リハ三昧、そして<にゃ>

YOSHIKIか村上“ポンタ”秀一さんか?!ドラムを叩くのってストレス解消になりそうですね。 しかし…周囲のストレスになるかも?!そんな時にはサイレント・ドラム(made by ローランド)で真夜中に腕を磨くしかないですね。というわけで、昨日はAQT(アクトリ)のリハで久々に3人集まりました。18日の横浜シネ・コンのためです。皆で弾くのは七夕コンサート以来…時の経つのが早い~引き続いて、牧子ちゃんと私は4日の大阪シネ・...

オフィス設計コンサート&名曲リサイタル(長いです!)

昨日はオフィス設計コンサート、六本木のビル34階で摩天楼を見下ろしながら楽しく弾いて参りました。天井が高くて四方はガラスなので、こちらは見晴らしだけでなくて音響も非常に良かったのです。たくさんのお客さまがいらして下さりました。ありがとうございます!明るく開放感のある空間だったので、ビルに半日缶詰になっても平気でした。なにしろ窓の外は空ですもの! それにしても…やっぱり1日2回公演は体力を消耗します...

がんばる蝉

休日はいかがでしたか?旅も良し遊びも良し休むもまた良し!鎌倉は日中まだ蝉の声がします。がんばるなあ。でも夜は秋の虫の大合唱だし、夏と秋の境目ってこんなでしたっけ?さて、私のシルバーウィークは「あっ!」という間に過ぎ去りました。昨日は牧子ちゃんとロ-ランド・ライヴ・イン・シネマ大阪の合わせ。後ろが公演で使用するローランド社の電子チェンバロ<C30>、素晴らしい音色なのです。様々な仕掛け&しかも自然な...

pikku Myyとシルバーウィーク

<シルバーウィーク>に突入いたしましたね。(しかし、この名称は…) 皆さまはレジャー派?それとも自宅休暇派?私は休日は絶対に自宅休暇派です。仕事と旅がセットだから、もうパッキングはケッコウという感じ。しかも生活パターンは世間さまのリズムとほとんど逆行しているので、この連休も無いのと同じ。すでにリハしたりレッスンしたりの毎日が始まっています。↓ピアニスト中川朋子嬢&ILLYの宇宙人カップ私はムーミンの「ミ...

午年の一馬くん

7月に某コンサートにゲスト出演して下さったバンドネオン奏者の<三浦一馬くん>実年齢は19歳ですが、リハーサル時には年齢がなくなります。    成熟してる。  老成してる。冷静に出来上がりの向こう側を見つめてる姿に畏敬の念すら感じます。 そして、弾いてる時は…一緒に飛べる! それが私にとっての三浦一馬く(さ)んです。奢らない、気負わない、チャラチャラしない。。。(普段はフツーの19歳)だから初々しいの...

イチローさん~磨き続ける力~+ウチの子

お元気でお過ごしですか?日中の温度があがっても、すでに完全に秋ですね。鎌倉の蝉さんは未だ頑張っているようですが…さてさて、やることが鬼のように山積みなのに、帰国して初日、2日目と恐ろしい勢いで<ミイラ寝>してしまいました。飲み食いせず、身動きもせずに、ひたすら眠り続け…挙げ句の果てが、ただいま珍しく時差ボケ気味でございます。 「ああ良く寝た!」と目を覚ませば、それは草木も眠る丑三つ時 世界中が深い眠...

ゴルゴ13も帰宅して…の巻

皆さま、こんにちは!おかげさまで無事に帰国いたしました。やっぱり、チェロを背負った一人旅では気分がケモノになりますね。疲れたのか、さっきまで爆睡してしまいました。そうそう、この夏はチェロ仲間のラウレンティウやペーターとあちこち飛んだので、他のチェリストたちの旅の様子をじっくりと見ることができました。 大抵のエアラインでは、チェロを安全に座席にセットするために(極太ロープでグルグルに括られてケースに...

WEIMARの偉人たち…そして東へ

 ベルリンから電車で、秋色になりかけの景色を眺めること2時間…初めての旧東独…WEIMARは洗練された町でした。町のあちこちを馬車が走っているのは、昔に住んでいたSalzburgみたい。ここも観光都市なのね、と妙に納得しました。迎えに出てくれたペーターが『ここはルターが通った教会』『ここがトーマス・マンの「ワイマールのロッテ」に出て来たホテル・エレファント』などと説明してくれます。そういえばニーチェが没したのもこ...

ベルリン自宅ライフ

ベルリンの自宅ライフをエンジョイして3日発ちました。実はワタクシ、この夏は鬼の生まれ変わりのごとく元気に過ごすことができまして…どんなに忙しくても風邪菌一つ寄って来なかった、この欧州生活2ヶ月弱だったのですが、とうとう前回の音楽祭(講習会)の最終日に「クシュン?」と何かの影が忍び寄り…理由は最後の2日間で急激に寒くなったため。山の天気みたいに温度が1日で10度以上も下がって、夜のコンサートの後に冷え...

音楽祭終わり、ドイツワインと帰宅の巻

で…結局のところレッスンは楽になるどころか最後の方は生徒のコンサートが続いて毎日が佳境!朝は9時半にホテルを出て帰りは真夜中過ぎ…インターネットどころかコンピューターに触る時間もなく…  でも濃厚で得るところの多い2週間でした。何よりも別れを惜しんだ時の生徒たちが、来た時と全く違う顔つきだったのに非常にエネルギーを頂きました。約130人、20カ国以上集まった講習会は地元の人々の暖かい支えで無事終了。...