旅するチェリスト水谷川(みやがわ)優子のブログ

2014-01-28 Tue 00:08
コンチェルトの代役〜北陸のカニを訪ねて〜
『なんと、、、、、人生こんなことがあるんだな!』昨日はそんな出来事にあいました。

それはマークの父ラルフ・ゴトーニが指揮するというオーケストラ アンサンブル金沢の第345回定期公演フィルハーモニーシリーズでのこと…

アンサンブル金沢は日本のなかでもユニークな存在である素晴らしい室内オーケストラで、懐かしい友人や先輩方もメンバー!今回はベートーヴェン作曲「ピアノ、ヴァイオリン、チェロのための三重協奏曲」をラルフのピアノ弾きぶりで、しかもあとのソリストとしてマークと、ドイツの名教師としても名高いチェリストのウォルフガング・メールホルン氏が出演するというので、私はコンサートを応援しがてら「北陸のカニを食べに行こう!』と以前から予定を空けて楽しみにしていたのです。
IMG_1416.jpg
<すっかりツーリスト気分ではしゃいでいた初日>
IMG_1430.jpg
<大好きな蟹味噌>
IMG_1433.jpg
<ラルフもマークも大絶賛!カニのお刺身>

それが…
なんと本番の前日である一昨日、ホテルの朝食の席で顔色の悪いウォルフガング先生に「もし僕が不調のままだったら、キミ代わりに弾いてくれるかい?』と言われて「えっ?」

横でラルフが『出来るよね?ユーコは弾いたことあるよね?』と。。。
しかし、、、あれは去年の4月の話です。

チェロはもちろん月末のリサイタルのためにここでも練習するつもりでしたが、このベートーヴェンは記憶の奥底に沈んでいます。

それから、いちおう急いで楽譜を見たものの…

先生の体調が悪いなんてそんなことは考えたくないし、代役は万が一もあるまいと思いながら、複雑な思いでリハーサルを聴いていました。
IMG_1421.jpg
その夕方、リハーサル後のことです。
急遽『先生の体調が思わしくないので代役を』ということになりました。

「はい!」と言ってからは何がなんだかわからないほどのスピードでものごとが進みました。
コンサートは明日の午後、もう24時間をとうに切っています。

私が心の奥底から愛するこの曲を、こんな形で、こんな状態で、しかも先生の代わりに演奏する、、、
気がついたら、責任が一気に背中にのしかかっていました。

その晩はラルフとマークと3人でリハーサル、私は脳から身体、指、全身で曲を思い出すのに必死。
しかし心配そうな顔のマークの横でラルフは「大丈夫、ああ良かった!さあ御飯に行こう!」と。。。

そうして自分のおかれた状況をかえりみる暇もないまま、翌朝を迎えました。

そしてゲネプロ、、、石川県立音楽堂の響きの素晴らしいこと、このオーケストラがなんと躍動的で生き生きとしていることか!こんな暖かい音楽家たちと一緒に、そして心から信頼するラルフとマークと奏でることができる、その喜びがベートーヴェンの音楽と1つになって心からの感謝が湧いてきました。

正直にいったら、こんな準備不足で、こんなに凄い曲を弾くのに躊躇がない訳がありません。
皆さんの足を引っ張るのが怖くないわけがありません。

でも、曲の素晴らしさと、オーケストラの方々とラルフとマーク、舞台と事務局の方々が皆さんで私を引っぱってくださり、なんとかベートーヴェンの世界にいるまま終えることができました。
IMG_1442.jpg
<終わってホッとしているところ:後半のプログラム、ウェーバーは面白く、アンコールのシベリウス「ワルツ・トリステ」には心を揺さぶられました>

ところで最近「兄弟」と間違われるラルフとマークですが、実の親子です!!
IMG_1440.jpg
<いつも暖かく細やかに音楽家を支えていらっしゃるアンサンブル金沢の運営&事務局の方々と>
左からお世話になったK政さん、マーク、O海さん、I崎さん、私、ラルフにケニーさん
Image 2
<名物チェリストのルドヴィート・カンタさん、桐朋の先輩でいつもキュートな江原千絵ちゃんは第2ヴァイオリンの首席奏者、同じく先輩で変わらぬ笑顔のチェリスト早川寛さんと>

