旅するチェリスト水谷川(みやがわ)優子のブログ

2014-08-26 Tue 22:49
空と水と森にかこまれて〜北欧の島の生活〜
フィンランドの東の街<サヴォンリンナ>からさらに車で45分(ボートだと15分)のところにある小さな島。
Image 4
(草たちもムーミンにでてきそう)

楽しかった夏休みも今日で終わります。
IMG_4735.jpg
いまここはちょっと肌寒くなり、夜は13度くらい。
まるで夏が終わってしまったようですこし寂しい。

いえ、9月に日本に帰ったら前言撤回する暑さが待っていると思いますが…
IMG_4696.jpg
(水側からみたサヴォンリンナの砦、夏のオペラフェスティバルの期間は舞台に変身です)
Image 2
本当に良く笑い、語り合い、料理し、食べて飲んだ(笑)日々でした。
Image 5
8月から解禁になるザリガニの一種。
ウォッカといただくのが定番。
Image 6
非常にデリケートな味なので塩水で茹でるだけ。
ディルをかけ、バタートーストで食します!
Image 7
(ザリガニパーティーには帽子も必須)
Image 8
(フィンランドのおやつに出てくる甘いパン「コルバプスティ」も家で手作りするとさらに美味しい、おばあさんの味です!)
IMG_4733.jpg
(サイマー湖の名物「ムイック」頭からシッポまで美味しい。ちょっとワカサギを思いだします)

食事のほかにインスピレーションもたくさん食べて
IMG_4688.jpg
「音」にもたっぷり浸かった日々でした。

それからこの夏は「サウナの名人」と賞賛された私
短時間で温度が長持ちする「良い火」を熾すことができるようになりました。
Image.jpg
朝起きて湖に飛び込み、夜はサウナの後に盛大に湖に飛び込む。

静けさに耳を傾け、夜は落ちてきそうな星を眺める。

自然との一体感は何にも替えられぬ心のエネルギーチャージとなりました。

いまからヘルシンキへ飛んで、明日は友人にあったり、久々の街を散策。
今年は大好きな故トーヴェ・ヤンソン女史(ムーミンの作者)の生誕100年なのでアテネウム美術館へも行けたらよいなあ。

そして明後日にはベルリンへ。
2ヶ月ぶりの我が家ライフが待っています。
IMG_4691.jpg
ヘルシンキではたくさん写真を撮ってまいりますね!
では☆

(追伸:カザルス音楽祭、、、忘れておりません。ベルリンから必ず。。。)
関連記事
別窓 | 海のこっち側で | トラックバック:0 |
この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 水谷川優子のチェロ弾き旅烏日記 |