FC2ブログ

にっぽん丸・チェロ雄の航海日誌?!

アムステルダム経由でベルリンに着いております。
と、いっても船で来たわけではありません。

そう、浜離宮朝日ホールの翌日に船上の人となっておりましたが、実は行き先は「津」でした!!
まあ、われわれはコンサートの準備で下船しなかったので何処でも同じだったかも…
20180922102850999.jpeg
こちら船内のホール、船の4階にあります。
20180922102851111.jpeg
絶賛リハ中
20180922102853d98.jpeg
「にっぽん丸」カッコ良いな。

やはり夜の海は美しい!横浜港も絵になりますね。
20180922102856a2d.jpeg
乗り込む寸前、ヴァイオリンの正戸里佳ちゃんとハープの山宮るり子ちゃんと。

実は今回のクルーズでは横浜港を出航する前に南こうせつ氏のコンサートがあったそう。

我々とは完全に入れ違いでした。残念、、、
20180922102857eeb.jpeg
船室にてるり子ちゃんと。
お部屋はヨーロッパでの寝台車よりも広いし、快適!

私たちは4階の船首の方に宿泊。コンサートホールは同じ階の船尾。

ちなみに船は7階にプール、それを囲んだカフェやマッサージサロン、最上階の8階は屋上。
20180922103028e64.jpeg
なによりも水が豊富なのに驚きました。
部屋のシャワーも、イタリアの僻地のホテルよりも水の出が良いかも。

そうそう、3階には大きなお風呂もあった模様。

朝起きたらこんな景色、実はずっと小雨が続いておりました。
2018092210285452c.jpeg
台風に直撃されたらどうしようかと思っていたので、一安心。

チェロ雄もしみじみ、海は広いな〜大きいな〜
20180922103025eb1.jpeg
20180922103026d4b.jpeg
遠くに見える津の港、ここは停泊できないそうで乗客の皆さまは順次、小さな船で上陸なさった模様。

コンサートは夜の21:30からでした。
写真は無事に時間通りに終わってホッとした3人と企画会社のN氏と。
20180922104029c69.jpeg

船内とは思えぬ素晴らしいお寿司の打ち上げ
20180922103024316.jpeg
里佳ちゃんとN氏
20180922103519225.jpeg
るり子ちゃんと私
20180922103519f96.jpeg
やはり船内は別ワールドで、最初はアウェーな感じで、お粗相がないように小さくなっていた3人
慣れてくると色んな発見があってなかなか楽しい旅でした。

美味しいし。(朝は焼きたてクロワッサンも!名物のGODIVAのチョコリキサーも)
船員の方々も優しいし。
コンサートの後はあちこちでお客さまがお声をかけてくださったし。

中で私が一番気に入った場所は居心地の良い図書の部屋!
ダン・ブラウンの新作「オリジン」があって思わず手が伸びそうになりましたが、危険なので我慢。

それにしても海の上はやはり特殊な世界でした。
クルーズ好きの方の気持ちがわかったような二泊三日、駆け足の旅。
20180922103027c91.jpeg
里佳ちゃん、るり子ちゃん、この3人ではまた共演の機会がありそうです。

さてベルリンの自宅生活は今回も短くて3泊。
ここ数年で一番よく眠れたのはホッとしたからか、ベルリンが寒いからなのか?

今日は驚きの最高温度13度!!
このまま冬眠するかと思いました。秋を通り越して冬です。

そして明日からは北イタリアへ。
ミラノの東の街の音楽アカデミーでレッスン、10月の初旬には南下してレコーディングがあります。

また飛行機に乗らなくちゃ。
Theme: クラシック | Genre: 音楽

ソ・ラの三都物語 vol.5そして海上のコンサート

自分でもなんだか信じられないのですが、ただいまこんなところにおります。
20180920170702604.jpeg
はい、海の上!