包み込むようなチェロの音のカンタさんは御本人も優しくて本番前に楽屋に励ましにきてくださり
千絵ちゃんの暖かい言葉には張りつめていた心が溶けたし
早川くんの応援のメッセージに勇気をいただいたし…

アンサンブル金沢の皆さんは本当に暖かい!
金沢のお客様も暖かい、これは拍手でよく伝わってきました。
オーケストラ、ラルフ、マークへの拍手に混じって、「ピンチヒッター、お疲れさま」という応援も感じました。

そして弾きわってオケの皆の顔を見たらついうるっときてしまったのでした。
Image 3
<アンサンブル金沢のコンサートマスター・松井直さんは姉と同門!昔と変わってなくて本当に懐かしかった☆>

あ、ドレスは代役が決まってから母に泣きついて宅急便で送って貰いました。
夜7時の鎌倉発最終便で翌朝の9時すぎには金沢のホテルに着くという。。。クロネコヤマト恐るべし!!
ドイツじゃあ有り得ません。
Image 4
<京都からきてくれたマークの愛弟子・西川 茉利奈ちゃん(絶賛売り出し中の新進ヴァイオリニスト!)私、ラルフ、マークと彼らの大好物である鉄板焼きにて乾杯>
Image 5
<精密検査も受けてお元気になられたウォルフガング氏と4人で:本当に良かった!!>
IMG_1477.jpg
<そしてまたしてもどこも見られなかった金沢…また来ます!>

しかし…さっき家にかえって、いただいたコンサートの録音を聴いて自分の情けなさに唇を噛み締めて涙したのも事実です。

曲から得るものを余すところなく全て音に出し尽くしたい。
痛みを感じながら、強くそう思いました。

得難い体験をさせていただいて、心から感謝いたしております。
ありがとうございました!
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2014-01-23 Thu 00:06
アンサンブルφ(ファイ)@鵠沼サロンコンサート
本日は免許更新にいってきました。
誕生日が12月24日なので、いまやっておかないと(汗)

「ゴールドだからその場でとれるし♪」と言ったら
『ペーパーだからでしょ(笑)』とヒトにはばれていました。

で、30分の講習では恐ろしい事故の映像をこれでもかこれでもかと見させられ
またしてもクルマを運転するのが怖くなるワタクシなのでした。。。

夜道に黒っぽい服を来て横断歩道を渡ると事故にあう確率が上がるんだな、とか
「飲んだら運転しないでください」って書いてある風邪薬はウィスキーのシングル3倍分くらい酔うらしい、とか

一番心に残っているのはそんなことです、はい。


さて昨晩はアンサンブルφ(ファイ)で「第328回鵠沼サロンコンサート」でした。

えっ第328回?!
そうです。主催の鵠沼室内楽愛好会は大変に歴史が古く、大御所の先生方が長年弾いていらっしゃるという素晴らしいグループ。
IMG_1404.jpg
会場の「レスプリ・フランセ」も素敵な場所でした!

お客さまはさすがに集中力が高く、また曲をよくご存知で楽しんでいらっしゃる感じがしました。
IMG_1403.jpg
前半はニューイヤーのイメージでパパ・シュトラウスのギャロップではじめベートーヴェンの「大公」を。
Imagefai1.jpg
後半は「愛の挨拶」トリオ版のあとにメンデルスゾーンのトリオ第1番を。

満席だったこともあり会場の熱気は高まるばかり…
名実共に『熱い!』コンサートとなったような気がします(笑)
Image 2fai
それにしてもピアノトリオは本当に名曲揃い。
ベートーヴェンもメンデルスゾーンもそれぞれ奥深く、何度弾いてもいつも新しい発見があります。

鵠沼室内楽愛好会の皆さま、素敵なチャンスをありがとうございました。
また「アンサンブルφ」でも皆さまにお聴きいただけるよう研鑽していきます!
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2014-01-21 Tue 12:59
「CON ANIMA〜魂をそえて」 インストアライブ@ヤマハ銀座店
「大寒」の実力が身に染みる今日このごろ…お寒うございます!

