FC2ブログ

水谷川優子のチェロ弾き旅烏日記

中標津なかしべつ良いところ!











中標津にやってきて3日目、今日は「しるべっと」ホールにてコンサートです。


写真は昨日のアウトリーチ、養老牛市小学校と開陽小学校の二校での訪問コンサートの様子、真っ直ぐに純真にすくすくと育った子どもたちの笑顔が最高に可愛くて!!

もう、荒川さんも、ようさんも目じりが下がりっぱなしでした。

子どもたちは太陽のようにエネルギーをくれますね。

両方の学校では、先ずフルートやチェロの曲を演奏、それぞれの楽器の紹介コーナーをして(私はチェロの共鳴を体感してほしくて弾いている楽器の表と裏板に触って貰いました)、3人でウェーバーのフルート三重奏を弾いたあとは、荒川さんが中標津のイメージで作曲した作品「また会える」を子どもたちの合唱と一緒に合奏!!

創立83年を迎えながら今年度で閉校となる養老牛小の生徒数は10人。

生徒2人とリコーダーで合奏した開陽小は7人。

どちらの学校の子どもたちも、その純粋な歌声の力強さと明るさは胸にぐっときました。

東京の子どもたちも、こんな環境で、こんなクラスで学ばせてあげたい。

人間本来のあるべき姿を教えられた気がします。


アウトリーチの様子はNHKテレビや北海道新聞の方も早速ニュースとして取り上げてくださいました。


では、今から着替えねば!!

また素晴らしい自然や、北海道の美味しさかげんを写真でお目にかけますね!

該当の記事は見つかりませんでした。