旅するチェリスト水谷川(みやがわ)優子のブログ

2012-01-30 Mon 23:29
湘南サロンコンサート&水彩画
マークが来日し、さっそく昨日は湘南でのサロン・コンサートでした。
F1000014nt.jpgF1000016nt.jpg
(数日前までスペインでコンサートしていたマーク、あちらは15度もあったそうな!)

こちらのコンサートシリーズでは2003年からソロ、ピアノと、またマークと…と幾度も弾かせて戴いていますが、今回で改築のためサロン開催を一時的にストップなさるということで、記念として会を主催なさるT氏作曲のヴァイオリンとチェロのための組曲「遠き日」も初演しました。

T氏は作曲家としてはアマチュアですが、お若い頃からコーラスで歌われ指揮をなさっただけあって、その造形の深いこと!ご夫婦ともフィンランドの音楽祭も訪ねてきてくださったほどの音楽好きです。

この組曲の中では特に「秋の陽は暮れ行く」という、郷愁に溢れたゆっくりの楽章がマークと私のお気にいりでした。

それにしても…いつも思うことですが、作曲者の前で演奏するのは緊張しますね~

昨日はいつも私たちがレパートリーとしているヘンデル-ハルヴォルセンやコダーイ、グリエールなどの作品も弾きましたが、これらの作り手たちはとうの昔に亡くなっているわけで…
でも作曲家の前で演奏するという、この良い緊張感は常に持つべきだなあと改めて実感しました。

思えば学生のころは先生に「作曲家が安らかに眠れるように弾け」と言われたものです(>_<)
(今は同じようなことを生徒に偉そうに言っています(笑))

でも実際にホールの最前列にバッハやベートーヴェンが座っていたら…想像しただけで恐ろしい!
でも、常にこの良きプレッシャーを忘れずにいきたいと思います。

ところで…今回サロンの片隅になんと「自分」を発見しました。
20120130194901nt.jpg(左からT氏、私、マーク、T夫人、母)
顔は美化されて観音さまのよう(!)ですが、楽器の構え方が足の先のくせまでそっくり!!

終演後のパーティーでお客さまに「水谷川さんでは?」と言われて拝見したのですが、マークも「あっユーコだ!!」とすぐわかっていました。

この絵は9年前に初めてこちらで聴いてくださったYさまが書いてくださった作品でした。
最前列に座ってこっそりスケッチなさっていたそうで、その後、紀尾井ホールでのリサイタルなどに足繁く通ってくださったYさま…去年もお手紙をいただいたのにご自分がご病気などとは一言も仰らず、昨日この年明けにご病気でお亡くなりになったのだと伺いました。

御遺品の中から、この絵をご覧になった奥様がこちらに寄贈なさったとのことで、油絵を得意となさったYさまが「この絵だけは水彩でないと水谷川さんの音の透明感がでない」とこだわって描いてらしたと伺って、なんとも言えない有難い気持ちになっています。
F1000019nt.jpg(T夫人と)
写真では見にくいのですが、音が見えてくるような絵です。
Yさまの遺された絵に応えるような演奏をしていきたいと思いました。
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2012-01-27 Fri 18:14
越後のささだんご
お寒い日が続いていますが、お元気でおすごしですか?

今週は2日間新潟に行っていました。
F1001597ng.jpg
まさに『トンネルを抜けるとそこは雪国であった』

帰った翌日は新潟空港封鎖の大雪になってびっくり…

東京も雪でしたね~
北海道の一部では氷点下30以下になったし…
日本もひさびさに「本気の冬」という感じです。

私の方は病み上がり(←おおげさ)ということで、少しづつ騙し騙し動いていましたが、なんだかあっという間にフル回転の日常に戻っています。

でも外出できなかった時間を利用して、溜まっていた事務仕事を一気に片付け一石二鳥ヾ(^▽^)ノ
少しすっきりしました。

昨日は打ち合わせが2本あって、いろんな面で2012年が見えてきました。
今はまるで「長い休み」が終わって学校に馴染みはじめたこどものような気分です。

マークも来日して明後日はデュオのコンサート。
新曲の譜読みもあるし、来週からは2月の関西公演のリハもあるし…
また休みが無い日々が始まります。

でも、ホカロン貼って頑張るぞ~

*******新潟コーナー*******
子供たちのためにコンサート
F1001593んg
毎回思うのですが、こっちが本気ならば未就学児だってちゃんと集中して聴いてくれる。
大勢の人がいる空間で皆が耳を澄ませる、あのし~んとした瞬間が大好きです。

終了後は大好きな笹団子の工場につれていっていただきました↓
F1001589ng.jpgF1001590ng.jpg
できたてはさらに美味、よもぎの薫りがたまりません!

