旅するチェリスト水谷川(みやがわ)優子のブログ

2013-07-31 Wed 11:54
指揮者「オヤカタ」の記事//フナッシュモブ2013
いま西に来ております。

ええと大声でお知らせしたいのですが、8月3日の読売新聞に指揮者の祖父・近衛秀麿の記事がでます!!
ぜひお読みくださいませ(朝刊か夕刊か聞き忘れました…)

今年は祖父の没後40年、実は密かにいろいろな角度で動いているのです。
正直に申しますと祖父の功績は戦後いろいろな理由で埋もれております。

でも、かれの音楽的な業績は紛れもない真実!
ただ孫としてでなく、音楽に携わる者として皆さまに知っていただきたいことがたくさんあります。

従兄姉たちをサポートするべく私も微力ながら頑張ります。
皆さまと力を合わせて良い形で祖父のことを遺していけるよう、努力いたしますね。


さて、そしてこちらは
先日の船橋のフラッシュモブ=フナッシュモブの様子!
ゲリラ豪雨の呪いをさけて凄いタイミングで無事に行われました。
Image 1
Image 4

ごめんなさい〜
何やらバタバタでして私がもう時間切れで文章が書けないので
Facebookのフナッシュモオフィシャルページからコピーさせていただきました!


第一回目のフナッシュモブは、
日本を代表するチェリストの丸山泰雄氏と、彼が率いるスーパー・チェロ・アンサンブル・トウキョウの皆さん、そして船橋の誇る、バリトン歌手の成瀬当正さんとミュージカル歌手の横洲かおるさんによる、チェロアンサンブルと歌による感動の音楽イベントとなりました!

正味30分という演奏時間は、多くの観覧者の皆様の熱気とともに、あっという間に感じられましたが、いかがでしたでしょうか?

実は、当日は直前まで天候が心配でした。
でも本番の30分は、ご協力いただいた皆様や出演者、スタッフの思いがひとつになったことを証明するかのように、
曇り空ではありましたが、風もなく、演奏は滞りなく行われ、皆様からの熱い拍手をいただいて無事、終了しました!

ところが出演者が引き上げた直後、急に突風が吹き、譜面台は倒れ、楽譜は飛ばされる、
そして、飛ばされた楽譜を拾い集め譜面台を撤収し終えた直後に、土砂降りの雷雨・・・
という、まさにギリギリのタイミングで奇跡的に、第一回フナッシュモブは、無事終えることができたと言えます。

これも、皆様が支援してくださったおかげ!だと、我々スタッフもひしひしと感じております。
改めて、支援してくださった皆様、撮影や警備などのサポートをしてくださったボランティアの皆様、
本当にありがとうございました!

そして出演者の皆様も全員、ボランティアでご参加いただけたことは、感謝しきれないほど感謝しております。
当日は、その素晴らしい演奏に、集まってきた人たちから「いったいどなたが演奏されているのですか?」と幾度となく質問されました。
後日少しずつ、今回の出演者の方々についても、ご紹介していきたいと思います!


<第一回フナッシュモブ 概要 ご報告>
出演者:
チェリスト 丸山泰雄
スーパー・チェロ・アンサンブル・トウキョウ
金子鈴太郎、植木昭雄、室野良史、水谷川優子、玉川克、灘尾彩、高橋麻理子、今井香織、森和子、谷口宏樹、高橋泉
バリトン歌手 成瀬当正
ミュージカル歌手 横洲かおる

曲目:
アストラ・ピアソラ アディオス・ノニーノ、リベルタンゴ
ヴィラ・ロボス ブラジル風バッハ 第5番 アリア 、 第1番 序奏 
レナード・バーンスタイン トゥナイト


以上↑コピペさせていただきました↑


本当は寸前まで「できないかもしれない」という緊張感でいっぱい。。。
奇跡として言いようのないタイミングでした(汗)

というわけで皆を結びつけてくれる<音楽の力>に万歳!!!
YouTubeの映像も楽しみ…
関連記事
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 水谷川優子のチェロ弾き旅烏日記 |