コンサート@ラップランド/道で出逢うトナカイさん

続きまして

今朝は6:00起きでさきほどフランクフルト空港に到着。
IMG_5428.jpg
(機内グッズもマリメッコで可愛いフィンエア)

ただいまラウンジにて東京行きのフライトを待っているところです。

帰国したら翌日は美奈子さんとリハ、翌々日はすでに文化会館のリサイタル、一日おいて北九州でのリサイタル…
今回はきっと時差ボケしないのでは。。。と思っています(笑)

あっそうでした。
おかげさまで東京文化会館でのリサイタルは完売寸前、残るチケットあと数枚だそうです。
ありがたや〜ありがたや〜

心から感謝もうしあげます!
当日は時差と温度差をふりきって演奏したいと思います。

さて…昔から1つ旅を終えると本の一章を閉じるような感覚が生まれます。
この夏もいろいろあったけれど、すでに8月初旬のころは一昔まえみたいな気がします。
IMG_5419.jpg
(フィンランドの小さな駅はどこもこんな感じ↑ムーミン谷にありそうですね!)
IMG_5421.jpg
(今回は半日だけ貴重なフリータイムがありました。ヘルシンキ街中にて…)

でお約束したラップランドについて。。。
IMG_5432.jpg
行き先はキッティラという町です。
こうして地図でみると右下の赤線のヘルシンキより、左のアイスランドのほうが緯度が近い。。。
さらに北に進むと北極があります(笑)
IMG_5426.jpg
しかもフィンランドの国内線ではよくあることですが、飛行機はキッティラの前にさらに北のイヴァロを経由しました。「バスじゃ有るまいし!」と思いますが、この国内経由便ってよくあるのです。

ちなみにM夫は学生時代に間違えて経由地の空港で降りてしまって、何百キロも離れた町で途方に暮れたことがあるそう〜もう泣いちゃいそうですね。

キッティラ空港から車でさらに1時間半ほどいったところにMUONIOという町(?)があります。
IMG_5436.jpg
(コテージ風なホテルの部屋から見える景色)
IMG_5467.jpg
今年はフィンランドにしては暑かったので紅葉がおくれています。
でも4日間の滞在中にどんどん秋色が深まっていくのがわかりました。

ラルフとヴィオラ奏者のスーザンとも合流〜
IMG_5464.jpg
ついた日はリハーサル!
翌日は一日あけてハイキングへ〜
『これをしなかったらラップランドに来た意味がないっ!』と叫ぶ舅ラルフの言葉におされましたが、本当に行ってよかった。。。
IMG_5548.jpg
時間や場所の軸がまったくわからない。
どこを見渡しても人がいない。自然だけ…
こんな不思議な景色にすっかり心を洗濯されました。

アタマの中がゼロになったような気がします。
IMG_5532.jpg
車道にはトナカイさんがいっぱい歩いているし。
しかも逃げない。。。
IMG_5561.jpg
こちら↓標識<トナカイ注意>と<ヘラジカ注意>の違いがかわいい。。。
IMG_5604.jpg
IMG_5462.jpg
コンサートはOlos Polar Centerでありました。
Image_201309131943108b9.jpg
プログラムはモーツァルトのピアノ四重奏ト短調とドヴォルジャークのピアノ三重奏「ドゥムキー」
IMG_5651.jpg
おおらかな自然に感謝しながらのびのびと演奏させていただきました。

ああ自然は大きい。人間はちっちゃい!
だから不自然なことをしないで、のびのびと精一杯生きていきたい。
そんなことを思いました。
IMG_5601.jpg
そして…トナカイさんですが…もちろん食しました。

ゴメンナサイ、美味しかった!!!
なんと9通りの料理を味わいました。

それについては、また〜
そろそろゲートに向かいますか☆
次回は日本から!
関連記事
Category: 海のこっち側で
Published on: Fri,  13 2013 19:53
  • Comment: closed
  • Trackback: 0