「にっぽん丸」にてクルーズ、今晩は船内コンサートです。そちらはまたご報告するとして、、、

一昨日の夜は浜離宮朝日ホールにてトリオ ソ・ラの第5回のコンサートでした。
20180920170705372.jpeg
うーん、昨日から船に乗っているので、どうも現実感がありません。
自分の中の時間軸がずれているみたい。
20180920170704557.jpeg
(写真撮影 中村義政さま)

いえ、でも、この3人で音を掘り起こし、刻み、紡いだ感覚はまだ身体の中にしっかりと残っています。
20180920170708db9.jpeg
この度の三都物語は
《ドイツ》ベートーヴェン:ピアノ三重奏 Op.11「街の歌」
《日本》武満徹:between tides
《チェコ》ドヴォルザーク:ピアノ三重奏 第3番Op.65 へ短調
201809201707073de.jpeg
それぞれ弾き応えがありますが
特に最後のドヴォルザークは「今」の最後の一滴まで絞り出しました。

いまは ここまで だけど
次回はもっともっと絞り出せる。

そうやってアンサンブルとして成長し続けられたら幸せだと思います。
2018092017071113a.jpeg
私たち3人の縁結びの神さまである中野 雄先生と。
20180920170710290.jpeg
ソ・ラのメンバー、この翌日に瀬川祥子さんはパリへ
私は横浜から船に乗船して西日本へ
そしてかつらさんもNYへ

来年は夏にヨーロッパで、日本では11月に集まります。
大阪、名古屋、東京その他あちこちで公演させていただくことになりそう。
すでにチャレンジングな、けれど楽しいプログラムを考えました。
練って練って、演奏したいと思います。

創造するのには汗と涙がいる
けれど本番で報われるとそれが、何百倍ものエネルギーとなります。

教会でDUO!チャリティコンサート@カトリック大船教会

日曜日は教会でマークとDUOのコンサートでした。
20180917181301.jpg
日本にいらした難民の方を支援するチャリティコンサートもこれで5回目。

2015年秋の第1回目だけ東京の教会で、あとはずっとここカトリック大船教会で行なっています。
20180918072228633.jpeg
三連休の中日だというのに聖堂いっぱいの方々がいらしてくださって感謝!
このコンサートも定着してきたのかな。

さてマークと初めて共演したのは二十代なかば
お互いに人生で一番長く一緒に弾いている「室内楽のパートナー」です。

「阿吽の呼吸ですね」という御言葉をいただきましたが
共に弾くと音を通して色んなことが伝わってきて非常に面白い。

相手のことが言葉を超えた世界、テレパシーのような感じで入ってくるのです。
人間って色んなアンテナや感覚があるんだなあ。

さてさて、このチャリティコンサートは合間に難民として日本に来た若者たちのスピーチがあるのですが
みんな日本語が上手!
短い期間にこれだけ話せるようになるなんて本当に凄い!!

ちらっと話したら「漢字が難しい!」と言っていてドキッとしました。
日本人だって漢字は書いてないとどんどん忘れるんですよー

とにかく明るくて勤勉な方が多く、支援グループの方との質疑応答では、しっかり笑いをとっていました。
20180918072224e92.jpeg
こちらは去年10月の時の写真(見てみたら去年はblog記事が抜けていました…)
募金箱をもって立ってくださったこの可愛い坊やも今年はウンと背が高くなっていてビックリ。
一年の時の流れを感じます。
2018091807222643d.jpeg
支援グループの方々と一枚
皆さんの力強い活動に「継続は力なり」という言葉を思います。
201809180722274ec.jpeg
こちらはカトリック大船教会のマーク神父さまと
2人のマークに挟まれました。

さてさて今日の夜は浜離宮朝日ホールにてトリオ ソ・ラのコンサート
20180918074533490.jpeg
(昨日の散歩道にて)

予報では夕方から雨とのことですが…3人の念で吹き飛んでくれないかなー
Theme: クラシック | Genre: 音楽

トリオ ソ・ラの三都物語@日本橋&浜松

ハープとのDUOに続いてはピアノ三重奏
2018091508312177b.jpeg
まずは去年に続いて9月10日は日本橋三井タワーのアトリウムコンサート
20180915224853adc.jpeg
こちら去年もびっくりしたのですが、ゲネプロ時点からたくさんの方が並んでくださるのです。

いくら無料のコンサートととはいえ、座席券配布の2時間も前に列を作ってくださる!
有難いやら申し訳ないやら、、、
慣れてらっしゃる方はなんと折り畳みの椅子付き持参です。
20180915225402ac5.jpeg
音楽は一期一会 ならぬ 一期一音、皆さまに感謝をこめて演奏を。

