旅するチェリスト水谷川(みやがわ)優子のブログ

2015-06-09 Tue 19:41
リサイタルシリーズVol.8 10絃で紡ぐ初夏の響き@東京文化会館
おかげさまで一昨日のリサイタル、無事に終わりました。

快晴なこともあって(?)会場はほぼいっぱい、こんなにたくさんの方にいらしていただいて本当に有難く思っております。

鈴木大介さんのギターは本当に素晴らしく、チェロと10本の弦で音を紡ぐことができて幸せな時間となりました。

(舞台の写真提供 ボックリ博士中村さま)

自分たちでも予期していましたが、古典から解放された後半は、、、実に自由でした。 好きにやらせていただきました。あーあ、やっぱり。笑


古典も後半のような自由な気持ちで弾けたらなあと思います。
楽譜を忠実に読み取りながらも、自由自在になりたい。

終わってみて、命のあるうちにアルペジオーネで融通無碍の境地に辿りつきたい、、、
こっそり自分に誓いました。



そして一抹の迷いもない自分たちのファリャの世界に飛び込んだら
続くヴィラロボス、ニャタリと楽しくて楽しくて…
音のなかで魂が遊びます。
大介さんとの音の対話に思わず微笑みそうになってしまった。

それから、ゴス!!
ゆっくりの楽章では宇宙の音が聴こえてきました。
美しく、そしてギター三昧の楽章では、2人で弾けて弾きました。

いや、弾け飛びました。ああ、楽しかった。
大介さん、ありがとうございました!!

というわけで、次回の大介さんとのコンサートは11月1日に新潟三条市であります。


そして翌日の昨晩は能管の一噌幸弘さんお声掛けのコラボがありました。
(リサイタルを聴きにきてくださった一噌さんを挟んで!)

こちらはベルリンからブログアップいたしますね。

実はいま成田空港で
これからベルリンへ飛びます。
久々の我が家( ´ ▽ ` )ノ

いつも応援してくださる皆さまに、そして共演してくださる素晴らしい仲間たちへ心よりの感謝を捧げます!
関連記事
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 水谷川優子のチェロ弾き旅烏日記 |