FC2ブログ

水谷川優子のチェロ弾き旅烏日記

「戦火のマエストロ~近衞秀麿」の放送&NHK撮影@ベルリン

お暑うございます。

23日の飯田リサイタルも
25日のよみうりホールでのコンサートもまだ記事が書けておらずごめんなさい。

いまは銀座へ出勤中!
今晩はアンサンブルφのコンサート@YAMAHAホールなのです。

わくわく(^∇^)
外も暑く、私たちのアンサンブルも熱いけれど、、、

爽快なプログラムでお客さまにおとりになっては「暑気払い」となることを願っております。


さてさて本日はお知らせしたいことが一つ!

実は祖父のドキュメンタリーが8月8日の夜8時よりNHKBS1で放送されます。

BS1スペシャル
「戦火のマエストロ・近衛秀麿 ~ユダヤ人の命を救った音楽家~」
8月8日(土)午後8時~

終戦70年を記念した特別番組でなんと100分間の番組となりました。


実は6月に撮影チームがベルリンに取材にいらしたので、私もインタビューにお答えしたり、祖父の足跡をご案内したりチラっと映っております。

昨日は試写会だったそうで我が家で気軽にバッハ弾いているところも映ってらしい。。。(^_^;)


実はこの番組のきっかけはプロデューサーS氏の何十年越しの願いなのです。

「秀麿という人物に惚れ込み、伝えられるべき史実と功績を後世に残そう」

そうS氏が思われたのはなんと秀麿没後10年、、、いまから30年ほど前のことです。


膨大な資料を集め、信憑性を調べ、歴史的な証人を探しだし、、、

素晴らしいチームが力を結集した作品なのです。

(ディレクターのF見氏をリーダーとする精鋭チーム、皆さん熱意と集中力の塊でした!)

撮影の最後に訪れたベルリンフィルハーモニー跡に残されたプレート、、、

1920年代にベルリンに渡った20代の秀麿…彼がベルリンフィルと何度も共演したホールは戦争で跡形も残りませんでした。


この番組を製作中にはいままで家族でも知らなかったことも教えていただきました。。。

祖父が何を考えながら生きてきたのか、いままでこんなに彼の身になって考えたことはなかったと思います。

音楽あっての秀麿
そして人間あっての音楽

皆さまに秀麿が演奏家、人間として生きる姿をぜひご覧いただきたいと思います。

関連記事

yuko miyagawa

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Trackbacks

trackbackURL:http://yukomiyagawa.blog5.fc2.com/tb.php/1151-a7a117d5
該当の記事は見つかりませんでした。