当たり前のことですが、3人の拠点がNY、パリ、ベルリン(日本)とバラバラなグループ、
集まってリハーサルするのすら大変なトリオ ソ・ラを弾いていると、ますます今ここにいて共に音を紡げるのが奇跡のように思えてきます。
20180915230441435.jpeg

そして次が一昨日9/13の浜松でのコンサート
201809152311229f0.jpeg
浜松のカトリックの教会「遠州栄光教会」の住吉礼拝堂です。

まずは遅めの午後に子どもたちのためのコンサート
これは子どもたちもですが、子育て中のお母さまやお父さまたちにエールを贈りたいと思って弾いていました。
201809152316436de.jpeg
夜のコンサートにはトリオ ソ・ラのデビュー公演から聴いてくださってるヤマハの樋口洋子さんが登場!!
お差し入れの美味しいお菓子も嬉しいし、我々のアンサンブルとしての成長もみつめてくださっている有難い存在です。

ベートーヴェンの人気作「街の歌」に武満徹氏の世界観に満ち溢れる「ビトゥイーン・タイズ」
そしてドヴォルザークのへ短調のトリオ

メインに選んだらこのトリオはドヴォルザークの人間的な葛藤を感じさせるようなエモーショナルな作品

来週火曜日は浜離宮朝日ホールにて披露します。
20180915231604df5.jpeg
それぞれ3人の作曲家の内面にどこまで迫れるのか?!
20180915232828ef0.jpeg
とりあえず浜松のウナギで気炎をあげる3人なのでした。
いや、久々のウナギは美味しかった!

今日はまた朝からソ・ラのリハ、お昼過ぎには釜山の音楽祭に出演していたマークが来てくれて練習を。
明日は鎌倉市の教会でヴァイオリンとチェロのDUOのコンサートなのです。

一期一音、心して弾いてきます。

51弦のデュオ@名古屋&大阪〜ハープの秘密〜

日本もだいぶ秋らしくなってまいりましたね。

着るものに頭を悩ませる季節の変わり目、去年の今ごろは何を着て過ごしたのかなあ。毎年同じことを言っているような気がするけれど、、
2018091423205619e.jpeg

(まさに↑夏の名残のバラ🌹先月末のことなのにすでに去年みたいな感じ)

さてさて私は「25年ぶりの非常に強い台風21号」の前日9月3日にすべりこみで帰国、今回のフライトは遅れず。

おかげさまで翌日からリハ、ラジオ収録、各地のコンサートと今日までつつがなく続いております。

これからまた台風が来るとか。来週は船に乗ってコンサートなのだけど、大丈夫なのだろうか。

このたびは日本に戻って、近畿から北海道まで被害を被った台風、そして思いもよらない北海道地震と相次ぎ、その被害の大きさに唖然としておりました。

被災なさった皆さま、どれだけ怖い思いをなさったでしょうか…お見舞い申し上げるとともにお亡くなりになった方々に心からお悔やみ申し上げます。

自然の脅威に心乱れない、といったら嘘になります。心は大いにざわざわするし、何もできない自分に対して焦燥感も生まれます。

北海道は大変にお世話になっているご家族の御長男ファミリーの赴任先が震源地で、まだ余震が続くなかで避難所暮らしをしてらっしゃいます。小さなお子さまをお連れだし、、案じています。

それから大阪の南東部ではコンサートがあり、実際に道に強風にもぎ取られたらしい大きな看板や標識などが寝かせてあるのを目撃、剥き出しになった壁にも台風の爪痕がのこっており、その威力を見せつけられたように思いました。

ここ数年は自然が警鐘を鳴らし続けているように感じます。自分になにが出来るのか?いま自分がやらねばならないのは何なのだろうか?常にそんなことを問いながら音を紡いでおります。

