旅するチェリスト水谷川(みやがわ)優子のブログ

2005-11-18 Fri 23:14
仙台のボジョレー・ヌーボー
二泊三日だった仙台。
初日は市内二ヶ所の少年院で弾いて参りました。初めてこちらの女の子と男の子それぞれの更正施設を訪問演奏したのは4年前。それ以来、欠かさずに毎秋にトーク・コンサートをしています。両方の院長先生は共に今年就任された方々で、今回は限られた時間内で色々なお話しを伺えました。双方の施設は規模の大きさや子供達の性別など諸々の差異もありますが、収容された子供達それそれの持つ問題に取り組むにあたり、彼ら一人一人を理解して社会に復帰出来る強さを身につけさせようと心を砕いていらっしゃる御二人の先生方の姿勢は共通して、自然体。院内が明るく感じられました。こんな先生が学校にいたら、と私が親なら思うだろうな…<緻密なシステムより暖かい人間性>当たり前ですが、改めてこんな事を実感した次第。
そして二日目は仙台在住のバイオリニストの方(桐朋の大大先輩)と留学時代以来の友人ピアニストとの室内楽のコンサートでした。またまたデジカメ忘れて映像無し…とほほ

で、今回は牛タンには縁無く(時節柄?)美味な海の幸ばかり頂きましたが、何故か二晩続きで日本酒ならぬワインを飲ませて頂く事に…それも解禁日だったのでボジョレー・ヌーボー。初鰹は有難いけど…やっぱり海の幸との相性はストレスが溜まり、帰り際に<生一本浦霞>の純米酒(ササニシキ100パーセント、初味見です)を買ったのでした。
関連記事
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 水谷川優子のチェロ弾き旅烏日記 |