『弦楽器マガジンサラサーテ65号』巻頭インタビューなど/旧東ベルリンの工場跡プール

まずはお知らせです。
『弦楽器マガジンサラサーテ』65号が発売されまして巻頭ーArtist Close-upーにとりあげていただきました☆

内容も写真も盛りだくさんで充実のインタビュー記事です。
11049444_966046876771002_156849675549904131_n.jpg
<ソロにアンサンブル、他ジャンルとのコラボレーションと、充実した活動で、“一皮剥けた”と評判のチェリスト、水谷川優子。何が変わったのか?「断捨離ですかね」と微笑む深意は? 自分の中の芯を見つけ、自由に活動の幅を広げている彼女の今に迫りました。>ということで宜しければぜひぜひご覧ください☆


さてなんだか毎日忙しいベルリン生活…
日本の「バタバタ」とは違うのですが
IMG_7879b.jpg
まずはベルリンへの来客多し!!
鎌倉もだけど、さらに世界中から友人知人、そして昔の生徒たちが訪れます!
(仕事上の来客については次回ゆっくり書きますね)

+して調べもの、書き物、譜読みなどの宿題が怒濤のように押し寄せて
さらにスケジュールや来期の公演内容についても決めなきゃいけない

例によって「いま」と「少し先」のために走っている感じです。

でも不思議にそれらは「生活」を侵蝕してくることがなく疲弊はしません。
こちらの方が自分のなかでのON OFFがスムーズにできているのかな。

そうしたなか先週の週末は急激な真夏日で38度まであがりまして、、、
もちろんベルリンにはエアコンなどデパートに行かないとないし、扇風機ですらあまり見かけない。
こんな日は何をしてもアタマが溶けてしまったようで使い物になりません。

で、年下の友人たちに連れられて「いま一番COOLな」旧東べルリンのファブリックを改良したプール兼クラブに行ってきました。
IMG_7887.jpg
(ゴルゴ13ではありません)

もちろん目的はクラブではなくプールです!
IMG_7907.jpg
(外見は荒れ果てた工場、、、この落書きがベルリンっぽい)

自由に行き来できるように入場料をはらうと腕にスタンプを押されるのですが、
私とマークはすぐ午後が仕事だったので
スゴい勢いで泳いで一瞬だけデッキで休んでレモネードを飲んだらすでに帰らねばならず!

あまりの滞在時間の短かさにクラブのひとたちに驚かれました(笑)
IMG_7889.jpg
(扉の向こう側は綺麗でお洒落〜いろんなバーもあって時間があったらピニャコラーダでも飲みたかった)
IMG_7909.jpg
(水着姿は自己規制中!)

わたしたちが最年長かも、、、と思っていたら近所のおばあちゃまとお孫さんもいらしてて
ビキニ姿で背中を焼くことに専念するお洒落な若者の合間で水泳教室状態でした(笑)

このマイペースさ、ベルリンらしいです。
IMG_7912.jpg
ではまた!
関連記事
Category: 海のこっち側で
Published on: Wed,  08 2015 22:57
  • Comment: closed
  • Trackback: 0