戦火のマエストロ〜鼈(スッポン)の男?!

と怪しげなタイトルをつけてしまいましたが
2月11日(木・祝)に麻布でちょっと変わった催しをいたします。

「チェロ弾き旅烏のNOTABOO対談」シリーズ Vol.5
〜音と言葉で紡ぐとき〜

ということでこの日は対談コンサート!
Imagesgano.jpg
ゲストはこの方、音楽・映像プロデューサーの菅野冬樹氏です。

去年の夏に戦後70周年記念の一環としてNHK BSで放送された
祖父のドキュメンタリー番組「戦火のマエストロ・近衛秀麿~ユダヤ人の命を救った音楽家~」
菅野さんは番組の原作者なのです。

同じタイトルのご著書(NHK出版)には番組で描ききれなかった内容もいろいろ記されているのですが、、、
実は祖父についての調査はまだまだ続いているのだそう!!

菅野さんが祖父の取材を始められたのは父との御縁がきっかけでしたが
これ、なんと30年以上前のこと
それ以来、菅野さんの心に秀麿の存在が住みついたそうです。

ー謎に包まれた秀麿の戦中の人道活動を解き明かし
当時のヨーロッパで認められた指揮者としての功績を後世に伝えたいー

そう仰る菅野さんの取材における執念は凄いもので
些細な手掛かりをもとに時を遡り
入念な取材で集めた事実を立体パズルのように組みたてる。。。

!!まさにスッポン!!

菅野さんのおかげで家族も知らなかったことがわかり
「時代の移り変わりのなかで風化するんだろうなあ…」と諦めかかったことが復活しつつあります。
IMG_9305f.jpg
(クリスマスにはNHKラジオでも秀麿特集が流れました。なんと4時間番組!)

あのドキュメンタリーは大変な反響をいただいて
思いかけず数週間後に再放送
そして半年も経たないうちに再々放送となりました。

これは異例のできごとだそうで、視聴者の方々のお声を反映した結果だということ。

有難く思うのと同時に
これで祖父の音楽に興味をもってくださる方が増えたらいいなあと
心から願っております。

IMG_7827bh.jpg
(この6月にはベルリンでNHK取材班の方々と祖父の足跡もたどりました)

2月11日には菅野さんの取材の裏側もふくめて
改めて祖父の音楽と目指したことを皆さまにお伝えしたいと思います。
宜しければ、ぜひいらしてください!

「水谷川優子・チェロ弾き旅烏のNOTABOO対談」
-戦火のマエストロ〜近衞 秀麿の遺言-

第1部 コンサート:ベルリンにて祖父を思う
第2部 対談:ユダヤ人の命を救った音楽家

日時 : 2016年2月11日 (木・祝)14:30〜開演
場所 : 南麻布セントレホール (03-5791-3070)
共演 : 対談パートナー:菅野冬樹(映像プロデューサー、『戦火のマエストロ〜近衞秀麿』著者)
曲目 : バッハ&カサド無伴奏チェロ組曲 ほか
料金 : 3500円(会員)4000円(一般)ワイン・ソフトドリンク付き
問合せ : Enne倶楽部 
tel : 080-2262-6225 / FAX : 03-5775-2076
mail : enne-club2@yuko-miyagawa.com

◎終了後は出演者とのご歓談をお楽しみくださいませ

関連記事
Category: Diary コンサート
Published on: Mon,  25 2016 23:55
  • Comment: closed
  • Trackback: 0