旅するチェリスト水谷川(みやがわ)優子のブログ

2015-04-13 Mon 08:52
ペルー大使館&アルパカさん
9日はペルー大使館にてマークとコンサートさせていただきました。
IMG_6976.jpg
演奏したのはクラシカルな作品のほかに日本とペルーそれぞれの民謡をアレンジしたもの。

それであまり馴染みがなかったペルーの民謡をいろいろ探したのですが、なんともノリがいいものが多い。
たくさん聴きすぎて、しばらく「ヒャッホホー」とか「ウッシャッウッシャ」という間の手や後打ちが耳からはなれませんでした(笑)

しかし、なんといってもダントツの名曲は「コンドルは飛んで行く」ですね〜
IMG_6975.jpg
さて、今回のコンサートは長年に渡ってペルーで貧困に苦しむ人々への救済を続けていらっしゃるマヌエル加藤神父さまの活動を応援するためのチャリティでした。
IMG_6972.jpg
(左からエラルド・エスカラ駐日ペルー共和国特命全権大使、衆議院議員の方、チャーミングな大使夫人、私、マーク)

日系2世としてペルーに生を受けられた加藤神父さまはご自身も苦労なさりながら神父となって布教につとめ、1981年には貧困に苦しむ人たちを救うためエマニュエル協会というNPO団体を設立なさったそうです。

ー首都リマ郊外のもっとも低所得者がおおい砂漠の街で、ストリートチルドレンやテロの被害によって親を亡くした子どもたちに生活と教育の場をあたえ、また医療施設、身寄りのない日系人の方の養老院を機能させるために、米寿を越えたいまも活発な活動をしていらっしゃるーそんなお話をペルーにお心をよせるO御夫妻から伺ったのが、去年の暮のこと。

マークとなにかお手伝いさせていただけたら…などと話していたのですが、O御夫妻のお力で大使御夫妻と大使館の全面協力により今回の会を開いていただけることになりました。
IMG_6973.jpg
「善は急げ!!」とO夫人↑
コンサート後にさっそくに聴いてくださった皆さまの「お志」を大使にお渡しいたしました。

この晩だけで56万5000円+111USD、そしていらっしゃれなくなった方々からの御寄付を集めると総額60万円をペルーに送っていただけることになります!このお金がどれだけ現地で重みをもつことか…皆さま有難うございました!

そして実はマークは南米コンサートツアーでペルーに2回行って以来のペルーファン。
とくに現地の日本とペルーがまじったヌーベルキュイジーヌが驚くほど素晴らしかったとのこと…

はい、どこの演奏家もツアー中に観光の時間はなく、こうして現地の記憶は食と結びついて思い出となるのですね〜
IMG_6960.jpg
(この日はお食事のビュッフェも素晴らしかったのですが、楽屋にご用意くださったこの軽食の美味しさといったら!!)
IMG_6961.jpg
(エンパナーダやパイに野菜のハンバーグもどき、ペルーの人たちのオフクロの味かしら?!心がほんわかしてきます)

そしてマークが惚れ込んだペルーの飲み物とは、この日も大使館で出してくださったカクテル「ピスコサワー」
IMG_2527.jpg
↑パリのバーで飲んだもの
FullSizeRender.jpg
↑我が家のピスコサワー
マークはすっかり惚れ込んでなんと自分でもシェーカーを振るようになってしまいました。。。

自分のピスコサワー愛について去年、大使に熱烈に語っていたマーク

コンサート後に私が美しいお花とアルパカのショールをいただいている横で
なんと彼は大使から3種類のピスコ(葡萄の蒸留酒)とガムシロップ、シナモンとレモンのピスコサワーセットをいただいて大喜び!!さすが大使は人の心のツボをよくご存知です(笑)
IMG_6978.jpg
この日は大好きなマヌ・ヴィルタモ フィンランド大使ご夫妻も↑(右)御臨席になり、
いらしてくださった皆さまとご一緒に日本の地球の向こう側へと思いを馳せる夜をすごしました。

ああ、地球のあちこちに行ってみたい、この目で見て、空気をすって、味わってみたい(笑)国がたくさんあります。

ペルーもそのうちの1つ!
クスコ、マチュピチュ、ナスカも触れてみたい。

次回のマークの南米ツアーには絶対についていこうっと。
IMG_6966.jpg
しかしすぐに行けそうにないので目下のところはこんな気持ち。
「これ欲しい〜!!」
大使館仕様のナフキンはアルパカ刺繍つき、可愛いですよね。


追記:このたび嬉しいことに御寄付の追加がありまして、最終的な寄付金が70万となりました!!
こちらはペルー大使館を通してEmmanuel協会に寄付されます。
ありがとうございました。(2015年4月15日)
関連記事
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 水谷川優子のチェロ弾き旅烏日記 |