旅するチェリスト水谷川(みやがわ)優子のブログ

2015-02-24 Tue 21:45
ベルリンの熊 ベルリンの猿
ひさびさの我が家ライフを満喫しながら譜読みと雑用に追われております。

で、なぜか今週はなぜかファミリーweekとなっているようで
サンフランシスコから叔母夫婦、マークの父であるラルフ夫婦、週末にはルガーノの姉家族5人が登場!

+して3月は生徒に、友人たちもどんどんここを目指して旅してくる気配で
なんだか「上手から登場、下手から退場」という感じでまるで『伯林劇場』です(笑)
IMG_6461.jpg
ベルリンのシンボルといえば熊!
IMG_6460.jpg
<こちらは2010年からここに設置された「Buddy Bear Quadriga」>

ベルリン市(州)の紋章に熊がある(いる?)ことから、街のあちこちにさまざまな熊たちが佇んでいるのです。
なかでも「United Buddy Bears」は平和へのアクション、恵まれない子供たちをサポートするプロジェクトとして有名。

<ユナイテッド バディ ベアーズ」は、国際的な融和・平和を願って、ドイツの首都ベルリンから始まったアートイベントです。各国を代表するバディベア(熊のオブジェ)が、手と手をつなぐ、そのサークルの象徴性をもって、愛、平和、友情、寛容、そして民族間の相互理解を求めるメッセージを伝えています。バディ ベアーは、ベルリンの象徴である熊をモチーフとして、123の国連加盟国をあらわし、それぞれの国のアーティストにより各国の文化を表現するようデザインされています。>

サッカーの時のブログ「ベルリン熊とW杯」

で、ここから直ぐのZOO駅(旧ベルリン中央駅)に隣接してBIKINI BERLINというショッピングセンターが去年オープンしてよく行くのですが…

そこでは違う動物に遭遇できます。
IMG_6466.jpg
実はZOO(ツォー、動物園)の借景!
IMG_6472.jpg
猿山です☆
ひと際大きいのがボス猿、彼が動くと群れが動く〜
さすがの貫禄です。
IMG_6471.jpg
さっきは小さな赤ちゃん猿が2匹ほどいて、その愛らしいこと!!

学生っぽい若い猿たちはお互いに尻尾でからかいあってるし
母猿たちは井戸端会議してるし
なんだか会話が聞こえてきそう。

猿たちの人間模様(?)ってこれまた面白いのですね。
IMG_6467.jpg
ついつい急ぎの用事を忘れ、ぼーっと猿に見とれた午後でした。
別窓 | 海のこっち側で | トラックバック:0 |
2015-02-20 Fri 09:28
さまざまな演奏のかたち(コンサート@ARVO 2015前夜祭)
いま羽田空港へ向かっています!

1ヶ月ほどベルリンに帰ってまいりますが、なんだか国際空港でも羽田だと気楽で「ちょっとそこまで」気分になりますね。忘れものしたら取りに帰れそう…笑


赤坂の翌日は昨日まで横浜で行われていたAsia ARVO 2015という国際眼科学会の、前夜祭ともいえるPresidential Dinnerにて弾かせていただいてきました。

場所は三溪園、話には聞いていましたが、横浜にこんな素晴らしい庭園があるなんて!!

思わず「ここは京都?金沢??」とびっくり。

しかーし全く時間がなくて素晴らしいお庭を散策することもなく…(涙)
IMG_6439.jpg
せめてお庭と同じくらい素晴らしかったお食事の写真だけでもお目にかけます。
IMG_6441.jpg
ご一緒にうつっているのはアメリカ生まれ育ち、NY在住のJAZZフルーティストの渡辺薫さん、フルートだけでなく笛一般なんでも吹ける!!

あら一噌さんみたい、と思ったら共演なさったこともあるそう。

彼は鼓童のメンバーとしても活動、数年前まで新潟の佐渡に住んでらしたそうです。

で、、、この日はバタバタでドレス姿で写真を撮るのも忘れて終了、、、

終わってから「わーい、五重の塔みたい!!」とはしゃいで記念撮影しました。

「あれはなんだ」バージョン

「NY風?!わーお」バージョン

右手前、2,500人もの参加者がある国際学会を仕切るスーパーウーマン社長Eちゃん
縁を紡いでくれた、これまたスーパーウーマンのSちゃん
お二人ともばりばりお仕事しながらママとしても素晴らしい!知れば知るほど素敵な友人たちです。

無事に終了してホッとしたので「おふざけ」バージョン

この晩のVIPがお集まりのディナーでは世界を先取りする学会の雰囲気がわかり、いろいろ楽しかく刺激のあるものとなりました。

桜の先取り~
次回、帰国したら桜が楽しめるかな?!