その寒さに負けたのか18日のシューベルトのレクチャーコンサートではいつにない体調不良(寝違え首みたいな!)に…

腕の痛みと戦いながらも深沢亮子先生のピアノの深く優しい音と、瀬川祥子嬢の自然体ながら品格のあるヴァイオリンに助けていただいてなんとか終了〜おかげさまでトリオでは自分らしく思いっきり楽しませていただきました。

そして写真はそんなことで余裕なく撮り忘れました…

いつかまた先生と祥子嬢とトリオを弾かせていただけるかも、ということで次回はもっと自由に!
冷えた自分へのリベンジのためにも体調管理に気をつけます。


この晩は整体を基本としたマッサージをしてくださるサロンのAさんに泣きつき
2時間強も施術していただいて内側からポカポカに!

寒さ対策をしていたつもりだったのに身体の芯が冷えていたみたい。
もっともっと生姜をとったり、内側から暖まるように気をつけねばなりませんね。
皆さまもお大事になさってください〜


さて、その翌日19日は朝9時から学生コンクールの審査!
私はチェロとピオラの方にだけコメントさせていただき、車をとばしてヤマハ銀座ポータルでのCDリリース記念イベントへ。(他の先生方ごめんなさい〜)

なんとか開店前のお店へすべりこみ到着、写真は駆けつけ一杯という状態のリハの図
IMG_1362.jpg
乱れた髪がすべてを物語っております(笑)

で、この日は上階でチェロフェアも行っていたので、ゲリラライブ&トークもしてきました。

チェロを3台弾き比べ、面白かった!!
IMG_1366.jpg
プリマ楽器のK田さん、ヤマハのE連さんと楽器談義の図〜

チェロって大人になってからでも無理なく弾ける素晴らしい楽器です。
ご興味あるかたはぜひ♪


そして本番のイベントへ
1F入り口のステージですが、このスクリーンが凄い!!
しかも音響もカンペキで素晴らしく、立派な舞台にも感動しました。
1609627_10151862091002400_1623530261_n.jpg
でもこんな寒い最中のCDリリース記念イベント…

せっかくヤマハの方々がいろいろご尽力くださったのに
『ネコ一匹いなかったらどうしよう』と一抹の不安があったのですが、
1601175_10151862091032400_1574905347_n.jpg
こんなに沢山の方が真剣に聴いてくださって本当に感激いたしました。
IMG_1376.jpg
なんと14時からの第1回目は100人もの方がいらしてくださったそうです。

お寒いのには早くから並んでくださった方、ずっと立ち見で聴いてくださった皆さまに心から感謝を捧げます。
ありがとうございました!IMG_1389.jpg
美奈子さんと2人、31日にはヤマハ銀座サロンにて19:00よりCDリリース記念コンサートがあります。
こちらではCDの収録曲をたくさん弾きます!


それでは今日は鵠沼にて「アンサンブルφ(ファイ)」のコンサート

じゃあ、今晩も「CON ANIMA(コン・アニマ)〜魂をそえて」弾いてまいりますね〜

別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2014-01-18 Sat 01:14
ラジオFM横浜「SEASIDE CLASSIC」にゲスト出演 ♪
すっかりブログに書くのを失念いたしておりました!

1月19日(日)7:43~7:57オンエアの FM YOKOHAMA「SEASIDE CLASSIC」にゲスト出演いたします。

こちらはアンサンブルφ(ファイ)の仲間でもある礒絵里子さんがパーソナリティをつとめる番組で
楽しいおしゃべりの合間に新CD「CON ANIMA〜魂をそえて〜」から曲も流れます!
IMG_1328.jpg
絵里ちゃんの番組に出させていただくのはこれで3度めなのですが、
その素晴らしいDJぶりにちょっと感動したしだい!

そして例によってマイクも忘れて楽しくお話したのであります。
IMG_1329.jpg
ちょうどオンエアの日(明日!)
は昨日のブログでも触れましたが CDリリースの記念イベントもあります。

というわけで日曜日は朝は早起きしていただいて
7:43から 爽やかにFM YOKOHAMA「SEASIDE CLASSIC」でお目覚め(?)