ランチは加島屋で鮭&イクラの「親子丼」~
F1001591ng.jpg
お土産の定番は加島屋さんの品と大量の柿の種チョコです(笑)
コーティングされた柿の種、私のイチオシはカフェオレ味。
今回はキナコ味にもチャレンジしました。一体どんな味なのかな…

大好きな新潟!市内に上越、そして三条…
今年は何回うかがう事になるでしょうか。
楽しみです!
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2012-01-19 Thu 15:21
An die Hoffnung~希望に寄せて
横になっていた時間が長かったので、ただいまリハビリ中!
縦になると重力を感じますね~

昨日は熱以来はじめて(!)電車にのってリハに行ってきました。
もちろんマスクマン姿です(笑)

それにしても世の中は異様に乾燥していますね~サハラ砂漠並みの湿度だそうです。
これが本当の東京砂漠…(って歌があったような)

そして、やっぱり本当に寒い!!
来週は新潟へ行きますが、これは全身ホカロンで武装せねばなるまい、ですね。


さてさて本日は<<<お知らせ>>>があります~

今年のリサイタルは「水谷川優子Recital Series Vol.Ⅴ」として
2回にわけてベートーヴェンチェロ作品全曲演奏会をさせていただきます。

タイトルは「An die Hoffnung~希望に寄せて」
ピアニストは一昨年、去年にひきつづいて山本貴志さんです!

その昔にザルツブルグの恩師にたたきこまれたベートーヴェンの語法…
一筋縄ではいかないプログラムなので、すでに秋からリハを重ねています。

全曲を見通すのはある意味で大変ですが、携わっていると本当に「生きる喜び」を感じる作品ばかりです。
どんなに苦悩しようとも不屈の精神をもって立ち上がる…それがこの作曲家の人間としての本質なのだとも実感しています。(弾いていると励まされ、鼓舞されるような気持ちになるのです)

そして、ベートーヴェンの歌曲にもあるタイトル「An die Hoffnung」
いろいろあった2011年を踏まえて湧きでてきたテーマです。
それについては、また後日ゆっくり…

右のツールバーも更新(やっと)しましたが、詳細はこちら↓↓。

 第1日*2012/5/12 14:00 紀尾井ホール
 第2日*2012/11/29 19:00 東京文化会館

miyagawa 2012-511
すでにイープラス e+では座席選択先行がはじまっているようです。

これは早く風邪のダメージから復活して腕を磨かなくちゃ!
体力もつけて、失った筋力も取り戻さねばなりません。
なにしろ数日も寝たきりだったから…大事な背筋も減ってしまった気がします(笑)

では5月と11月、もしよろしければ是非いらしてくださいませ!!
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2012-01-14 Sat 00:14
復活!!+ヒルズクラブでの初コンサート
ふっっっっっっっ復活!!

なんと5日にすこぶる元気に日本に着いたのに
空港から楽器屋さんにもとびこんで弓の張り替えをしていただき
自分自身もホットストーン・マッサージを受けて絶好調で帰還したのに

心も身体もすこやかに7日の仕事始めだったはずなのに!

熱をだしてしまいました。
これじゃ、初コンサートならぬ発熱コンサート。。。(とほほ)

うるんだ瞳で眺めた今年の六本木ヒルズ51階から臨む富士山の図です。
F100000412.jpg(ビルの向こうに富士山が)
毎年恒例となった六本木ヒルズクラブでのニューイヤーパーティー&コンサート
今年は100人を超えるお客さまが集まってくださいました。
DSCN816212
よほど心掛けが良い方ばかりがお集まりになったのか、
珍しくお昼をまわっても富士山がくっきり見えましたよ。

5年目にして初めてです!!