さてさて9月の最初のコンサートはハープの山宮るり子ちゃんと、まずは名古屋にて!
20180913131246503.jpeg

私は初の宗次ホール、るり子ちゃんはこれで3度目だそう。真ん中はホールお顔の西野さん!
20180913131441d41.jpeg

今回のハープちゃん、るり子ちゃん所蔵のハープと似ているなかなかの美女、チェロ雄はすぐに懐いていました。

こちらゲネプロでバランスを聴いてくださったハーピストの山崎祐介さん、るり子ちゃんの先生でお二人でデュオのコンサートもしてらっしゃいます。

なんと従兄弟の近衞一とは芸大で同級生だとか!
20180913131719ac8.jpeg

世の中せまーい


そして練習中にハープの高音の弦が「ピンっ」と切れ、私は人生初のハープ弦の生張り替えを見て大喜び。
20180913131935ae3.jpeg

こちらお仕事中、左がこのハープの所有者である、るり子ちゃんのハーピスト仲間の山路梨保ちゃん

ハーピストに美女が多い、それは存じております。
201809131322226db.jpeg

しかーし、ここで私ははっと気がついたのです。

ハーピストには山の名字の人が多い!
山宮るり子ちゃん
山崎先生に
山路さん
そして、るり子ちゃんのもう1人の先生は、、、
山田ふたば先生!!

私が出逢った方だけでも4人、この希少な楽器の奏者にしては揃いすぎでは?

もっと探してみようかな。
201809131315320ea.jpeg

201809142340102e6.jpeg

というわけで、宗次ホールのコンサートはたくさんの熱心なお客さまに包まれて無事、終了!

夜は翌日の大阪へ移動、なんと南海鉄道は例の台風のためずっと止まっていたとか、でもこの日の夕方には走りはじめていてスムーズに移動できました。

20180914234322332.jpeg

こちら癒しの「ういろう」殿!
こちらは素晴らしく洗練されたお味なのです。美味しいエネルギー源をいただきました。

こちらは前夜のホテル、レディースルームにてお寛ぎのチェロ雄さまの図
20180914234616e52.jpeg

マッサージチェア、侮っていたけど、使用中に一瞬だけ熟睡、、、この頃は時差が辛かった。

さて大阪ではまず、名古屋でのコンサートを祝って乾杯🍻
20180914234844241.jpeg

楽しく話しても深酒はせず、明日へ!
20180914235645645.jpeg

翌日は大阪府狭山市のSAYAKAホール

これまた素晴らしいホール!!
20180915000552cef.jpeg

心地よい響きの中でハープとチェロが共鳴し合う、、この楽しさよ!

定番の「白鳥」から始まって、るり子ちゃんのドビュッシー、スペインへ渡りファリャ、ドイツのブルッフのコル・ニドライでエモーショナルに

そして前半の最後はチェロ一本で黛敏郎:文楽で締め

大変だけど楽しくて、ついつい笑顔溢れます。

後半はるり子ちゃんソロで黛敏郎:六段でカッコよく幕開け!
2018091500120194d.jpeg

それからヴィオラ・ダ・ガンバ・ソナタの第2番

私のソロでソッリマ「嘆き」
最後は2人で加藤昌則さんによる「ケルト・スピリッツ」!

アイルランドやスコットランドのメロディが愛おしくて生きる喜びに満ちてきます。

その分アンコールはしっとりとしみじみと。
近衞秀麿の「ちんちん千鳥」
これをハープとチェロで弾くとまた、良いのです。
祖父に聴いて欲しかったなあ。なんと言ったかなあ。

といわけで名古屋もでしたが、大阪のサイン会もなかなかに面白かった!

遠くは岡山や京都、奈良からもいらしてくださって本当に感動しました。

音楽が昔から続いてきたのは古は王さまや貴族たち、それから宗次氏のようにビジネスで成功なさって音楽界の支えとなってくださる方(残念ながらいまの日本では数少ないけれど)
そして何といっても心から音楽を愛する方々に支えられているからなのです。それを実感してなんだか胸に染みました。

こちらは家族ぐるみの長ーいお付き合いのH御夫妻、昔は両親が、次に姉が、そして私が音楽を媒体にして御縁は続いています。(あ、美味しいものも!)
201809150031257d4.jpeg

これも不思議で有難いこと。

そしてステキなホールの秘密:ここをユニークな存在にしてらっしゃるのはやはりご自身もユニークな館長さまでした。
201809150039088b0.jpeg

さすが関西、層が厚いなあと感服!

そしてホールの外に出たら
2018091500422836f.jpeg

この美しい空が待っててくれました!
雨の予報だったのに、まるでなにかのご褒美みたい?

るり子ちゃんとは来週、船に乗ります🚢
さて台風はどうでるか?

次回はいまどっぷりと浸かっているトリオ ソ・ラの日本橋と浜松でのコンサートについて🌟