旅するチェリスト水谷川(みやがわ)優子のブログ

2016-01-11 Mon 01:18
new year concert & party @ 六本木ヒルズクラブ
前回のブログではご心配をおかけいたしました。
おかげさまでちゃんと帰国できました。

しか~しベルリン発のフライトは遅れに遅れ…
経由地のミュンヘンに着陸したのと同時に乗るはずだった羽田行きは飛び去っていきました。

そう、ベルリン→羽田行き仲間が数人いたのですが、全員一緒に見捨てられました。

やっぱりね。どう考えても乗り換え5分でドイツ国内線から国際線って間に合う訳がない。
いまどき渋谷駅のJRから東横線だってできやしません。

ルフトハンザのカウンターの人が「羽田行き、ミュンヘンで待っててくれると思いますよ。








たぶん」と言っただけのことはあったな。
恐るべし「たぶん」
こんどからドイツ人が小声でそう言う時は気をつけようっと。

でも運良く夜のANA便に振り替えられ、5時間ほどの空白の待ち時にヤケ酒することもなく、遅れながらも無事に戻って参りました。時差ボケの上の寝不足ですが心は元気です。


そんなこんなでしたが昨日(もう一昨日か)は六本木ヒルズクラブで毎年恒例の後援会「Enne倶楽部」の新年催しで100名ほどの方々と新しい年に乾杯いたしました!

ヒルズとの51階から見た景色~

こうして応援してくださる(心優しくも奇特な)皆さまと富士山を拝むのも今年で9回目だと伺って改めてびっくり。

時の流れが早い。。。

そういえばリサイタルシリーズももう9回目!!
今年の6月にも自分らしさを追求したコンサートを目指します。
またここにも書かせていただきますね。

今回のゲストアーティストは鈴木大介さん
大介さんとも今年はいろいろ楽しいチャレンジをば
さっそく4月にも共演があります。これも後日に告知させていただきます。

参加メンバーの一番若手は今回20歳、上は傘寿を軽くお超えになるくらい
さまざまな場所から老若男女異業種のたくさんの素敵な方々が集まってくださいました。


おじいちゃまにおばあちゃま、おじさま、おばさまにお兄さまやお姉さま
もちろん頼もしい同年代
弟分たちに妹分たち、そして子供分たち(そのうち孫分も増えるのか?!)

大切な方々に見守られ、仕事始めというよりチェロ初めという気分でした。

毎年バッハは必ず弾くのですが、2016年の幕開けに弾きたくなったのは1番の組曲からサラバンド、いつもより荘厳な気持ちで

そこから心の赴くままに音を紡いだのはプレリュード

弾きながら何故だか大きな毛筆で巨大な半紙に文字を描いている気分になりました。
そうして最後の響きの余韻の中から浮かびあがったのは「潔」という文字。。。
なんだか「見えたっ」て言いたくなりました。


【潔】いさぎよい きよい
という字ですね。

改めていま意味をひいてみたら

1 汚れがなく清らか。清らかにする
2 余計なものがなく、すっきりしている
3 心や行いがけじめ正しい

うん、気に入りました!

せっかく浮かんだので今年の自分のキーワードとして心の伴奏をして貰おうと思います。

それにしても全然予定してなかったのに不思議だなあ。。。
これはもしや巫女体質?!

という訳で私の中の年が明けました。
皆さま、改めまして申年どうぞ宜しくお願いいたします!
関連記事
別窓 | Diary コンサート | トラックバック:0 |
この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 水谷川優子のチェロ弾き旅烏日記 |