ではではそろそろ羽田に着きます!!
では次のブログはベルリンからアップいたしますね~
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2015-02-17 Tue 17:42
赤坂にて音を紡ぐ~Classic Patio ~アムール・ルージュ~の巻
おとといは病み上がりの第1弾コンサートでした(笑)

赤坂BizタワーにてTBSヴィンテージクラシック~Classic Patio~アムール・ルージュ~!
10997249_629131193884231_468905436_n.jpg
<写真撮影 ボックリ博士中村さま>
赤坂のビルがホールに早変わり〜
IMG_6428.jpg
熱心なお客さまが聴いてくださってます。
かぶりつきの席が…近いっ!!
弓で突かないよう気をつけました(笑)
IMG_6429.jpg
実はアンサンブルφのメンバー仲間である宮谷理香さんも
ちょうど一週間前にここで演奏したばかり
『寒いから気をつけてね』と優しいメールをくれていました。
ありがと、りかりん♡

それなのでドレスの下はかつてないほど着込んでいたのですが
この日は午前中がお日様ポカポカ♫
それに皆さんの熱気も加味されて実は弾いていてけっこう熱かった…
10955453_629148387215845_1590674417_o.jpg
ちょっとまだ時おり目眩がしていたのですが
弾いている時はすこぶる元気で
11004888_629134417217242_1284806312_n.jpg
いま元気でチェロが弾けることへの喜びに満ち満ちておりました。
10967882_629134413883909_1128062380_n.jpg
今回のパートナーはベルリン在住ピアニストの山口研生さん!
素晴らしい演奏家なのはよく知っていたのですが、一緒に弾いていて楽しかった☆
11004823_629156957214988_1453876047_n.jpg
真ん中は司会をつとめてくださったクラシックソムリエ協会の児玉洋子さん。
いろいろ誘導してくださって楽しくおしゃべりしました。

そしてクイズコーナーは回答者の方に素敵なプレゼントが!!
クラシックソムリエ検定の本も面白そうだし
TBSビンテージクラシックの貴重な音源CDもいいなあ〜

音楽がお好きな方にはなかなか楽しいイベントです。
IMG_6435.jpg
真ん中に児玉さんをはさんで
右がTBSヴィンテージクラシックス エグゼクティブプロデューサー小島英人さん
左は同じくTBSヴィンテージクラシックスの横井直行さん。

情熱をこめてつくっていらっしゃるこの企画に出演させていただいて感謝申し上げております。
本当にありがとうございました!
IMG_6434.jpg
着替えてしまった山口くんと2ショット☆
今年は彼とまた日本で聴いていただける日もありそうです。

というわけで弾いて元気になった一日のお話でした!
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2015-02-14 Sat 21:17
「思わぬ禊ぎ」→赤坂BIZへようこそ
う〜ん

実は日曜日の夜 お籠りからでてきた途端に高熱にみまわれていました。
節分の後のまさに鬼の霍乱。。。

お籠り中はあんなにすっきりと元気だったのに
「娑婆の風」は冷たかった、、、??

久しぶりに39度を越える熱で数日間ほど寝込んでおりました。
しかし調べていただいたらインフルエンザではなかったのです。
不思議だなあ。

高熱で身体の節々が軋むし、頭痛はするし、咳のしすぎで筋肉痛?!
何をしても苦しい…すっかり忘れていました、この感じ。
痛みが身体の中を暴れ回った数日間は、そうとうな「禊ぎ」となりました。

身体もアタマも余計なものは持って行かれた感じでちょっと軽い。
そりゃあ辛かったけれど、すぎ去った今はいろんな感謝のみ残ります。
(普段、元気すぎるから、無理を重ねるなよということかしら)

とにかく、すべての用事を変更、延期にしていただいて、明日と明後日のコンサートにはなんとか間に合いそうです。
(いや「絶対に」間にあってくれないと困る!!!!!!!!)

と、今日は久々にチェロ雄を背負って出かけましたが
 行きは息が切れて慎重な足取り
 帰りはもう慣れていつもに近い早足になっており
ああ、いま回復期なんだなあと実感、ちょっと安心しました。
Image.jpg
というわけで明日のコンサートはこちら♪
↓↓↓

  鑑賞無料の贅沢なクラシック・シリーズClassic Patio~アムール・ルージュ~
  2月15日(日)14時~15時には豊潤に歌うチェロ、水谷川優子が登場!

  ザルツブルク・モーツァルテウム音楽院首席卒業と同時に欧州で演奏活動を開始。
  第6回東京国際室内楽コンクール優勝ほか多数受賞。
  ヨーロッパで培った瑞々しい感性と豊潤な音色、水谷川のスケールの大きな演奏をご堪能いただけます!