この日は風が強い日だったからかもしれません。
ここから眺める富士山はシャイで午後になると雲でぼやけてしまうので有名ですが、
今回は熱でやや朦朧とする私を哀れに思ってくださったのかも。。。

それにしても、コンサートなのに熱をだす(風邪をひく)なんて10年以上なかったこと、自分としてはややショックでした。

でもゲストの美奈子さんにナイスサポートしていただいて演奏はまったく問題なし!

皆さんに『ハスキーな声』だと仰られたのですが、咳がでないようトークもうんと静か目…
DSCN818412
「アディオス・ノニーノ」については美奈子さんに語っていただきました。

ドレスもエアコンの風対策でボレロ着用!
実は下にも着込んでいます。(案の定、弾いたら暑かった)
(せっかくのマークのクリスマス・プレゼントのドレスなのにちゃんとお披露目できず、残念…)

でも美奈子さんとのデビュッシーのソナタも手応えアリだったし(今年は150周年でたくさん弾く予定)
熱のために演奏に影響がでることはありませんでした。

というか
やっぱり楽器を弾くと不調も治るのです。音楽の力でしょうか。
一点に集中すると、身体がいうことをきくようになる。

演奏後はアタマもすっきりしていました。
F100000712(『目がウルウルしてるっ!』って言われましたが)
でも、翌日からは39度にはねあがり…

申し訳ないことにお引き受けしていたコンクールの審査も辞退することになってしまいました。
審査のまっただ中で咳き込んだらたいへんなご迷惑をおかけしてしまうし、審査委員長が「こじらせたら肺炎になるから」と仰ってくださったのに甘えてしまいました。楽しみにしていたのに本当に残念です。

そうして毎日毎日こんこんと眠り…
なんと本日やっと「人間」にもどって生活しはじめたところです。

結局インフルエンザではなく、どうも暖冬のドイツから極寒の日本にとびこんでカラダが驚いたための風邪だったみたい…

咳のしすぎで腹筋ができました。やれやれ。。。
F100000512.jpg
こうして久しぶりに縦になって生活するのは新鮮。
溜まった色んな宿題が山積みですが、焦らずやっていきます。

『健康は有難いもの』と、年の初めの風邪にキビシク諭されたような気がした一週間でした!!
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2012-01-04 Wed 17:36
いまから日本列島へ~~
いろいろ体験したドイツの1ヶ月間でした。
今からベルリンを背にして日本へ発ちます~

明日からはまた<日本列島の人>です!
では、改めて
IMG_1779b.jpg
「今年もどうぞよろしくお願い申し上げます!」
IMG_1791b.jpg
別窓 | 海のこっち側で | トラックバック:0 |
2012-01-01 Sun 03:41
2012年辰年のはじまり~
2012年元旦

謹んで新年のお慶びをもうしあげます。
IMG_1699b12.jpg
この一年が皆さまにとって素晴らしいものとなりますように。

2011年は実にいろいろなことがあって、それまで信じていた「生きる」ことの意味を根底から揺さぶられるような一年でしたね。

今年は辰年にあやかって、勇気をもって堂々と前向き(空に登るように)に歩んでいきたい…などと思ってます。

さて、こちらドイツは8時間遅れなので、いまは大晦日の19:30すぎくらい。
まだ年が明けていないので、さよならの代わりに『Einen guten Rutsch ins neue Jahr!』と挨拶します。
「新年に上手に滑ってはいってね」ということでそのまま「良いお年を」ですね。

夕方からはすでに街のあちこちで花火があがって凄い騒ぎ。。。
<雷か戦争か>という光と爆発音のオンパレードでやっぱりクリスマスの静けさとは大違いです。

さて、私たちも今からシャンパンを持ってパーティーに繰りだすところ…
IMG_1508b2.jpg
旧年中は様々に応援してくださって本当にありがとうございました。
心から感謝申し上げます。

それでは、どうぞ本年も宜しくお付合いくださいませ!
別窓 | 海のこっち側で | トラックバック:0 |
| 水谷川優子のチェロ弾き旅烏日記 |