旅するチェリスト水谷川(みやがわ)優子のブログ

2012-07-31 Tue 07:09
八ヶ岳高原音楽堂コンサート〜鳥たちとの共演
行ってまいりました、八ヶ岳高原音楽堂!
1343611189323.jpg
噂に違わずすてきな場所で、ちょっとフィンランドの音楽祭みたいな感じでした。
六角形で側面や後もガラスが木と良いバランスです。天井も面白い!

リハーサル中に「あら、近くで鳥が鳴いているなあ」と思ったら、コンサート中にどんどん仲間が集まりクレッシェンドして大合唱!まるで相打ちのようなタイミングで山田武彦さんのピアノに呼応しているようでした。
1343611120914.jpg
前半終わり〜
 
そして。。。

なんと雷が鳴り始め、停電騒ぎが!
後半一曲目のプロコフィエフでは点いたり消えたりしましたが、外もまだ明るかったし、2人ともおかげさまでビクともせず弾き続けて(つもり)、自然のイタズラを楽しみました。

都会のホールで停電だったら、もしかしてとパニックになるのかもしれませんが、こういう場所では人間おおらかになるものですね。それに山の天気なのに雨も降らなかったので非常にラッキー!

いつも頼もしい山田さんがど〜んと構えていらしたのも拍車をかけたようでハプニングを楽しみました。
image(1)my.jpg
この度は非常にたくさんのお客様に御来場いただいて非常に暖かい拍手を、そして気さくに御声もかけていただいて、本当に光栄でした。

緑の樹々に囲まれた木のホールは驚くほど柔らかい響き!
その中で山田武彦さんという得難い共演者を得て、チェロも色んなニュアンスが出ていたみたい。
imageym.jpg
こちらのコンサートシリーズではコンサート終了後にお客様と御一緒にディナーをいただくのですが、初めてお目にかかる方、東京や他の地方のホールで、またず〜っと昔のコンサートを聴いていてくださった方もいらして、いろんなお言葉をちょうだいしたのも嬉しい時間となりました。

ホールの企画責任をつとめられる素敵なY口さんと、山田さんと!
image(3)mg.jpg
こちらには、どうやら、また伺える日もありそうです。
こんどはどんな季節になるかしら。。。

日本にいながらにしてフィンランドに来たみたいで、ここは皆さま、オススメですよ〜

そして山田武彦さん、オーケストラに支えられているような響き、また時には即興で絡んでくださったり、本当に楽しく弾かせていただきました!

実は。。。来年から御一緒に新しい試みの企画もあります。
いまは、まだ秘密なのが残念ですが、乞うご期待です!

では4月中旬から、濃い日本での時間でしたが、ここで少々お休み。
次回はフィンランドからお目にかかります。

ちなみに帰国は9月中旬、有難いことに秋の公演は日本のあちこちであるので、またお目にかかれるのを楽しみにいたしております。

それでは!!次回はまた湖の写真でここに現れますね。
いってまいります〜
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2012-07-28 Sat 23:58
明治神宮の樹々〜イベントコンサート
公約通り、ブログ更新〜!!

本日はこんなところで演奏でした。
DVC00001mg_20120728232821.jpg
なにか特別な空気感が写真にも醸し出される気がしませんか?
DVC00002mg.jpg
巨大な鳥居でした。。。私はチェロ雄を背負っていますが、見えないですね〜

そうです、こちらは明治神宮!
今日はこの中の明治神宮会館にて明治天皇百年祭記念式典があって演奏させていただきました。

第一部は常陸宮さま、妃殿下がご臨席なさっての式典、
第二部は鼎談(ていだん)「明治天皇と日本の心」で文学研究者の芳賀徹氏、比較文学者の平川祐弘氏、そして作家の平山弓枝氏の対談です。