  <開催場所>
  赤坂Bizタワー2階 アトリウム(赤坂駅直結)

  <演奏予定曲目> 
  シベリウス:ロマンスOp.78-2、ロマンディーノOp.81-2
  ラフマニノフ:ヴォカリーズ
  黛敏郎:BUNRAKU
  ルービンシュテイン:メロディ
ポッパー:ハンガリー狂詩曲ニ長調Op.68
  サン=サーンス:白鳥
ピアソラ:リベル・タンゴ
  ◎ピアノ共演:山口研生

  詳細は、下記よりご覧ください。
 http://www.classicsommelier.jp/news20150123/
  毎回、当日11時より整理券を配布開始いたします。
  早い番号の方から順に前方でご覧いただけます。

  クラシックソムリエ検定関連書籍が当たる
 「クラシック・ソムリエ・クイズ」も行っています!!


もし宜しければぜひぜひ赤坂方面にいらしてくださいまし〜
お目にかかれたら嬉しく思います☆

あっしまった!バレンタインなのに1つもチョコの話が(笑)
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2015-02-04 Wed 08:08
ちょっと前のこと~兵庫芸文リサイタル
ただいま寒い寒~いお籠りの真っ只中!

いま毎年恒例の行事で関西に一週間の逗留をしております。


というわけで実はこれは予約投稿( ´ ▽ ` )ノ アップできていなかった前の記事をお目にかけます。

写真は神戸の港、冬の海には夜景が映えますねえ。

さてさて先月は兵庫芸術文化センターにてリサイタルをさせていただきました。

すり鉢型の素敵なホール!

阪神・淡路大震災からすでに20年

なんと前泊させていただいたホテルの最上階には天皇両陛下が御宿泊、なぜだかこの晩は絶対的な安心感のなかで眠ることができましたm(_ _)m

今回は奇しくも2015年の1月17日という大事な日に西宮で弾かせていただくことになり、いつになく大事なものを背負った気持ちになりながらホールへと向かいました。

そんな私の気持ちを支えて分かち合ってくださったのは美奈子さん!

思いを託した音を優しく包むようなピアノを弾いてくださいました。

主催の大阪新音の方々ももう長いお付き合い。いつも私の好きなプログラムを自由に弾かせてくださって本当に有難い存在なのです。


美奈子さんと真ん中は譜めくり美女のMちゃん、素敵なサックス奏者です。

この日もしみじみ、コンサートとは奏者とお客さまが時間と空間を共有して一緒に体感するものなよだなあ、と思うものとなりました。

おまけ:お菓子やお花にお酒類…(^.^)
数ある素敵なプレゼントのなかで特に嬉しかったのはミーのタオルセット!!

いえ、もう、コンサートを聴いていただけるだけで嬉しいのにこんなご褒美(?)をいただいて…しかも名前いりという御心入れ。

さっそく今月ベルリンに連れて帰ろうっと。これならマークも使うまい。。。
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2015-02-01 Sun 19:08
~いま思うこと~
町が真っ白!
昨日マークが送ってきたベルリンの写真です。

今日は朝からコンクールの審査員で早起きしたのですが、朝一番のニュースはISISの人質となっていたジャーナリストの後藤健二さんがお亡くなりになったというものでした。

悲しみや怒りがいり混じって、なんとも収まりがつかない気持ちになりました。

この件では、私は簡単に「自己責任」などという言葉を使うことができません。

その言葉はあまりにも軽すぎる。

例えば、立ち入り禁止地域でスノーボードをして遭難したのとは訳が違うのですもの。

後藤さんは戦地で踏みにじられる名も無き人々のことを命をかけて伝え続けてきた方なのだと思います。

そのような方が覚悟をしてとった行動は、如何に無謀であったとしても軽々しく批判できないと感じます。


現在の社会情勢で、後藤さんが無事に釈放されるのは不可能に近いとわかっていながらも、世界でどれだけの人が彼の帰還を心から願っていたでしょうか。


今となっては、後藤さんはその命をとおして今この瞬間にも世界のあちこちで理不尽なことが起こっていると、私たちに知らせてくださったようにも思えます。


単にテロを憎むのではなく、なぜテロ行為が行なわれるのか、どうしてISISが生まれなければならなかったのか、

それから、なぜ世界のあちこちからそこに身を投げだす若者が後を絶えないのか…

それらを対岸の火事として無視するのではなく、理解しなければ何も始まらないと痛感しています。

後藤さんの御冥福を心よりお祈り申し上げます。

どうぞご遺族の方々が誰にも邪魔されず心静かな生活をおすごしになれますように…






ブログに書いて良いのか迷いましたが、いまの私の気持ちを書かせていただきました。

これから、またコンサートのこと、出逢いのこと、コンクールで若者たちから感動をもらったことなど書いて参ります。

もちろん日々思うことも!!
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
| 水谷川優子のチェロ弾き旅烏日記 |