ジャンヌ走る

というわけで昨日のジャンヌ公演(?!)も無事終了!         なぜかガッツ?ジャンヌ公演=広尾で荒川洋さんとフルートとチェロのコンサートでした。バッハから始まって、次のベートーヴェンも物凄く楽しかった。ベートーヴェンの二重奏はオリジナルがクラリネットとファゴットの曲なのですが、た~くさん制限がある(はずの)カップリングなのに小宇宙が展開される。やっぱりルードヴィッヒは天才ですね!ヴィラ=ロボスの...

オルレアンの乙女

『水谷川さんの音のイメージで作ったんだ♪』という荒川さんの新作              『オルレアンの乙女』ってっ!! ジャンヌ~!!  こちら蛇がでてきます。 お城がでてきます。 少女がでてきます…ほんとうに素敵な曲です。当初は最終楽章のタイトルが『殉教者』だったそうな…『でも水谷川さんのイメージなのに死んじゃダメだろうって、ははは!』ということで変更、幸せな思い出のなかで曲が終わります。フルー...

譜読みの嵐と手を貸さないネロオ

昨日の真夜中から怒濤のように楽譜がやってきます~ほんと、音をたてて追いかけられている気がする。 なのでウチの巨大カラリオくんは働きっぱなし。カラー写真で実力を発揮したいだろうに、このところは五線譜ばっかりでクロシロ専門。そう、最近の楽譜は作曲家の方からメールで添付されてくることが多いのです。その昔はコピイスト(*1)いわゆる写譜屋さんという職業があったけど(今もあります!)今は皆さん、上手に楽譜ソ...

とにかく走る

くんくん…卵とバニラの香りがする昨日はAQT集中リハの最終日でした。牧子ちゃんお手製のプリンに感激!美味でした。やっぱり連続でリハするとはかどるものですね。どんどん面白くなります。来週もリハありで、再来週は本番あり…7月アタマのCD録音前には合宿するプランも浮上しました。アクトリはいま燃えております!そのあと夜は銀座で会議があったのですが、「ここ半年間のビジョン」についてお話していたらむくむくと奮い立っ...

なかび&なかま

9896…携帯の時計の上にくっきり輝く「今日のpedometer」あともう少しで10000歩!でもチェロ背負って万歩に到達してもあまり良いことないような気が…<今日は朝から楽器屋さんに立寄ってアクトリ集中リハへ走る>ここでもだいぶお馴染みの作曲家の西澤健一さん↓立ち会いのもと新曲の音出しもしました。私たちのために生まれた作品…素晴らしいです!お披露目をお楽しみに。 そして明日もリハ。<AQTリハからハープとのリハへ走る>...

アAクQトTリ週間&サザエさん

ただいまアクア・トリニティの書き下ろし作品(編曲含む)が次々に生まれております!なので今週はAQTだけで4回もリハがある『アクトリ週間』というわけで、昨日も絵里子邸で弦合わせ。お天気が良くてキラキラ光る海の誘惑に負けず2人でがんばりました。お菓子タイムはあったけど…実はず~っと前から古楽のレッスンを受けたくて(大昔にザルツの学校では実践のレッスンを受けていたのですが…講師が世界のヒロ・クロサキ(!)だ...

コラボで音の旅

昨晩の「旅する 孟仲芳の中国琵琶」コンサートは東京文化会館でした。こちらは大小のホールともに子供の頃から通った懐かしの場所…久しぶりに弾かせていただきましたが、やっぱり柔らかい響きで弦にあっています。巨大な銀色の屏風が特徴の小ホールは、舞台上もなかなかアットホームな空間です。(ちなみに大ホールは東京バレエ団の「オネーギン」の初日だったみたい。覗いてみたかった!マネージャーK氏は楽屋近くの廊下でバレリ...

ぎゃふん&バッサリ

ベルリンの硬質な水が肌に合わず、ちと敏感になりつつあった私の肌…今朝、初めての皮膚科に行ったらBGMにチェロの音が流れていました。なんか聞き覚えのある曲ばかりだなあ…と思ったら 自分のCDだった。。。 「ぎゃふん」写真は都内の某隠れ家いったい何をするところ?あっ!クロネコが落ちてる?!って自分の髪の毛でした。このところ長くて重くて…思い切ってバッサリ切りたかったのです。珍しく「煮るなり焼くなり好きにしてお...

シルクロードの響き

いやあ…楽しい!山から下りて来てからというもの、毎日毎日あまりにも眠くてだるくて…ひょっとしたら「これって5月病?!」なんて心配していたのがウソのように吹っ飛んだリハでした。今日はさっきまで14日の東京文化会館のためにリハ。写真の真ん中が中国琵琶(ピーパ)の孟 仲芳さん、向かって右側は尺八の藤原 道山さんです。お二方とも楽器も凄いけれどお人柄も温和で…それもあってか中国民族楽器に和楽器、西洋楽器と三種類...

『肩の力をぬいて』

 『はい!肩の力をぬいて』チェロのお弟子さんに言ったのではありません。さっき歯医者さんで奥歯の麻酔をする時に私が先生に言われた言葉。どうやら久しぶりの治療で思いっきり構えていたみたい。 ー肩の力をぬいてー  妙に新鮮でした。でも神経に触る深いところの治療だったので、そのうちに「新鮮」なんて言ってはおられず…頭蓋骨に響く振動を死んだふりして乗り切りました。その時に役立ったのは流れるBGM… 来るっ!と思...

今日の1枚

今日の1枚!シューベルトの「鱒」リハーサル中。おまけもう1枚!和歌山の海岸沿いに並ぶ「鯉のぼり」壮観でした!...

音楽のタマゴたち

早いものでゴールデンウィークも残りあと1日ですね!滞在先の下北山はさすがに山深いところだけあって初日から分厚いセーターが欲しくなるほど寒く…(前回に薪ストーブの写真を載せています)みんな震えていたのですが、昨日あたりからはピカピカの晴天!ご機嫌な天気に楽器の鳴りも抜群に良いです。今日はTシャツ一枚で過ごせるくらい暖かく、生徒たちの中には外で練習する子もいます。大きな木の下で風を感じながら弾くバッハや、...

若葉にそよぐ音

ここは奈良・吉野からさらに奥にはいった山の中…清々しい空気の中で子どもたちと音楽にまみれて過ごしています。今回の受講生は最年少が和歌山の小学生六年生で最年長は東京の大学生たち。一番多いのが中学生と高校生なので久々に若者に囲まれて楽しい毎日を送っているところです。ヨーロッパのセミナーだと大学生と院生(18~27歳くらい)がメインなので雰囲気はずいぶん違いますね。それに、こういう寝食を共にするタイプの合...