そして第三部がコンサートで「清興~明治の響き~」
DVC00010mg_20120728232935.jpg
私はヴァイオリンの奥村愛ちゃん、ピアニストの うえだよう さんという仲間たちと明治時代にヨーロッパで弾かれていた作品(エルガー、クライスラー、そしてモンティのシャールダッシュ!)を共演、そして男性のボーカルグループ「Le Velvets ル・ヴェルヴェッツ」のメンバー5人の素晴らし〜い歌声で数曲、それから最後は全員で「誰も寝てはならぬ」でコラボ!非常に楽しく弾かせていただきました。
Image 15im
愛ちゃん、ようさん は前から親しくさせて戴いている仲間なのですが、「ル・ヴェルヴェッツ」の皆さんも大変に感じがよくて…こういう気持ちよさは舞台ににじみ出るのではないでしょうか?
お客様も喜んでくださって、華やかに終わったのでした。(満席でしたが、クローズドだったのがちょっと残念〜)
DVC00009mg.jpg
カニとイクラとトビコ入りお弁当を手に喜ぶ私たち!
待ち時間が非常に長かったので、マネージャーNちゃんも一緒にみんなで炎天下の竹下通りへ〜
DVC00006mg_20120728232816.jpg
お店に関してはものすごくハナが利く私のチョイスで静かな大人の珈琲店を発見、4人でまったりと寛ぎました。
DVC00005mg.jpg
そして原宿駅前では不思議な方々を。。。暑そうでお気の毒、いったいどなた??

こちら限定非売品のお茶〜
DVC00003mg.jpg
というわけで明日は八ヶ岳へ!5時30分起き。。。がんばります。
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2012-07-27 Fri 11:48
Sturm und Drangな毎日?!/マメにマメにマメに
8月から9月半ばまで日本を離れるので、ただいま最後の疾風怒濤週間!
「Sturm und Drang(シュトゥルム・ウント・ドラング)」な毎日をすごしております。

しか〜し!!
『ブログ更新を溜めるから記事が長いの!ちょっとずつマメに書いたらいいのにo( ̄ー ̄)○☆』というお言葉を(ご叱責?!)をいただいてしまった。心します…

といわけで

まず一昨日から*
朝は黒田亜樹ちゃんと四ッ谷の新しい素敵なスタジオとホールの極上な環境で録音&動画撮り、もちろんピアソラ!
Imageka.jpg
クロアキは本当に素晴らしいアーティスト、その並外れたエネルギーの放出に刺激を受けて、チェロ雄もエレキギターかと見紛う(?)音を誘発されました。

うう〜ん、自分でないみたい。出来上がりが楽しみです。

そこから銀座に移動、アンサンブルφで夜までリハ*
マスターピースのチャイコフスキー「偉大な芸術家の思い出」では、3人で登る山(登山口は別々)の全貌がやっとみえてきた。まだまだだけど、毎回リハーサルで確かな手応えがあって登りがいがあります。

この夜は文化会館へ文字通り走ってフルートの荒川洋さん&ギターの鈴木大介さんのデュオ・リサイタルへ*
Image 2b
(人垣に囲まれた荒川くんを横目に久々に再会した大ちゃんと1枚、左から絵里、大ちゃん、私、チェロ雄、ピアノの伊與部裕子ちゃん)
お2人とも本当に素晴らしかった。上質な音楽を耳にしてここでも刺激をいただきました!

その後は「φ」でもう1度集合、夜中の2時まで打ち合わせ。*

そして昨日は「アンサンブルφファイ」のインタビューday*
10:30〜19:00までWeb動画と音楽誌4社で1日しゃべっていました。。。
Image 4y
それぞれ素晴らしいインタビュアーの方々に引きだして戴いた「φ」にかける自分たちの思い、また仲間の言葉にうなずいている時間に明確になったことがたくさん!
終わったらムラムラと今すぐに弾きたい気持ちが湧いていました。

10月31日、銀座ヤマハホールでは熟した音楽をお聴きいただきたいと思います。
皆さまも今からぜひ予定表に◯をつけてくださいませ〜
Image 3y
(YAMAHAのHさん、Sさんとの1枚、こうして支えてくださる方々へ音で恩返ししたい!)



