訪問してきました。 IMG_1425hajime.jpg身も心も健康的な子供たちを見ていたら、従兄弟が帰国したくない訳がしみじみとわかりました。

↑未来の巨匠たちは秋から中学生、すくすくのびのび育っています。


今回は心と時間の余裕があまりなかったのと、自分のプログラムノートを含むいろんな原稿に追われており、全然ブログが書けませんでした。ごめんなさい。
IMG_1437berlinß1
(写真は昨日行ったベルリンの<ユダヤ人記念碑>にて)

実は今から、なんと日本に飛びます。

行きは北朝鮮の弾道ミサイル疑惑のため進路を変える騒ぎ、帰りは豚インフルエンザのおかげで、どうも今日から(?)成田に着いた人は健康チェックがあるという噂…やれやれ

 あ!すでにGWに突入?!日本を脱出する方々で成田は大混みかもしれませんね。



 というわけで次回は日本からのブログになります。
ではではIMG_1446berlin.jpg


別窓 | 海のこっち側で | トラックバック:0 |
2009-04-23 Thu 07:01
オランダにてバルセロナ便り?
皆さま、お元気でいらっしゃいますか?

 こんなに記事が滞ったのは初めてかもしれませんね?
 拍手してくださった方々、本当に申し訳ありません!

あれからバルセロナへ数日、中1日だけベルリンに戻って、ただいまオランダにおります。

あの怒濤の日々は既に遠い過去…
IMG_1370bar.jpg
最終日にやっと食べられた朝ご飯のホットチョコレートとチュロスも
IMG_1374bar.jpg
揚げたてのチュロスをあつあつチョコレートに付けた時の感触を思い出すばかり…
IMG_1375ーbar
味は…オランダのチーズのせいか今は思い出せません。。。
IMG_1376ーbar
ここは19世紀末に乳製品店として開店した老舗。現在はチョコレートとプリンが美味で地元の人たちで一杯の場所です。
IMG_1378bar.jpg
間違いなく、私のバルセロナでのお薦め店↑ベスト10に入ります。

ご想像の通りIMG_1379bar.jpg
美食の町<バルセロナ>でIMG_1384bar.jpgさんざん美味しいものを戴き
さんざん飲んだ私ですがIMG_1297bar.jpg
(チェロはどうしたって?)
<ちなみに上はバスク地方の白ワイン「チャコリ」、距離を持って勢いよく注がねばならず練習中の図です>
IMG_1290bar.jpg
でも…オランダに着いた途端に痩せつつ(元に戻りつつ)あります。。。

憑き物が落ちた様に美味しいものを食べる事への興味と食欲(執着?)が無くなって、今はオランダのシンプルなパンとチーズで幸せ。

 その分、全てのエネルギーと集中力が音造りに回っているという感じ。。。

ーチェロを弾くために食べるー久々にアスリートの気分です。

 この違い、不思議ですね。(一体、国のせいなんだろうか?)

ーお知らせー!
MOSTLY CLASSIC モーストリークラシック最新号(6月号)のオススメアーティストに載せて頂いています。(こちら↑のウェブサイトでも見られます)5月のリサイタル「白夜の調べ」についての記事ですが、ぜひご覧下さい!
(私も先ほど、人ごとのように『ほお、へええ』と言いながら読んだところです)

  <続き>アリ↓
オランダにてバルセロナ便り?の続きを読む
別窓 | 海のこっち側で | トラックバック:0 |
2009-04-14 Tue 22:29
人間と動物たち
あれからボリスは2度ほど散歩に付合ってくれました。(しぶしぶね…)
IMG_1183.jpg
練習後、夜分の公園を歩いていると、同じように犬連れの方々に遭遇。
皆さん、ご近所の方で『あら、ボリス!じゃあ、あなたも音楽家?』と話しかけられたりもします。

昨日はおばあさんとネコと犬という不思議な3人組と散歩しました。
ボリスもネコも顔見知りで全く問題無し。IMG_1199-2
それにしても、夜の一人歩きが安心してできる住宅街は有り難いですね、今時は。
隣の家の天敵ネコに睨まれて凹耳になるボリスではIMG_9403.jpg
全然ボディガードにならないし。。。
IMG_1196-2<闇に浮かぶイースターエッグ>

張りつめた(?)リハの合間のご飯は栄養面も気分転換の意味でも重要です!
昨日は連休の続きで滞在先のラウレンティウ家の子供たちやそのガールフレンズも交えて大勢のBBQでした。
「ケホケホっ!」IMG_1188.jpg