午後は銀ぶら(古いっ!)して
ふらっとヤマハ銀座の1Fを覗いてくださったらワタクシがおります♪

ついでに新CDをご購入いただきますと、もれなく美奈子さんと2人でサインさせていただきます(笑)
ヤマハ銀座1Fポータル:無料イベント14:00〜16:00〜です!
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2014-01-17 Fri 08:05
CD「CON ANIMA(コン・アニマ)」リリース御礼! そして〜魂をそえて〜ということ
この土曜日にとうとう新CD「CON ANIMA〜魂をそえて〜」がリリースいたします!
1503485_679337188772549_1777910478_n.jpg
(デザイナーU原さんによるジャケット写真が公開解禁に↑)

今回は初のセルフディレクション、そして名付け親にもなりました。

Con Anima はコン・アニマと読みます。
意味は音楽用語だと生き生きと、というような意味ですが〜魂をそえて〜という気持ちをこめてつけました。

ホント、このCDはウチの子という気持ちがしています。(まだ本物を手にしていませんが…)
落ちこぼれで手がかかるけど、愛情をもって育てた、そんな感じ。

正直にいうと綺麗に仕上がったCDというよりも、奏者の息遣い(ハナイキ?!)が聴こえるようなCDです。
そんなライブ感を大切にしました。

セルフディレクションでは、録音しながらどんどん弾き方(ニュアンスやタイミングなど)を変える過去の自分自身に悩まされるばかりでした。

3日分のテイクは実に10枚のCD-ROM分となり、NGテイクも含めて全て何度となく聴きなおしました。
人生でこんなに長い時間、ヘッドフォンをしていたのは初めて(笑)
(去年、BOSEのヘッドフォンを買ったのは、このためだったのか?!)
耳に熱がこもって中耳炎がぶりかえしそうになったり、頭痛になやんだこともあります。

お恥ずかしい話、もともと私は自分の演奏を聴くのが苦痛でできれば避けたい…

でも今回はそんな訳にいきません。
アタマを冷やして客観的に聴くのには時間がかかり、それで第1と第2Editで選ぶテイクが変わってしまったり…
なにしろトーンマイスター(エンジニア)のIさんに多大なご迷惑をおかけしてしまいました。

最初に探した私の「傷がないテイク」は往々にして演奏も大人しめ…
それよりも荒々しくとも「いま生きてる」と感じるテイクを選んでいきました。

この録音を通して自分の至らなさも、これから向かって行きたい方向も良くわかりました。
私を育ててくれた録音でした。

ピアノの小柳美奈子さん、ライナーノートだけでなく支えてくださった渡辺謙太郎さん、ハーブクラシックスのM田さん、トーンマイスターのI口さん、デザイナーのU原さん、そしてマネージャーNちゃん

このCDが生まれるためにご尽力くださった皆さまに心から感謝もうしあげています。
そしてこれから聴いてくださる皆さまにも…

3,150円(税込) HERB-019
■共 演:小柳 美奈子(ピアノ)
■収録曲
バッハ:無伴奏チェロ組曲第1番  
ルビンシテイン:メロディ
ポッパー:ハンガリー狂詩曲
黛敏郎:BUNRAKU
ガーシュウィン/挟間美帆 編曲:I Got Rhythm
ガーシュウィン/挟間美帆 編曲:Summertime
グラズノフ:吟遊詩人の歌
ムソルグスキー:ティアーズ 
ブルッフ:コル・ニドライ
■レコーディング場所  秩父ミューズパーク
■発売元  ハーブクラシックス 
■お申し込み info@herb-classics.jp


実はAMAZONで購入できるまで少々お時間がかかるそうで…
そのかわり(?)『早く実物が欲しい』という方には
19日にヤマハ銀座ビル1Fにてどなたでもお立ち寄りいただけるイベントを行います!
美奈子さんも一緒に弾いてくださいます♪

【CD「CON ANIMA〜魂をそえて〜」リリース記念イベント】
ー水谷川優子、待望の新CD発売を記念して無料のミニコンサート&サイン会を開催!ー

1月19日 14:00〜/16:00〜
共 演:小柳美奈子(ピアノ)
場 所:銀座ヤマハ1Fポータルステージ
入場無料 ※予約不要ですが お立ち見での鑑賞となります。 予めご了承くださいませ。


そして31日には収録曲をたくさん聴いていただけるコンサートもあります!

