旅するチェリスト水谷川(みやがわ)優子のブログ

2013-10-16 Wed 12:05
世にも「お恥ずかしい」お話…
大型で強い台風26号が日本各地で猛威をふるったようですが
皆さまご無事でいらっしゃいますか?
伊豆大島で行方不明の方々がご無事で、一刻も早く救助されることを祈っております。


私はといえば今朝は未明に吹き荒れる風と叩きつける雨音で目を覚ましました。
すると間髪入れずにネロオが「オナカスイタ」と騒いで、ただいま寝不足のトホホ状態〜

昨日は楽器屋さん、会食、リハーサル、そして前から約束していた食事、
と一日中なんだか空の機嫌を伺いながらすごしていました。

嵐のなかで果敢にも行った銀座のお薦めビストロ「ヌガ/Le Nougat 」

昨日のヒットは「クスクス・ロワイヤル」
DVC00029_2013101611170854e.jpg
仔羊とオクラなど野菜の煮込みとクスクスは最高の組み合わせ。
そこにアリッサ(チュニジアでうまれた唐辛子ペースト)をつけると世界が無尽にひろがります。

ちなみにワインは
シャトーヌフ・デュ・パプ、ドメーヌ・ボワ・ド・ブルサン2009
(Châteauneuf-du-Pape, Bois de Boursan)
フランス語の名前が苦手(!)私だけど、これは大丈夫。
これからのためにスペルと味も覚えておこうっと。

味と会話に酔っていい気持ちでお店を出たら物凄い強風
大雨ではないのに風のためにシャワーを浴びた状態に…

自分はレインシューズ、レインコートに長い傘の重装備ですが
一番守りたいのはもちろんチェロ!
ハードケースは中に雨が染みたりしない構造なのですが、やっぱり湿気は天敵です。

さてさて…

今日はちょっとこの場を拝借してお詫びしなければいかないことが…
本当に世にもお恥ずかしいお話なのですが、、、

前々回のブログ

 古い木がチェロ雄と共鳴するためか、
 弾いていてなんと気持ちの良いことか…
 
 聞くところによると、
 なんと舞台の下には大きな亀が(もちろん瀬戸物?!)埋められており、
 それに反響するんだそうな〜

とかなんとか書いたのですが、
これがなんと「カメ違い」だそう!!!
DVC00004_201310161117074a8.jpg
(写真は一噌さんのファミリーの一員:赤亀くんです。小さくて可愛い)

しかもご指摘くださったのが尺八プリンス道山さん!!
『ところで 能楽堂の舞台の下にあるのは、亀ではなく瓶ですよ。』
ですって。

なんとも赤面するお話です。。。

ブログを読んで「亀」が変換ミスだと思ってくださった方もあるようですが、
残念ながら本当に舞台の下に亀がいるんだと信じていました

これ、絶対に亀好きの一噌さんのせいで思い込んだのだと思います(?!)
DVC00010_2013101611170805e.jpg
(一噌家の黒い亀くんたち/イイ感じに黒光りしており文鎮かと思ってしまった)

あ〜あ、恥ずかしい。

でも気を取りなおして練習せねば。
今日は打ち合わせ、明日からスーパーチェロのリハーサルが始まります。

コンサートは20日の日曜日!
きっと台風もしばらくは来ないだろうし、秋の相模湖はステキですよ〜

スーパー・チェロ・アンサンブル・トウキョウin 相模湖
~12人の凄腕チェリスト達~
12Cellos-tirasi.jpg
日 時:2013年10月20日 15:00〜
料 金:全席指定4000円 
場 所:相模湖交流センター多目的ホール
問合せ:神奈川県立相模湖交流センター tel:042-682- 6121
関連記事
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 水谷川優子のチェロ弾き旅烏日記 |