旅するチェリスト水谷川(みやがわ)優子のブログ

2013-07-07 Sun 23:55
「Ensemble φからの贈り物」&「音と言葉で紡ぐ時」コンサート
暑いなあ…と思ったら今日はなんと鎌倉で蝉の初鳴き(?!)を耳にしてしまいました!!
まあ、一匹だけだったけれど、鶯と競争していてシュールな音でした…

さてさて何故か広尾でのコンサートが続いた2日間☆
先ずは金曜日のアンサンブルφ(ファイ)の様子
DVC00006_20130708004429.jpg
<リハーサル風景>
去年に続いて2度目の「φ」@広尾のセントレホールでした。
響きの良い大ホールも気持ち良いものですが
こういうサロンコンサートのようにお客様の温度がもろに伝わってくる距離で演奏するのも楽しい!

お客さまも楽器の響きにまじって私達の息遣いからハナイキまで…すべて体感していただけたのでは?!
Imagestr.jpg
前回はデビューのために選んだチャイコフスキーとベートーヴェンの大公で「がっちりプログラム」でしたが
今年は「Ensemble φからの贈り物」というタイトルでサロンに相応しい曲を〜

タイトルも〜浪漫派珠玉の名曲たち〜でメインはメンデルスゾーンのトリオ、略してメントリ!
Image 6
終演後はワインでお客さまと交流できて和やかな時をすごせました。
左から礒絵里子嬢に私、こちらのプロデューサーSさん、宮谷理香嬢、そして譜めくりのAちゃん。
またまたお世話になったセントレホールの美女Fさんとの写真を撮り損ねたのが残念〜

ともあれ御来場くださった方々の暖かい拍手に感謝☆
皆さま、どうも有難うございました!
Image 2srt
次回のEnsembleφは8月5日の八ヶ岳高原音楽堂にてお聴きいただけます。

そして土曜日の「水谷川優子・音と言葉で紡ぐとき」対談コンサート@マーゴホールもおかげさまで大盛況のうちに終了いたしました。

シリーズも3回目、今回のタイトルは「ーLove Of Our Motherlandー桜に委ねる復興の調べ」です。
969523_10151471598727400_566309515_n_20130708012130.jpg
先ずは無伴奏でコンサート
この日の対談をイメージして「平城山ーさくらさくら」で始め
次にサポートしてくださるEnne倶楽部の10周年もすぎて
「常に初心にかえってはじめの一歩」を踏み出したいとバッハの無伴奏組曲第1番などを…

それから2部は対談コーナーです。
パートナーにお招きしたのは人生の先輩として敬愛する加賀美由加里さま
大好きな女性です!
1044720_10151471598962400_302922743_n.jpg
ランヴァン ジャパンの元会長(現取締役)現ドーメル・ジャポン代表取締役である方が
どうして東日本大震災を受けて
またどのように復興支援の一般社団法人 LOOM NIPPON を立ち上げられたか…
そこには加賀美さんの信念や
「愛のブランド」と呼ばれたランヴァンの創始者ジャンヌ・ランヴァンの哲学も響いていました。
941799_10151471599422400_1634610020_n.jpg
その経緯を追いながら、2031年までに南三陸町に3000本の桜を植えるKIBOUプロジェクト
そして現地でのバッグ生産への道のり…
このバッグの生産という雇用を念頭においた具体的で長期展開の支援活動は
富永愛さんや大内順子さん、ユナイテッドアローズ社長など多くのファッション業界の方々を巻き込んで
大きなアクションとなっています。
944181_10151471598692400_176156665_n_20130708012128.jpg
「made in 南三陸町」
(皇后陛下もご愛用、この7月3日よりの岩手ご訪問の際もお持ちでした)

対談のあとはワインでパーティー!
パーラーローレル特製「桜のマカロン」が登場し、ロゼワインで乾杯しました。
1013072_10151471613967400_985295432_n.jpg
(ちなみにローレルさん、9日まで新宿の伊勢丹に特別出店中だそうです)

この日の2人のテーマカラーはオレンジ「勇気」の色!
Image 9
これからも勇気と希望をもって東北の応援をしていきたいと思います。

本当にチャーミングな加賀美さん、その力強く情熱をもって
そして着実に真の復興を目指していらっしゃるお姿には
皆さま、深く心を揺さぶられた御様子でした。
1006154_10151471599917400_1277796890_n_20130708012131.jpg
私もこれから賛同する方々とご一緒にちょっとでも復興のお手伝いができたらと思っています。

この5月には南三陸町で色んなことを思いました。

津波によって家族を失い、家を失い、職を失い、そして先祖代々の土地からも引き離される…
想像を絶することですが
それでもそこで前をみて歩もうとする方々の穏やかな強さを感じました。
998186_10151471600317400_1500411500_n_20130708012130.jpg
1人では絶望的ななことも2人で力を合わせたらちょっと変わってくる
そこにもう1人増えたら…そんな事を考えます
未来はまだ奪われていないのです

Loomバッグを使っていると南三陸町で出逢った方を思って勇気をいただきます。
また来年も皆で桜を植えに行きたいと思います。

加賀美由加里さま、本当に素晴らしいチャンスをありがとうございました!!


☆下記に関連記事を貼っておきます☆
ぜひお読みください!

<Love Of Our Motherland>南三陸町でこのLOOMのバッグを作っているのは震災前にパソコン用の通信ケーブルを作っていたアストロテック社です。
◯そちらの佐藤社長のインタビューもぜひお読みください。
◯もう1つ佐藤社長のお人柄がわかる記事
◯アストロテック社の訪問記事はこちら
◯5月12日に行った南三陸町KIBOU公演の記事はこちら
関連記事
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 水谷川優子のチェロ弾き旅烏日記 |