旅するチェリスト水谷川(みやがわ)優子のブログ

2015-11-30 Mon 23:55
「響きあう晩秋の音物語」@紀尾井ホール&京都府立アルティホール
チェロ弾き旅烏、この秋は旅につぐ旅で「風の又三郎」化しております。
新幹線のマイレージがあったら良いのに~

と、いうわけで立ち止まることなく11月が終わろうとしています。
明日からとうとう12月、師走ですね。

昨日は弓の恩師の奥さまの白寿のお祝いで姫路にてチェロ雄と音祝ぎさせて戴いてきました。
お寺の大奥さまで満100歳、お元気です!

笑顔も素敵な可愛いおばあさま、実にチャーミングで人びとに慕われています。
お子さま、お孫さまに曾孫ちゃんたち、檀家の方々、そして弓の門人たちで楽しくお祝いさせていただきました。

そして今日は朝から東京でトリオ ソ・ラのリハーサル、明日は鳥取に飛びます。
実はソ・ラのピアニスト谷川かつらさんが事情によりNYからの来日が叶わず、、、
今回はミラノから黒田亜樹さんがピンチヒッターを引き受けてくれてコンサートすることになったのです。

明後日の倉吉でのサロンコンサート
12/4は大阪のフェニックスホール主催公演(完売寸前だそうです)
楽しんで参ります〜

さて、ブログでコンサートを振り返ってみます。
前回の記事、スペシャルオリンピックス長野の翌日15日は東京の紀尾井ホール公演でした。
IMG_9058sn.jpg
(PHOTO by ぼっくり博士さま)

今年のリサイタルは文化会館だったのでここは1年半ぶり〜
やっぱり素晴らしい響きです。
IMG_9057sn.jpg
IMG_9044sn.jpg
写真を見ると、あの音が鳴りだします。
レヴィン、ナイディック両氏の響きの中に在ることの心地良さ、そして肚の底からそこに応えていくもの。
IMG_9037sn.jpg
ボブ氏の盟友、音楽学者の海老沢敏先生のご家族と。
IMG_9050sn.jpg
大好きなピアニスト・宮沢明子先生がいらしてくださいました、なんというサプライズ!!

そして17日は京都のアルティホールでした。
IMG_9065k.jpg
(官休庵のお家元 武者小路千家、千宗主さまよりお花をいただきました)
Imagekzoi.jpg
ここはアンサンブルに最高のホール!
sssp.jpg
そして最高の体験…
ブラームスの三重奏の最初の一音からアンコール(ベートーヴェン「街の歌」の2楽章)の最後の一音まで
身体の上では気が充満して淀みなく流れているのを感じました。
心の上では、、、いっぺんの惑いなし、ただ音に身を委ねる
そんな感覚でした。

これからも素晴らしい先達の背中を追いかけたいと思います。
ありがとうございました。
IMG_9071k.jpg
ナイディック夫人でクラリネット奏者の大島文子さん(真ん中)とお姉さまのピアニスト大島直子さんと!
たくさんたくさんお世話になりました。
最強で最高の「おおしましまい」です。
IMG_9067k.jpg
左が今回のコンサートの仕掛人で三都市スペシャルオリンピックス支援チャリティコンサート実行委員長の根岸眞子さま(バスケットのコーチで毎週アスリートたちと肉弾戦を繰り広げるスポーツウーマン)
右は特定非営利活動法人スペシャルオリンピックス日本・京都理事長、裏千家の千容子さま

細川佳代子さんもそうですが、やっぱりアスリートを本気でサポートしていらっしゃる方々は明るくてポジティブ、さばさばして素敵な方ばかりです。
IMG_9059sn.jpg
素晴らしい御縁とチャンスをくださったスペシャルオリンピックスの皆さまに心から感謝を。
アスリートの方々が次のオリンピックに万全な体勢で思いきりチャレンジできることを心からお祈りしております!

IMG_9109k.jpg
翌日はレヴィンさんをお連れして東福寺さまで駆け足の紅葉狩り!
特別に御案内くださったH和尚様のおかげさまで「最高の京都の秋」を味わうことができました。
これこそ眼福!!

