The link at the date of the calendar is an entry.
能管とチェロ@ホテルオークラ
2017-10-22 Sun 00:01
お寒うございます〜
梅雨みたいな雨に続いて台風が来るようだし…
カラッとした秋晴れ、戻ってきてちょーだーい!

そのためか実は数日前より「オニの撹乱」となっておりました。
(日曜日に一緒のコンサートを終えて翌日にマークが一足先にベルリンに戻ってしまったのもあるかも?!)

さて、そういう訳でただいま絶賛リカバリー中なのですが
昨日はご縁あって第79回日本血液学会学術集会の会長招宴にてコンサートさせて戴きました。
20171021210106f10.jpeg
第1部は久々に能管の一噌幸弘さんと!
2017102121004394a.jpeg
ソロではそれぞれ古典ということで能管で「獅子」をチェロはバッハの無伴奏組曲第1番から
20171021210040a27.jpeg
DUOではコレッリのラフォリアと一噌さんのオリジナル曲をご一緒に
リコーダーか始まって角笛や能管と絡む即興演奏、楽しく弾かせて戴きました。

来年の3月は久しぶりに一噌さん、ピアノの山田武彦さんとのトリオ「一山水」のコンサートがあります。
心の瞬発力をつけて無茶ぶり即興演奏についていけるよう頑張ろうっと!
20171021210041dd7.jpeg
そうそう国際学会だったので曲を紹介するトークも英語
一噌さんのギャグを訳すのは私にはハードルが高すぎるのでマイクは死守。。。

そういえば昨日はもう治りかけでほとんど咳も出ていなかったのですが
考えると本番中って不思議にクシャミも咳もあまり出ないな、不思議なことです。
20171021210108ae3.jpeg
第2部は海外のお客様へのおもてなしを考えて
黛敏郎氏の「文楽」
そして会長をつとめられた木崎昌弘先生からのリクエストだった「アメージンググレイス」を

こっっこれは『白い巨塔』かっ!
でも田宮二郎さんではなくて唐沢寿明さんのイメージだそうです。ふふふ

でもアメージンググレイスは万国共通にアピールする力があるようで喜んでいただけたようです。
最後の音が消える瞬間に皆さまと共有した「沈黙の時」はコンサートホールと同じ空気でした。
20171021210107d0b.jpeg
日ごろ命に関わるお仕事に携わる先生方がこの曲に託されたメッセージを受けとめられたからかな。

左はこの大事なプレジデンシャルディナーで弾かせていただくきっかけを作ってくれた同級生の友人の唯子、お医者さまです。
右がお招きくださった会長の木崎先生、穏やかで和かな先生はその昔、唯子の指導教授だったそう。
20171021210037a28.jpeg
実は唯子とは高校の同級生…桐朋学園の音楽科で彼女は作曲科でした。
お父様が祖父・秀麿の指揮のもとで演奏していらしたというご縁もあったし、無類の猫好き同士で仲良くなってよく学校の帰りに遊びに伺ったものです。

それが猛勉強して大学は医大へ!!
ユニークな人物ばかりの学校ですが、さすがにこれには皆びっくり!

そんな唯子、いえ、Dr.塚田は激務でなかなか会えないのですが、漏れ聞く彼女の日常は本当に「待ったなし」

どんな病気でもそうでしょうけれど、血液系の病気も大変に複雑。
日常が生死に関わっていて、自分の仕事に身を捧げて日々をすごしている。
大変さを顔に出さず淡々と懸命に仕事向かう唯子、我が友人ながら眩しく思っています。
20171021210043f09.jpeg
一緒に猫や音楽の話をしているときは高校の頃と何も変わらないのだけどなあ。

素敵な友人、先生方に勇気とエネルギーを戴いて風邪も飛んでいったようです。
ありがとうございました!
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0
神無月に贈るスペシャルなトリオ@名古屋
2017-10-04 Wed 23:58
昨日はピアノの山本貴志さんとヴァイオリンのマーク・ゴトーニ、私でピアノ三重奏のコンサートでした。
その名も「神無月に贈るスペシャルなトリオ」!

スペシャルオリンピックスのために三都市で開かれるチャリティコンサート
まずは愛知の応援ということで名古屋のしらかわホール。

相変わらず素晴らしい響き!
20171004234810f99.jpeg
モーツァルトもチャイコフスキーもそれぞれリハーサルしてきたことを超えて思う存分弾かせていただきました。

神無月、そう10月のことですが
プログラムの真ん中にはチャイコフスキーの「四季」から10月と11月をいれています。
(こちら原曲はピアノ独奏、今回はピアノ三重奏版を弾いています)

この「10月」って日本の10月のイメージと全然違う!
お客さまも-ロシアの神無月(?!)-にはびっくりなさったみたい。
これから来る長ーーい冬を憂いているような曲調なのです。

ロシアの冬、、長くて辛そうですものね。
(でも11月は「トロイカ」の名のとおりの楽しい曲!)

これが後半のチャイコフスキー「偉大なる芸術家の思い出に」へ繋がるようにと
私たちも思いっきり感傷的に弾きました。
エモーショナルだけど、どこか頭の芯は冴えてる、そんなイメージで、、、

メインのトリオの一番最後の音がたなびきながらホールに消えていく瞬間
会場と舞台とが1つに溶けあう静寂があります。

心が音楽に連れて行かれてしまったので
皆がそれぞれ密やかに息をしている、、、

そんな風に感じます。
これが演奏家にとって最も幸せな一瞬です。

素晴らしいオーディエンスにひたすら感謝を捧げます。
スペシャルオリンピックス愛知の皆さま、ありがとうございました。
20171004234812d70.jpeg
さて明日は今回初のオフ日
目覚ましをかけずに眠って、練習して、散歩をしよう。

このトリオは明後日の金曜日に紀尾井ホール
その翌日に京都コンサートホールと続きます。

大切なものをいろいろ分かち合える仲間とのコンサートが一回でなくて本当に嬉しいし
全身全霊で弾くチャイコフスキーが毎回どう変わっていくのかも楽しみ。

頭も心も空っぽにして迎えたいと思います。
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0
| 水谷川優子のチェロ弾き旅烏日記 |