それから遡って火曜日、久々にアクア・トリニティで集合!
といっても今回は楽器無し、実は牧子邸にお邪魔してベビーに会いにいったのです。
Image 7m
元気な男の子Mくんに初ご対面、指をにぎられました。ううううう、なんて可愛いの〜
「食べちゃいたい〜」Image 5m
ほっぺも「ぷみぷみ」
あんよも「ぷくぷく」♡Image 5mk
牧子ちゃんがすっかり「母の顔」になっていて感動しました。Image 11m
慈愛に満ちた母親はみんな聖母マリアのようで美しい〜
これから彼女も音楽もさらに深まっていくんだろうなあ「母は偉大なり」です。

またアクアの音も変わっていくことでしょう!
Image 4m
お2人のブログもどうぞお読みください〜
チェンバリスト水永牧子のダイアリー
絵里子ダイアリー

では、今日は今からソロのインタビュー、そして明日のイベントのリハ、明日こそ携帯から移動中にブログUPしようっと!!

 マメにマメに。。。
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2012-07-23 Mon 00:44
オブラディオブラダごぶさたごぶさた♪
ごめんなさい。はい、まずは、こんなに更新せずにごめんなさい〜

というわけで、

梅雨明けはしたわ
猛暑がきたわ
雷が鳴った途端にスコールみたいな局地的な大雨がふるわ(東京23区内で土砂降り←→晴天って)
そして急に涼しくなるわ。。。

なんだか天候不順な夏となりそうですが、皆さまはお元気でおすごしでしょうか?

この前、突然に気温があがったときには毎朝6:45ぴったりにベットの真横の木にとまった4〜5羽のカラスの会話(カラスってホントに対話するのですよね)に叩き起こされていましたが、寒くなった日から聞こえない…どうしたのかな。

やっと寝不足解消できましたが、これも束の間の平和かも。

ちなみに今日は引っ込みがつかなくなったセミと、旬のホトトギス、王座を渡さない覚悟のウグイスの三つ巴が聞こえてきました〜(* ̄∇ ̄*)
DVC00010_2z.jpg
鎌倉にはこんな時代もありました↑いまは枯れ気味。。。

さて、私はいまリハと練習と打ち合わせと溜めた書類書き(あ〜あ宿題ばっかり)に追われています。

あとは日本不在になる前にご挨拶したり、お目にかかる方たくさん、法事もあったり、日本に帰ってきた従兄弟ファミリーに会えて嬉しかったり、人生初落語を体験したり(見るほう)…となんだか毎日濃い日々をすごしております。

この方↓どちらのチェリスト?!凄腕ピアニストの山田武彦さんです☆
DVC00033z.jpg
<こちらは洗足学園のステキな教室/スポットライト付き>
気がついたら八ヶ岳高原音楽堂のコンサートは来週の今日…

山田氏編曲の「ロミオとジュリエット」を楽しく(!)弾き終えて
今ごろはもうワインでの乾杯もさんざんやって、部屋に引き上げるころでしょう。

そうしたら翌日は東京で打ち合わせ、そして31日から『しばし、おさらば』です。
パッキング、いつ誰がやるんだろう…「カモ〜ン、働き者の小人さん!」
DVC00040y.jpg
<贅沢なヤマハ・リハーサルルーム>
だから9月10月の合わせも仲間たちにお願いして、すでにどんどん始めているわけです。

この日は山田氏とドビュッシー&ショスタコで汗を流し(?)た後に美奈子さんが来てくださり、ストラヴィンスキーで冷や汗をかきました。。。
DVC00039_20120722235031.jpg<2人ピアニスト!>
お2人も仲良しです〜和やかなワンワン&ニャーニャー話しで時間が飛びます!