では私も「音福」できるようにがんばろうっと〜
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2015-11-14 Sat 23:53
善光寺奉納演奏&「響きあう晩秋の音物語」長野公演@ホクトホール
昨日は長野の善光寺さまで奉納演奏をさせていただきました。
IMG_9021sn.jpg
(ホテルにあったミニチュア〜秋の長野市〜)
IMG_9009sn.jpg
(私の控え室、、、新婦のお部屋だそう。素敵〜)
IMG_9008sn.jpg
(リハ図:お2人のクラリネットとピアノの奏でる世界といったら…贅沢な音の粒子に包まれます)
IMG_9014sn.jpg
左からレヴィン氏、大島文子さん&ナイディック氏は御夫妻お2人ともクラリネット奏者!私そして譜メクリストしてくださったチェリストの遼子ちゃん)
IMG_9011sn.jpg
夜は、、、素晴らしいお精進にお連れいただきました。
IMG_9016sn.jpg
どれもこれも、、、感動的な美味しさ☆
そして夜の善光寺さまは本当に素敵でしたよ〜

IMG_9034sn.jpg
そして今日はいよいよ長野公演でホクトホールでした。
ナイディック氏、レヴィン氏の音に包まれて、そしてその音と会話するのは至福以外のなにものでもありません。
こんな幸福なことがあって良いのかと、、、

けれどもそ幸福の後ろには、今朝起きて最初のニュース、パリのテロ事件のショックもありました。

10月に泊めていただいた友人の家からすぐのところでも2ヶ所爆発がありました。
毎日、歩いていた道。。。
パリに行ったらいつもカフェを飲む店の方もこのテロで家族皆さんお亡くなりになったとききました。

皆のことを思うと胸が痛いし
自分のなかに、どうにもならないものがあります。

でも音楽のなかにいるときは、それを変換できる。
だからこそ、この一瞬にすべてを尽くして音と1つになりたいと、
心からそう思います。

音は祈り。。。

明日は紀尾井ホール、ではおやすみなさい。
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2015-11-13 Fri 02:10
響きあうもの…ザ・シチズンズカレッジ講演会@銀座
一昨日はNPO法人ザ・シチズンズ・カレッジに招聘していただいて銀座の真ん中で講演会をおこなってまいりました。
IMG_8988cc.jpg
なんと第112期講座ということで、今までの講師の方々は大学の先生はもちろんのこと、各界の有名な方ばかり!

いままで色んなところでレクチャーコンサートをさせて戴きましたが
純粋に「講演会」に招かれたのははじめてだし
あれ、チェロ雄くんと一緒でいいのかな?

チェロがないと自分が半身なように感じるのです。
しかも、どうも熱心な受講生の方々に望まれているのは自己啓発的なお話な気が、、、

さてさてチェロ弾きはどんな話をしようかな、などと考えておりましたが
私は私

この人生でチェロとの縁で学んできたことや
音楽によって培った人生観
そんなことをお話しようと思いました。
IMG_8991cc.jpg
<響きあい、心をつむぐ、音の玉手箱>
こんな素敵なタイトルを主催の方がつけてくださったのですが
長い歴史のなかでも楽器を弾きながらの講座は初めてだそう!
IMG_8998cc.jpg
「私で良いのかな?」
そんなつまらないアウェイ感はすぐに吹き飛んでいきました。
IMG_9002cc.jpg
(ザ・シチズンズカレッジのチームの暖かい皆さまに感謝!)

それは心をこめて講座を作られるスタッフの方々と熱心に聴いてくださるお客さまのお力です。
ありがとうございました!

講義中にお話ししながら
ー自分は色んな大切なものに呼び寄せられてここに来たんだなあー
と痛感していたのですが

実際にこの日は驚きの御縁がたくさん!!
やっぱり人生ではいろんなものが繋がっているのかな。面白いですね〜
またまたエネルギーをいただいた日となりました。

さあ、いまから長野にいってまいります。
今日は善光寺さまで奉納演奏!