【CON ANIMA〜魂をそえて〜CDリリース記念コンサート】

サロンは先着80名の贅沢なコンサートということで、おかげさまで完売目前♪
あと5席を切っておりますのでご興味のある方は即!予約をなさってください。

詳細はこちら
料 金:一般¥3,500/会員¥3,000/学生¥2,500(※要予約)
場 所:ヤマハ銀座コンサートサロン (ヤマハ銀座ビル 6F)
問合せ:ヤマハ銀座店 5F ピアノ売場
tel:03-3572-3132(営業時間 11:00~19:30) ■定休日 第2火曜日


ということでCD一色かというと実はそうでもなく

18日には「シューベルトの名曲を夢のトリオで - 国際的名手3人がつどう午後」
なんと音楽プロデューサー中野雄氏の講座にて、幼いころからの憧れで2013年にデビュー60周年を飾った国際的なピアニストの深沢亮子先生とパリ在住のヴァイオリニスト瀬川祥子さんと演奏させていただきます。

シューベルト…ぶるぶる(震え)しています。
IMG_1330.jpg
あと21日にはアンサンブルφ(ファイ)の「鵠沼サロンコンサート」も!
今日はφのリハーサル、個人練習もせねば。。。

というわけで〜魂をそえて〜弾いてきます!
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2014-01-12 Sun 23:59
New Year Concert & Party 2014@六本木ヒルズクラブ
昨日は毎年恒例のNew Year Concert & Partyでした。
IMG_1334.jpg
後援会主催の新年の集まりも六本木ヒルズクラブに場所をうつしてすでに7回目!
う〜ん 時の流れの速さよ…

毎回ゴージャスなゲストをお招きするミニコンサート、今年は山本貴志さんがいらしてくださいました。

ちなみに去年は「一山水」がこの場でデビューしたのです。
(一山水とは能管の一味噌さん、ピアノの山田武彦さん、チェロのワタクシという一風変わったユニット)

あのときの富士山はちょっとボヤけていましたが
隠れ富士山のご利益か(?!)マネージャーNちゃんの涙の営業のおかげか、順調に秋の公演が決まりました。
IMG_1342.jpg
昨日は山本さんとは5月23日に行う「紀尾井ホールでのリサイタルシリーズ」のプログラムからちょっとだけ演奏。

そうそう、まだお知らせしていませんでしたが
今回はドビュッシー&プーランクのフランスそして
イザイにフランクというベルギー代表の作曲家の作品をとりあげます。

名付けてタイトルは「フレンチ・コネクション」(笑)

いま気がついたのですが、このリサイタルシリーズも新年の会と同じく7回目!!
7年前って色んなことの種を撒いていたのかな?
1607054_10151846236337400_584914631_n.jpg
今年も富士山は雲のむこうに隠れてしまったけれど、どうぞご利益がありますように〜

そして今日はデザインKコンクールの第一次審査をしてきました。
まったく子供のころはまさか自分が審査する側になるなんて思いもしなかった。。。

コンクールって弾く方は緊張するけれど、ジャッジするのは人間!
カンペキだけど感情が伝わってこない演奏よりも、訴えてくるものが強い演奏に心を動かされます。

これだけは幾ら文明が進んでもヒトにしかできないなあ〜たぶん。
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2014-01-08 Wed 12:09
「しごとはじめ」はTRIO SOLLAで
5日に帰国いたしました!
ほんとうは成田からリハーサルに直行のはずが
リハが6日になってちょっとホッとしたのも束の間…

目前にせまったCDリリースのためもあって盆も正月もない生活に突入しております。

でも帰った日にいただいたお雑煮の美味しさは最高でした。
うちは白味噌に丸餅で京風なのですが、ほんのりとした甘さに時差も吹っ飛び(?)ました!

