The link at the date of the calendar is an entry.
ダニーボーイとダニ博士@南麻布セントレホール
2018-07-02 Mon 00:34
なんと2018年も下半期に突入〜今年が半分すぎてしまいました。

もう真夏並みの暑さだし、あ、もう7月だから暑くて良いのか。。。

さて昨日は広尾の南麻布セントレホールにて、後援してくださる方々の会Enne倶楽部の年に一度のアンニュアルミーティングかつ対談コンサートvol.6でした。

先ずは私のコンサート部分↑

行ったばかりの長崎でのこと、見たもの、聞いたもの、触れたもの、感じたもの、思ったこと、得たもの、そしてまだ消化中のもの、など包み隠さずお話しながらチェロを弾きだします。

心の奥底にあるけれど、言葉が稚拙すぎて紡げない。

チェロはそれを託すとちゃんと受け止めて形にしてくれるのです。

ああ、だから私はチェロを弾いているんだなあとしみじみ思いました。

改めてチェロに感謝!

それから2部はダニーボーイことダニ博士の青木淳一博士との対談!

博士はダニの世界的な権威で、両親の幼稚園からの同級生あだ名はダニーボーイ!

何故かダニー=ダンディだと思いこんでいた私、カッコいいからダニーボーイなのだと(確かにステキなおじさまです)信じていたのが、実はダニの研究家だからだと後からきいて驚いた思春期…

こちらは対談というよりは私が素朴な疑問をぶつけ、何でも答えていただく形。

博士のユーモラスなお話しは時にダジャレも混ざって(『マダニ コナダニ ツクダニ』とか)も、逸脱せず、人の気も逸らさず!!さすが教授です。

博士いわく「世の中のダニの90パーセントは良いダニ」だそうで、とくにダニの名誉挽回に熱がこもります。

さらにご専門のササラダニの話しのときは特に目を細めて愛おしそう。。。

こちらはササラダニちゃんのぬいぐるみ、NHKの番組にご出演なさったときに、あまりにも可愛らしくてお持ち帰りになったそうな、、、

確かに…見てるとちょっと可愛いい…ような気がします。(ちと怖い、だって色がリアルなんですもの)

ちなみに多くのダニは良い仕事してる。私も大好きなチーズ、ミモレットはダニがいないと出来ない!!

あと自然界の連鎖に深く関わる、いわば環境を整える立役者、地味だけど素晴らしいスーパーヒーローたちもいます。

目に見えないほど小さな虫たちがどれだけ大事な仕事をしているか知って目からウロコ、の時間でありました。

昨日のテーマは虫だけでなく、いつも顕微鏡を覗き込んでらっしゃるダニ博士が人間界を見たら?!という鋭い視線で書かれたエッセイにも話が及び、無意識につかう言葉や言葉遣い、女言葉に流行り言葉、またお魚屋さんに並ぶ魚の話しなどなど、身の回りについても面白可笑しく、また考えさせられる有意義な時間となったのはいうまでもありません。

最近、ラジオのパーソナリティをさせていただいてゲストをお招きするのが面白くなってきたところ、これからも色んな分野の方をお招きした対談コンサートを続けていきたいと思います。

まずは博士、ありがとうございました!!
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0
| 水谷川優子のチェロ弾き旅烏日記 |