ロバート・レヴィン
チャールズ・ナイディック
いまこの心から敬愛するお2人の音、ブラームスの世界に誘われ、
いま素晴らしい世界を垣間見せていただいております。

これから17日までここに没入いたします。
長野 東京 京都
三都市でお目にかかれるのを楽しみにいたしております!
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2015-11-10 Tue 14:06
三条のコンサート〜お鍋と温泉〜
いろいろ佳境にはいっております。

もう街ではクリスマスの飾りをちらほら見かけるようになってきました。
早い!早すぎる!!

ちなみにドイツにクリスマスの気配が 流れるのはアドベント(待降節)が始まってから。
クリスマス前の日曜日より遡って4週間前から始まるので、今年は11月29日からですね。

なにやら日本の市場は「ハロウィン終わったらすぐクリスマス!」という流れをつくっていますが、どうも落ち着きません。
なんだか生き急いでるみたい。

まあ、そうは言っても紅葉が始まったらそれはそれで盛り上がるでしょうから、良いか。
じっくり秋が深まっていくのを味わいたいと思います。

さてこの秋も盛りだくさん、楽しかった大介さんとの新潟・三条コンサートが記憶の彼方にいってしまう前に日記を書かねば!
IMG_8881sj.jpg
という訳で今月1日は三条東公民館にてギターの鈴木大介さんとコンサートでした。

IMG_8884sj.jpg
(楽屋では毎年定番の皆さまのお心づくしが、、、押し寿司から笹団子
なかでもKさんのお弁当は涙がでるほど美味しい☆)

まず、バッハの無伴奏第3番ではじめ
2人でシューベルトのアルペジオーネ ソナタ
IMG_8914sj.jpg
後半は 定番でサンサーンス「白鳥」
ファリャ「スペイン民謡組曲」
ヴィラロボスのブラジル風バッハ第5番より「アリア」
ニャタリのソナタ
これまた2人の定番でピアソラ「リベルタンゴ」
IMG_8908sj.jpg
アンコールは「愛の挨拶」でした。

こうして見ると6月のリサイタルをなぞっただけに見えますが、
プログラムを寝かせたためか、自分たちは少し進んだような、ちょっと熟した感じもしました。
<また違う景色>が見えましたが、まだまだ改良&進化したいと思います。

その晩の打ち上げはお願いしていた地元の居酒屋さんを占拠。

わたしは憧れのモツ鍋デビューしましたが、本当に美味だった!!
豚骨スープの中に白く光るモツ… モツという怖そうなものが、こんなに柔らかくて、クセなく、美味しいものだったとは!!!
IMG_8920sj.jpg
(もちろん日本酒も!日本酒天国ですものね〜)

今まで知らずに侮ってた、モツ鍋さん、ゴメンナサイ。
でも、これは三条のモツ鍋のクオリティが高いかららしい。ふむ。

そして盛り上がりに盛り上がり夜は更けて、、、
翌日の午前は有志で温泉へ~
大好きな嵐渓荘にて、仲良くしていただいている若女将のおもてなしを受けました。
IMG_8924sj.jpg
(山も綺麗!!)

もう温泉+カラダの中から綺麗になるようなお食事で極楽極楽、、、
大満足という言葉が足りないくらい堪能しました。
IMG_8932sj.jpg
(お昼から迎え酒、、、、)
IMG_8940sj.jpg
(お魚入りのお酒を激写する大介氏、かつてないほど真剣な面持ち)

強いてマイナス点を述べるとしたら、またしても滞在時間が短かったことかしらん。
いや、だからこそまた次の機会を心待ちにするのかもしれませんね。

飽きるほど満足するには住まなきゃならないかも、、、(笑)
さあ、明日は巨匠たちとのクラリネット三重奏のリハ(ドキドキ)銀座の講演会(ワクワク)です。
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2015-11-07 Sat 00:31
「一噌吹式無幻之夜」からの
ごめんなさい。。。1度だけ人生で「からの~」って言ってみたかった、、、

