旅するチェリスト水谷川(みやがわ)優子のブログ

2015-04-16 Thu 11:54
チェリストの工夫@芝浦で演奏
先日はお世話になっているKさん主催の会にて芝浦で弾かせていただきました♪

こういうお店での演奏ってなかなかない☆日本ならでは(?)の楽しい体験でした。
IMG_7008.jpg
(なぜかずっとイタリアのトスカーナ地方の映像が流れていたらしい背後のスクリーン)

チェロは座って弾くので平土間の会場だとお客様と同じ目線になってしまいます。
ということは後方の席の方は『音はすれども姿は見えず』!

校長先生が演説のときに乗る木の台みたいなのがあれば良いのだけど、、、
と考えてふと見るとそこにはお店の方が用意してくださった素敵な藤のハイチェアが。

ふむふむ、確かにその椅子をつかったらお客様より座高が高くなる。
でも、チェロの足も私の足もまったく地面にはつきません。

で、閃いたのが、これ↓
IMG_6999.jpg
店長さんがずれないように工夫してくださり、さらに見栄えもよいものになりました。
IMG_7006.jpg
ほ〜らこの通り
IMG_7010.jpg
で、椅子から落ちないようにいつもより踏ん張りながら頑張って演奏いたしました(笑)

こういう時には背筋がものを言いますね。
そして通常よりもさらに重心を下に保つように意識を

あとはもう開き直るのみ(笑)

ここはピアノがない会場でしたが
「無伴奏」のレパートリーは充分にあるし
自分でも曲をアレンジしたりするので問題ナシ!!(笑)

チェロという楽器はピアノやヴァイオリンに比べたらまだまだポピュラーではありません。
さいきんはやっと街中ですれちがう子供たちに「あっチェロだ!!」と言ってもらえるようになりましたが
実際はチェロの生演奏は初めてという方が多いのです。

ましてや無伴奏のチェロなんて…
なのでこういう会はある意味でチャンス!

<チェロ大好き>という方と
<クラシック好きではない>という両方のお客様に楽しんでいただけるように

チェロのために書かれたオリジナル作品と
何方でもご存知のメロディを組み合わせ飽きないプログラムを考えます。

これも私のライフワークとする少年院やホスピスなどの施設訪問コンサートで培った大事なこと。
学生の頃から続けてもう20年、「現場」で教えていただいたことの重みを感じます。

この晩もおかげさまでお客様も集中してくださり、皆さんとの一体感のなかで幸せに弾かせていただきました。
Kさん、楽しい機会をありがとうございました!
関連記事
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 水谷川優子のチェロ弾き旅烏日記 |