さて新年最初のリハは4月に朝日浜離宮ホールで行うピアノ三重奏でした。
IMG_1321.jpg
って御飯の写真でゴメンナサイ(笑)

この3人はちょうどこのコンサートの1年前である去年の4月に、ベートーヴェンのトリプルコンチェルトを弾いた仲間なのです。

右はNY在住のピアニストである谷川かつらさん
左は幼馴染みで親友のパリ在住ヴァイオリニストの瀬川祥子さん
そして真ん中で「両手に花」しているのがベルリンと鎌倉を行ったり来たりしている私(笑)

友人としても音楽上でも最初のリハからすっかり意気投合しました。

それは嬉しいことにコンサートでも音をつうじてお客さまに伝わったようで
「3人の音を聴きたい」というお声をたくさんいただいて、今回トリオを組むことになった次第です。

まずは4月24日は19時から朝日浜離宮ホールにてこんな「三都物語」的なプログラムを組みます。
Image 11solla
TRIO SOLLA(ソッラ=空)3都から春の東京へ〜国際色豊かな名花が競う〜
名花。。。お恥ずかしい(笑)

三都物語だけあって3人の予定を合わせるだけでもなかな難しいのですが
すでに11月にも公演が決定〜

日本であるのが難しくても
逆転の発想でこれからはヨーロッパでも集合、各国ですこしづつ演奏の場をひろげていきたいと盛り上がっております。

こんな3人の音を皆さまに聴いていただけたら嬉しく思います☆

というわけで2014年は夢と大きな目標に満ちた「仕事始め」となりました。
では改めて本年もよろしくお願いいたします!
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2014-01-04 Sat 13:42
2014年所感〜そして日本へ〜空の旅
新しい年がはじまりました。
IMG_1110b.jpg
実は旧年1月に祖母が他界いたしましたため新年のお祝いは控えさせて戴きますが
旧年中にさまざまにお世話になりました御礼を申しあげて
皆さまのご健勝と実りある素晴らしい一年をお過ごしになりますことを心からお祈り致しております。
Image 11
さて今回の大晦日は街のあちこちで上がる花火がまるで「戦火の如く」のベルリンをさけ
カールスルーエのM夫の父のところへ避難、静かで穏やかな年越しをしてまいりました。
Image 5
大晦日のカールスルーエ↑
ベルリンより日が長く、太陽も元気な感じでした。

元旦は足をのばしてバーデンバーデンへドライブ↓
IMG_1266.jpg
小さいけれどじつに優雅な街です。
IMG_1269.jpg
ここに来たのは学生時代の夏の講習会以来…
思いがけず、新年早々に自分の留学生時代をふりかえることになりました。

年々、レッスンやコンクールの審査や若い音楽家の方の演奏を聴く機会がふえてきて
IMG_1053.jpg
昔の自分の在り方を振り返ることが多くなっています。
「ああ、あの時なんでこうしなかったのかな」と思うことも多々ありますが(笑)
今になって「あの先生のあのお言葉はこういう意味だったんだ!」という発見があったり
<過去>がいまも息づいている不思議さを感じます。


そして、こちらは賑やかだったイブの誕生日のようす〜
スイスの姉のところの子供たちも大きくなりました。
彼らとそれぞれ音楽でも繋がることができて成長が楽しみなのです。
(叔母◯カですが…)
IMG_1134.jpg
M夫がこっそり注文したケーキ↑デコレーションも本人が…(笑)
IMG_1123.jpg
今年のローストチキン↑
IMG_1120.jpg
ファミリー集合の図

そして去年は日本から素敵なお客さまをお迎えすることができました!
Imagem.jpg
そう美奈子さんです〜たまには楽器なしのお付き合い、本当に楽しい日々でした☆

この1月は久々のソロアルバム、美奈子さんにピアノを弾いていただいたCDがリリースいたします!!
自分らしさを追求して
もっともっと皆さまに聴いていただけるよう音を磨きたいと思っております。
IMG_1264.jpg
マークともども「どうぞ本年も宜しくお願いいたします!」

それでは今から日本へ参ります〜
日本も寒いそうですね。ぷるぷる。。。
別窓 | 海のこっち側で | トラックバック:0 |
| 水谷川優子のチェロ弾き旅烏日記 |