そういえば、いまはアンサンブルΦ(ファイ)でチャイコフスキーに手を焼いているのです。
プロコにショスタコにストラヴィンスキーに。。。なぜ、暑い最中にロシアものばかり?!

まあ、こんなに快適な練習室なら季節も関係なく練習に身がはいるものですが、家ではなかなかそうはいかない。
完璧な空調ではチェロ雄の機嫌もよく、鳴ってくれます。

本当にありがたいことです!

来週もいろんなことが押せ押せですが、録音とインタビュー、イベントやコンサートも頑張ってのりきります。
考えるとアタマが飽和状態になるので、これはもう無心でいこう。

というか、親切な小人さ〜ん、宿題てつだって〜パッキングもよろしく〜おねが〜い〜


お♪ま♪け♪
リハ中にエアコンで冷え冷えになった美奈子さんとワタクシ
DVC00035y.jpg
外気は37度という銀座の「やらと」で白玉いりお汁粉を注文するの巻でした。
DVC00036y.jpg
リハに「おやつ持ち寄り」ってほとんど我々の掟です(?!)
DVC00030z.jpg
先日のΦリハでは絵里のお土産「麩まんじゅう」がヒットでした。りかりんと。
どんなに忙しくとも、ちゃんと美味しいものをいただくエネルギーがある自分がおかしい。。。
Image 1z
ΦとヤマハのH口さん♡神楽坂で「女子会」というか気炎をあげるの会。

来週も濃いリハをしますよ、だって秋ってきっとあっという間にきてしまうもの。
きっとね、いや、絶対か。。。
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2012-07-10 Tue 09:52
ALL PIAZZOLLA CONCERT そして夏到来?!
しーしーしーしー♪
DVC00003egr.jpg
とうとう来てしまいましたー夏の風物詩ーはい、蝉のみなさまです。

鎌倉ではすでに7月1日に初蝉を耳にしました。
一匹くらいの弱々しいPPP(ピアニッシッシモ)で一瞬「ソラミミ?!」と思いましたが、いまはもう少し増えてP(ピアノ)くらいの音量です。このくらいなら、まだまだ耐えられる。鶯さんも負けじと頑張っています。

7月いっぱい日本にいるのは実に何年ぶりです。
日本の冷蔵庫のようなエアコンが非常に苦手なので、節電で弱とか微風くらいだといいなあ。

さあて、毎日が飛ぶようにすぎていきますが、土曜日のクロアキこと黒田亜樹ちゃんをゲストに迎えたオール・ピアソラ・コンサートの御報告レポート?!を(長いです。。。)

1、まずは熱気のある会場の図。
575865_10150905980032400_2002169523_n.jpg当日定員オーバーで<嬉しい悲鳴>だったそうで本当に有難いことです。。。

2、「オール・ピアソラ」…まったくもって気が抜けない、また気合い(鼻息が荒い)がはいったプログラムでした。
554113_10150905980187400_396135267_n.jpg
なにしろチェロとピアノだけできるのか?というチャレンジの「タンガータ3部作」が本当に最期の最後まで、ゲネプロでもまだ可能性を探っていた次第で。。。リハを見守る関係者の方々さぞご心配だったことでしょう!

3、でも、もちろん本番は本番!!リハの10倍のテンション&集中力で、一期一会の即興もまじって自由に楽しく弾かせていただきました。やっぱりクロアキは素晴らしい!!
599978_10150905980787400_2033891894_n.jpg
私たちったらトークの相性もよいらしく(!)お客様に「こんなに笑った優子さんのコンサートは初めて」などというコメントをたくさん頂戴いたしました。「掛合い漫才」?!