さて、デュッセルドルフでの充実した(音楽キャンプみたいな)生活に別れを告げ、今から飛行場へ。
 今度はスペインです。

続く↓
人間と動物たちの続きを読む
別窓 | 海のこっち側で | トラックバック:0 |
2009-04-12 Sun 23:40
復活祭のうさぎ
デュッセルドルフからハッピーイースター!
復活祭のうさぎ(Osterhase)パイをお目にかけましょう。IMG_1124.jpg
今日はOstersonntag=復活祭の日曜日、静かな祝日です。

しかし、こんな時にも音楽家は休日返上。
今日も朝から音出しで、本当に盆暮れナシの仕事です。


ちなみにボリス犬には初日から振られっぱなし。

食卓では私の足元にいるくせに
いざ散歩となるとIMG_1126.jpg
私:「行こうよ~」 
B :『ヤダっ!』
とケンモホロロなボリス犬IMG_1129.ーjpg
「ちっ!」と口を尖らせるも効果無し。
仕方ないので犬無し散歩へ。IMG_1156.jpg
こちらで満開なのも桜種の木IMG_1147.jpgぼんぼりのような八重です。

侮れないドイツの気候のことですから、寒さがぶり返す可能性もあるけれど
今は鳥も動物も人も春を謳歌中…IMG_1148.jpg
古今の詩人に「ドイツが一年で一番美しいとき」と詠われる季節であります。

そして、頭を空っぽにして音創りに励むことが出来る環境がありがたいのでした。
別窓 | 海のこっち側で | トラックバック:0 |
2009-04-09 Thu 20:31
ベルリン春盛り
ー久々の<海のこっち側で>カテゴリー更新でございますー

1月以来の久々の我が家…

 私がベルリンに着いた日の早い便でサン・セバスチャンから帰ってきたM夫。自身も旅続きだったのにも関わらず、お掃除していてくれた御陰で今回クモの巣退治は省略。(ありがたや)

しかし快適な我が家ライフを楽しみ、寛ぐ暇もなく翌日から合わせと譜読みに明け暮れ(?)ております。
IMG_1113.jpg←近所
市庁舎の脇の咲き乱れる雑草と戦うチューリップ

 そして…ベルリンも春真っ盛りなのでした。

 着いた日は日本よりも暖かいくらい!(今日は日本も暑いみたいですね?)
おかげで持って行った服の殆どが暑すぎて着られず…クローゼットの中味は真夏と真冬の物ばかりだし、困って(?)春物を買いに走ったほどです。ダウンコート、持ってこなくて良かった。。。

 日差しが強く、待ち行く人はTシャツにジーンズ、またはショートパンツ、それから素足にサンダルの人もたくさん。その横でまだ暑そうなお洒落ブーツはいている頑固者がいるところが如何にもベルリンらしい。。。

さて、ただいまのヨーロッパはどこに行っても復活祭(Easter=Ostern)一色です。
IMG_1115.jpg
公共の場やお店のディスプレイだけでなく、どこのお家でも窓際を思い思いに飾ってこの時を迎えます。子供のいるお宅では殻を奇麗に塗った卵やウサギの手作りグッズも見られて、ほとんど<プレゼント交換の日>となってしまったクリスマスよりも私は好きな時期です。IMG_1114.jpg(よろしければ去年3月のブログもご覧下さい。あれから一年経つとは…)

 復活祭は『春分の日の後の最初の満月の次の日曜日(←ヤヤコしい)』なので今年は4月12日になりますが、その前の四旬節(40日間という意味。でも日曜日を除いて数えるので実際はそれより長い)には本来、初日である「灰の水曜日」以来の食事制限「一日に一回十分な食事を摂り、あとの二食は少ない量におさえること」(大斎)』『摂取できる食品の制限で、獣の肉や卵、乳製品の摂取を避ける(小斎)』があります。

 これら食事だけでなく『祈り、節制、慈善』という3つの行いによって、人間の罪をあがなうために自らを犠牲としたイエス・キリストの受難に心をはせる、とされているのです。

 今のヨーロッパではその期間中ずっと伝統的な節制をする方は少なく、第2バチカン公会議以降は18歳以上60歳未満の健康な信徒に対して灰の水曜日と聖金曜日のみ行うことを求めて(義務でなく自主的にするのを)いるとか。。。

ー不謹慎ですが、中学まで通っていた学校の給食がこの時ばかりは少なく、当時苦手だったお肉が入って無くて喜んだものです…ー

 だからという訳ではありませんが、おりしも今日の聖木曜日(最後の晩餐の日!)は何となく野菜の気分。朝のカプチーノはもともと豆乳で作るし、ばっちり!
IMG_1122.jpgホブズ(パン)とフムス!(フンムス、ホモス)はトルコ、ギリシア、キプロス、イスラエル、ヨルダン、レバノン、シリア、イラクなど中東の広い地域で食べられている伝統的なヒヨコ豆の料理です。茹でた豆をオリーヴオイルやニンニクなどと擂り潰したペースト状のもので、栄養たっぷり。コンサートでイスラエルやヨルダンに行ったM夫によると本場では何百種類のフムスがあるそうです。いいな。
IMG_1120.jpg
フムス&素揚げした野菜のプレート
IMG_1123.jpg
イエス・キリストも召し上がっていた?!