オリジナルが誰のギャグか知らないのですが、、、すでに死語かもしれませんね。

しかし!今日のブログのタイトルにぴったりと思いまして。


今晩は一噌幸弘さんとコンサートでした。

いや、コンサートではなくてライブですね。人生2度目、いや3度目のライブハウスで演奏しました。

その名も「一噌吹式無幻之夜」
7月ぶりの一噌さんは相変わらず絶好調でした。

吹けば吹くほど元気になられ、もう大暴れです。

やはり、というか、もはや妖怪の域ではないかと思います、はい。

で今回はこんなメンバーで対Issoバトル!3対1でなんとか、、、でも封じ込めるどころかますます元気になる一噌さんなのでした( ̄▽ ̄)

右から6月もご一緒した素晴らしい和太鼓のTAKUYAくん、しみじみと暖かい音色の辻本好美ちゃん、妖怪の域の笛奏者一噌さんに私です。

魑魅魍魎に纏われつかれるかとビクビクしていましたが、本番は皆でわくわく弾かせていただきました。

「アドリブは、ドキドキしますが楽しいですね(^∇^)」な~んて私のような者が発言したら、一噌さんを始めとして、その道の方々にきっとみじん切りにされると思いますが、、、でも楽しかった。

また修行してきます。。。


いまは帰りの電車のなかです。
早くアップしておかないと、明日からまた缶詰め状態!


憧れのロバート・レヴィン氏と鬼才チャールズ・ナイディック氏とのブラームスのクラリネット三重奏も来週に近づいて参りました。

14日の土曜日から長野(ホクトホール)、翌日が東京(紀尾井ホール)、そして火曜日が京都(アルティ)と続きます。

東京と京都は完売間近のようです。ご興味の方はお早めにどうぞ( ´ ▽ ` )ノ

長野は会場が大きいため、少しは余裕があるようです。

それから11日には銀座にてザ・シチズンズカレッジで講演をします。もちろんチェロもたくさん弾かせていただきます。

せっかくなので、小さいころからチェロという道を与えられ、そして長い海外生活でも身についたと思われる「生延力」についてもレクチャーさせていただこうかと。

え?生延力なんて言葉ない?

そう、だって「生き延びる力」を短くしただけだもん。

もちろん他にも色んなことをお話ししたいと思っております!

皆さまがチェロの音を通して色んなことを自分のなかに発見してくだされば良いのだけれど、、、といっても自分より年上の方々に偉そうなお話をするのは僭越なのですが。

さあ、またアドリブから離れて、楽譜の行間を読み解く世界に戻ります。

これも、わくわくドキドキする楽しい世界なのですよ!
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
2015-11-05 Thu 15:24
さまざまな楽器さまざまな音色
これな〜んだ?
Image 3is
原型はたぶん「Chrotta」。
しらべたところ、古代ケルトで弾かれていた楽器みたいですね。
本来は撥弦楽器だった模様。

チェロ雄は円やかなカーブが御自慢(?)ですが、クロッタくんは積み木みたいで愛らしい!
Image 4is
昨日はそんな楽器の宝庫、一噌幸弘さんのお宅でリハーサル。

この度は笛と尺八、和太鼓とチェロという4人組で
バロックのテレマンから邦楽、インド、ロック系がいりまじったISSOさんのオリジナル曲までに挑戦。
Image 2i
明日は渋谷の「Last Waltz」というライブハウスでコンサートです。
ぜひ、ふらりとお寄りください。
どんな世界が待ち受けているか、、、乞うご期待です☆

[一噌吹式無幻之夜]
2015年11月6日(金)開場18:30 開演19:00
場所:Last Waltz
【出演】
一噌幸弘(能管、篠笛、田楽笛、リコーダー、つの笛)
辻本好美(尺八)
水谷川優子(チェロ)
TAKUYA(和太鼓)

全席自由 ご予約 ¥3,000 当日¥3,500(税込み ドリンク別)
ご予約はメールにて受付中
1.ご希望公演日時 2.お名前&フリガナ 3.人数 4.お電話番号
をlastwaltz@shiosai.com まで送信下さい。
http://lastwaltz.info/2015/11/post-16290/
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
| 水谷川優子のチェロ弾き旅烏日記 |