少年院訪問コンサート@仙台〜いただくもの〜

今日はピアノの美奈子さんとリハ、明日もリハで晩には神戸へ!
IMG_6275.jpg
(美奈子さんの愛猫あくびちゃん、チェロ雄とも仲良し☆ ん?エンドピンで鼻を掻いちゃあぶないぞ〜)

明後日17日は兵庫芸術文化センターでのリサイタルなのです。
奇しくも阪神・淡路大震災から20年という日に西ノ宮で弾かせていただくことになりました。
色んな御縁を感じながら練習をしております。

さてさて一昨日は一年ぶりに仙台の少年院で訪問コンサートをしてきました。

(女の子の施設でリハ中に↑)

初めて少年院を訪ねて演奏したのは2001年のこと、早いものです。
こちら仙台の女の子と男の子の施設にはそれ以来、ほぼ毎年、ピアノの中川朋子さんと時には(マークも加わって)弾いてきました。
IMG_6250.jpg
(男の子の施設にて↑)
こうして十数年つづけて伺っていると子供たちを通して、いま日本が抱える問題の本質が浮き彫りになる気がします。
毎回「私になにができるのか」と深く問いかけてくるものがあり、
そこから目を逸らしてはいけないと思うのです。
IMG_6259.jpg
いずれにしてもコンサートを聴いている最中は子供たちと何かで交流しあっているのを感じます。
それは空気のなかの見えない粒子のようなものですが、、、
IMG_6260.jpg
特に質疑応答の時に目を目を合わせお互いの言葉を紡ぎあい、聞きあっている時の彼らは本当に愛おしく思います。
彼らがこのコンサートで何かを得るのかはわからないけれど、私たちは確実に彼らから戴くものがある。
IMG_6262.jpg
毎年、力作のポスターをつくって歓迎してくれます↑が
これは特に細部にいたるまで実に凝っている作品でびっくり!!

左には私のサイン(前にCDにした時のらしい)を模倣したものがあり、チェロを弾くヒトは私の前のアーティスト写真そのままだし、中川朋子嬢にいたってはまさに「似顔絵」!!!
IMG_6264.jpg
帰りの新幹線のなかでは朋子嬢と大好きな「エンガワのお寿司」と浦霞で乾杯。
子供たちの未来について語りあったのでした。

「うん、私たちも頑張ろう!」
関連記事
Category: Diary コンサート
Published on: Thu,  15 2015 23:59
  • Comment: closed
  • Trackback: 0