 今日はこれからデュッセルドルフに移動なのですが、明日が聖金曜日(Karfreitag=Good Friday、キリストの受難と死を記念する日)ということでヨーロッパ中の大混雑が予想され、車は断念。
久しぶりに汽車での小旅行となります。

じゃ、次回はデュッセルドルフ便りです。ボリス犬、元気かしら。  
 ふふ…


PS. リンクにフルーティスト・荒川洋さんの「日々のエッセイ」を加えました。
スーパーヴィルトゥオーゾである荒川さん、4/1付けで、先日お世話になった新日本フィルの首席フルート奏者となられたそうです。
 おめでとう!!!
別窓 | 海のこっち側で | トラックバック:0 |
2009-04-04 Sat 23:53
年度末総決算終わり、次の章へ
私は夜桜が好きです。
段葛(八幡宮まで続く若宮大路の中央にある参道)20090403211337.jpg
20090403211222.jpg今年もゆっくりお花見は出来なかったけれど、こうしてこの季節に日本にいられて幸せでした。

 明日から今月一杯はヨーロッパ、今回はドイツ、スペイン、オランダに行って参ります。
といってもパッキングこれから…

おりしも北の国は何かを打ち上げようとしている日のフライトで、色んな方から『何か飛んできたらどうするの?!』というお言葉を戴いております。
 (さあ、どうするだろう?!)
今日は打ち上げを見送ったそうですが、「明日はルフトハンザの早い便だから大丈夫」などど意味不明な説明をしております。

遅くなりましたが、下記は先日の鎌倉ユネスコ平和コンサートの舞台裏で、ソプラノの崔岩光(サイ・イエングアン)さんとピアノの中村文美さんとの写真。IMG_1029.jpg「これぞ女王!」という美しいコロラトゥーラの崔さんとのコラヴォレーションは中村さんの優しいピアノに包まれて、なかなかに楽しい本番でありました。
 残念ながら、翌日の本番のために打ち上げを早々にお暇したため、ジャズのアカペラ・グループ「ジャミン・ゼブ」の方々との写真は撮り忘れました…女性に物凄い人気の4人ですが、皆さん爽やかで真っすぐな性格がそのまま響きとなっているように感じました。
 
 なのでアンコールの全員コラヴォも楽しく、弾き慣れている筈の「アメージング・グレイス」、そして「サマータイム」が新しい音になって生まれる瞬間が非常に幸せな「平和コンサート」でありました。

翌日はお馴染みの加藤昌則さんとの茅ヶ崎コンサート
IMG_1045.jpg我々のレパートリーとなっているピアソラシリーズの他、今回はなんと親子コンサートということで「ジュピター」や「大きな古時計」などの有名曲にも初挑戦。
これらは、もちろん加藤大魔神の必殺ピアノが有るからできることです。IMG_1048-1.jpg小さなお子さま、初めてのチェロ体験は責任重大ですね。静かに聴いて下さってありがとう。IMG_1052-1.jpg
茅ヶ崎文化振興財団のEさん、Sさん、ありがとうございました!
IMG_1032.jpg(下記の「続きを読む」あり)

というわけで次はベルリンからの更新となるでしょう!
心機一転、前進します。
年度末総決算終わり、次の章への続きを読む
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2009-04-02 Thu 15:12
さくらさくら…
新年度でございます。

昨日付けでリニューアルされたホームページがアップされております!
デザイナーのS氏、ありがとうございます。これから進化していきますから、お気付きの点はメールかブログ拍手のコメントからどうぞ!

さて、先日のコンサート後ブログが書けていなくって…宿題に追われる子供の気分でございます。

 4月は5日から少し長く日本を留守にするので毎日なにやかやと。
ちゃんと崔さんや加藤さんとの写真をアップ致しますから、明日(か明後日)までお待ち下さいまし。。。
これ昨日の鎌倉20090401162724.jpg今日も今から事務関係で出掛け、夜は恩師のチェロクラス発表会なのですが…どうやら市内はお花見で異常に混んでおり<歩く人が車を追い越す>状態だそうな。

長い間住んでいたザルツブルグもそうだったけど、観光地の居住者はそれが辛いですねえ。。。
20090401162516.jpgいかん、遅れる!
↑こんな風景は朝方10時までと夕刻19時以降のみ。。。

別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
| 水谷川優子のチェロ弾き旅烏日記 |