4、最後の曲「ル・グラン・タンゴ」が終わり、アンコールの1曲目は「オブリヴィオン」そして2曲目の「リベルタンゴ」が終わったところで、こんなサプライズが!!
534520_10150905982112400_1978591243_n.jpg
ん、ケーキ?!あれ、この方は?!はい、2月25日にコラボしてくださった武藤さん、パーラーローレルの二代目パティシエ&ショコラティエではありませんか。

5、といっても私の誕生日はクリスマス・イブ(広告~)、実は今年はサポートしてくださるEnne倶楽部(エンネクラブ)の10周年なのです!
534910_10150905985347400_783615878_n.jpg
この右のチョコで描かれたイラストは、絵本作家の「むかいながまさ氏」が私のコンサートの写真をもとに描いてくださったもので長年、私のマークです。首のかしげ方とか、足とか、どうやらそっくりらしい。(実際よりかなり可愛いですが、そこはイラストですからおゆるしを~)

*会員の方はご遠方のかたも多いのですが、今回は新潟、和歌山、大阪からも駆けつけてくださいました。支えてくださる方の存在をこんなに身近に感じることができるのは本当に本当に「幸せ!」です。皆さまへの感謝の気持ちを音に昇華したい、というのが私のエネルギー源の1つです。でも、これは、もちろん会員でなくてもコンサートに足を運んでくださるお客様もまったく同じ。音楽ってただ1人で弾いていても、仕方がない。これからも貴重な時と空間を分かち合ってくださる皆さまに感謝をこめて音を紡いでいきます*

6、儀式、憧れのパティシエ帽子!
534476_10150905983222400_1575403534_n.jpg
7、が、髪型のため不安定~「クロアキのほうが似合うぞ」と言ったら本当に似合って可愛かった♡
557185_10150905983787400_431726584_n_20120710081121.jpg
8、というわけでお菓子とパティシエと。
そして、2人のブーケはフローリストの野崎由理香さんの作品、それぞれのドレスと逆シンクロさせています。
179953_10150905984812400_1520639237_n.jpg白とワインカラー…実はこれ、お菓子のイメージとシンクロしているのです。

今回は10周年ということでお願いしたテーマ
まず外の色は<白>ーいつも初心に還るー&私の第2の故郷フィンランドの夏の雲と冬の雪のいろ)
中はこれDVC00003eg.jpg
内に滾る情熱の<ワインカラー>は、生きることへの喜びです。フィンランドの森で摘むベリーで表現していただきました。

9、こちらはもともと用意してくださったお菓子。
376277_10150905985627400_297088767_n.jpg
10、そして、なんと先ほどのケーキの「解体ショー」までしてくださいました!!
559173_10150905985947400_2014253319_n.jpg武藤さんのことは常々、素晴らしいアーティストだと思っていましたが、この日はプロの職人魂のスゴさに圧倒されました。その迫力に「ああ、お菓子に魂がこもるのは、こういうことか」としみじみ…
手前はいつも彼の助手役をしてくれる糸ちゃん。ちなみに某会社のお務め人でパティシエ見習いではありません。が!その働きぶりは完璧なアシスタントでした。ありがとう~

お菓子は「美味しかった」なんてものではありませんでした。言葉にならない至福の時を感じさせる味。。。

11、5人チームで1枚。
483020_10150905987147400_358911473_n.jpg
そして左端はTちゃん、パーラーローレルと私の間の大切な「橋渡し」をしてくださいます。ほとんど武藤さんの私設マネージャー?!センスが良くって暖かい、頼もしい友人です。

12、武藤さん、Tちゃん、そしてEnne倶楽部の幹事をはじめとする会員の皆さま、ゲストのお客さま、
380672_10150905987402400_1669344807_n-2.jpg
改めて「ありがとうございました!」&「これからも宜しくお願いもうしあげます」

それから亜樹ちゃん=クロアキ、実はきのうも一緒に音をだしていました。
DVC00017kg.jpg
彼女と一緒にピアソラを弾けるのは、光栄としか言いようがありません。
2人なのにバンドを組んでるみたい、と笑いあいながら…
来年も一緒に本番ができそうです!!

