FC2ブログ

水谷川優子のチェロ弾き旅烏日記

ベルリン 壁 9.11.2019

ただいまヘルシンキにてフライト待ち

ベルリンから飛んできたら乗り換え便の日本行きの飛行機にアクシデントがあった模様。

いま空白の7時間を空港で過ごしております。
まさかの深夜便になってしまった。。

その代わりよく眠れそうです。
さて、眠るといえば、、
この度は久しぶりのベルリン自宅生活を存分に満喫!心も身体もリフレッシュできました。

ずっと同じ枕で眠りにつく幸せよ
自宅連続12泊

早く寝て早く起きて(例の工事は毎朝07:30からあった)健康的でした。

2019111004292773c.jpeg

朝起きたらまず豆乳でカプチーノ
曜日によっては散歩がてら市場へ旬のものを買いに。ときにはブランチで人気の屋台でガレット↑フランス人のお兄さんが心をこめて焼いてくれるクレープも絶品!
20191110043021b03.jpeg

日中はマークはレッスン、私は譜読みとたまっていた家の片付け、工事のおかげで逆にいつも後回しにしていた書類の整理にも着手できたし。
201911100439486a9.jpeg

(母方の曾祖父が船旅に持っていったカクテルケース、昔は何においても優雅だったんだなあ)

そして読書タイムも。私は日本では落ち着かなくてエッセイ本しか読めないのです。ひさびさに分厚い本を抱えてどっぷりと小説の世界に浮遊していました。

我が家は道路から離れて中庭に面しているためか非常に静か、雨の音も綺麗にきこえます。

そんなときはフィンランドの森の家が近くに感じるのです。
201911100443581a2.jpeg

あとは料理、いまはゲームの季節なので猪肉をよく食べました。素晴らしい子羊、それから定番の鴨、新鮮な魚も手に入ってピスコ酒で蒸し焼きもしたな。
20191110044746b58.jpeg

20191110045319046.jpeg

もちろんシンプルにワインとチーズだけ、の夜も楽しみました。なんてシンプルだけど贅沢なんだろう。
20191110045600ed7.jpeg

で、食べすぎると、翌日のお昼はサラダ、、、
2019111004564567f.jpeg


そんな穏やかで規則正しい生活をしみじみ味わって、マークは今朝一番でアメリカへ、そして私は日本。また離れ離れですが、やるべきこと、やりたいことに全力を尽くして師走を迎えたいと思います。

11月はトリオ ソ・ラで全国6都市
あとソロではクローズドで2公演
それが終わると師走はヨーロッパです!

いまはとりあえず、ソ・ラの曲で頭はいっぱい。

今回の目玉作品のひとつ、ジェニファーヒグドン作曲「ファイアリー・レッド(燃えるような赤)」はショスタコーヴィッチ並みのリズムの嵐!

名前からしてクール
これをかっこよく弾きたいものです!!


さてさて、今日11月9日は「ベルリンの壁」崩壊から30年という日でした。
201911100503376f1.jpeg

ベルリンの平和の象徴↑壊れた教会

ここでベルリン市民として触れておきたいお話をさせてください。

先日、我が家の天井の工事に携わっていた「親方」は生粋のベルリンっ子だそうで (3代まで遡ってベルリン人、江戸っ子みたいですね) 30年前に壁が崩れるまでは「東ドイツ人だった」と話してくれました。
201911100508085a3.jpeg

(職人さんたちとのやりとも暖かく、純朴=ザ・ドイツ人な親方でした。なんだか懐かしい感じ)

当時の人々はベルリン市内を分断する壁の建築が行われているのは知っていたけれど
「壁」の存在自体はある日突然あらわれた

まさに青天の霹靂だったそうです。

そのとき親方はまだ小さくてご両親は市内のやや東側に出勤してらしたそう。その日も彼はおばあちゃまと2人でお留守番をしていたのです。

-いつものように仕事に出た親たちは帰って来られなかったんだ-

穏やかな人のさりげない言葉のなんと重いことか

ほどなくして彼が小さかったことで、彼だけ東側の両親のもとへ行く許可が出たそうで、、でもおばあちゃまはそのままでした。東の人が西に移るのはあり得ないことだったのですね。

1961年から1989年まで「壁」は本当にそこにあったのです。

それがどういう存在であったか、 60年代に西ベルリンに留学していた両親に、私は幼いころから何度も聞かされていたのですが、いまもベルリンの街を歩けば、風化しない何かが伝わってきます。

「壁」を脅威的にしたのは
物理的な壁よりも 目に見えないもの。

人々を分断したもの
いまも分断するものの罪を思います。

本日のメルケル首相のスピーチをすこしご紹介します。自分流に訳してありますが、お許しください。

. "Ich erinnere an die, die an der Mauer getötet wurden, weil sie die Freiheit suchten"
私は覚えています
自由を求めたために 壁のところで殺された人々のことを

"Ich erinnere an die, die unterdrückt wurden und ihre Träume begraben mussten",
私は覚えています
抑圧されて、夢を埋葬せねばならなかった人々のことを

"Keine Mauer, die Menschen ausgrenzt und Freiheit begrenzt, ist so hoch oder so breit, dass sie nicht doch durchbrochen werden kann."
人々を排斥し 自由を制限する壁
それがどんなに高かかろうが どんなに広がっていようが 

