ベルリン我が家ライフ〜海を渡った漆器たち

ベルリンについて4日目〜
Image 16
ただいま東京よりちょっとだけ秋が深まっております。
IMG_0154.jpg
この3晩はかつてないほど熟睡しました。
時差も感じず(!)毎日8時間続けて眠れるのは秋だから?!
眠りが嬉しすぎて、このまま冬眠しないように気をつけようっと。

さて今日からヨーロッパは冬時間であります。

誰もがいいますが、
夏から冬になるときは1時間長く寝られて1時間得した気分に
冬から夏は損した気分になります(笑)
IMG_0150.jpg
(怪しいボトルはダノンの飲むヨーグルト)

その昔、留学生時代に初めて夏時間を体験したときは
オーケストラのリハに遅れて事務局から電話がきたっけ。

しかも「ウチの時計は全部9時です。遅れてませんっ!!」って逆切れ(?)して笑われものです。
忘れられない「お恥ずかしい思い出」の1つです。。。

さて明日から一週間はマークのお供で旅がはじまります。

なのでこの数日間はたまには妻らしいことをせねば(?)と
夏以来、中断していた「ちまちました家のこと」をしたり楽譜の整理をしながら
ひさびさの我が家でゆっくりゆっくり過ごしました。
IMG_0139.jpg
(こちらは↑M夫と2人のためのクイック晩ご飯)
友人がふらりと御飯にきてくれるのも嬉しいものです。

今回は日本から漆器を持ってかえってきました。
こちらは母の母方と父方、それぞれの曾祖父母が持っていたもの
IMG_0156.jpg
IMG_0153.jpg
日本の漆器が最初に西洋に渡ったのは戦国時代に布教にきた宣教師たちが持ち帰ったからですって。
なるほど〜

そういえばヨーロッパでは漆器をジャパンと名付けているのを耳にします。
英語では「Japanese lacquer」だし
ドイツ語では「Japanlack ヤーパンラック(日本の塗り)」というものね。

塗りの起源を遡ると、日本では縄文漆器というものがあるのですね。
知らなかった(汗)

そんなこんなですが、漆器は乾燥が敵なので気をつけようと思います。
Image 19
こちら鎌倉彫が趣味だった曾祖父が彫ったもの。

小さい箱はマッチのカバーなのです。
毎晩、食卓でキャンドルを点火するので実用的〜
大きい箱は煙草入れだったそうです。
ノンスモーカーだから我が家ではなにをいれようかなあ。
IMG_0163.jpg
日本から空飛んで連れてきたものたちが
フィンランドから船便でやってきたM夫の祖父の机の上に鎮座しています。

こんな風に色んな時代や文化が混じりあって
我が家は少しずつ居心地が良くなるようです。

家もヒトと同じように生きている、面白いものです☆
関連記事
Category: 海のこっち側で
Published on: Sun,  27 2013 23:19
  • Comment: closed
  • Trackback: 0