では、今日はこれからΦ(ファイ)のリハ、チャイコフスキーに浸かります。

長い文章に付き合ってくださってありがとうございました!
行ってまいります~
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2012-07-06 Fri 17:13
ご機嫌リハ三昧&Φデビューのお知らせ!!
昨日は10:30から18時すぎまで1日ご機嫌のリハ三昧でございました。
気の合う仲間たちとリハをするのは本当~に楽しくも幸せな時間です。

まずはクロアキちゃんとの明日のピアソラ・プログラム~
彼女の素晴らしいタンゴワールドは「スバラシイ!!」刺激をうけて、どんどん色んな音が湧いてきます。急遽「レのミロンガ」も弾くことになりました♪
明日が楽しみです。
DVC00016kk.jpg
<銀座ヤマハアーティストサロン、素晴らしい空間だとリハもすいすい捗ります!>

と、そこに現れたのは「りかりん」こと宮谷理香ちゃん。
DVC00013ar.jpg
こんなステキなピアニストが揃うなんて滅多にない!
「初めまして、お噂はかねがね~」と言い合う2人☆
ピアノ同士ってなかなか会わないものね、ほのぼのした空気でした(笑)

で、サンドウィッチを齧ってずぐ次のリハーサルが始まったのですが、ここでお知らせ1つ!!
6月5日のブログ記事のさいごの写真…おぼえていらっしゃいますでしょうか?宮谷理香ちゃん&礒絵里子ちゃんというお2人方とのスリーショットなのですが。。。

実は私たち Ensemble Φ(ファイ)という名前でこの秋10月31日にヤマハホールにてデビューいたします!!

このたびはピアノ三重奏での公演ですが、このアンサンブルを基盤に「ユニット」という形で、これから色んな楽器の方々とも室内楽をさせていただくことになると思います。
DVC00011phz.jpg
そして、この記念すべきコンサートに演奏するのはベートーヴェンの「大公」とチャイコフスキーの「偉大なる芸術家の思い出に」という王道の<大御所プログラム>!

これは自分たちで言うのもなんですがスゴい曲目です。
3人で『体力つけなくちゃ、これから毎日お肉食べなきゃ』と言っています。。。

とにかく、いままるで長い航海がはじまるような気持ちでワクワクしております!
「Ensembleφ」(表面)
また、このEnsemble Φ(ファイ)というネーミングに辿りついた経緯や理由、託した意味なども、お伝えしたいと思います。

どうぞ宜しくお願い申し上げます~


******たべものブログ*********
というわけで昨晩はリハのあとに、あらためて「結成を記念する食事会」でした♪

お世話になっている1002社長・徳永社長のとマネージャーのM山さん、(残念ながら我らがN宗マネージャーは他公演があって不参加…)と私たち3人で外苑前の老舗「ラ・パタータ」へ。

素晴らしいお料理とワイン、寛げる空間で気の合う仲間たちとおしゃべり。。。
ついつい時間を忘れる楽しい夜となりました。

前菜その1 なんと大きな牡蠣!
DVC00007phy.jpg
どんなサイズかというと、こんな↓↓
DVC00008et.jpg
徳永さんと絵里は桐朋の同級生ですって。お互いのこんな成長ぶりは学生のころには想像していなかったでしょうね~
パルマの生ハム、そしてメロンは茨城、絶妙なハーモニー
DVC00005phy.jpg
絶品パスタ、左は桜えび、右はサマートリュフ
DVC00004phz.jpg
徳永さん、絵里&私のメインは子羊、丸さんとりかりんは仔牛を…
この上質な食材を最大限に引きだすのがイタリア料理の醍醐味。晴らしいお野菜の付け合わせにも感動の一言です。
DVC00003phz.jpg
はい。さいご唯一の男性はチーズへ、女性軍はもちろんデザートへ突入~
DVC00001phy.jpg
こんな美味しいものをいただいたら、もっと頑張るしかないでしょう!!
摂取カロリーをなかったことにするため、今日もがんばっております~