私たちに打ち砕けないものはないのです


東ドイツ出身の首相の言葉には
心の中に楔が打ち込まれるような力強さがあります。

風化させられる訳がない
ベルリンの「壁」は「あなたはそれで良いのか?」と語りかけてきます。
20191110052650630.jpeg

夜も更けてきたせいか
ちょっと気持ちが昂ってしまいました。ごめんなさい。

もう少ししたらゲートに向かいます。
長い1日、今夜は機内でよく眠れそう。

万聖節には働き者の小人さんたちが

10/31 本日はハロウィンでしたね。
といってもここベルリンの街は仮装行列もなく穏やかです。

そして寒いっ 
なんと今朝は1度しかありませんでした。これじゃ秋を通り越して冬だー

さてと私、数日前まで日本におりまして

「道にでると お隣のお家から金木犀の良い香りがただよってくる

一瞬だけ 心が緩むのがわかります。

さて今年で一番忙しい10月、煩雑にならないようにと覚悟していていましたが、おかげさまで先日の「毒虫事件」のあとは順調に復調しております。とくにアルコールは、まだ美味しく飲めず、、心の奥底から味わえるようになるにはもう少し時間がかかるのかな?
まあ月末にベルリンに戻るまでまだまだ続くので、体調一番で」

とかなんとか書いていたのですが、やはりオンタイムではアップできず怒涛の日々を過ごして参りました。ちなみに友人も日本で毛虫の毛にやられて大変だったそうで、あの毒虫も毛虫だったのかな?いずれにせよ、免疫力ですね、免疫!

20191101014826202.jpeg

(酒どころ新潟でも禁酒生活 このマドラーを見よ!)

ということで今回は1か月に15回のコンサートがあり、いろいろなメンバーといろいろなプログラムを弾くためには前もってのリハをどう組むかが非常に大事でありました。

今回は同じプログラムが続けられた「ツアー」もあったけれど、連日違うメンバーとのコンサートもあり、毎朝、毎晩、頭を切り替えていました。

身体を復調させながら本番だったので「もう音楽以外にエネルギーはいっさい使えない」という時も多々ありました。

でもいまはおかげさまですっかり元気!!
舞台でいただいたたくさんの「学び」をどう還元するか、これがここでのテーマです。

と、いっても実は昨日からベルリンの自宅の工事が始まり、本日は朝07:30からトンテンカンテン、、

我が家は1910年に建てられた建物の一部でして、今回は天井の修理を含めた工事。

ここのリノベーションに関わった建築監督に素晴らしいチームをご紹介いただきました。まるで「靴屋のマルティン」のよく働く小人さんたちみたいだ。
20191101021239aab.jpeg

昨日の晩にマークと時差ボケのための眠気と戦いながら絵とか壊れやすいガラス器や小さな家具をしまったのですが、彼らはちゃっちゃと大きな家具を動かして一瞬のうちに部屋中をビニールで囲んでいました。

20191101031800f39.jpeg

行き場がなくて お風呂場が逃げ場となったお酒たちの一部とお酒用グラスの一部、、、

20191101032144058.jpeg

(お風呂で飲みたくなりそうな光景)

フローリングも後ろを向いているうちにカーペットが敷き詰められていたし、、やはり魔法なのか?!
201911010213332de.jpeg

我が家は天井が3メートル70だったか80だったか非常に高いのですが、これは典型的なベルリンのAltbau(アルトバウ=古い建築という意味で、ベルリンでは大雑把に1900年前後に建てられた建物を指すことが多いとのこと)

だから天井の作業はなかなか大変そうです。
20191101022906795.jpeg

台所も同じく 居場所はない
このビニールになぜか文化祭を思い出す私でありました。
201911010232518c8.jpeg

左に素晴らしく仕事が早い職人さんがうつってますね。

近年、といっても壁の崩壊以降、ベルリンでは市内市街のあちこちで古い建築物をリノベーションし続けており、万年的に人手不足なのです。それで東欧から腕の立つ職人を呼び寄せるのが当たり前になっていますが、中には滞在許可証なしで働かせる悪徳業者もたくさんあるようで、なんと工事の真っ只中で夜逃げされた「恐怖な話」には事欠きません。

私たちの周囲にもそんな被害者がたくさん、保険はおりず裁判沙汰になっている知人も少なくないのです、恐ろしいことに。

マークの親友のピアニストは同じベルリンで素晴らしい歴史的一軒家を購入して大掛かりなリノベーションをしたのですが、あまりに次々に色々なことが起こって心が疲弊した挙句、極め付けに目の前に天井から2階に置いたピアノの脚が生えてきた(床がスタインウェイのフルコンの重みに耐えきれず、、)のを見て、奥さまの故郷ニュージーランドへの移住を決意しました。これ、本当の話。いまも幸せにニュージーランドに住んでいます。

と、いう訳で建築家、職人さんともに腕の良い人々は忙しい。
20191101024220c1b.jpeg

だから今回の工事のタイミングは唯一無二の有難いものでした。本当は1年近く前からやらなくっちゃと思いながら先延ばしにしていたこと、更におまけの庭の電気は引っ越してから「いつかやらなくっちゃ」と言っていたので7年越し案件になります。

時のたつのは恐ろしく早い。。

さあ、明日も07:30から工事が始まります。
今晩はソファーもないし、時差ボケだし、やっぱり早く寝よう。

こちらにいると日本での万年寝不足もすぐに解消できそうです。

次回は日本でのコンサートを振り返りたいと思います!
20191101030200628.jpeg

あちこちがビニールに覆われる前↑↓
ひとときの静けさ
20191101030454a54.jpeg

該当の記事は見つかりませんでした。