では、また!
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2012-07-04 Wed 10:43
ピアソラ・フガータ→明日への挑戦
今日も朝から燃えています~

弾いていると体内の奥からフツフツと(!)何かがたぎってくるのはピアソラの旋律。。。
クロアキこと黒田亜樹ちゃんもミラノから帰ってきて、7日のピアソラ・コンサートのため、先日さっそくに音出ししました。
Imagemg.jpg
もちろんオリジナル曲はバンドネオン中心でヴァイオリン&ギターなど入るバンド編成。なので先ずはお互いパートを編曲、どう料理するかに全てがかかってきます。

亜樹ちゃんは相変わらずキレのあるピアノでカッコいい!
一緒に弾いてるとチェロも身体もずんずんと共鳴して楽しいのです。こちらまでリズム感がよくなったのかと錯覚してしまう~(笑)

こんどの土曜日のコンサートではチェロとピアノのために書かれた「ル・グラン・タンゴ」や、大好きでいろんな編成で弾いている「タンティ・アンニ・プリマ」や「オブリビオン」のような曲も弾きますが、初めて憧れのタンガータ三部作に挑戦します!

フーガである「フガータ」が結構たいへんで、一瞬『替わりに「鮫」弾こうか?!』というアイディアもアタマをかすめて行ったのですが…やっぱり弾きたい!今回はこれがあってこそ、ソレダートとタンガータ(フィナーレ)の存在の意味が濃くなる気がしたのです。

自分流な感じ方ですが、ピアソラとバッハは弾いていると自分のなかの芯が明確にはっきりしてくる。
ブレていたものが1つに集約される感覚です。

だから私はもう20年もピアソラを愛してるのだなあ…なんて思ったり。

しか~し、<聴くだけで満足=遠くから眺めている>のと自分で弾くのとは大違い、やっと最近それの距離が寄ってきた感じがしますが、まだまだまだまだ。。。

というわけで当日はピアソラの権威である亜樹ちゃんの広~いお胸を拝借して荒海へ航海に繰り出します!
そんな彼ステキな女のブログ「クロアキのつぶやきもぜひぜひお読みください~

<お知らせ>
大昔から小松亮太さんと組んで演奏している亜樹ちゃんですが、
9月にアストル・ピアソラ没後20年記念 小松亮太presents 「エル・タンゴ」で共演されますよ~

2012/09/08(土)19:00 ,2012/09/09(日)15:00
ホールは先日12人のチェロでお世話になった三鷹の「風のホール」です。

これはもう乞うご期待の舞台になること間違いなし!!
(私も行きたい。。。のにこの頃はまだドイツ、いま涙しています)
DVC00006mg.jpg
さてさて、涼しげなお菓子。。。

久々に世田谷のローレルさんに伺ってきました。
実はその7日のイベントに関わっていただいています。これ以上はヒ・ミ・ツ(笑)
DSCN8922mg.jpg
相変わらずキリリとしたパティシエの武藤さん&その武藤さんとの御縁を結んでくれているTちゃんと1枚!
DVC00004mg.jpg
『今日から始めたオランダ風のワッフルです。研究中だけど』とパティシエ武藤父さまが出してくださったもの。
これは本家より美味しすぎて…すでに別物の☆3つ☆☆☆
DVC00001mg.jpg
しかも『今シーズンだしたばかりの<ベル・エポック>です。』とさらに試食は続きました。
アーモンドミルクとチョコレートがっ!!初の味ながら懐かしいような気も。。。
まさに<ベル・エポック>心憎いネーミングにぴったり~

うん、お菓子の世界も日々精進&クリエイトなのですね。
DVC00010mg.jpg
頑張るぞ~
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
| 水谷川優子のチェロ弾き旅烏日記 |